◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

テキストボックスは文字を入力する際に利用するフォームの機能のひとつです。submitボタンを押すことで、入力されたデータはサーバサイドに送信されます。今回はテキストボックスでできることや、属性の使い方などについてご説明していきたいと思います。

・学習ステップを確認したい方は、【入門者向け】プログラミング初心者がHTMLを学ぶ6つのステップ」の記事を参考にしてください。

テキストボックスの役割とは?

テキストボックスは文字を直接打ち込むことができる要素です。submitボタンが押されることで入力されたデータをサーバサイドに送信します。属性ではテキストボックスに入力できる最大値を設定したり、文字を最初から表示したりといったことなどが設定可能です。

テキストボックスは他のinputタイプに比べて使用頻度が多いためか、使用できる属性も比較的多く、プログラムを組まなくてもさまざまなチェック機能を使うことができます。テキストボックスを使うにはinputタグのtype属性の値にtextと設定します。

<input type=”text”>

・学習におすすめの本を探している方は、「【初心者向け】htmlの学習におすすめの本12選!」の記事を参考にしてください。

テキストボックスの使い方

テキストボックスの名前をつける

テキストボックスに名前をつけるにはname属性を使用します。name属性に一意の名前を設定することで、サーバサイドにデータが送られたときにどのテキストボックスから送られてきたデータなのかを判別することができます。

<input type=”text” name=”test1”>

テキストボックスの横幅を設定するには

テキストボックスの横幅を指定することができます。横幅を指定するにはsize属性を使用し、値には文字数を設定します。レイアウトを崩したくないときや、デフォルトのテキストボックスだと入力するのに不便といったときなどに設定しておくと便利です。

<input type=”text” name=”test1” size=”10”>

・学習サイトでの練習を考えている方は、「【初心者向け】htmlの練習ができる学習サイト8選!」の記事を参考にしてください。

入力できる最大文字数を設定するには

テキストボックスに入力できる文字数を制限するにはmaxlengthという属性を使用します。maxlengthの値に入力できる最大の文字数を設定することで、最大文字数を超えた文字数を入力できなくすることが可能です。

<input type=”text” name=”test1” maxlength=”20”>

最初から文字列を入力しておくには

テキストボックスに最初から文字列を表示させておくことも可能です。ページが表示されたときから文字が入力された状態にしておくにはvalue属性を使用します。value属性の値に文字列を設定しておくと、初期値として表示されます。

<input type=”text” name=”test1” value=”初期設定のテキスト”>

テキストボックスを使えなくするには

なんらかの理由によりテキストボックスを使えなくしたいときはdisabled属性を使います。値が必要ない属性なので、inputタグの中にdisabledと入力するだけでテキストボックスが使用不可になります。

<input type=”text” name=”test1” disabled>

・プログラミングは8割はerrorとの戦いです。そんな時に役立つよくある間違いをまとめてみました。こちらのよくある間違いを紹介!【HTML初心者入門】を参考にしてみてください。

html5から新しく導入された属性はこちら

form

テキストボックスの入力値を関連付けるフォームを指定することができます。form属性の値にformのname属性の値を設定して使用します。

autofocus

最初からテキストボックスにフォーカスを合わせたいときに使用する属性です。autofocus属性は値の設定が必要ない属性なので、inputタグにautofocusと入力しておけば最初からフォーカスが設定された状態でページが表示されます。

<input type=”text” name=”test1” autofocus>

autocomplete

テキストボックスに設定されているオートコンプリート機能を制御することができる属性です。オートコンプリート機能を使いたくないときは属性の値にoffを、使いたいときにはonを設定します。

<input type=”text” name=”test1” autocomplete=”off”>

・HTMLタグを一覧から探したい方は、「【初心者向け】htmlで使う主要なタグ一覧を解説」の記事を参考にしてください。

list

入力候補をコンボボックスのように表示することができる機能です。テキストボックスには自分で文字列を入力することもできますが、リストで設定されている値を選択して入力することもできます。

リスト機能を使うにはdatalistタグが必要です。list属性の値はこのdatalistのidを設定します。

<input type=”text” name=”test1” list=”list1”>
<datalist>
<option value=”listval1”></option>
<option value=”listval2”></option>
</datalist>

pattern

正規表現を使った入力チェックができます。pettern属性の値に正規表現のパターンを設定すると、正規表現と合致しないデータを入力した場合警告が表示されてデータが送信されません。title属性の値にサンプルデータを入力が推奨されています。

この正規表現によるチェックは対応していないブラウザもあるので注意が必要です。

<input type=”text” name=”test1” pattern=”正規表現のパターン”>

placeholder

入力のためのヒントをテキストボックスに表示することができます。使い方はplaceholder属性の値に表示させたい文字列を設定します。

<input type=”text” name=”test1” placeholder=”入力の例”>

・多くのテンプレートを知りたい方は、「【初心者向け】おすすのhtmlのテンプレート7選!」の記事を参考にしてください。

dirname

dirnameで設定された値にテキストの入力方向が入力されています。右向きの場合はltr左向きの場合はrtlです。日本語は右向きなのでltr、アラビア語は左向きなのでrtlという値が入力されています。

<input type=”text” dirname=”test01”>

required

入力が必須の場合にrequired属性をinputタグに入力しておくと、空白だった場合に警告が表示されてデータがサーバサイドに送信されません。required属性は値の設定を必要としないのでそのままタグに入力してください。

<input type=”text” name=”test1” required>

minlength

テキストの最小文字数を設定する属性です。最低でも5文字は入力して欲しいときはminlength属性の値を5に設定します。

<input type=”text” name=”test1” minlength=”5”>

・HTMLをもっと楽に使いたい人は【HTML初心者入門】無料で使えるおすすめのツール・ソフト3選!を参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?テキストボックスの使い方についてご理解いただけましたか?

テキストボックスは多くの入力フォームで使われているinput要素です。多く使われるだけに、属性で設定できることもたくさんあります。

またhtml5になると、より属性で設定できる項目が拡大します。しかし多くの属性が存在する一方、まだ古いブラウザでは対応していない機能も多くあるという状況です。

テキストボックスの入力チェックなどは、属性だけに頼らずjavaScriptなどを使ってさまざまな環境に対応できるようにすることが望ましいでしょう。

1ヶ月でHTML・CSSができる!「WebCamp」とは?

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

参加する方の90%は未経験者です!

短期集中型のスクールなので、期間を決めて圧倒的に効率よくサイト制作スキルを身に着けたい方におすすめです!

わからないことを講師にすぐ質問できたり、通い放題で自分のスケジュールに合わせて来校することができるので、独学で学習するよりも早く確実にスキルが身につきます。

学習の疑問点やWebスキルのマスターの仕方がわかる無料説明会も開催しています。ぜひお気軽にお申込みください!

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

おすすめの記事