【9月枠も残りわずか】転職保証コース

【徹底解説】フリーランスと自営業の違いやしなくてはならないこと

フリーランスと自営業の違いがよく分からないという人はいらっしゃいませんか?

どちらも独立しているという点では一緒ですが、実は異なる点も多く見られます。

これからフリーランス、もしくは自営業を検討されているという人は、ぜひそれぞれの意味や特徴について把握しておきましょう。

フリーランス・自営業・個人事業主の違い

まずは、フリーランスと自営業、さらに似たようなイメージがある個人事業主について、それぞれの特徴の違いからご紹介していきます。

フリーランスの特徴

フリーランスとは、主に自分の店舗を持たず、クライアントからの契約を請けることで報酬をもらう働き方を指します

例えば、フリーランスのエンジニアである場合、クライアントからの依頼、もしくは自身の売り込みから仕事を獲得していく必要があります。

もらえる報酬は1つの案件に対して決まっておらず、自身がたくさん稼ごうと案件をたくさん持てばその分収入もアップしますし、高単価の案件が少なければその分収入も減ってしまいます。

そのため収入を安定させるためには長期的な案件を受けられるように、自分自身を企業へ売り込まなくてはなりません。

フリーランスの良い点は、やはり会社に縛られず自分のペースで仕事ができるということではないでしょうか。

ただし、あくまでもクライアントから仕事を受注しなくてはならないため、いくら自由に仕事ができるといっても納品日などの決まりは守らなくてはなりません。

自営業の特徴

自営業とは、企業に属さず個人で店舗経営を行っている人を指します。

例えば街の八百屋さんや個人経営のエステサロン、居酒屋なども自営業の括りです。

しかし、同じエステサロンでも、法人化させれば会社となるため自営業ではなくなります。

自営業の場合、売上があったとしてもそれ自体が自分自身の収入になるわけではありません。

例えば商品を売るにしてもその商品を仕入れたり、売ったりするのに経費がかかってきます。

極端な話ですが、経費が収入を上回ってしまうと赤字になってしまい、収入はない状態と言っても過言ではありません。

個人事業主の特徴

個人事業主は、税務上の所得区分での言い方であり、内容としては自営業と変わりありません。

簡単に言えば、個人事業主が法律的な呼び方であり、自営業は社会的な呼び方となります。

フリーランスと自営業は何が違うのか?

フリーランスと自営業の違いとしては、フリーランスは「働き方」を指す言葉であり、自営業は企業に属さない人を指す言葉という違いがあります。

そのため、フリーランスの人は特定の企業に属していないことから自営業という括りに入ることもできます。

また、フリーランスはお店を持たずに自宅やコワーキングスペース、カフェなどを活用して働くことが多いですが、自営業の場合はお店を持っているケースがほとんどです。

そのため、お店を持つ・持たないもフリーランスと自営業の違いと言えるでしょう。

会社員とはどう違う?

フリーランスと自営業の違いが分かったところで、会社員と比較した際にどのような違いが見られるのでしょうか?

大きな違いについて2点ご紹介していきます。

働き方

最も大きな違いとしては、働き方が挙げられます。

会社員の場合、会社の雇用規則に沿って働き方が決まっています。

出勤する日や時間、仕事内容、給与、福利厚生など、会社に勤めている人それぞれで違っているものの、これらは企業側が決めていてそれに合わせて働くという形になっています。

一方、フリーランスや自営業の場合、基本的には自らが仕事を獲得していかなくてはならないため、働く日時や仕事内容、給与などは自分である程度決めることができます。

もちろん、給与などは受注した仕事によって変化してしまいますが、例えば「今月は前半に多くの仕事を受注できて、収入もいつもより多かったから後半は少し受注ペースを落とそう」というように、働き方を自由に変えていくことができるのです。

雇用契約

もう一つ、会社員とフリーランス・自営業で異なる点は、雇用契約についてです。

会社員の場合、勤めている企業とは直接雇用契約を結び、その契約内容に従って働いています。

直接雇用契約を結んでいるのは正規社員となりますが、派遣社員の場合は勤めている企業ではなく派遣会社と雇用契約を結び、仕事をしているという形になります。

フリーランスや自営業の場合、企業と雇用契約は結ばずに仕事を行います。

ただ、フリーランスは雇用契約というより仕事ごとに契約を結んでいくという形になっています。

フリーランス・自営業は開業届が必要?

フリーランスと自営業は、最低限の手続きとして開業届を提出する必要があります。

しかし、実際にフリーランスとして働いている人の中には開業届を提出せずに働いている人もいるようです。

開業届を提出しなくても働けるなら、そちらの方が良いのでは?と思われてしまうかもしれませんが、開業届を提出することで様々なメリットが得られるので事業を開始してから1ヶ月以内には税務署へ開業届を提出するようにしましょう。

では、開業届提出によって得られるメリットについてご紹介していきます。

節税が可能

開業届提出の一番のメリットとしては、節税ができるという点が挙げられます。

確定申告を行う際に開業届を提出していれば青色申告で行うことができるのです。

青色申告は白色申告と異なり、所得から最大65万円の税金が控除(特別控除)されるため、納めなくてはならない税金を減らすことができます。

また、万が一赤字が出てしまった場合でも次年度以降3年間は繰り越せるため、例えば1年目は赤字、2年目以降は黒字に転換した際に4年目までは所得を少なく、納める税金を減らせるようになっています。

開業届を出さなくてはこれらの控除を受けることはできません。

小規模企業共済に加盟できる

開業届を提出することで得られるもう一つのメリットは、小規模企業共済に加盟できるという点です。

法人化している企業とは異なり、フリーランス・自営業には原則退職金制度がありません。

そのため、もしフリーランスや自営業を引退しなくてはならなくなった時、貯蓄がないと生活が困窮してしまう恐れがあります。

しかし、小規模企業共済に加盟していればフリーランスや自営業でも退職金を積み立てておくことができ、さらに積み立てたお金は税金が全額控除されるので節税にもつながります。

このように、開業届を提出することによってフリーランス・自営業として働く際の大きなメリットが得られます。

フリーランス・自営業として働く際には、最低限開業届は提出しておくようにしましょう。

フリーランスとして働くならチェックしておきたい、おすすめ求人サイト

フリーランスとして仕事を獲得するなら、仕事の紹介サービスを行っている求人サイトを活用しましょう。

中でもおすすめのサイトは下記の2サイトです。

レバテックフリーランス

▼レバテックフリーランスに登録する

レバテックフリーランスはエンジニア・Webデザイナー向けにフリーランス案件を紹介してくれるサイトです。

1年間の案件紹介数は8万件以上にも及び、IT業界でも認知度の高いサイトとなっています。

業界トップクラスの案件数を誇り、非公開求人も数多く所有しているため、なかなか仕事が見つからないという人もまずはレバテックフリーランスに登録しておくと良いでしょう。

ギークスジョブ

▼ギークスジェブに登録する

12年の実績を持つフリーランスのための求人情報サイトです。

専任の担当者が付いてピッタリの求人を紹介してくれます。

また、求人の紹介だけではなく企業情報や商談の日程・報酬などの調整といったサポートも行っており、初めてフリーランスとして働こうとしている人には嬉しいサービスと言えるでしょう。

まとめ

フリーランスや自営業はそれぞれの違いがあり、会社員との働き方とも異なるということが分かっていただけたのではないでしょうか?

これからフリーランスや自営業として働きたいと考えている方は、開業届の準備を忘れずに行うようにしましょう。

また、求人サイトを活用して初めてでも高単価の案件を獲得できるように、サポートを受けてみてはいかがでしょうか。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

DMM WEWBCAMPについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある