4月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
3月生は満員となっております。4月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

小学校の授業でプログラミングが必修化されます。

子供に対するプログラミングスクールもどんどんと増えてきており、子供がプログラミングを学んでいるのに大人がプログラミングを学ばなくて良いのかと疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

やはり学ぶ意味はあるのでしょうか?

しかし、なぜプログラミングを学ばなければならないのか意味が見出せず、焦りばかりが募っている方も多いかと思います。

そこで今回はなぜプログラミングを学ばなければならないのか、プログラミングを学ぶ意味について解説していきます。

プログラミングを学ぶ意味には何があるのか

プログラミングを学ぶことはIT関連の仕事をしている人以外には関係のない話だと思っている方も多くいるかと思います。

しかし、IT関連の仕事をしていない方もプログラミングを学ぶことによって様々なメリットがあります。

プログラミングを学ぶことでどのようなことが起こるのか解説していきます。

ロジカルシンキングができるようになる

プログラミングを学んでいくと論理的思考能力が自然と身につきます。

プログラミングとは、コンピュータに対して道筋を立てて1~10まで命令を組み込んでいく作業です。

人に何かを教える時には1~10まで全て教えることはなかなかなく、飲み込みの早い方に教える場合には3割程度教えるだけで良い場合もあります。

しかし、これが人ではなくコンピュータ相手のプログラミングでは1~10まで完全に命令を出しておかなければ自分の意図通りコンピュータは動いてくれません。

例えば、「このボタンを押すとこの画面が表示される」というプログラミングをしておいても「ボタンが押されない場合はどうするのか」「違う画像を表示させるためにはどのボタンを押すのか」といったところまで想定してプログラミングしておかなければなりません。

このような特徴を持つプログラミングを学ぶことで自然と論理的思考能力、つまりはロジカルシンキングができるようになります。

仕事の効率をあげる

プログラミングを学んだことで得た思考は、仕事に応用することができます。

それは、人間が行うには時間がかかる単純作業をコンピュータに任せることです。

例えば、1件1分かかるデータチェックの仕事が500件あった場合、プログラミングを組んでコンピュータに任せることで仕事を自動化することができます。

データチェックのプログラミングを組むのは30分程度でできるので、手作業であれば8時間以上かかっていた仕事が30分で終わってしまうので仕事を効率的に行うことができます。

しかも、一度プログラミングを組んでしまえば再利用可能です。

毎日この単純作業をしなければならないと仮定した場合、一度プログラミングを組むことで人間が毎日8時間かけて行う仕事をコンピュータが行ってくれるので仕事の効率化、人件費の削減にも役立ちます。

プログラミングができると他にもいいことあるの?

ここまでプログラミングを学ぶことでプログラミングと直接関係のない仕事をしている方でもメリットがあることを解説してきました。

ここからは、実際にプログラミングを仕事として行う場合のメリットを紹介していきます。

副業で高収入

現在、世界的に深刻なIT人材の不足が問題となっています。日本では、現在約20万にのIT人材が不足しています。

ITの発達によりこの問題はどんどんと深刻化していき、2030年には約80万人のIT人材が不足すると予想されています。

プログラミングを習得しているIT人材がこれだけ足りないということは需要がたくさんあるということです。

これだけ需要があるのですから、プログラミングを習得すれば職に困ることはありません。

また、IT人材が不足していることからプログラマーの年収は高い傾向にあります。日本の平均年収が400万円台なのに対してプログラマーの平均年収は600万円台です。

つまり、プログラマーは平均年収の1.5倍と他の職種に比べ高い給与を得ることができるのです。

しかし、現在ITと全く関わりのない仕事をしていて今の仕事が好きだからプログラマーになるために転職したくないといった方もいるかと思います。

そういった方は今の仕事は続けつつ副業としてプログラマーの仕事をしましょう。

仕事はたくさんあるのでクラウドソーシングサイトを利用すればすぐに仕事を受注することができます。

副業としてプログラミングを行うことでも、今よりも収入増加を狙うことができるのです。

独立ができる

プログラミングを学んでいってスキルがついてくれば独立することも可能です。

独立してフリーランスになることで今の生活を一変させることができます。

独立することで収入は間違いなく増加します。

これまで平均年収くらいの年収だった方も1000万円を超える収入を得ることが可能になります。

さらにスキルが上がってくれば2000万円、3000万円と自分のスキルを収入に直結させることができるのです。

また、独立すれば定時で会社に通う必要もなくなります。

毎日満員電車に揺られる日々とも別れを告げることができます。

さらに、自分の好きな時間に仕事ができるようになるため、自分でスケジュールを組んで仕事をして自由時間を増やすことができます。

このようにプログラミングスキルを高めて独立すれば時間もお金も自分の好きなように使うことが可能になります。

プログラミングはどこまで学べばいいの

プログラミングをこれから学ぼうという方はHTMLは必ず勉強しましょう。

HTMLはプログラミングの中でも簡単なのでまずはしっかりと学びましょう。そもそもプログラマーの仕事というものは様々な要素を把握してITを駆使して最適な問題解決策を提示することです。

広く深い知識があるからこそ様々な問題に対してITを駆使した解決策を提示することができるのです。

そのため、広く深い知識を得れるようにどこまでもプログラミングを学んでいきましょう。

一回習得すれば楽々とはいかない

IT業界は他の業界と比較して技術の進化が早い特徴があります。

そのため、一度習得してもどんどんと技術が進化していくため、そこについていくために勉強が必要となってきます。

最新の技術についていきながらも基礎的なシステムや昔ながらのやり方も理解しておかなければなりません。

プログラミングの仕事はいきなりコードを書き始めることはできません。物事の背景や経緯を理解して、なぜコードが必要なのか理解が必要です。

そのため、プログラミングを学ぶということは、その周辺の知識をつけていきながらITの全体像を把握していくような学習をしていく必要があるのです。

そのため、一度習得してしまえば良いといったものではなく、習得したことでスタート地点にたっただけでこれからも日々学習が必要な仕事なのです。

続けることで効果がでてくる

プログラミングは毎日続けることでスキルがついてきて結果が出てきます。

これからプログラミングを学習しようという方は、まず毎日プログラミングを学習する時間を確保しましょう。週に1回7時間プログラミングの学習をするよりも毎日1時間プログラミングの学習をした方が効率よくプログラミングを学ぶことができます。

同じ7時間ですが、習得度にかなりの違いが出てきます。そのため、毎日プログラミングに触れていきましょう。

サラリーマンには平均で2.5時間のスキマ時間が存在しているといわれています。

忙しい毎日だとは思いますが、このスキマ時間を利用してプログラミング学習を行いましょう。

スキマ時間でスキルマを見るよりも、プログラミングを少しでも学び始めたほうが良いかもしれませんよ。

スキマ時間をうまく利用して学習することができれば短期間でプログラミングを習得することも可能です。

プログラミングを学ぶにはどうする

プログラミングを学ぶといってもどうやって学んだらいいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか?

現在プログラミングは大変注目を集めているため、プログラミングを学ぶための教材は巷に溢れています。

プログラミングを学ぼうと思った方は今すぐパソコンを開いて、プログラミングの動画学習を行いましょう。

動画学習であれば、自分の好きな時間に学ぶことができるために自分のペースで学習することができます。

また、動画学習は要点をまとめて作られているので、プログラミング全体を把握するのに効果的です。

まずは、動画学習を利用してプログラミングの概要を把握しましょう。

弊社の動画学習はこちらから

次に、プログラミングの書籍を購入しましょう。

プログラミング初心者向けの書籍もたくさん販売されていますが、プログラミングは専門用語が多いため書籍から始めてしまうと挫折してしまう確率が高くなってしまいます。

また、動画学習をしながらわからなかった部分を辞書のような感覚で書籍を利用して学習することでさらに効率的に学習することが可能です。

動画学習、書籍での学習で挫折してしまいそうな方はプログラミングスクールに通いましょう。

オンライン上のプログラミングスクールも存在しているので、自宅にいながらプログラミングを学ぶことも可能です。

現役のエンジニアが教えてくれるスクールも存在しているため、基礎学習だけでなく、現場で必要な生きた知識を得ることもできます。

まとめ:プログラミングを学ぶ意味は大きく、様々

プログラミングを学ぶことでIT業界以外で仕事をしている方も論理的思考能力が身につく、仕事を効率化させる思考が身につくなどメリットはたくさんあります。

今は、プログラミングを学んでプログラマーになれば高収入を得ることができたり、メリットが多いのですが、今後はプログラミングができないと生き抜いていけない時代がやってきます。

小学校でプログラミングが必修化されたら、20年後新入社員は全員がプログラミングスキルを持っているという状況が予想されます。

そのような新入社員に対してプログラミングスキルが全くない人が指導することなどできないでしょう。

将来を見据えて、プログラミングを習得していきましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

4月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
3月受入枠は満員となっております。4月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事