プログラマーにはMacとWindowsどちらが向いているか徹底解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラマーにはMacとWindowsどちらが向いているか徹底解説

これからプログラミングについて、学習を始めようとする方でパソコンを新しく購入しようと考えている方は少なくありません。

そもそもパソコンがない方の場合はプログラミングスクールに通わない限り、入門書を読んだだけではプログラミングを実際に行うのはかなり難しいと言えます。

プログラミングを学習する上でパソコンを購入する場合WindowsMacが代表的ですが、どちらを購入すれば良いのか悩んでしまう方も少なくありません。

そこで今回はMacを選択するメリットとデメリットをWindowsと比較しながら解説していきます。

なお、今回はデスクトップ型ではなく、持ち運びに便利なノート型を想定しています。

パソコンの必要性と選ぶ基準

昔に比べてある程度のスペックのパソコンであれば、比較的値段が下がったとは言え出来れば失敗したくありませんよね。

まずはプログラミング学習におけるパソコンの必要性とパソコンを選ぶ基準について、解説をしていきます。

プログラミング学習にパソコンが必要な理由

プログラミングを学習する方法として独学だけでも書籍・eラーニングなどがあります。

しかしプログラミングは書籍などを読むだけでは、習得できる技術に限界があり見るのとやってみるのでは大きな差があります。

当然書籍などを読んで学習する事は非常に重要ですが、料理と同じでレシピだけ知っていても実際に包丁を上手に使っておいしい料理を作るには実践が必要です。

プログラミング学習に必要なパソコンを選ぶ基準

プログラミング学習を行うには、実際にプログラミングが行える開発環境を整える必要があります。

開発環境を準備する場合は専用の開発ソフトをインストールが必要になる事が多く、開発ソフトのインストールする為にはメモリ・ストレージ・CPU・OSなどの条件を満たしていなければいけません。

プログラミング言語によっては、OSに標準搭載されている物だけで開発する事ができる物もありますが、より快適にプログラミング学習を行うには最低限のスペックは用意する必要があります。

それぞれの項目を下記に解説をしておきます。

メモリ

メモリは作業机に例えられる事が多くメモリのスペックが低い程、作業机が狭く、メモリのスペックが高い程作業机が広くパソコンの性能を引き出す事ができると思って頂ければ大丈夫です。

メモリを選ぶ基準として最低2G以上のパソコンを選ぶ事をオススメします。

CPU

CPUは車で例えるとエンジンに当たる部分で、性能が高ければ高い程パソコンが高速で処理を行う事ができます。

CPUにはいくつかの規格や世代があり、パソコンの知識が少ない方には選ぶ基準が難しい部分です。

プログラミング学習にのみ使うのであれば、現在市販されているパソコンであれば問題ありません。

しかし中古のパソコン購入を検討している場合は、極端に古いパソコンは選択しない事をオススメします。

ストレージ

ストレージはデータを保存しておける部分でHDD・SSDなどがあります。

プログラミング学習には、最低50GBあれば快適に学習が行えます。

もしプログラミング以外の用途でも使用するのであれば容量が多い程、保存できる量が増える為、目的に応じて選ぶ事をオススメします。

OS

OSはパソコンを動かす為の基本となるシステムで、今回のテーマであるMacやWindowsを分ける重要な部分になります。

OSには大きく分類してMacとWindows以外にLinuxがありますが、初心者プログラミング学習をするのであればLinux以外がオススメです。

MacとWindows

それでは本題のMacとWindowsどちらのパソコンがプログラマーにオススメかについて、解説をしていきます。

WindowsにはWindowsのメリットがあり、MacにはMacのメリットがあります。

当然比較した際に、メリットと同じくデメリットもそれぞれに存在します。

Macのパソコンを使用するメリット

Macのパソコンをプログラミングで使用するメリットについて、解説をしていきます。

Macのパソコンを使用してプログラマーを目指すのであれば、知人などに何故Macを使用するか質問された時に「何となく」、「かっこいいから」ではなく論理的にメリットを答えられるMacユーザーになりましょう。

持ち運びが楽でバッテリーの持ちが良い

プログラミングを学習するには、ノートパソコンがオススメです。

Macのパソコンは軽量で持ち運びがしやすく、外で使用する際に重要なバッテリーの持ちが優れています。

またプログラミング学習が終わった後にプログラマーになった場合も場所を選ばず仕事が出来るプログラマーにとって、このメリットは非常に重要です。

iOSアプリ開発が行える

iPhoneなどを始めとするiOSのアプリ開発は基本的にはMacのパソコンでなければ行えません。

スマートフォンアプリ開発などを将来行いたいと考えている方はMacを使用する事をオススメします。

BootCampが使用できる

Mac付属のソフトウェアBootCampを使用する事で、Macパソコン上で仮想のWindowsを動作させる事ができます。

Macのパソコンを使用すれば、実質Windowsの動作も行う事ができます。

iOSのアップデートが可能

Windows7から期間限定でWindows10へのアップデートが無料で行えましたが、基本は有償でアップデートを行う事になります。

しかしiOSの場合はパソコンが対応さえしていれば、無料でOSのアップデートが行えます。

Macのパソコン使用するデメリット

Macのパソコンを使用するデメリットについて、解説をしていきます。

Mac対応していないソフトが多い

パソコンのシェアはまだまだWindowsが多く、Macに対応していないソフトウェアが多く存在します。

プログラミングを効率よく行う為に様々なソフトウェアを使用します。

その中にはフリーソフトや拡張機能がMac対応されておらず煩わしい思いをするケースも少なくありません。

Macパソコンは値段が高い

MacのパソコンWindowsパソコンに比べて値段が高く、カスタマイズ性も低く、耐久性も高くありません。

購入費用に加えて、ランニングコストも高いのはMacパソコンのデメリットです。

Windowsのパソコンを使用するメリット

Windowsのパソコンを使用するメリットについて、解説をしていきます。

Windowsでしか使用できないソフトがある

Macのデメリットでも解説しましたが、Windowsにしか使用できないソフトがまだまだあります。

特にWindowsパソコンで使用していたソフトがMac非対応の場合は、非常に不便に感じる方も多いと思います。

基本的にはWindowsに対応している為、ネット上でオススメの開発ツールなどが使用できます。

Windows向けのアプリ開発が行える

MacとWindowsを比較した時によくiOSでなければ開発が行えない点だけが挙げられますが、実はVisual Studio関係のアプリや.NetなどのWindows向けのアプリ開発はWindowsでなければ行えないものもあります。

開発者がWindowsに特化したアプリ開発を行いたい場合は、Windowsパソコンを使用する事をオススメします。

起動が速い

Windows7以前であれば、Macのパソコンが起動に必要な時間が短くメリットとして挙げられていましたが、Windows8移行は高速スタートアップの設定が行えるようになり、Windowsパソコンの方が起動に必要な時間が短くなっています。

Windowsのパソコンを使用するデメリット

Windowsのパソコンを使用するデメリットについて、解説していきます。

初期段階で不要なソフトウェアが多い

パソコンの知識がある方であれば、問題はありませんが、Windowsは初期購入時にメーカー固有のソフトウェアが多くインストールされています。

初心者の方の場合はどれを消して良いのかわからず、そのままにしてしまうケースも少なくありません。

結果として立ち上がりが遅かったり、デスクトップに不要な広告が表示されている事もあります。

iOSアプリ開発が行えない

近年ではiOSアプリを動作させられるツールなどがWindowsでも出てきていますが、最終的な開発にはMacパソコンが必要となり、現状Windowsだけでは開発を行う事ができません。

プログラミング学習にはMacがオススメ

MacとWindowsのメリットとデメリットについて、解説をしてきましたが、それぞれメリットとデメリットがありプログラマーにどちらがオススメかと聞かれると何を開発するか等の用途によって変わってきます。

しかし明確にWeb系開発・iOSアプリ開発・Windowsアプリ開発などの方向性が決まっておらず、プログラミングを学習したい方にはMacのパソコンがオススメです。

Macのパソコンがオススメの理由は、下記になります。

1台でWindowsも使用する事ができる

BootCampを使用すれば実質Windowsも1台で動作させる事ができる為、代表的なプログラミング言語は学習する開発環境を構築できます。

Webデザイナーの仕事にも向いている

Web関係のプログラマーを目指している方は、HTML・CSS・Adobe製品などWebデザインで使用する技術についても学習する機会があります。

高解像度でデザインを行うのに優れているMacを使用する事をオススメします。

まとめ

今回はMacとWindowsのパソコンどちらがプログラマーに向いているかについて、それぞれのメリットとデメリットについて解説をしてきましたが、いかがでしたか。

残念ながらプログラマーという広い括りでは、どちらか一方が優れているという事にはなりませんでしたが、将来ご自身がどんなプログラマーになりたいかでどちらを購入するかを判断する参考になればと思います。

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%