◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP ビジネス教養コース【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
2月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
1月生は満員となっております。2月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

最近働き方改革などで副業が許される企業が増えています。

エンジニア業界でも大手企業を始め副業が許可される企業も徐々に増えています。

しかし定時で終わる仕事であれば、副業をする事も難しくありませんが、日々の労働時間が定まらず時間の余裕が少ないエンジニアでは簡単に副業を見つけられない方も少なくありません。

そこで今回はエンジニアの副業にオススメのWebライターについて解説をしていきます。

そもそもライターとは

カフェでパソコンをいじる男

まずはライターについて解説をしていきます。

名前の通りですが、ライターは文書をライティング(執筆)するのが仕事です。

ライターと聞くと小説や雑誌をライティングするだけが仕事だと思う方も多いと思います。

先にお伝えしておくと、エンジニアの方に副業で小説家や雑誌のライターをオススメしている訳ではありません。

エンジニアの副業にオススメなのは、ライターの中でもWebライターです。

Webライターとは

Webライターはライターの中でもWebサイトやWebコンテンツに載せる記事を執筆するライターを指します。

エンジニアにWebライターがオススメの理由を解説する前に、まずはWebライターの年収や詳しい仕事内容から解説をしていきます。

Webライティングの報酬

実際にWebライティングを行った時に気になるのが報酬面ですよね。

Webライティングの仕事の多くは、1文字あたりの単価が設定されており、ライティングした文字数に応じて報酬が支払われます。

ただ好きなだけ延々とライティングしても1記事あたりの報酬が青天井で上がって行くわけではありません。

1記事あたりの文字数が指定されており、2,000文字から5,000文字の案件が一般的です。

文字単価は0.3円から1.5円ぐらいの案件があります。

例えば1文字単価1円で3,000文字の記事をライティングすれば、報酬は3,000円です。

1カ月に30記事ライティングすれば、90,000円が報酬となります。

Webライターを本業にしている方の中には、月収50万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

Webライティングに必要なモノ

Webライティングする為に必要なモノについて、解説をしていきます。

結果からお話しておくと、エンジニアであれば、Webライティングに必要な環境が整っている方が殆どです。

これがエンジニアの副業にWebライターがオススメな理由の1つです。

パソコン

Webライティング案件の中には、スマートフォンでも可能な案件もありますが、基本はパソコンが必要になります。

クライアントからの指定でスマートフォンがNGになっている事も多いですが、そもそもWebライティングは出来高制の為、文字数をどれだけ効率良く入力出来るかが収入に大きく影響します。

パソコンであれば、OSが指定されている事は少なく、Googleドキュメント・Wordなどに記事をライティングし納品するか、WordPressに直接投稿するケースが多いです。

インターネット環境

Webライティングにはインターネット環境が必要になります。

WordPressなどに直接投稿する場合はもちろんですが、Googleドキュメントなどにもインターネット環境が前提になります。

またオフラインでライティングできるWordやテキストファイルでも最終的に納品する際には、インターネット環境が必要です。

そしてインターネット環境がもっとも重要な理由は、ライティングに必要なリサーチに使用するからです。

基本的にWebライティングの案件は、クライアントからキーワードが指定されており、そのキーワードを含んだライティングを行わなければいけません。

自分の得意分野であれば、リサーチを必要としない場合も稀にありますが、知識のある分野でも間違いがないかなどインターネットを使用しない事は殆どありません。

インターネットに接続できる環境さえあれば、固定の光回線などの指定はなく、スマートフォンでテザリングしてパソコンをインターネット環境に接続できれば問題ありません。

Webライティングの代表的な題材

本棚

Webライティングの種類には非常に多くの種類があります。

ただ題材となるキーワードにはある程度偏りがあり、記事の需要によって案件の数に差があります。

またジャンルによっても文字単価の平均額が違ってきます。

Webライティングのだ表的な題材は下記になります。

美容・コスメ

美容やコスメのジャンルは需要が高く、女性の方であれば美容やコスメの勉強をしながらライティングが出来る為、オススメです。

文字単価は0.5円前後が多く、Webライティングの中では平均的な文字単価設定になります。

またWebライターは必ずしも女性である必要はなく、男性でも興味があれば美容・コスメのジャンルでライティングする事も可能です。

ゲーム攻略

近年スマートフォンのソーシャルゲームが人気ですが、Game8などの攻略記事もWebライターが執筆しています。

ゲーム攻略のWebライティングはゲームの種類やクライアントによって文字単価に差がありますが、報酬とは別に課金アイテムをリサーチする為にギフトコードなどが別途支給される所もあります。

趣味を兼ねてWebライターとして活躍する方も少なくありません。

プログラミング・エンジニア

プログラミング・エンジニアのジャンルがエンジニアにもっともオススメのジャンルです。

近年ITエンジニアへの転職希望者が増加しており、プログラミング・エンジニアのWebライターの需要が高まっています。

他ジャンルの記事に比べて、1文字あたりの単価が高く設定されている案件が多く、文字単価1円以上の案件も少なくありません。

ベテランのWebライターであれば、文字単価2円が設定されている事もあります。

プログラミング・エンジニアのジャンルが他ジャンルに比べて、文字単価が高い理由は専門的な知識が必要とされるからです。

他のジャンルであれば、少しリサーチすれば知識がないジャンルでもライティングする事ができますが、プログラミングなどのライティングをする為には最低でも基本的なプログラミング言語の知識がなければライティングできないからです。

ゼロからプログラミングを始めたいという方は次の記事も併せてお読みください。

エンジニアがWebライティングするメリット

喜ぶ男性

ここまで解説をしてきたWebライターの基本的な内容も踏まえて、エンジニアがWebライティングを行うメリットについて解説をしていきます。

準備物が少なく場所と時間を選ばない

既にWebライティングに必要なモノで触れましたが、Webライティングに必要なパソコンとインターネット環境はエンジニアであれば大半の方が準備出来ているからです。

この2つがあれば、今日からでもWebライターとして副業する事も決して難しい事ではありません。

またパソコンとインターネット環境さえあれば、時間や場所を選ばずに副業を行える点も纏まった時間を確保しづらいエンジニアにオススメの理由です。

収入を増やしながら学習できる

エンジニアとして活躍していく為には、プライベートの時間でも学習する事が重要です。

プログラミングやエンジニアの技術的なWebライティングを行えば、副業をしながら新しい技術を習得したり、復習するのに役立ちます。

プライベートの時間に独学で勉強するだけでは、毎日継続したり、長時間集中して学習するのは色々な誘惑があり簡単ではありません。

しかし勉強をしながら、収入が得られるとなると仕事の一環として真剣に取り組む事ができます。

アウトプットの訓練ができる

プログラマー・システムエンジニアを始めとするエンジニアを目指す方の中には、勘違いしている方も多いのですが、実はエンジニアの仕事はプログラミング技術や最新の技術を学び続けるインプットだけが重要な訳ではありません。

プロジェクトメンバーと情報を共有したり、開発者本人でもメンテナンスが行える様に仕様書を作成したりとアウトプットの質も非常に重要になります。

またエンジニアに限った事ではありませんが、蓄えた知識や技術を他の人が理解できる様に伝える事が出来て初めて習得できたと言っても過言ではありません。

Webライティングは読んでくれた人が疑問に思っている事や興味がある事を理解できなければいけません。

Webライターとして副業をする事で、本業であるエンジニアの業務で重要なアウトプットの訓練になります。

Webライティングの案件を探す方法

パソコンを見せる女性

ここまででWebライティングについて、基本的な情報はご理解頂けたと思います。

しかし実際にWebライティングを副業にする場合、どのように案件を探せば良いか気になりますよね。

そこでWebライティングの案件を探す事ができるクラウドソーシングをご紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスは、クラウドソーシングの中でも最大規模の案件数があり、今回ご紹介したWebライティングの仕事以外にもアプリ開発やWeb開発の案件も多く掲載されています。

当然Webライティングの案件も多く、プログラミング言語などを題材としたWebライティング案件もあります。

登録料は無料で、メールアドレスさえあれば、簡単に登録ができます。

手数料は報酬から自動的に天引きされる為、事前に自分が手数料を払う必要はありません。

エンジニアの方であれば、1度どんな案件があるかを覗いてみるだけでも、どの様なプログラミング言語が需要があるか等を知る機会にもなりオススメです。

クラウドワークス

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスと肩を並べて案件数があり、知名度もあるクラウドソーシングです。

基本的にはクラウドワークスと同じですが、手数料や案件への応募方法など多少違いがあります。

Webライティングの副業を考えている方は、クラウドワークスと合わせて登録する事をオススメします。

ランサーズ

まとめ

今回はエンジニアの副業にオススメなWebライティングについて、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

副業として何かを始めるのであれば、是非エンジニアの本業にも役立つWebライティングがオススメです。

DMM WEWBCAMPについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

2月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
1月受入枠は満員となっております。2月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事