【エンジニアとWebデザイナー】どっちがいい?スキルや難易度を比較 | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

【エンジニアとWebデザイナー】どっちがいい?スキルや難易度を比較

現在、日本を始め世界中でエンジニア業界が話題になっています。
数年前まではエンジニアと聞くとあまり良い印象を持たない方が多かったですが、現在ではその需要と将来性から就職・転職を希望する方が年々増加傾向にあります。

また、男女問わず人気の職業としてWebデザイナーへの就職・転職を希望する方も増えてきています。

同じIT業界の仕事ですが、エンジニアとwebデザイナーは全く異なる職業です。
今回の記事では、エンジニアとwebデザイナーそれぞれの仕事内容、必要なスキル、年収を紹介します。

エンジニアとは

タイピングまずはエンジニアの基本的な内容から解説をしていきます。

まず最初に意識していただきたいのが、IT業界のエンジニアは1つの職業を指すのではなく、複数のエンジニア職を指す」という点です。
IT業界のエンジニアで代表的な職種としてはプログラマー、システムエンジニアWebエンジニアなどがあります。

それぞれ担当する役割が違い、同じエンジニアでも必要とされるスキルや仕事内容に大きな違いがあります。

エンジニアの仕事内容

エンジニアの主な仕事内容はシステム開発です。

エンジニアの仕事の流れは、まず顧客から必要とされているシステム要件を引き出し、開発するシステムの基本設計を行います。
基本設計が出来るとそれを基にプログラミングして開発するための詳細設計書を作成し、基本設計書と詳細設計書からプログラミングを行いシステムを作ります。
そしてプログラミングしたシステムのテストを行って納品するまでが一連の流れになります。

顧客からのシステム要件を引き出して基本設計をするまでが上流工程と呼ばれるシステムエンジニアの仕事です。
対して、詳細設計からテストを下流工程と呼び、こちらはプログラマーの仕事になります。

エンジニアの種類を詳しく知りたい方が以下の記事を参考にしてください。
今後目指すべきITエンジニアの種類は?【年収や必要なスキル・適正も】

エンジニアに必要なスキル

プログラマー、システムエンジニアそれぞれで必要なスキルに違いがあるため、共通するスキルを中心に解説をしていきます。また、プログラマー、システムエンジニアになる上で必須の資格と言うものはありませんが、逆に何かのスキルや資格があれば必ずプログラマー・システムエンジニアになれるというわけでもありません。

しかし、仕事をする上で必要な以下のようなスキルを習得していれば、システムエンジニアへの転職に成功する可能性は高くなります。

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーション能力
  • IT全般の基本的な知識

プログラミングスキル

プログラミングスキルはシステムの設計にもプログラミングにも必要になります。

システムエンジニアの中にはプログラミング経験がない方もいらっしゃいますが、プログラミング経験がない方でもプログラミングの基本的な知識は必要になります。

プログラマーの方は当然プログラミングスキルが必要になりますが、プログラミング言語はメジャーなものだけでも数十種類以上あり、2つ以上のプログラミング言語を習得しておくと活躍の幅が広がります。

プログラミングとは料理と同じ!?初心者でもあっという間に理解できる

コミュニケーション能力

映画などに登場するエンジニアは、コミュニケーション能力が低い凄腕エンジニアのようなキャラが非常に多いことから、エンジニアはコミュニケーション能力が低いと思っている方も多いと思います。

しかし、実際にはエンジニアは数十人でシステムを開発することになるため、コミュニケーションがうまくとれなかったことによる仕様の認識間違いなどが発生してしまいます。

そのため、最低限のコミュニケーション能力がなければエンジニアとして活躍することは不可能であるため、映画に登場するようなコミュニケーション能力が極めて低いプログラマーは実際にはほとんどいません。

IT全般の基本的な知識

システム開発に関する知識は当然必要ですが、プログラミングスキルだけでなく、システムが動作する環境に関しても基本的な知識が必要になります。

例えばネットワークやデータベースなどはシステム開発において関連してくるため、ITパスポート基本情報技術者試験などの知識を習得することをおすすめします。

エンジニアの年収

エンジニアの年収はその役割や所属する企業、勤務形態などによって大きく異なってきます。

また、開発するシステムやスキルによっても違いますが、残業が多い業界のため自然と平均年収は高くなります。
みなし残業契約などをしていなければ、年収600万円以上のエンジニアも少なくありません。

フリーランスエンジニアの場合は、安定して仕事を受注する事ができれば年収1,000万円以上の方もいらっしゃいます。

以下の記事では、エンジニアの年収についてさらに詳しく解説をしています。
エンジニアの給料は高いって本当?平均年収からIT業界を読み取る

webデザイナーとは

続いて、webデザイナーの仕事内容、必要なスキル、年収について解説をしていきます。
以下の記事では、より詳しくwebデザイナーになるために必要な事が書かれているので参考にしてみてください。
【未経験】本気でWEBデザイナーを目指す人がするべきこと

webデザイナーの仕事内容

webデザイナーの仕事もエンジニアと同様で、明確な仕事範囲が決まっているわけではなく、webサイトを始めとするwebコンテンツのデザインをすることが基本になります。

しかし、webデザイナーの中にはデザインだけを行うデザイナーもいれば、HTML・CSSを使った静的なコーディングまでを仕事としている方もいらっしゃいます。中にはwebデザインからJavaScriptの動的なプログラミングまでを仕事としている方も少なくありません。

Webデザイナーとは?Webデザイナーの仕事内容と将来性

webデザイナーに必要なスキル

webデザイナーに必要なスキルについて解説をしていきます。

エンジニアの時と同様、webデザイナーになるために必須の資格はありません。
しかし、何か資格を持っていれば必ずwebデザイナーになれるわけでもありません。

webデザイナーには以下のようなスキルがあると良いです。

  • デザインの知識
  • HTML・CSSのスキル
  • JavaScriptのスキル
  • Adobe製品の知識

1つずつ説明していきます。

デザインの知識

webデザイナーとして活躍するためには、カラーなどのデザインに関する基本的な知識が必要になります。

また、webデザインはその時々で人気のデザインが違っているため、他のサイトを閲覧する時などに常に他の人がデザインしたものを参考にしようとする姿勢が重要です。

また、webデザイン技能検定というwebデザイン全般の知識が身につく国家試験もあります。
以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。
【国家資格】webデザイン技能検定はあなたに必要か?

HTML・CSS

webデザインを実際のweb上に表現するためにはHTMLとCSSのスキルが必要になります。

webデザイナー本人がコーディングする場合はもちろん必須ですが、デザイン部分の仕事しかしないwebデザイナーであっても、表現できるかどうか等の判断をするためにHTML・CSSの知識は必要になります。

JavaScript

webエンジニアの仕事に含まれることが多いJavaScriptについても自身でプログラミングすることができれば、仕事の幅も広がります。

直接プログラミングをすることがない場合でも、webエンジニアと意識合わせをしたり、デザインする時に基本的な知識は習得しておくことをおすすめします。

また、JavaScript以外にもphpなどの言語もwebデザイナーとして把握しておくことをおすすめします。

Adobe製品の知識

webデザイナーの仕事をする上で欠かせないのが、Adobe社のPhotoshopとillustratorの知識です。

ご存知の方も多いですが、Photoshopはwebサイト上に表示する画像を加工するのに使用します。

illustratorもオリジナルのイラストロゴなどを作成する時に使用したりとwebデザイナーの仕事で使用する機会が多いため、基本的な使い方を習得しなければいけません。

webデザイナーの年収

webデザイナーの仕事はコーディング部分まで行うかで大きく変動しますが、平均年収400万円前後になります。

コーディングの中でもJavaScriptまで行うとその分年収が高くなりますが、エンジニアの方が平均年収は比較的高くなります。

あなたはエンジニアかwebデザイナーどっちに向いている?

PCを見つめる男webデザイナーとエンジニアの仕事について解説をしてきましたが、これからどちらを目指すか悩んでしまう方も多いと思います。
また、現在エンジニアで、今後webデザイナーへの転職を考えている方や、webデザイナーからエンジニアへの転職を考えている方も少なくないと思います。

自分がどちらが向いているか、こればかりはご自身でそれぞれの仕事内容やメリット、デメリットをもとに判断しなければいけません。

参考までに、エンジニアからwebデザイナーへの転職とwebデザイナーからエンジニアへの転職について解説をします。

エンジニアからwebデザイナーへの転職

エンジニアに比べてwebデザイナーの仕事は自由度が高く、フリーランスとしても正社員として就職するのも多少のプログラミング知識があればそれほど難しくありません

しかし、エンジニアからwebデザイナーに正社員として転職する場合は、給料面は多少下がってしまうことを覚悟しておかなければいけません。

また、エンジニアはこれまであまり関わりのないデザインやAdobe製品の知識については新しく勉強する必要があります。

webデザイナーからエンジニアへの転職

webデザイナーからエンジニアに転職をする場合は、エンジニアの中でもwebエンジニアへの転職を希望するのであればそこまで困難ではありません。

また、webデザイナー時代にJavaScriptなどのプログラミングの経験も積んでいればweb以外のエンジニアでも転職自体は可能です。
しかし、キャリアとしては一度リセットされてしまうため、企業によっては給料が少しだけ下がってしまう可能性があります。

webデザイナーの仕事に比べてエンジニアの仕事は必要となる基礎知識が多いため、webデザインにのみ特化してきた場合は基礎知識の習得が必要になります。

ただ、エンジニアの仕事では仕様書や顧客向けのプレゼン資料などを作る機会も多く、webデザイナーで培ったデザインセンスを生かせる機会も多いため、即戦力として活躍できる部分も決して少なくありません。
webデザイナーの仕事に比べて客先で常駐したりする場合もあることから服装などの制限はエンジニアの方が厳しい場合もあるため、注意が必要です。

まとめ

今回はエンジニアとwebデザイナーの違いについて解説をしてきましたが、いかがでしたか。

どちらかが一方的にメリットがあるということはなく、現在どちらに就職・転職をしようか迷っている方はそれぞれの仕事内容や服装、働き方まですべて含めて判断をすることをおすすめします。

どちらの仕事も管理職にならずに現役で働き続けるのであれば、日々新しい技術やその時の流行などに目を光らせれいなければいけません。
また、どちらの仕事もまだまだこれから需要があり、さらに技術も開発されていくことが予想されており、少しでも自分の理想とする仕事内容に近い方を目指すことが重要になります。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点