2020年注目すべきITトレンド4選!最新情報が得られるサイトも | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

2020年注目すべきITトレンド4選!最新情報が得られるサイトも

近年IT技術の発展によって、生活が便利になってきたと思います。

ECの発達によりスマホを数回タップするだけで欲しいものが家に届いたり、通信技術の発展によりwifi環境があればどこでも無制限にyoutubeを見ることができるなど、ITの力で私たちの暮らしが豊かになっています。

しかし、これらの技術をいち早く予測できればこの技術をもっと使いこなすことができたのではないでしょうか。
また、いち早くトレンド情報を手に入れることで、ビジネスを始めて成功することができたかもしれません。

このような急成長を遂げているIT業界について

・ITのトレンドが知りたい
・ITのトレンドを予想したい
・IT業界で有望な職種が知りたい
・最新情報が知れるサイトが知りたい

と思っていませんか。
こちらの記事では、ITトレンドの有力情報を紹介いたします。

2020年注目すべきITトレンド4選

5G

5Gとは、「第5世代モバイル通信システム」と言われております。

5Gの3つのメリット

・超高速
・多数接続
・超低遅延

が挙げられています。

超高速

実行速度として、4Gの約100倍となる10Gbpsに達します。
つまり、今まで我慢していた読み込み時間がほぼ無くなってしまうということです。

遅すぎてイライラするという状態がなくなり、快適に動画やSNSを楽しむことが出来ます。

多数接続

4Gと比較し10倍の同時接続が可能になります。
家族、友達みんな同じ空間で4Kの動画を同時にストリーミングで再生できる状態になります。

今までと違いコンテンツの楽しみ方の幅が膨らみます。

超低遅延

4Gと比較するとリアルタイムとの時差が10分の1になります。
リアルタイムで起こっている事を即座にデバイスに反映させることが出来ます。

電車の遅延や交通情報、気象情報などを即座に入手することが出来るので、かなり便利になります。

活用事例

地下鉄×5G

地下鉄のホームに5G基地局を導入することで、見守りロボットや固定カメラで撮影した4K映像をリアルタイムで転送することが出来ます。

今まで発見できなかった不審者や不審物の検知に役立っています。
また、同時翻訳などにも役立っています。

工事現場×5G

建設現場では、遠隔操作は実現しており、4Kの映像と音響装置などでリアルな作業感覚を可能にしています。
制御室には全方位モニターも用意されており、実際の現場よりも周囲の状況が確認しやすく安全に作業ができます。

スポーツ観戦×5G

複数の方向からカメラで撮影した映像をリアルタイムで処理することで、様々な視点からVRで観戦することが出来ます。
あらゆるスポーツで活用されることで、審判がその場にいる必要がなくなってしまうかもしれません。

 エッジコンピューティング

エッジコンピューティングとは、スマートフォンなどのインターネットにつながるIOT機器で情報を処理したり、利用者に近いエリアのネットワークにサーバを分散配置して処理を行ったりするコンピューティングモデルです。

エッジコンピューティングの3つのメリット

・クラウドサービスのレスポンスの高速化
・セキュリティリスクの軽減
・障害などの耐性が強くなる

が挙げられています。

クラウドサービスのレスポンスの高速化

クラウドサービスでユーザーに対する反応速度が早くなります。
サービスを使うユーザーが増えれば増えるほど、レスポンス速度が低下し不満が発生したり、パンクしてしまったりします。

しかし、端末側でデータ処理を行うことでこの問題が解消されます。
この技術で自動運転や遠隔医療などにも活用されるかもしれません。

セキュリティリスクの軽減

企業はクラウドサーバーでデーターを処理していることが多いです。
そして、クラウドサーバーをハッキングされることで情報の流出がリスクとして存在しています。

しかし、機密性の高いデータをエッジに、そうでないデータをクラウドに上げることで情報流出のリスクを低減します。

障害などの耐性が強くなる

クラウドサービスでは、災害や不具合に対して復旧中にユーザーはサービスの利用が出来なくなってしまいます。
しかし、エッジコンピューティングでは復旧中でも引き続きサービスの利用が可能なため、利便性が高くなります。

事例

自動運転×エッジコンピューティング

自動運転には5Gは必須ですが、エッジコンピューティングを利用し端末で映像、アクセルやブレーキ、ハンドリングなどのデータ処理できるようになれば、人力で運転するのと変わらないほどの素早い判断が自動運転で可能になります。

HRテック

HRテックとは、HR(Human Resource:人財)× テクノロジー(Technology)の造語です。
採用や評価などの人事業務において、ビッグデータや人工知能(AI)、クラウドなどの最先端テクノロジーを活用し、課題を最解決するソリューションやサービスのことです。

HRテックの3つのメリット

・コスト削減、業務効率化
・従業員データの一元管理
・戦略的人事マネジメント

コスト削減、業務効率化

紙で行っていた人事業務のデータ化、業務の自動化によりコスト削減が見込めます。

従業員データの一元管理

応募者の採用フロー管理や、異動昇進持っているスキルなどの情報の一括管理、従業員の出退勤や人事評価などのデータ化が可能になります。

データの蓄積によって「離職しそうな従業員に気づくこと」「優秀な社員の行動分析で、採用や育成に活用すること」など今までは出来なかった分析を可能にすることが出来ます。

戦略的人事マネジメント

可視化されていなかった従業員のモチベーションや働きがいなどを数値で分析することが可能になります。

キャッシュレス化

名前の通り、キャッシュ(現金)をなくすという取り組みです。
クレジットカードや交通系ICカードなどを用いた決済や、現在流行しているPayPayやLINE Payは支払いを現金ではなく、QRコードでの決済を行っています。

キャッシュレス化の5つのメリット

・ATMの管理費用がなくなる
・お金の造幣や管理コストの削減
・治安の向上
・企業や店舗の効率化
・お金の不透明さを無くす

ATMの管理費用がなくなる

ATMにまつわる費用は年間数兆円であると言われています。
ATMを所有している銀行は、手数料や金利などでコストを補填しているが、なかなか回収できないのが現実です。

しかし、このコストが無くなれば、銀行が融資しやすくなり経済の発展が見込まれるかもしれません。

お金の造幣や管理コストの削減

貨幣の原料費は約26億円、原料費以外の費用は約144億円が年間でかかっているが、これを削減することで税金の有効活用ができるかもしれません。

治安の向上

強盗やひったくりなどの犯罪を抑制することが出来ます。

企業や店舗の効率化

現金計算などの業務が効率化出来ることで、過剰労働の削減と生産性上昇させることが出来ます。

お金の不透明さを無くす

脱税など不正が記録に残り、不正防止につながります。

今最も注目されている技術は5G!

5Gが注目される理由

自動運転や遠隔操作が可能になります。
特に自動運転では、4Gにおいてレベル0~5段階ではレベル4に実現しています。

レベル4は走行エリアは限定されるが、無人運転が出来るレベルであり、2017年にKDDIがこれを実現しています。

もし5Gが可能になれば、交通情報や人の飛び出しなど瞬時に予測し制御することで事故の激減と安心安全な自動運転が実現するかもしれません。

また、遠隔医療により海外でしか受けられない治療を日本で受けられるかもしれません。
海外での治療は多額の資金が必要であり、受けられる人が限られてしまうことが問題でした。

しかし、遠隔医療により日本で行うことで低コストな治療を可能になり、より多くの命が助かるかもしれません。

今後の5G

総務省によると、サービス開始は東京オリンピック開始前とされています。
医療、建設、農業、災害など幅広く活用が期待されています。

特に少子高齢化である日本において、高齢者がドローンで農業を行うことが出来れば日本の生産性が大幅に上がること、災害や医療において救える命が激増することが期待されています。

ITトレンドの推移

過去のトレンドは現在どうなっているのか気になりませんか。
トレンドの推移を知ることで数年後どうなるのか予測することが可能かもしれません。

過去のトレンドの発展

2018年のトレンドではサブスクリプションモデルがありました。
サブスクリプションモデルとは、月額課金性のビジネスモデルのことであり、有名なサービスはネットフィリックスなどがあります。

月額約1000円ほど払うことで、コンテンツが見放題になるサービスです。

現在では、様々な業界でこのビジネスモデルが登場しています。
例えば、美容室や飲食店、カーシェアなど様々なサービスが展開されています。

過去のトレンドを遡ると、トレンドは数年かけて様々な業界に波及していくことがわかります。

今後IT業界で活躍できる人材紹介

今後有望なIT業界に転職したい、就職したいと思っている方は多いと思います。
このように考えている方に、注目すべき職種についてお伝えします。

注目すべき職種

注目すべき職種3選

①AIエンジニア
②組み込みエンジニア
③サーバーエンジニア 

AIエンジニア

AIエンジニアとは、AIの開発やデータの解析を行うエンジニアです。
AIが学習し構築したデータを解析し、AIのプログラムを改善したり、AIそのものを強化し実用的なものにしていく仕事です。

AIの例
・pepperくん
・Siri

普段使っているSiriの性能が上昇しているのは、AppleのAIエンジニアがデータの解析を繰り返し実装しているおかげです。

より詳しくAIエンジニアについて知りたい方はitエンジニア 種類をご覧ください。

組み込みエンジニア

組み込みエンジニアとは、自動車や家電などに使われるプログラムの作成を行うエンジニアです。
現在IOTが注目されていることから、注目されています。

IOTとは
Internet of Thingsの省略語です。
スマホで自宅のエアコンなどの操作や、ペットや家族の情報をリアルタイムで知ることが出来るなどが期待されています。

より詳しく組み込みエンジニアについて知りたい方はitエンジニア 種類をご覧ください。

エアコンやテレビなどの情報をスマホで確認するためには、それぞれの組み込みエンジニアがプログラムを作成する必要があります。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバーの安定性を監視、障害などの対処をするエンジニアです。
私たちが普段快適にネット環境を利用できているのは、サーバーエンジニアのおかげです。

近年サーバーのクラウド化により、クラウドに関する知識やエッジに関する知識が必要になっています。

より詳しくサーバーエンジニアについて知りたい方はitエンジニア 種類をご覧ください。

いち早く情報が入手できるサイト

IT業界は日々急激な成長をしているので、普段からアンテナを貼り情報収集して行かなければ、今知っているトレンドが昔のものになってしまいます。

これでは、ビジネスチャンスを逃してしまいます。
いち早く情報が入手できるサイトを紹介します。

ITmedia NEWS

ITに関する情報が即座に記事として紹介されます。
また、Twitterでも記事が上がればお知らせしてもらえます。

細かくカテゴリーごとに分けられており、見やすいのが特徴です。

ITmedia NEWSはこちら

日経×TECH

グローバルで幅広い情報を入手することが出来ます。
細かくテーマが決められるので、特定の情報について詳しく知りたい方は便利です。

日経×TECHはこちら

まとめ

ITのトレンドについて紹介いたしました。
IT業界は移り変わりの激しい業界なので、いち早く情報を入手し予測することが必要です。

IT業界に転職したい、ITで企業したいなど考えている方はトレンドを予測した上で、自分でIT技術に触れてみることをお勧めします。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点