職場の人間関係で悩むあなたに。6つのヒントで働きやすい環境を整える

2023.01.03
職場の人間関係で悩むあなたに。6つのヒントで働きやすい環境を整える

「職場のことを考えるだけで憂鬱になる」
「自分が浮いてしまっているように感じる」
「もう会社に行きたくない」

そう思うことはありませんか?

私たちは日々たくさんの人と関わって生活しています。
職場は、上司や同僚、部下など、それぞれの立場での関係性もあり、常に良好な関係を維持するのは大変ですよね。

では、職場の人間関係はどのようにして維持すべきでしょうか?

そこで今回の「WEBCAMP NAVI」では、

  • 職場での人間関係を改善したいときに必要なこと
  • 職場の人間関係を良好に保つヒント
  • 職場で避けた方が良い行為・態度

をご紹介します。

この記事を読むことで、人間関係の悩みが軽くなり、気持ちよく働けるようになるはずです。

職場に居心地の悪さを感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

職場の人間関係に関する問題が深刻である4つの理由

パソコンの前で悩んでいる男性

職場の人間関係は、特定の会社ではなく、日本全体で問題視されているトピックの1つです。

仕事とは直結する要因ではありませんが、あまりにもひどくなるとプロジェクトの業務効率にも関わってきます。

なかでも、下記で紹介する4点は職場の人間関係改善が難しい項目です。

  1. 職場での人間関係は選べない
  2. 職場の人間関係に悩んでいる人は「3人に1人」にもなる
  3. 精神的な要因につながりかねない
  4. 部下にどう接すればいいかが曖昧になってきた

それぞれの項目を深掘りしていきましょう。

1.職場での人間関係は選べない

職場の人間関係に悩む人はたくさんいます。

職場でうまくやれてる人って本当に尊敬します。
どうしたらうまくやれるんだろう…😢
今のこの状況を乗り切らないとどこ行っても同じことの繰り返しなんだろうな。#職場の人間関係

— ひかり___☆♪ (@kirarito78) June 18, 2020

このように、SNSでも職場の人間関係に悩む声が多くあげられています。

職場での人間関係は、学生時代の友人などと違って自由に選ぶことができません。

さらに職場では、上司や部下といった関係性もあるため複雑です。

誰かと仕事をする上で、嫌いだから、苦手だからといって付き合わないわけにはいきません。

2.職場の人間関係に悩んでいる人は「3人に1人」にもなる

厚生労働省が平成30年におこなった「労働安全衛生調査(実態調査)」のデータがあります。

労働安全衛生調査
参考 厚生労働省:平成30年「労働衛生安全調査(実態調査)」

このデータによると、「仕事に関することで強いストレスとなっていると感じる事柄がある」という労働者の割合は、全体の58.0%となっています。

つまり約半数以上が、仕事において強いストレスを感じていることになるのです。

また、そのうちストレスの原因が「人間関係(セクハラ・パワハラを含む)」である割合は、31.3%とのこと。

3人に1人は職場の人間関係で悩んでいることがわかります。

このように職場の人間関係に悩む人は決して少なくないことが、データからもわかります。

3.精神的な要因につながりかねない

職場の人間関係が劣悪になることが原因で、うつ病などの精神的な病に繋がる恐れがあります。

こうなってしまうと、社内の評判も悪くなりますし、さらに職場の人間関係が悪化してしかねません。

  • 相談できる相手がいない
  • 上司が部下の話を聞こうとしない

こういった職場環境が常態化していると、どうすればいいか分からなくなる従業員が増えてしまいます。

その結果、会社にいく足取りが重くなり、精神的な病気を招く危険性があるのです。

4.部下にどう接すればいいかが曖昧になってきた

以前は「上司の言うことは絶対」と考えられている職場が多く存在していました。

しかし現在は、少し厳しく意見をしたとしても「パワハラ」と捉えられてしまう可能性があります。

部下の立場からみると働きやすくはなりましたが、その一方で上司は常に言葉を選びながら部下と接する必要があります。

  • 余計なことを言って問題になりたくない
  • 部下に指示を出さず自分でやってしまおう

こういった思考回路が働くことで、問題が起こることは減りましたが、その一方で職場の人間関係が希薄になりつつあるのです。

人間関係が希薄になると連携が取りづらくなり、その結果社内のパフォーマンスが落ちる原因につながるのです。


「仕事いやだな…」と思う瞬間、ありませんか?
今回DMM WEBCAMPでは、みなさんも一度は感じたことがあるであろう「仕事いやだな…」と思う瞬間を“あるある”にまとめてみました!
気持ちを晴らす気分転換の方法もたくさん紹介しています。
働く大人なら誰でも抱く悩みを共有しませんか?

職場の人間関係を良好にするために効果的な6つのヒント

職場の人間関係を良くするための方法

相手を変えることはなかなか難しいため、現状を変えるためには「自分が変わること」が効率の良い方法です。

しかし、これはとても勇気のいる行為です。

昨日までの自分を捨てて、今日から新しい人になってくださいと言われても、すぐに変われないものです。

以下のヒントを参考に、自分が職場で過ごしやすい環境を整えてみてください。

上記内容を眺めても「変われたら苦労しないよ」と思う方もいらっしゃることでしょう。

ですが、まずは少しでも自分でできることを取り入れることが大切です。

人の性格を急に変えることは難しいため、焦らず少しずつ変わっていきましょう。

1.上手なコミュニケーションを心がける

上手なコミュニケーションをとる人には、以下の特徴があります。

  • 利他的な行動、もしくはそう感じさせる行動をする
  • 相手に好感をもたせる態度をとる
  • 相手との信頼関係を築くことが上手い

職場でもこのようなコミュニケーションを上手にとる人は、人間関係が良好な印象はあるでしょう。

「そんなこと当たり前」「初めからコミュニケーション能力があれば悩んでない」と感じてしまうかもしれません。

しかし、上手なコミュニケーションは意外にも身近で、簡単なことに気を使うだけで実行できます。

それでは、具体的にどのようなことをすればいいのか、詳しく見ていきましょう。


仕事上でのコミュニケーションについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

仕事上のコミュニケーション上手とは!求められる3つの能力や10個の改善方法を紹介仕事上のコミュニケーション上手とは!求められる3つの能力や10個の改善方法を紹介

相手を肯定する態度を示す

心理学では、人は常に自分の存在を肯定されたい、自分は必要な人間だと確信していたいという承認欲求が強いです。

そのため、自分を肯定してくれる人を特別な人だと認識するものです。

あなた

「○○さんのお陰です」

「確かに○○さんの方法の方が効率的ですね」

「先ほどの件はありがとうございました」

「昨日はお疲れさまでした。」

このように言葉にすることによって、相手との気持ちのいいコミュニケーションができるでしょう。

「賞賛・承認・感謝・労い」の言葉を日々の会話の中で積極的に取り入れることが大切です。

常に笑顔でいる

いつもニコニコと笑顔でいる人は、たとえ話すのが上手ではなくても、親しみやすそうな人だなという印象を与えます。

人の第一印象は、見た目が55%(声の大きさやトーンが38%、話の内容自体が7%)といわれています。

これはアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」で、人の第一印象は主に視覚情報(顔立ち、表情など)で決まるという考えにもとづきます。

まずは笑顔で相手に好印象を与えることで、スムーズなコミュニケーションになるでしょう。

挨拶を忘れない

挨拶をよくする人は相手に良い印象を与えます。
また、挨拶をすることは、その後のコミュニケーションの糸口にもなることでしょう。

あなた

「おはようございます」

「お先に失礼します」

「お疲れ様です」

といったことを丁寧に言うように心がけましょう。

また、この丁寧に言うことがポイントです。
相手に伝わらなければ意味がありません。
アイコンタクトとはっきりした声で挨拶するようにします。

よく傾聴しているのを態度に示す

人は承認や肯定を求めています。
人の話を聞いている時は相手を肯定するチャンスです。

あなた

「なるほど、確かにそうですね」

「それは~ということでよろしいでしょうか?」

「わかりました、実践してみます」

このような「相槌」「内容の確認」「話の深掘り」がよく聞いている態度であり、相手の承認欲求を満たす態度になります。

少しオーバーリアクションにする

会話が楽しい相手とは、勝手にコミュニケーションが円滑になります。

つまり、自然と上手なコミュニケーションになるわけです。

そこで、会話を盛り上げるためには、少し大げさにリアクションをしてみましょう。

あなた

「え、本当ですか?」

「それは知りませんでした!」

「僕もそう思ってたんですよ!」

大きなリアクションで、相手が会話を楽しんでいる、自分の話に賛同してくれていることが伝わります。

正しく活用することで、相手に自己肯定感や信頼感を与えられるでしょう。

2.職場の人とは適度な距離感を保つ

職場は基本的に仕事をする場所で、ある程度の割りきりも必要です。

仕事にプライベートの「素」の自分を持ち込んでしまうと必要以上に疲れてしまうことがあります。

相手に自分の内面をさらけ出さない、必要以上に深入りしないことが重要です。

自分の内面を見せる相手と見せない相手をしっかり区別することも、良好な人間関係を築く上でのひとつのコツになります。

3.ポジティブ思考になる努力をしてみる

ポジティブ思考になると、物事がスムーズに良い方向へと進んでいく傾向があります。

とはいえ「ポジティブになりましょう」と言われても、急には変われないものです。

そこで「自分に自信を持たせる」「自己評価を高める」2つの方法をご紹介します。

ポジティブ思考に変わるきっかけになると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に自信を持つ

自分に自信を持っていない人は、自信を喪失した原因があることも少なくありません。

  • 大勢の人が見ている前で失敗してしまった
  • 真面目に努力してきたのに結果が出なかった
  • 自分の正しいと思ってることを否定されてしまった

人によって異なりますが、このような出来事が自分に自信を持つことの妨げとなってしまっています。

そこから1つ1つの原因を究明し、解消する方法を考えましょう。

大きな成功はもちろん自信を持つことと直結するかと思いますが、成功までの過程で自信の喪失につながりかねません。

あまり手を広げすぎず、身近なところからコツコツと小さな成功を積み重ねてください。

自己評価を高める

人は無意識のうちに自己評価にもとづいて思考・行動をします。

自己評価が低いとその評価のまま同じ行動の繰り返しとなるため、自分の評価を上げることはポジティブな思考・行動につながります。

自己評価を高めるためにできることは、

  • ポジティブな人と付き合う
  • 自分の誇れることを書き起こしてみる
  • 今日の自分の良かったことを考える

などが挙げられます。

ここで挙げたもののほかにも、さまざまな工夫ができるので、ぜひ自己評価を高く持てるように行動してみてください。

4.なぜ相手のことが苦手なのか分析してみる

人間関係を良好にしたければ、なぜ自分は相手のことが苦手なのか分析してみましょう。

ただ感情的に接しているだけでは、状況は変わりません。

嫌いな相手のことなんてできるだけ考えたくないかもしれませんが、関係をよく保つためには大事なことです。

相手の性格と自分の性格のどこが合わないのかがわかれば、自分がどう行動すれば関係が良くなるのかが見えてきます。


相手のことを理解するための自己分析の方法を知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!

5.自分を守ってもらえる場所を作る

ずっと1人で頑張っていても、物事が前に進まないこともあるでしょう。

ここでは誰かに相談をする、誰かの力を借りることについてお話ししていきます。

周囲には、頼れる人や機関が数多く存在します。

「どんなサービスがあるのか」なども見ておくことが、後々自分の助けにもなるはずです。

相談できる相手を見つける

1人で悩みを抱え込まないことが、心のバランスを取り続ける最善の方法です。

家族、恋人、親友、職場内の信頼できる人(ただし口の固い人)、上司など自分の周りで信頼の置ける人に話してみてください。

人に相談して考え・アドバイスをもらうことはもちろんのこと、人に話すことで自分の考え・気持ちの整理ができます。

政府・NPOの相談窓口を利用する

もし自分の周りに話すだけでは解決しない場合、政府やNPOなどの相談窓口に頼るのも1つの手です。

的確なアドバイスがもらえたり、問題解決させる際、力になってもらえることもあります。

以下に、厚生労働省の総合労働相談コーナーの概要が書かれたサイトのリンクを掲載します。

各都道府県労働局、全国の労働基準監督署内などの380か所に設置されている施設なので、悩みを相談したい方は、近くの総合労働相談コーナーで話をしてみましょう。

参考 総合労働相談コーナー厚生労働省

6.ストレスを溜め込まない工夫をする

職場で溜まったストレスを、そのままにして置くと限界がきてしまいます。

自分なりのストレス発散方法を見つけて置くことは重要です。

ここではストレスを溜め込まない工夫についてお話しします。

プライベートの時間を大切にする

仕事とプライベートで、はっきりとしたメリハリをつけることが大事です。

職場では仕事に集中し、家では仕事を持ち込まず、できる限りリラックスしてください。

職場でのストレスをプライベートに持ち込んでしまうと、自分自身や身の周りの人たちにも支障をきたしかねません。

  • 映画やドラマを鑑賞する
  • 過去にやっていた趣味をまた始めてみる
  • 友人の趣味を一緒にやってみる

このような方法で見つけた趣味があることで週末を楽しみになり、いつもの仕事にも張りが出るようになります。

そして何かに没頭することで、その時間は職場であった嫌なことも忘れられます。

自分の中でオンオフのスイッチをしっかりと持つようにしましょう。

スポーツで身体から健康になる

体を動かすことで、気持ちを落ち着かせる方法もおすすめです。

  • 近所で短い距離をジョギングする
  • いつもより1駅近く降りてウォーキングする
  • 自宅でできる簡単なトレーニングをする

などの軽い運動でも、セロトニンやエンドルフィンといった心の安定をもたらすホルモンが分泌します。

寝つきも良くなり、良質な睡眠がとれ、ストレス解消に繋がります。

職場の人間関係を良好に保つうえで避けた方がいい3つの姿勢

職場の人間関係を良くするために避けるべき行動

職場の人間関係を良好に保つためには「NG行動」も知っておくべきです。

ちょっとした行動が周囲に嫌な思いをさせている可能性もあります。

以下では人間関係悪化、トラブルの原因となる職場での行為や態度は以下のとおりです。

心当たりがある方は、できる限り意識するようにし、改善に努めましょう。

1.感情的になったまま話す・文面を送る

感情的な態度は、口頭でも書面でも相手に伝わります。

一度でも相手に伝わると、今後の関係構築が難しくなり、ギスギスした関係になってしまうこともあるでしょう。

  • イライラして些細なことで怒ってしまった
  • 一度のミスなのに強く言いすぎてしまった
  • 自分が責められているように感じて、横柄な態度を取ってしまった

こういった反省をすることが多ければ、気持ちを声に出す前に注意したいものです。

2.相手を選ばず相談してしまう

もし、職場の人間関係の悩みを相談する場合、相談する相手を誰にするかは慎重になるべきです。

相手の立場や状況を顧みず、ズケズケと相談してしまうと、かえって人間関係を悪化させてしまうこともあります。

  • 部下の愚痴を同僚にしたが、実はその同僚と部下は仲が良かった
  • 関わりの少ない上司に長時間相談してしまった

など、自分のおこないが社内の居心地を悪くさせてしまう要因につながらないかは注視しておきたいものです。

3.自分の価値観を押し付けてしまう

人は、自分が正しいと思い込みがちです。

それゆえ、私たちはしばしば、自分の中で正しいと思っていることを周囲に押し付けがちです。

  • 上下関係は厳格でなくてはならない
  • 仕事でプライベートの話はするべきではない
  • 一度聞いたことはまた聞いてはいけない

ですが、本来働きやすい職場環境を考えるのであれば、自分の価値基準で物事を考えてはいけない場面もあるでしょう。

自分の価値観を押し付けてばかりだと、思わぬポイントを見落としてしまう可能性があります。

風とおしのよい企業になるためには、部下のアイデアや意見を汲みとる仕組みができているかを見直してみるべきです。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい…
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い、一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
あなたのこれからのキャリアについて、一緒に考えてみませんか?

今の職場が辛いときにおすすめしたい2つの解決策

職場が辛い時の解決策

職場環境を改善しようとしても、立場や状況によっては好転しない場合もあります。

そうした時は「環境を変える」という方向に目を向けることも視野に入れましょう。

  1. 転職
  2. フリーランスへ転向

大きく分けると、上記2つが考えられます。

それでは、それぞれの項目をみていきましょう。

1.転職を考えてみるのも1つの手

いまの状況がどうしても辛いのであれば、思い切って転職することもできます。

今の人間関係を断ち切ることは、前に進むための1つの解決策です。

しかし、転職した先が今よりも良い環境であるとは限りません。

もちろん、環境を変えることで自分の居場所が見つかり、居心地がよくなるということは十分あり得ますので、ポジティブに考えましょう。


転職をするのであれば、需要が高く未経験からでも転職ができるプログラマーがオススメです。

2.フリーランスという働き方もある

もしすでに何らかの実務経験やスキルがあるのであれば、フリーランスとして独立するという選択肢もあります。

もちろん個人で仕事を得ることは簡単ではありませんが、フリーランスのメリットは働く人や環境を自分で選ぶことができる点です。

フリーランスだと、人間関係のストレスはなくなり、自由に働くことができるのでおすすめなので、もしも可能であれば検討してみてください。


フリーランスについてより詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

フリーランスの意味とはフリーランスの意味とは?人気の理由や働き方・成功する方法を解説

まとめ:風通しのいい企業へ。職場の人間関係の悩みが深刻なら転職も視野に

職場の人間関係を改善するためには、自分が今いる環境をどう捉えるかを考えるところから始めてみましょう。

  • 職場の人間関係に悩む人はたくさんいる
  • 人間関係の改善には変わる勇気が必要
  • 自分の行為や態度がマイナスになることも
  • 転職やフリーランスの道もある

少しづつでいいので自分から変わってみましょう。
そうすれば今の状況が徐々に改善されていきます。

また、無理に1人で抱え込まず。信頼できる人に頼ることもおすすめです。

どうしてもその環境が辛いなら、転職やフリーランスになることを考えてみるというのも選択肢の1つです。
自分で選んだ選択肢は、きっとあなたにとってプラスに働きます。

もし自分で環境を選びたいのであれば、どこでも働けるスキルを身につけるということも考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5