職場の人間関係で悩むあなたに。6つのヒントで働きやすい環境を整える | WEBCAMP NAVI
【1月の受講枠も残りわずか】

職場の人間関係で悩むあなたに。6つのヒントで働きやすい環境を整える

職場人間関係

私たちは日々たくさんの人と関わって生活しています。

職場は、上司や同僚、部下など、それぞれの立場での関係性もあり、常に良好な関係を維持するのはなかなか大変ですよね。

職場は一日の多くの時間を過ごす場所であり、誰しも職場の人間関係に悩むことがあるのではないでしょうか?

あなた

「職場のことを考えるだけで憂鬱になる」

「職場で自分が浮いてしまっているように感じる」

「もう会社に行きたくない」

そんな風に思ったことはありませんか?

職場の人間関係が上手くいかないことは、大きなストレスを抱える原因になります。

そこで今回の「WEBCAMP NAVI」では、

  • 職場での人間関係を改善したいときに必要なこと
  • 職場の人間関係を良好に保つヒント
  • 職場で避けた方が良い行為・態度

をご紹介します。

今、職場の人間関係に頭を悩ませているという人は是非参考にしてみてください。

避けては通れない職場の人間関係問題

パソコンの前で悩んでいる男性

職場での人間関係は選べない

職場の人間関係に悩む人はたくさんいます。

この様に、SNSでも職場の人間関係に悩む声が多くあげられています。

職場での人間関係は、学生時代の友人などと違って自由に選ぶことができません。

さらに職場では、上司や部下といった関係性もあるため複雑です。

誰かと仕事をする上で、嫌いだから、苦手だからといって付き合わないわけにはいきませんよね。

3人に1人は職場の人間関係に悩んでいる

厚生労働省が平成30年におこなった「労働安全衛生調査(実態調査)」のデータがあります。

参考 厚生労働省:平成30年「労働衛生安全調査(実態調査)」

このデータによると、「仕事に関することで強いストレスとなっていると感じる事柄がある」という労働者の割合は、全体の58.0%となっています。

約半数以上が、仕事において強いストレスを感じているんですね。

また、そのうちストレスの原因が「人間関係(セクハラ・パワハラを含む)」である割合は、31.3%とのこと。

3人に1人は職場の人間関係で悩んでいることがわかります。

この様に職場の人間関係に悩む人は決して少なくないことが、データからもわかります。

職場での人間関係を改善するには少しの勇気が必要

人間関係についてはこれまでたくさんの研究がされてきましたが、これといった改善方法が見つかっていないとても難しい問題です。

誰ともわだかまりのない人などいません。

しかし、人と人は関わりながらいきています。

思いやりのない扱いをされるようなことがあっても、同じ組織で一緒に仕事をしている人であれば関わりを持たなければなりません。

関係を断つことはできませんし、断とうとするようなことがあれば逆効果なことが多いです。

そこで状況を変え、前進するべく、私たちは勇気を出し行動を起こさなければなりません。

少しづつ自分の中の意識を変えていく工夫が関係改善に必要です。

そこで職場の人間関係を円滑にする方法を次の章では紹介していきます。

「現状を変えたい」という方は読んでいただくと改善のヒントになるはずです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

職場の人間関係を良好に保つ6つのヒント

先ほども触れたように相手を変えることはなかなか難しいため、現状を変えるためには自分が変わることが効率の良い方法です。

しかしこれはとっても勇気のいる行為です。

昨日までの自分を捨てて、今日から新しい人になってくださいと言われても直ぐに変われませんよね。

「変われたら苦労しないよ」と思う方もいらっしゃると思います。

人の性格を急に変えることは難しいため、焦らず少しずつ変わっていきましょう。

以下のヒントを参考に、自分が1番職場で過ごしやすい環境を整えてみてください。

❶上手なコミュニケーションを心がける

上手なコミュニケーションをとる人には、以下の特徴があります。

  • 利他的な行動、もしくはそう感じさせる行動をする
  • 相手に好感をもたせる態度をとる
  • 相手との信頼関係を築くことが上手い

職場でもこの様なコミュニケーションを上手にとる人は、人間関係が良好な印象はありませんか?

「そんなこと当たり前」「初めからコミュニケーション能力があれば悩んでない」と感じてしまうかもしれません。

しかし、上手なコミュニケーションは意外にも身近で、簡単なことに気を使うだけで実行できます。

それでは、具体的にどの様なことをすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

また、以下のことに加えて身の回りの上手なコミュニケーションをとる人を観察してみるのもいいかもしれません。


仕事上でのコミュニケーションについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください!

仕事コミュニケーション 仕事上のコミュニケーション上手とは!求められる3つの能力や10個の改善方法を紹介

相手を肯定する態度を示す

心理学では、人は常に自分の存在を肯定されたい、自分は必要な人間だと確信していたいという承認欲求が強いです。

そのため、自分を肯定してくれる人を特別な人だと認識すると言われています。

あなた

「○○さんのお陰です」

「確かに○○さんの方法の方が効率的ですね」

「先ほどの件はありがとうございました」

「昨日はお疲れさまでした。」

このように言葉にすることによって、相手との気持ちの良いコミュニケーションをすることができます。

「賞賛・承認・感謝・労い」の言葉を日々の会話の中で積極的に取り入れましょう。

常に笑顔でいる

いつもニコニコと笑顔でいる人は、たとえ話すのが上手ではなくても、親しみやすそうな人だなという印象を与えます。

人の第一印象は見た目が55%といわれています。

これはアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した、「メラビアンの法則」の説で、人の第一印象は主に視覚情報(顔立ち、表情など)で決まるという考えに基づきます。

これによると、話をする際に相手に伝わる情報として、声の大きさやトーンが38%、話の内容自体が7%、そして視覚情報が55%を占めるとされています。

まずは笑顔で相手に好印象を与えることで、スムーズなコミュニケーションになるでしょう。

挨拶を忘れない

よく挨拶をしてくれる人に好感を持ったことはありませんか?

挨拶をよくする人は相手に良い印象を与えます。

また、挨拶をすることは、その後のコミュニケーションの糸口にもなりますよね。

あなた

「おはようございます」

「お先に失礼します」

「お疲れ様です」

といったことを丁寧に言うように心がけましょう。

また、この丁寧に言うことがポイントです。
相手に伝わらなければ意味がありません。
アイコンタクトとはっきりした声で挨拶するようにします。

よく傾聴しているのを態度に示す

前述の通り、人は承認や肯定を求めています。
人の話を聞いている時は相手を肯定するチャンスです。

あなた

「なるほど、確かにそうですね」

「それは~ということでよろしいでしょうか?」

「わかりました、実践してみます」

このような「相槌」「内容の確認」「話の深掘り」がよく聞いている態度であり、相手の承認欲求を満たす態度になります。

少しオーバーリアクションにする

会話が楽しい相手とは、勝手にコミュニケーションが円滑になります。

つまり、自然と上手なコミュニケーションになるわけです。

そこで、会話を盛り上げるためには、少し大げさにリアクションをしてみましょう。

あなた

「え、本当ですか?」

「それは知りませんでした!」

「僕もそう思ってたんですよ!」

大きなリアクションで、相手が会話を楽しんでいる、自分の話に賛同してくれていることが伝わりますよね。

これは相手に自己肯定感や信頼感を相手に与えることに繋がります。

❷職場の人とは適度な距離感を保つ

職場は基本的に仕事をする場所で、ある程度の割りきりも必要です。

仕事にプライベートの「素」の自分を持ち込んでしまうと必要以上に疲れてしまうことがあります。

相手に自分の内面をさらけ出さない、必要以上に深入りしないことが重要です。

職場の人はあくまでも仕事仲間です。

自分の内面を見せる相手と見せない相手をしっかり区別することも、良好な人間関係を築く上でのひとつのコツになります。

❸ポジティブ思考になる努力をしてみる

ポジティブ思考になると、物事がスムーズに良い方向へと進んでいく傾向があります。

しかし、「ポジティブになって」と言われても、急には変われませんよね。

そこで、「自分に自信を持たせる」「自己評価を高める」2つの方法をご紹介します。

ポジティブ思考に変わるきっかけになると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に自信を持つ

自分に自信を持っていない人は、自信を喪失した原因があるのではないでしょうか?

  • 大勢の人が見ている前で失敗してしまった
  • 真面目に努力してきたのに結果が出なかった
  • 自分の正しいと思ってることを否定されてしまった

人によって異なりますが、このような出来事が自分に自信を持つことの妨げとなってしまっています。

そこから1つ1つの原因を究明し、解消する方法を考えましょう。

またそれは自分の思い込みである場合もあります。

このような不安を生み出す思い込みをなくすことが自信を持つことに必要です。

さらに自信を持つためには、小さな成功を積み重ねることが大切です。

大きな成功はもちろん自信を持つことと直結するかと思いますが、成功までの過程で自信の喪失につながりかねません。

あまり手を広げすぎず、身近なところからコツコツと小さな成功を積み重ねてください。

自己評価を高める

人は無意識のうちに自己評価に基づいて思考・行動をします。

自己評価が低いとその評価のまま同じ行動の繰り返しとなるため、自分の評価を上げることはポジティブな思考・行動につながります。

自己評価を高めるためにできることは、

  • ポジティブな人と付き合う
  • 自分の誇れることを書き起こしてみる
  • 今日の自分の良かったことを考える

などが挙げられます。

他にも様々な工夫ができるので、ぜひ自己評価を高く持てるように行動してみてください。

❹なぜ相手のことが苦手なのか分析してみる

職場で苦手だと思う人について考えてみたことはありますか?

人間関係を良好にしたければ、なぜ自分は相手のことが苦手なのか分析してみましょう。

ただ感情的に接しているだけでは、状況は変わりません。

嫌いな相手のことなんてできるだけ考えたくないかもしれませんが、関係をよく保つためには大事なことです。

相手の性格と自分の性格のどこが合わないのかがわかれば、自分がどう行動すれば関係が良くなるのかが見えてきます。


相手のことを理解するための自己分析の方法を知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください!

仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!

❺自分を守ってもらえる場所を作る

ここまでは、自分の行動・思考の変化について主に話してきました。

しかし、ずっと一人で頑張っていても解決しないことの方が多いです。

ここでは誰かに相談をする、誰かの力を借りることについてお話ししていきます。

相談できる相手を見つける

一人で悩みを抱え込まないことが、心のバランスを取り続ける最善の方法です。

家族、恋人、親友、職場内の信頼できる人(ただし口の固い人)、上司など自分の周りで信頼の置ける人に話してみてください。

人に相談して考え・アドバイスをもらうことはもちろんのこと、人に話すことで自分の考え・気持ちの整理ができます。

政府・NPOの相談窓口を利用する

もし自分の周りに話すだけでは解決しない場合、政府やNPOなどの相談窓口に頼るのも一つの手です。

的確なアドバイスがもらえたり、問題解決させる際、力になってもらえることもあります。

以下に、厚生労働省の総合労働相談コーナーの概要が書かれたサイトのリンクを貼っておきます。

各都道府県労働局、全国の労働基準監督署内などの380か所に設置されている施設ですので、もし悩みを相談したければ近くの総合労働相談コーナーで話をしてみましょう。

参考 総合労働相談コーナー厚生労働省

❻ストレスを溜め込まない工夫をする

職場で溜まったストレスを、そのままにして置くと限界がきてしまいます。

自分なりのストレス発散方法を見つけて置くことは重要です。

ここではストレスを溜め込まない工夫についてお話しします。

プライベートの時間を大切にする

家に仕事のことを持ち込んでいませんか?

仕事とプライベートで、はっきりとしたメリハリをつけることが大事です。

職場では仕事に集中し、家では仕事を持ち込まず、できる限りリラックスしてください。

職場でのストレスをプライベートに持ち込んでしまうと、自分自身や身の周りの人たちにも支障をきたしかねません。

また、休日を自分なりに充実させましょう。

プライベートで没頭できること・熱中できる趣味を見つけられるとなお良いです。

  • 映画やドラマを鑑賞する
  • 過去にやっていた趣味をまた始めてみる
  • 友人の趣味を一緒にやってみる

このような方法で見つけた趣味があることで週末を楽しみになり、いつもよりも仕事にも精がでますよね。

そして何かに没頭することで、その時間は職場であった嫌なことも忘れられます。

自分の中でオンオフのスイッチをしっかりと持つようにしましょう。

スポーツで身体から健康になる

フィジカル(身体)とメンタル(心)は繋がっていると言われています。

  • 近所で短い距離をジョギングする
  • いつもより1駅近く降りてウォーキングする
  • 自宅でできる簡単なトレーニングをする

などの軽い運動でも、セロトニンやエンドルフィンといった心の安定をもたらすホルモンが分泌します。

また運動はストレスに強い心身を作ります。

日常的に運動することで、セロトニンやエンドルフィンが安定的に供給され、ストレスや疲労解消に効果的です。

更に、適度に運動をする程よい疲労感を得られます。

寝つきも良くなり、良質な睡眠がとれ、ストレス解消に繋がります。

禍のもと!職場で避けた方がいい行為や態度

ここでは、人間関係悪化、トラブルの原因となる職場での行為や態度を紹介します。

あなたにも当てはまるものがあるかもしれません。

その場合は少し意識して、改善できるようにしてみましょう。

❶感情的になったまま話す・文面を送る

感情的な態度は、口頭でも書面でも相手に伝わります。

もしかすると、その感情は一時的なことかもしれません。

1度冷静になることができずにその時の感情でぶつかってしまい、感情的に発言をして後から後悔することはありませんか?

あなた

「イライラして些細なことで怒ってしまった」

「一度のミスなのに強く言いすぎてしまった」

「自分が責められているように感じて、横柄な態度を取ってしまった」

大人な対応をすることで相手と良好な関係を保てます。

また、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング法「アンガーマネジメント」の教えに怒りのピークは長くて6秒というものがあります。

感情がかなり高ぶるような怒りでも、6秒をやり過ごせば怒りに任せて衝動的に行動しにくくなると言われています。

怒りの感情は何もしなければ6秒待つことが難しく、つい反射的な行動をしてしまいます。

反射的な行動を抑えるためには、

  • 他のことを考えるようにする
  • 0~10で怒りを数値化することで6秒間をやり過ごす
  • 深呼吸や簡単な計算で意識を怒りからそらす
  • 失礼に当たらない相手であれば物理的にその場を離れる

といった手法が効果的です。

感情的になってしまいそうな時、実践してみてください。

参考 キレないための”6秒”待て…それでも「怒る必要のあること・ないこと」の見極め方FNNプライムオンライン

❷相手を選ばず相談してしまう

もし、職場の人間関係の悩みを相談する場合、相談する相手はとても重要になります。

ただリスクはあるものの、職場の同僚で内部の事情をよく理解している人にも相談したくなることもありますよね。

相談しても相手に伝わってしまったら元も子もありません。

相談するのであれば、全く職場に関係のない人に相談するのがオススメです。

人間関係というかなりデリケートな悩みは、信頼が置ける人だけに相談するようにしましょう。

職場内は特に気をつけなくてはなりません。

あまり愚痴を言いすぎると、あなたに「人の悪口をいう人」というレッテルが付いてしまいます。

そうなると、あなたに心を閉ざしてしまう人が周りに出てきてしまい、またもや人間関係が上手くいかなくなってしまいます。

❸自分の価値観を押し付けてしまう

人は、自分が正しいと思い込みがちです。

あなたも自分の価値観を押し付けてませんか?

あなた

「上下関係は厳格でなくてはならない」

「仕事でプライベートの話はするべきではない」

「一度聞いたことはまた聞いてはいけない」

職場では一人で仕事をすることもあれば、チーム単位での仕事もあるかと思います。

そうした時に、自分の言動を客観的にみること、相手の立場に立つことが重要です。

相手の意見にも耳を傾けてみましょう。

自分にはなかったアイデアや発想があるかもしれません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
手厚いキャリアサポートと高品質の学習カリキュラムで驚異の転職成功率98%!
あなたも、IT業界で輝くエンジニアになりませんか?
本気で人生を変えたい方は、ぜひ無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

今の職場がどうしても辛い時

これまで、職場の人間関係が上手くなるヒントを紹介してきました。

悩みの解決に、少しでもお力になれたでしょうか。

しかし、上記の方法を試してみても変わらない、また試す気すら起きないという方もいらっしゃるかと思います。

そうした時、必要以上に無理をする必要はないです。

今の職場がどうしても辛い時、どうすれば良いのか考えてみましょう。

転職を考えてみるのも一つの手

いまの状況がどうしても辛いのであれば、思い切って転職することもできます。

今の人間関係を断ち切ることは、前に進むための一つの解決策です。

しかし、転職した先が今よりも良い環境であるとは限りません。

もちろん、環境を変えることで自分の居場所が見つかり、居心地がよくなるということは十分あり得ますので、ポジティブに考えましょう。


転職をするのであれば、需要が高く未経験からでも転職ができるプログラマーがオススメです!

プログラマーは未経験からでも転職可能 プログラマーは未経験からでも転職可能!準備すべき9つのポイントを解説

フリーランスという働き方もある

もしすでに何らかの実務経験やスキルがあるのであれば、フリーランスとして独立するという選択肢もあります。

もちろん個人で仕事を得ることは簡単ではありませんが、フリーランスのメリットは働く人や環境を自分で選ぶことができる点です。

フリーランスだと、人間関係のストレスはなくなり、自由に働くことができるのでおすすめなので、もしも可能であれば検討してみてください。


フリーランスについてより詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください!

フリーランスの意味とは?人気を集めている4つの理由や成功する方法などについて解説

まとめ【職場の人間関係は改善できる!】

いかがだったでしょうか。
今回の「WEBCAMP NAVI」では職場の人間関係に悩む人に向けて、改善のヒントをご紹介しました。

以下でこの記事のポイントをまとめました。

  • 職場の人間関係に悩む人はたくさんいる
  • 人間関係の改善には変わる勇気が必要
  • 自分の行為や態度がマイナスになることも
  • 転職やフリーランスの道もある

少しづつでいいので自分から変わってみましょう。
そうすれば今の状況が徐々に改善されていきます。

また、無理に一人で抱え込まず。信頼できる人に頼りましょう。

とはいえ、状況次第ではそう簡単に改善できないこともありますよね。
どうしてもその環境がツライなら、転職やフリーランスになることを考えてみるというのも選択肢の一つです。
自分で選んだ選択肢は、きっとあなたにとってプラスに働きます。

もし自分で環境を選びたいのであれば、どこでも働けるスキルを身につけるということも考えてみてはいかがでしょうか。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点