【未経験でもなれる?】ライターの「仕事が途切れない10の条件」とは? | WEBCAMP NAVI
【8月枠も残りわずか】転職保証コース

【未経験でもなれる?】ライターの「仕事が途切れない10の条件」とは?

最近はIT業界の成長から、パソコン一つで働ける仕事も増えてきました。

そんななかで、

「Webライターってどんな仕事だろう?」
「副業にライターがいいって聞いたけど本当かな?」
「どうすれば未経験からWebライターになれるの?」

と疑問に思っていませんか。

そこで今回は、未経験からWebライターになる方法についてご紹介します。

Webライターに興味がある方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

Webライターの仕事内容と主な種類

Webライターは、クライアントから依頼を受けて、
Webサイトに掲載するさまざまな文章を書く仕事です。

多くの人に読まれるようなWebサイト上の文章を書く必要があるので、
検索結果の上位に表示される検索エンジン最適化(SEO)の知識や、
SNSなどを含めたWebマーケティングの知識を生かしたWebライティングを専門とします。

具体的な仕事内容としては、

  • 企画提案
  • リサーチ
  • 構成
  • 執筆
  • 修正
  • リライト

がありますが、スキル次第で執筆のみだったり、企画から執筆までを担当したりします。

Webライターは幅広い分野についてWebライティングで扱うことができ、
案件にこだわらなければあらゆるジャンルに触れることが可能です。

しかし多くのライターは自分の得意分野を持ち、ジャンルに特化することで
ライターとしての質を高め専門性を確立して仕事を受けています。

Webライティングの種類は、

  • コラム
  • エッセイ
  • 取材
  • イベントレポート
  • ニュース
  • オウンドメディア記事
  • PR記事
  • セールス広告
  • 企業ブランディング
  • アフィリエイト

と幅広く、Web上のあらゆる文章が該当します。

取材記事が得意なWebライターもいれば、PR記事が得意なWebライターも。
自分の書きたい文章や得意なことに合わせて特化していくことが多いです。

Webライターになるには?仕事を獲得する方法

Webライターとして仕事を受けるには、2つの方法があります。

  • 企業に就職する
  • フリーランスで仕事を受ける

さっそく見ていきましょう!

1.企業に就職する

会社に就職してライターになる方法です。

最近では会社の公式ホームページや自社メディア、公式SNSを運営する企業も多く、
Webライターを募集しているところも少なくありません。

また、Webライターという職種ではなくても、例えば広報やメディア運営に関わる立場であれば
仕事の一部としてWebライティングをする場合もあります。

Web上にある文章を扱うのがWebライターですので、
会社内でWebに関わる立場の仕事を選ぶようにして就職活動をするといいでしょう。

Webライターの募集では過去に書いてきた記事やサイトの運営経験、
SNS運用の実績などを求められる場合が多いです。

自分で実績を作っておいて中途採用か、アルバイトやインターンから始めて
正社員として採用されるという流れが一般的でしょう。

2.フリーランスで仕事を受ける

フリーランスとして個人でライティングの仕事をする方法です。

この場合は自分でライティングの案件を受注しなければなりません。

フリーランスのWebライターとして案件を受注するには、

  • Webライティングの知識を身につける
  • 自分の経験から得意なジャンルをアピールする
  • ブログなど自分で書いた記事を見せられるようにする
  • SNSで日頃から発信する

などの準備をしておくと、仕事を頼まれやすくなります。

メディアやECサイトなどでは、文章を外部のWebライターに外注することも多いので、
しっかりと相手のニーズに合わせた文章が書ければフリーランスとして仕事をすることは可能です。

Webライターに必要なスキルや資格とは?

「Webライターになりたいけど、どんなスキルが必要なの?」
「Webライターになるために必須の資格はある?」

そんなふうに考えている方も多いのではないでしょうか。

先にお伝えすると、Webライターになるために必須の資格はありません!

ただし、必要なスキル取得しておくといい資格はあります。

Webライターを目指すなら次のスキルを身につけましょう。

  • クライアントの意図を読み取るスキル
  • 正確で信頼性の高い情報を収集するスキル
  • わかりやすい構成や表現で読まれる文章を書くスキル
  • 著作権や引用のルールなどを遵守するスキル
  • SEOライティングの知識
  • WordPressの知識
  • 自分の専門分野に関する知識

また、次の資格を取得しておくとWebライターとしてのスキルの高さを証明でき、
質の高い記事を書けるようになるので、信頼性や営業力アップに役立ちます

  • ビジネス著作権検定
  • SEO検定
  • Webライティング技能検定
  • 自分の専門分野に関する資格

これらの資格はWebライターとしてのスキルを身につける手段として活用するといいでしょう。

スキルや資格を身につけながら、実際に記事を書いて実績をつくることが重要です。

Webライターの仕事が向いている人の3つの特徴

Webライターは文章を書く仕事なので、比較的誰でもはじめやすい仕事です。

しかし、長期的にWebライターとして仕事をしたい
ある程度のまとまった収入を得られるようになりたいと考えているなら、
自分が向いているかどうかを知っておくといいでしょう。

Webライターが向いている人の特徴は3つです。

  • 文章を書くことが苦ではない
  • 考えることが好き
  • 相手の意図を読み取って書ける

さっそくご説明していきます。

1.文章を書くことが苦ではない

Webライターは文章を書くことが仕事なので、苦なく文章を書ける人が向いています。

苦なく書けるかどうかなので、文章を書くことが得意だとか上手である必要はありません。

  • 日常的に日記を書いている
  • 文章を作成することが多い
  • 言語化に困難さをあまり感じない

などにあてはまるなら問題なく文章を書ける人でしょう。

文章を書くこと自体に苦手意識や苦痛を感じる人は、
そもそものハードルがかなり高くなってしまいます。

自分が苦なくできることを探すところからはじめてみてはいかがでしょうか。

2.考えることが好き

Webライターは書く仕事ですが、書くということは考えることが多いです。

  • どんな言葉で伝えたらわかりやすいかな?
  • 最後まで読みやすい文章の構成は?
  • この文章で読者にどんな効果を持たせたいのか?

同じテーマについて書く場合でも、
使う表現や文章の切り口はライターによって工夫の余地があります。

考えることが好きな人は、自然とあらゆる視点で考えながらよりよい文章を書こうとするので、
Webライターに向いているといえるでしょう。

3.相手の意図を読み取って書ける

Webライターは自分が書きたいことではなく、クライアントが求める文章を書きます。

そのためクライアントが文章に何を求めているかを読み取り、
その期待に応える文章を書く力が必要です。

相手がその文章で何がしたいのかに思いをめぐらせ、
意図を読み取って書ける人はWebライターに向いています。

未経験からWebライターを目指すメリット・デメリット

未経験からWebライターを目指すことはできるのか、と不安に感じる方もいるでしょう。

Webライターは未経験でも目指すことは可能です。

しかし、メリットデメリットがあります。

それぞれについてぜひ参考にして考えてみてくださいね。

メリット

未経験からWebライターを目指す3つのメリットをご紹介します。

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]
  • 柔軟な働き方ができる
  • 副業として始めやすい
  • 実力次第で会社員以上の収入を得られる

1.柔軟な働き方ができる

WebライターはWeb上の文章を書くので、パソコンがあればどこでも仕事ができます

最近はリモートワークが可能な会社も増えていますし、
フリーランスなら場所にとらわれることがありません。

在宅で働きたい人や、副業として働きたい人にも人気です。

また、品質と納期さえ守ればある程度は時間に縛られずに働けます

こうした柔軟な働き方ができるのは大きな魅力です。

2.副業として始めやすい

Webライティングの仕事は、

  • 文章を書くのは誰でもできる
  • 案件が豊富にある
  • パソコンさえあれば自由な時間や場所でできる
  • リスクがほとんどない

などの理由から副業として始めやすいです。

人によってはライターネームを名乗って匿名で仕事をしたり、
ほどんどの打ち合わせがWeb上で完結したりするので、
リスクや手間を最小限に抑えることができます。

3.実力次第で会社員以上の収入を得られる

Webライターの収入は実力によって幅がありますが、
高い実力があって案件に恵まれれば、会社員以上の収入を得ることもできます

収入を増やすには、

  • Webライティングスキルの向上
  • 自分に合ったクライアントや案件をもつ
  • 単価交渉をする

などが必要ですが、まずは自分に実力をつけることで市場価値を高めましょう。

デメリット

未経験からWebライターを目指す3つのデメリットをご紹介します。

1.文章を書くのが苦手だとつらい

文章を書くことに苦手意識があると、
仕事のほとんどをつらい思いをして過ごさなければなりません。

文章を書くことが苦手な人はそもそもWebライターには向いていないので、
自分が苦なくできることを見つけて仕事にするといいでしょう。

あえてWebライターを選ぶ必要はありません。

2.納期に追われる

Webライターには記事を納品する期限があり、この納期を守って依頼された文章を書きます。

働く時間は決まっていませんが、そのぶん自己管理をして
納期に間に合うように執筆を進めなければなりません。

期限があることにプレッシャーを感じる人や、自己管理が苦手な人は、
納期に追われることをデメリットとして感じるでしょう。

3.初めのうちは単価が低い

Webライターは未経験からでも始めやすく、案件も多いですが、
そのぶん最初は単価がかなり低いです。

Webライティングの仕事は文字単価、記事単価で案件があります。
未経験者向けの誰でも書けるような案件の場合、文字単価は1円未満記事単価は300円〜など。

たとえば3000字の記事を3時間かけて書いて文字単価が0.5円だと、
収益は1500円、時給500円となってしまいます。

Webライティングをひとつのまとまった収入としたいなら、高い単価で仕事を受けることが重要
そのためには継続してある程度実績をつくり単価交渉する必要があるでしょう。

Webライターに比べると、たとえば同じWeb系で副業として人気のあるエンジニアは断然単価が高いです。

Webライティングの単価の低さがネックだという方は、
プログラミングを学んでエンジニアを目指してもいいでしょう。

仕事が途切れないWebライターの10の特徴

ここからは、仕事が途切れることなく稼ぎ続けられるWebライターの特徴をご紹介します。

Webライターとして継続的に仕事をしていきたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.得意領域を持っている

Webライターは文章の種類やジャンルに得意領域があると、
その領域に特化した知識や経験が増え、説得力や信頼性が上がり仕事を依頼されやすくなります

たとえば、旅行メディアに掲載する観光地の紹介記事を依頼したいと考えているクライアントなら、

「どんな文章でも、どんなジャンルでも書けます!」

という人より、

「取材や体験記事が得意です。旅行が趣味で47都道府県すべてに訪れたことがあり、
観光地の良さを魅力的に伝える文章を書くことができます」

という人に書いてほしいと思うのではないでしょうか。

自分の得意領域を持ち、案件に対して自分がどんな記事を書けるのかを具体的にアピールできると、
その分野の仕事を多く受注できるようになります。

2.社交的で人脈を持っている

社交的で人脈を持っているWebライターには仕事が集まりやすくなります。

というのも、Webライターは実力や実績をもとに営業をかけて仕事の依頼を受けるため、
案件を持つ知り合いが多ければそれだけ仕事をもらえるチャンスがあるためです。

また、実力を認めてくれている人がいればその周囲の人からも仕事をもらえることもあります。

社交的で信頼できるWebライターなら仕事をお願いされやすく、
周囲でライターを探している人にも紹介してもらいやすいです。

Webライターとして仕事をしていくなら案件受注は必須。
メディアやWebの分野の人脈をつくり安定的に仕事をもらえる状態にするといいでしょう。

3.紙媒体での執筆経験がある

Webサイト上の文章を書くWebライターですが、紙媒体での執筆経験があると信頼性が上がります

紙媒体の執筆経験は、たとえば次のようなものです。

  • 冊子や雑誌
  • チラシの文章
  • 新聞の広告

未経験からWebライティングを始めたばかりでは機会はなかなかないかもしれませんが、
もし経験できるチャンスがあるなら積極的につかみましょう。

4.ビジネスライティングの経験が豊富

ビジネスライティングとは、ビジネス上のコミュニケーションで用いる文書を書くことです。

社内の連絡や報告を目的とした社内文書と、
社外の取引先などと信頼関係を構築しながら必要な情報を伝える社外文書があります。

ビジネスライティングの経験が豊富であれば、
無駄な要素を減らしてわかりやすい文章を書く技術が身についているといえます。

5.インタビューや取材ができる

インタビュー記事や取材記事では、
インタビューや取材から執筆までできるWebライターは重宝されます。

別の人が行ったインタビューや取材の結果をもとにWebライターが記事にする場合、
クライアントはそのぶんだけ別に手間や人件費が必要になるでしょう。

しかし取材から執筆までの一連の流れをWebライターが担当してくれれば、
クライアントはまるごと任せることができて余計な手間や出費をなくせるのです。

さらに自分で取材すればより関心高くその記事と向き合うことができ、
記事の質も上がりやすくなります

6.本の出版経験がある

本の出版経験があると、その分野で信頼性や権威性があると評価されやすくなります

クライアントが「この人に仕事をお願いしたい」と思うかどうかは、
Webライターの信頼性やその分野での権威性次第です。

本の出版はある程度その分野での実績があり詳しくなければできないため、
出版経験はWebライターとして大きな武器になります。

7.SEOライティングができる

Webライターとして、SEOライティングができることは重要です。

クライアントはWeb上に掲載される文章が大勢の人に読まれることを望んで、
Webライターに仕事を依頼しています。

Web上で大勢の人に読まれるためには主に検索結果で上位に表示される方法があり、
そのために必要な技術がSEOライティングなのです。

そのため、SEOライティングで成果を上げられるWebライターには仕事が集まります

8.著作権の知識があり遵守できる

Webライターなら著作権の知識とその遵守は必ずおさえておくべきです。

著作権の取り扱いはライター本人や、その記事を掲載するメディアの信頼に関わります。

Webの文章はコピーされやすく、不正使用するWebライターも実際にいるのが現実です。

著作権をおろそかにせず、引用する場合はルールに則り、
自分の文章で仕事ができるWebライターは信頼されます。

9.傾聴力がある

クライアントの意図を読み取ったり、インタビュイーの話したいことを引き出したりできる
傾聴力があるWebライターは仕事の質が高いと評価されます。

相手がどんな文章を求めているのか、どんなことを記事にしてほしいのかということに
忠実に文章を書くことがWebライターの仕事です。

相手に合わせたコミュニケーションで、相手の話に耳を傾ける姿勢が重要になります。

10.質問力がある

Webライターは質問力も必要です。

質問力とは、目的にあわせて効果的な質問ができる力のことです。

Webライターの場合、クライアントの意図を正確に理解するために質問したり、
インタビュイーの話したいことを効果的に引き出せるように質問をする力をいいます。

質の高い記事を書くためには、こうした質問力もWebライターには必要です。

仕事が無くなるWebライターの5つの特徴

一方で、仕事が無くなってしまうWebライターの特徴をご紹介します。

要注意な内容ばかりなので、文章を書くときや仕事を受注したときの参考にしてみてください。

1.主語と述語が一致していない

初心者に多い特徴で、一文のなかで主語と述語が一致していないことがあります。

「Webライターに必要なことは、読み手を感動させるよりも、正確な情報をわかりやすく書く力のある人です。」

たとえばこの文章では、主語が「Webライターに必要なこと」です。

この場合、述語はWebライターに必要なことの内容でなければいけません。
しかし「正確な情報をわかりやすく書く力のある人です」と一致していないことがわかるでしょうか。

主語と述語が一致した文章はライターの基本です。
書いたあとに読み直すことで確認できるので、意識して不一致をなくしましょう。

2.文章が論理的でない

文章が論理的でない場合は要注意です。

「Webライターは家で仕事ができるので、未経験から始めやすい」

たとえばこの文章の問題点として、
「家で仕事ができる」ことが「未経験から始めやすい」理由にはなりません。

このように因果関係が成り立たず論理性が失われている文章を書くWebライターは意外と多いです。

しかし文章が論理的でなければ記事の質が下がり、
クライアントから仕事をもらえなくなってしまいます。

3.校正・校閲の指摘を受け入れない

記事を納品すると、クライアントからフィードバックとして
校正や校閲の指摘を受けることがあります。

しかし、それを素直に受け入れず改善が見られないWebライターだと、
クライアント側も仕事を依頼したくなくなり契約を切られてしまうことも。

一方で指摘によってどんどん改善し、クライアントの求める文章を納品しようとする姿勢や成長
見えるWebライターはクライアントからも大切にされます。

4.納期を守らない

クライアントとしては、納期を守らないWebライターは非常に困ります

たいていのメディアなどは、記事の更新予定日や記事に掲載する画像の作成にかかる時間などから
逆算してWebライターの文章の納期を決定していることが多いです。

納期通りに記事が納品されないと、それに関わるあらゆる作業がストップしてしまいます。

しかし、Webライターには納期を守らない人が多いことも事実。

納期を守らないWebライターはどんどん仕事が無くなっていきます。

そんななかで納期通り、もしくは納期より早めに納品すれば
ほかのWebライターと差をつけることは簡単です。

5.連絡が遅い

連絡が遅いWebライターはクライアントから信頼されにくくなります。

すぐに返信できるWebライターのほうが安心して仕事を任せやすく、
コミュニケーションコストも低いとクライアントに感じてもらいやすいです。

WebライターなどWebに関わる仕事ではスピード感が大切になります。

できるだけ素早い反応を心がけましょう。

Webライターの仕事のやりがい

Webライターにはどんな仕事のやりがいがあるのでしょうか。

ここではWebライターのやりがいを6つご紹介します。

1.自分の文章が目に見える成果物になる

やりがいの1つめは、自分の書いた文章が目に見える成果物になること。

記事として文章がひとつの成果物になり、それを見ることができるのは
Webライターとして大きなやりがいです。

メディアの記事であれば、検索結果に自分の記事が出てくることもあります。

また記事のページビュー数や記事を経由した成約率など、
自分の書いた文章だけでなくそこから生まれる成果がわかりやすいことも特徴です。

2.自分なりの工夫のしがいがある

Webライターはクライアントの期待に応える文章を書きますが、
そこはライター自身の腕の見せどころ。

「どうすればもっとわかりやすくできるだろう」
「このほうが読者に伝わりやすいかもしれない」

そんなふうに自分なりに工夫した文章を評価されるのでやりがいにつながります。

3.土地勘や人脈、知識が広がる

Webライターは記事を書くためにあらゆる場所へ行ったり、人と関わったり、調べたりします。

そのため、自然とたくさんの知識や人脈が増えていくのです。

知らないことを知ったり、行ったことのない場所に行くのが好き!という方なら
大きなやりがいを感じながら仕事ができるでしょう。

4.読んだ人から感想をもらえる

記事を読んだ人から感想をもらえることもやりがいになります。

文章を通して「誰かの役に立てた」と感じられることはWebライターの醍醐味。

大手メディアなどの記事を執筆すると多くの人の目に触れて、
さまざまな感想が集まることもあります。

感想をもとにさらにいい記事を書こうと思えたり、考えが深まったりして
より読者のことを考えるWebライターになれるでしょう。

5.普段経験できないことができる

Webライターをしていると、普段は経験できないようなことを仕事としてできることがあります。

たとえば、一般人では会えないような有名人にインタビューする案件を任せられることも。

Webライターをしていてよかった、と感じられる瞬間ではないでしょうか。

6.いろんなジャンルの人と関われる

Webライティングはあらゆる分野に求められるため、いろんなジャンルの人と関わる機会があります。

自分が知らなかった世界について知見が広がるのは楽しいもの。

人脈もでき、知り合いが増えていく喜びも感じられるでしょう。

社交的な人であればWebライターのやりがいを大いに感じられます。

フリーのWebライターが仕事の求人を見つける方法

フリーランスとして仕事をするWebライターが仕事の求人を見つける方法には、

  • クラウドソーシングを使う
  • メディアの求人情報を見る

の2つがあります。

1.クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受けたい人をつなげるサービスのこと。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

の2つがクラウドソーシングサービスとして有名です。

多くのWebライターはここで案件を受注します。

しかし、クラウドソーシングの案件は単価が低いものが多いです。

  • プロフィールに実績や得意分野を書いておく
  • 条件検索で1円以上の案件を選ぶ
  • 依頼者のニーズを読み取って提案する

など工夫して、いい案件を受注するようにしましょう。

2.メディアの求人情報を見る

Webメディアには、ライター募集をしているところも少なくありません。

メディアはあらゆるジャンルに特化し、記事の種類や雰囲気もさまざまです。

自分の興味のあるメディアを見つけて、求人情報があれば応募してみましょう。

メディアと直接契約した場合、手数料をとられることがないので
クラウドソーシングより単価が高くなりやすいというメリットもあります。

まとめ

今回は、未経験からWebライターになる方法についてお伝えしました。

Webライターになるには、

  • 企業に就職する
  • フリーランスで仕事を受ける

という2つの方法があります。

しかしどちらもある程度の収入を得られるようになるまでには、実績や経験が必要です。

まずは副業から始めてみて、継続することで単価を上げていきましょう。

Webライターは最初の単価は低いものの、実力次第で大きな収入にすることもできます。

この記事を参考に、Webライターを目指してみてくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点