【対処法と予防策】仕事でキャパオーバーになりやすい性格の特徴とは?

2022.09.03
仕事でキャパオーバーになりやすい性格の特徴とは?

「仕事がきつくてもう限界、、」
「やることが多く毎日残業ばかり、、」
「これってキャパオーバーかな?」
と感じることはありませんか?

キャパオーバーとは、自分が耐えられる許容範囲や許容量を超えてしまっている状態のことです。
この状態が続くと仕事の効率が落ち、生産性も低下し、ストレスの原因にもなってしまいます。

そこでこの記事では、

  • キャパオーバーの意味と解説
  • キャパオーバーの前兆となる6つのサイン
  • キャパオーバーになりやすい原因と性格の特徴
  • キャパオーバーになってしまったときの対処法
  • キャパオーバーにならないための予防策

などについて詳しく解説します。

本記事を読めば、キャパオーバーになる原因がわかり解決策を見つけられるはずです!
キャパオーバーに悩んでいる方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

キャパオーバーの意味

キャパオーバーの意味

キャパオーバーとは『自分が耐えられる許容範囲を超えた状態』のことです。
「キャパ」とは英語で「許容量」という意味を持ち、「キャパシティ」を短縮した言葉です。

たとえば仕事で自分の許容範囲を超えたときなどに、キャパオーバーという使い方ができます。

キャパオーバーになると、何もかもが嫌になったり、やるべきことさえ投げ出したくなることも。
感情の抑制ができなくなるなどの弊害がでてしまうため、キャパオーバーになる前に改善しておきたいものです。


「仕事いやだな…」と思う瞬間、ありませんか?
今回DMM WEBCAMPでは、みなさんも一度は感じたことがあるであろう「仕事いやだな…」と思う瞬間を“あるある”にまとめてみました!
気持ちを晴らす気分転換の方法もたくさん紹介しています。
働く大人なら誰でも抱く悩みを共有しませんか?

「キャパオーバー」の使用例を例文とともに解説

キャパオーバーの使用例

では、キャパオーバーという言葉を用いたいときは、どのような文で使うのが一般的なのでしょうか?
ここでは仕事と恋愛という2つの場面を想定して、例文を用いながら解説をしていきます。

【仕事】キャパオーバーの例文

  • 収容量以上の製品を納品してしまったせいで、倉庫はキャパオーバーしてしまう。
  • 上司と同僚から頼まれた仕事をすべて引き受けてしまい、キャパオーバー寸前だ。

キャパオーバーは、自分や人に使われるのが一般的と思われがちです。
しかし、例文のようにキャパオーバーは、物に対しても人に対しても使用できます。

物事の限界を越してしまうと感じたときにも使用してみましょう。

【恋愛】キャパオーバーの例文

  • 恋人の要求が重すぎて、もうキャパオーバーしてしまった。
  • 親戚関係や会社の付き合い、友人との付き合いでキャパオーバーなので、恋愛などできそうにないんだ。

恋人と別れるときや、相手の告白を断る場面で使用することがあります。
その他にも、好きな気持ちが溢れすぎているときや、気になる相手が多すぎて困ったときに使うこともあるようです。

キャパオーバーの類語は?どうやって言い換える?

キャパオーバーの類語

キャパオーバーを使用するのにふさわしくない場面では、以下の3つのような言い換えをすると良いでしょう。

  1. いっぱいいっぱい
  2. 立て込んでいる
  3. 手が離せない

❶いっぱいいっぱい

「限界に達した」「余裕がない」という意味では、いっぱいいっぱいが似ています。
横文字が好ましくない場面で使用すると良いでしょう。

あれもこれも頼まれてしまっていて、もういっぱいいっぱいだ。

❷立て込んでいる

キャパオーバーよりもフォーマルかつオブラートに包んだ表現です。
謝罪をする場面や、丁寧に断りたい場合に使いやすい表現です。

仕事が立て込んでいたため、返信が遅れてしまいました。

❸手一杯

こちらは、「両手がふさがるほど忙しい」ことを表すワードです。
「他の仕事が出来ない」場面で、キャパオーバーと同じように使えます。

新人教育で手一杯なので、仕事を代わってほしい。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい…
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い、一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
あなたのこれからのキャリアについて、一緒に考えてみませんか?

キャパオーバーになったことにより生まれる悪影響とは?

キャパオーバーによる悪影響

真面目な人ほどキャパオーバーになりがちですが、そこには多くの悪影響が潜んでいます。
キャパオーバーの恐ろしさを、4つの悪影響から考えてみましょう。

  1. 新しいことに挑戦できない
  2. 簡単な仕事もできなくなる
  3. プライベートが侵される
  4. 体調を崩す

新しいことに挑戦できない

今ある仕事に手一杯になっていたら、それをこなすことに時間と労力が使われてしまいます。
そうなると必然的に、ほかの仕事に手を付けることはできません。

余裕があるときに初めて新しい仕事に着手できますが、それが叶わない場合は仕事で次に進むことができなくなってしまいます。
当然、評価にも響いてくる恐れがあります。

簡単な仕事もできなくなる

キャパオーバーな状態がさらに悪化すると、精神的にも追い込まれていきます。
普段起こさないはずの単純なミスや、処理スピードの低下も招く原因になります。

さらに、本来持っている能力が発揮されずにいると自信が削がれることになり、負のループに巻き込まれてしまいます。

プライベートが侵される

本来勤務中にこなさなければいけない仕事が終わらないと、残業が発生したり、仕事を家に持ち帰ることになってしまいます。
休日がなくなることやゆっくりする時間が過ごせなくなるのも大きなデメリットといえます。

また、仕事が終わらないことを常に気にしてしまい、心が落ち着く余裕もなくなってしまうことがあります。

体調を崩す

精神的にも身体的にも休まらない状態が続くと、最終的には体調に影響が出ます。
ストレス、睡眠不足、栄養不足が重なるので、若くない方は特に注意が必要です。

頭痛や吐き気、場合によっては風邪などの病気を引き起こす可能性もあります。

仕事でキャパオーバーな状態とは?前兆となる6つのサイン

キャパオーバーの6つのサイン

キャパオーバーの前兆となるサインを知ることで、自分がキャパオーバーになっているのか、これからなってしまうのか、確認することができます。

もし、どれか1つでも当てはまったらキャパオーバーになっていないか自分を見つめ直してみてください。
キャパオーバーの前兆になるサインは5つあります。

  1. 残業が連日続いてしまう
  2. ケアレスミスが増える
  3. 仕事に行くのが嫌になる
  4. 体調不良になってしまう
  5. ふとした時に涙が出てくる
  6. イライラしてしまう

それでは、1つずつ詳しく紹介します。

❶残業が連日続いてしまう

仕事が忙しい時期になると急に残業が増えてしまうなんてこともあるでしょう。
ですが、特に繁忙期でもないのに「残業が増えたな」と感じたらキャパーオーバーになる前兆かもしれません。

とくに忙しい時期ではないのに残業が増えるということは、仕事量が多すぎるのが原因と考えられます。

そのまま仕事量を調節せずに、ずるずると残業生活を続けてしまうと体力的にも精神的にもキャパーオーバーになる恐れも。
心身ともに疲れ果ててしまう前に、状況を変える必要があります。

❷ケアレスミスが増える

資料の誤字脱字が多い忘れ物が増えるなどちょっとしたミスが増えてくるのもキャパーオーバーの前兆。

特に「いつもはこんなミスしないのに」と感じている方は危険信号です。
自分に余裕がなくなると、仕事の丁寧さが欠け、つまらないミスを連発してしまいます。

なんか最近ダメ出しが増えたな、なんて感じている方は自分の仕事量を確認してみましょう。

❸仕事に行くのが嫌になる

朝起きた時「今日は仕事行きたくないな…」と思い始めたら、かなり深刻なキャパーオーバーの前兆かもしれません。
とくに、仕事量の多さ、人間関係の疲れなどの悩みで仕事に行きたくないと感じているなら注意が必要です。

そのまま放っておけば、うつ病などの病気にかかってしまう恐れもあります。
仕事に行きたくなくなるほどの憂鬱な気分になってしまうなら、キャパーオーバーの前兆と捉えた方が良いでしょう。

❹体調不良になってしまう

慢性的な頭痛に悩まされたり胃が痛くなったりと体調に悪影響が出始めたら要注意。

自分では気がついていない間に、深刻な疲労状態に陥っている可能性があります。
多すぎる仕事量に比例して増える残業、上司や同僚へのストレスなど、思い当たるフシがあるのなら状況を改善していく必要があります。

❺ふとした時に涙が出てくる

なにもないのに涙がでてきてしまうという方はキャパオーバーの前兆です。

帰宅したとき、家でゴロゴロしているときなど、泣くような感情じゃないのときに涙があふれるのはかなり危険信号。
あなたはきっと真面目で、与えられた仕事はきちんとこなす方なのでしょう。

自分の気づかないところで無理をしてしまい、体にはガタが来てしまっている状態なのかもしれません。

人間は自分の限界を超えることで成長できるといわれますが、「辛さ」が勝っているなら無理をし続ける必要はありません。
自分の気持ちに素直になって、少しでも休息を取りましょう。

❻イライラしてしまう

仕事が忙しくて自分に余裕がないときには、ストレスが溜まりやすくなるものです。
些細なことで怒ったりイライラが重なるときは、キャパオーバーになっている前兆かもしれません。

誰かに八当たりしてしまう前に、何らかの対策を講じる必要性があります。


キャパオーバーになりやすい人の6つの特徴

キャパオーバーになりやすい人の特徴

キャパオーバーになりやすい人には、ある共通する特徴があります。
キャパオーバーになりやすい人の特徴を知って、改善策へと繋げていきましょう。

ここでは以下の6つの特徴を順番に紹介します。

  1. 断るのが苦手
  2. 完璧主義
  3. 責任感が強い
  4. 悩み事が多い
  5. 計画を立てるのが苦手
  6. 仕事のスピードが遅い

あなたに当てはまる項目がないか、確認しながら読み進めてくださいね。
それでは順番に見ていきましょう!

❶断るのが苦手

断るのが苦手な人は、「これやっといて」「これもお願いできる?」など、頼まれたことをすべて請け負ってしまいがち。

「断ったら嫌われるかも」「相手に悪いな」という考えが先行し、自分の仕事もあるのにさらに仕事を増やしてしまう傾向があります。
その結果、自分の許容量以上の仕事を抱えてしまうことに。

相手のことを思いやるのは大切なことですが、いちばん大切なのは自分自身。
「これ以上は無理そうだな」と思ったら、断る勇気を持ってください。

❷完璧主義

仕事に真面目に取り組む優秀な人の中には、完璧主義で仕事に時間がかかりすぎる方がいます。

「ああしたほうがいい」「こうすればもっと良くなる」など、本来であれば気にしなくていい部分にまでこだわってしまう人が多く、必要以上に時間がかかってしまうのです。

1つの仕事に時間がかかるということは、それだけ業務時間が伸びること。
結果として残業が増え最終的にはキャパオーバーになってしまうという傾向があります。

事前に1つの仕事にかける時間を設定し、一旦はその時間内で仕事を終わらせることを意識してみてください。

❸責任感が強い

責任感が強すぎる人も、キャパオーバーになってしまう人が多いです。

責任感が強すぎる人は「他人を頼ってはだめ、自分でなんとかしなければ」と抱え込んでしまう人が多く、結果としてキャパオーバーになってしまいます。

責任感が強いのは良いことなのですが、度を越してしまうと自分の身を破滅させてしまうことになりかねません。
あまり抱え込みすぎず、人を頼る癖をつけてみてください。

❹悩み事が多い

仕事のこと、友人のこと、恋愛のこと….と一度にたくさんの悩みを抱えていると、それが脳内を埋め尽くしてしまいます。
また、悩んでネガティブな気持ちになっていると、処理能力も低下していきます。

仕事中は常に気を抜けないので、悩み事は大敵です。
そのまま放っておかず、第三者に相談するなどして解決へ踏み出しましょう。

❺計画を立てるのが苦手

仕事を効率的に進めるには、しっかりとした計画が必須です。
あれこれやみくもに手を出しているとそれぞれの進歩状況が把握できなくなり、期限を逃すことにもつながります。

また、仕事が終わらずに溜まっていくのでキャパオーバーになってしまいます。
仕事に手を付ける際には必ず優先順位を定め、順序良く進めるように気を付けましょう。

❻仕事のスピードが遅い

仕事を始めたばかりの時や、苦手分野の仕事を行う時には、こなすスピードも遅くなりがちです。
そもそも人によって仕事のスピードは異なるので、進み具合に遅れが出る人は一定数存在します。

そんな中で平等に仕事が割り振られたら、仕事は溜まっていく一方です。
「自分はダメなんだ…」と落ち込むことのではなく、自分のキャパ把握して上司に相談することも大切です。


仕事がキャパオーバーなときの5つの対処法

キャパオーバーなときの対処法

いくら気をつけていてもどうしてもキャパオーバーになってしまうこともありますよね。
そんな時に慌てず騒がず、冷静に対処するために知っておいて欲しいことが5つあります。

  1. 手持ちのタスクを洗い出し整理する
  2. なるべく早く上司や同僚に相談する
  3. 自分を過大評価しすぎない
  4. 休暇をとってストレスを解消する
  5. 体調を崩さないように気をつける

対処法を頭に入れておけば、もしもキャパオーバーになってしまっても対処できます。
キャパオーバーな状態から抜け出せたら、しっかり休養をとってリセットしてみて下さい。

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

❶手持ちのタスクを洗い出し整理する

キャパオーバーになっているなと感じたら、全体のタスクを一旦整理してください。
キャパオーバーになっているときは、頭の中もゴチャゴチャしてしまっているので、一度まとめることが大切。

一旦立ち止まり、今抱えているタスクを書き出すことで、落ち着いて仕事に取り掛かれます。

パニックになってしまうと余計にやることが増えてしまうこともあるので、まずは冷静に立ち止まってタスクを洗い出してみてください。

❷なるべく早く上司や同僚に相談する

キャパオーバーになってしまったら、可能な限り上司や同僚に相談しましょう。
仕事は自分1人でやらなくてはならないという決まりはありません。

「これはヤバい」と感じたら、すぐに上司や手が空いてそうな同僚などに相談する癖をつけてください。
1人で抱えて結果的に潰れてしまうよりも、他人を頼り確実に仕事を終わらせるほうが良いに決まっています。

協力してやることでスピードが増すだけでなく、他人のチェックも入るので丁寧な仕事にも繋がりますよ。

❸自分を過大評価しすぎない

「まだ行ける」「一人でも大丈夫」と、自分を過大評価しすぎないようにしましょう。
自分を過大評価しすぎてしまうと、気づいたら限界ということになりかねません。

少しでも「きついかも」と感じたのであれば、先に紹介したように上司や同僚に素直に相談してください。

できる仕事は多めに見積もるのではなく、少なめに見積もっておくくらいで丁度いいもの。
もしその後、手が空いたならまた新しく仕事をすれば良いのです。

❹休暇をとってストレスを解消する

キャパオーバーになると、頭も心も最大限に疲労しています。
そんなときに追い打ちをかけるように仕事を詰め込むのは絶対に厳禁。

「あ、疲れてるな」と思ったら、全力で休む日を設けるなどストレス解消に努めましょう。
仕事を効率よく生産的にすすめるためには「オン」と「オフ」がとても重要。

スマートフォンもずっと電源を入れていたら電池がなくなってしまうように、人間も充電が必要です。

❺体調を崩さないように気をつける

体調管理をしっかりと行うのは基礎的なことですが、最も重要です。
きちんと睡眠をとる、栄養バランスを考えた食事をとるなど健康管理を徹底しましょう。

また、キャパオーバーになると体調を崩すことにも繋がるので、自分の体力を客観的に判断し、厳しいと思ったら休むことも大切です。
少しでも体調に異変を感じたら、絶対に無理をしないようにしてください。


仕事でキャパオーバーにならないための予防策5選

キャパオーバーにならないための予防策

キャパオーバーになってしまうと仕事が辛く苦しくなり、毎日が憂鬱になってしまいますよね。
では、キャパオーバーにならないためにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、キャパオーバーにならないための5つの予防策を解説します。

  1. 仕事の優先順位をつける
  2. 事前に手順を明確にする
  3. できなそうな仕事は無理に受けない
  4. 自分のペースを大切にする
  5. 上司や同僚から協力を得やすい環境を作る

今日から簡単にできることなので、ぜひあなたもやってみてください。
それでは詳しく解説していきます。

❶仕事の優先順位をつける

キャパオーバーになってしまう人は、仕事の優先度を間違えていることが多いもの。
そのため、まずはタスクの優先順位の管理が大切です。

優先順位が分かれば、あとはそれを淡々とこなしていくだけ。
タスクのまとめ方としては

  • 今月やるべきこと
  • 今週やるべきこと
  • 今日やるべきこと

を書き出していく方法がもっとも一般的です。

慣れてきたら1時間毎のタスクを出していくのも良いですね。
ただし、急な仕事が入ったり緊急ミーティングが開かれたりと想定外の事も起こります。

そのため、タスクの消化時間は多めに見積もっておき、想定外が起きても対応できるようにしておくことがベスト。

例えば1時間で終わるだろうと感じたら、1時間30分と見積もるなど30分以上の余裕を持っておくことをおすすめします。

❷事前に手順を明確にする

仕事を行う際は、事前に手順を明確にしておくと詰まらずに進めていけるでしょう。

  • 仕事をどう進めていくのか
  • 進め方が分からないことはないか

この2点を明確にするだけで、仕事の途中でキャパオーバーになってしまうことを防げます。

仕事をなんとなくで始めてしまうと、何かあるたびにいちいち調べたりやり方を聞かなくてはいけません。

そうなる前に、想定できることは事前にすべて把握して余計な時間を費やさないようにしてみてください。

❸できなそうな仕事は無理に受けない

仕事を頼まれたときなんでもかんでも受けてしまうのはやめましょう。
今自分が変えている仕事や自分の能力を考慮した上で「無理そうだな」と感じたら断るようにしてください。

断れない性格の人にはハードルが高いかもしれませんが、キャパオーバーになるのを防ぐためには仕事量を調節するのが一番効果的です。

あなたが無理でも他にできる人はたくさんいるんですから、自分ができる範囲で仕事を受けるようにしてくださいね。

❹自分のペースを大切にする

自分のペースを崩さないことは、仕事を進めていく上では意外と重要なこと。

人にはそれぞれ自分のペースがあります。
これを乱されてしまうと、効率が悪くなったりミスが増えたりと良いことは1つもありません。

自分を貫くのはなかなか難しいかもしれませんが、キャパオーバーにならないためにも「マイペース」を大切にしましょう。

❺上司や同僚から協力を得やすい環境を作る

キャパオーバーになってしまう人は、「自分で抱え込みすぎてしまう」という特徴があります。
そうならないためには、上司や同僚に協力してもらうことが大切。

困ったときに協力してもらうためにも、日頃から上司や同僚とコミュニケーションを円滑にしておきましょう。

  • 挨拶をしっかり行う
  • 目を見て話をする
  • 不明点はすぐに質問する

など、基本的なコミュニケーションをしっかりと行えば、困ったときにも助けてくれるはずです。
もちろん、相手が困っているときはあなたも助けてあげるようにしましょう。


キャパオーバーがどうしても解決できないなら転職も一つの手段

今回は、キャパオーバーになる原因や解決策についてお伝えしました。

キャパオーバーになってしまうのは、そもそも今の仕事があなたに合ってない可能性もあります。
心当たりがあるなら、転職をして自分に合う職場を探してみるのも1つの方法です。

とはいえ、今の仕事が自分に合っているかを判断するのは簡単なことではなりません。
疲れが溜まっているだけ、という可能性もあります。

もしも、心身ともに疲れを感じるなら1度休息を取るのもおすすめです。
休息をとったうえで、今後のキャリアプランを見直すのもよいでしょう。
まずは自分を大切にして、あなたにとってベストな改善策を見つけてくださいね。

「仕事のストレスが限界」と悩む方には、こちらの記事もおすすめです。

仕事のストレスがもう限界!働き方を変える3つのポイントと今すぐ可能な解決策とは?

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5