働かずに生きるにはお金はいくら必要?現実的な方法と意識すべき3つの原則 | WEBCAMP NAVI
【12月の受講枠も残りわずか】

働かずに生きるにはお金はいくら必要?現実的な方法と意識すべき3つの原則

「無理して働きたくない…」
「働かずに生きていく方法ってないのかな…」

そんなふうに考えることってありますよね。

毎日の仕事がつらい、楽しくないなら、そう思うのも無理はありません。

「働かずに生きる」もしくは、それに近い生き方はできないのでしょうか。

今回は、

  • 働かずに生きることが現実的ではない理由
  • 楽な働き方を目指すために意識したい3つのこと
  • 楽な働き方を実現しやすい仕事3選
  • できるだけ働かずに生きるためにやるべき2つのこと

についてお伝えします。

働かずに生きるという理想に近づくヒントになるでしょう。

「働かずに生きる方法が知りたい」と感じている人は最後まで見逃さず、ぜひ参考にしてみてくださいね。

働かずに生きる方法はある?

働かずに生きる方法はあるのでしょうか?

結論からお伝えすると、20代〜30代のうちに働かずに生きるのは非常に難しいです。

「働かずに生きる」方法は、

  • 親のお金で生活する
  • 結婚してパートナーの収入で生活する
  • 資産を形成して早期リタイアする

などがありますが、一般的には早期リタイアを意味します。

若いうちに多大な資産を形成し、定年を迎える前に仕事を引退して働くことをやめ、その後の人生は好きなことをして生きるケースです。

しかし、早期リタイアができる人は限られたほんの一部の人だけです。

20代・30代の若い世代で多額の貯金や資産形成が成功したとしても、その後の人生は長く、病気にかかる可能性や家庭を築くことなども考えると、働かないことはメリットよりもリスクの方が大きいです。

老後までに大きなインフレが起き、日本円の価値が大幅に下落する可能性も否めません。

さまざまなリスクを考えると、若いうちから「働かずに生きる」ということは、現実的とは決して言えないのです。

働かずに生きることが現実的ではない3つの理由

「働かずに生きたい」という気持ちは誰もが一度は思うことかもしれません。

しかし、実際に働かずに生きている人は周囲にほとんどいないのではないでしょうか。

実現している人がいないことからも、働かずに生きるということがいかに難しいかがわかるでしょう。

働かずに生きることが現実的と言えない背景には、3つの理由があります

  1. 最低でも4000万円、もっと言えば1億円の貯金が必要
  2. 将来への不安から、いずれ働き始める
  3. 「働いていない」という自覚が自分を苦しめる

それでは、くわしく見ていきましょう。

最低でも4000万円、もっと言えば1億円の貯金が必要

働かずに生きるためには、最低でも4000万円、もっと言えば1億円の貯金が必要です。

例えば、4,000万円を年利3%で運用したら、税金を引いて毎月10万円の収入になります。

節約して固定費を最低限に下げ、月10万円で暮らすとしても、4,000万円は必要なのです。

でもそれは最低限の金額。できれば月20万円は欲しいですよね。

月20万円程度の収入を資産運用で得るなら、1億円の資金が必要です。

いずれにしてもこれだけ多額の資金を20〜30代で持つことは簡単ではありません。

将来への不安から、いずれ働き始める

まとまった貯金を用意していたとしても、将来何が起こるかはわかりません。

人はわからない物事には不安を感じます。

「貯金はこれだけあるけど、本当にこれで十分だろうか…」
「もし病気になったら、今の貯金では足りないかもしれない…」

など、予期しない未来への不安を解消することは難しいもの。

特に、

  • 子どもの教育費
  • 病気やけがの医療費
  • 老後の生活費

は多額のお金がかかります。

また、自分自身の問題だけでなく、世界情勢などを考えた時に、日本円の価値が下がることなども考えられるでしょう。

これらの不安に対して、働いているということが安心を得る手段になるのです。

そうすると、貯金があったとしても、不安感から働かずにはいられない状態になってしまいます。

「働いていない」という自覚が自分を苦しめる

特に日本人は、働いていないことに対してマイナスなイメージを持ってしまいがちです。

実際に、働いていない人を「無職」「ニート」と呼びますが、これらの言葉にはあまり良い印象を持っていない方が多いのではないでしょうか。

一生懸命に働くことを良いこととする考えから、「働いていない」という自覚が自分を苦しめてしまうかもしれません。

「働かないのは、社会に貢献していないということだ」
「働かずにいるなんて怠け者だ、人として恥ずかしい」

そんな周囲からの目や、自分自身が「働かずに生きる」ことを肯定できていないことで、自分を責めたり居心地が悪く感じられてしまいます。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

目指すのは「働かない」ではなく「楽な働き方」

「働かない」ことが現実的ではない、としたときに「楽な働き方」を目指してみるのはどうでしょうか。

「楽な働き方」であれば、自分の時間も大切にできる上、働かないことで嫌な思いをすることもありません。

ここでは「楽な働き方」の例としていくつかご紹介します。

  1. 満員電車に乗らない
  2. 嫌な仕事をしない
  3. フリーランスとして独立する
  4. 在宅ワークをメインにする

満員電車に乗らない

朝から大勢の人が乗り込む満員電車で、閉塞感や圧迫感を感じながらの通勤は気持ちが重くなりがちです。

満員電車に乗らずに通勤できれば、気持ちも軽やかに過ごせるのではないでしょうか。

  • 朝早い時間帯に通勤する
  • 自転車通勤をする
  • 電車を使わずに済む場所に引っ越す

これらの方法を考えることで、満員電車に乗らずに通勤することは可能です。
通勤は毎朝のことなので、満員電車に乗らないというだけで快適さは大きく変わります。

楽な働き方をしたいと感じるなら、満員電車に乗らないことから始めると良いかもしれません。

このような日々のストレスをできる限り無くしていくことで、楽な働き方に近づけられます。

嫌な仕事をしない

自分が嫌だなと感じる仕事をしないことも、楽な働き方を実現するためには必要です。

例えば、

  • 自分が苦手な作業
  • 意味の感じられない作業
  • 自分じゃなくてもいい作業

など、やりたくないと感じる仕事は断ったり、別のやり方を提案したり、他の人に任せてしまってもいいかもしれません。

嫌な仕事をしないことを続けていると、自然と自分がやりやすい仕事ばかりになっていくでしょう。

楽な働き方を実現するためには、自分が好きなことややりたいこと、苦もなくできることを仕事にする必要があります。

嫌な仕事を積極的に選ばないようにすることで、自分が働きやすい環境を整えていきましょう

フリーランスとして独立する

フリーランスとして独立すれば、会社員のしがらみから解放されて自分なりの楽な働き方を目指すことができます

特に、フリーランスになれば時間や場所にとらわれることなく仕事ができるので、柔軟な働き方が可能です。

  • 必要なものさえあれば、どこでも仕事ができる
  • 納期などの締め切りさえ守れば、いつ仕事しても良い
  • 仕事量や期間も自分で調節ができる

これだけでも、ストレスの少ない楽な働き方にかなり近づくのではないでしょうか。

会社員とフリーランスはどちらが楽でどちらが大変、ということはなく、どちらの働き方が自分に合っているかが重要です。

もちろん、雇用が安定しないフリーランスには、フリーランスなりの苦労もあります。

しかし、会社員を続けるよりも独立した方が自分にとって楽な働き方ができると感じるなら、一つの選択肢として考えてみましょう。

在宅ワークをメインにする

在宅ワークをメインにすれば、オフィスではなく自宅で働けるので、気持ち的にも楽に働けます。

在宅で仕事ができるなら、通勤の労力や通勤時間がかかりません

またオフィスでの労働環境や人間関係に左右されず、自分の過ごしやすい環境で働けて快適です。

仕事によっては、好きな時間に作業できるものもあります

自宅で働ける在宅ワークで、楽な働き方に近くことができるでしょう。

楽な働き方を目指すために意識したい3つのこと

「楽な働き方を目指そう!」と思ったら、まず意識を変える必要があります。

せっかく決心しても、普段の意識が変わらなければ変化は起こりません。

現在の仕事で、自分が楽に働けるように、まずは意識から変えていきましょう。

楽な働き方を目指すために意識したいことは、次の3つです。

  1. 自分の好きなこと、得意なことをする
  2. 自動化を上手に利用する
  3. 労働時間をできるだけ減らす

どういうことか、順番に見ていきましょう。

1.自分の好きなこと、得意なことをする

ひとつめは、自分の好きなことや得意なことをすることです。

「楽な働き方をしたい」として、自分にとっての「楽」とはどういうことでしょうか。

  • 嫌な気持ちにならない
  • 苦手ではない
  • 嫌いではない

などが当てはまりますよね。

好きなことや得意なことなら、嫌な気分・苦手な気持ちを感じることなく、楽に続けられるでしょう。

仕事選びをする上でも、自分が楽に感じることはどういったことなのかを考えることが大切です。

2.自動化を上手に利用する

やることが少なくなれば、楽になります。

毎日繰り返し行う単純な作業は、自動化してしまいましょう

例えば、RPAという、ロボットで業務を自動化する手段を取り入れれば、ロボットが自動的にデータを取得して入力したり、エクセルに転記したりしてくれます。

自分がする作業をロボットに任せて自動化することで、作業を効率化し、自分も楽ができるのです。

そのぶんの時間や労力を別のことに使うこともできます。

3.労働時間をできるだけ減らす

楽な働き方というと、週3日だけ、1日5時間だけ働く、など労働時間が少ないイメージがあるかもしれません。

時短勤務などで労働時間を減らせば、楽な働き方が可能になります。

フルタイム勤務なら、少ない時間で生み出す成果を最大化して、残業時間をできるだけ減らしていきましょう

楽な働き方がしたいと感じているなら、短い時間でより大きな成果を出すという考え方は重要です。

楽な働き方を実現しやすい仕事3選

仕事によって楽な働き方を実現しやすいかどうかは変わってきます。

楽に働くためには、仕事やそれを取り巻く環境もとても重要。

楽な働き方を実現しやすい仕事を知っておくことで、その仕事に就くための準備をいまから進めることが大切です。

楽な働き方を実現しやすいおすすめの仕事を3つご紹介します。

  1. 不動産賃貸業(大家)
  2. 投資
  3. ITエンジニア

不動産賃貸業(大家)

不動産賃貸業とは、所有する不動産を賃貸に出して収入を得る仕事です。

例えば、アパートやマンションなどを貸し出し、その家賃収入を得る大家さんなど。

所有物を貸して、その料金を受け取る仕組みなので、不労所得を得て働かずに生きることが可能です。

実際には、不動産の管理や住人からの家賃回収、クレーム対応などの業務がありますが、外部の管理会社に委託すれば、ほとんどやることはありません。

まとまったお金を貯めて不動産を購入し、その家賃収入を得るというケースは、早期リタイアしたい人が目指す道として一般的です。

投資

すでに大きな貯金があるなら、投資に回してその利率で収入を得ることもできます。

例えば、年利3%の投資信託で5,000万円を運用すれば、何もしなくても年間150万円の収入を得ることが可能です。

多額の資金が必要になるので手が届かない、と感じるかもしれませんが、いまからでも長期的にコツコツと積み立てれば決して不可能ではありません。

よく調べて、いまからできる範囲で投資のための運用資金を貯めていくといいでしょう

元手となる資金さえあれば、不労所得として投資で収入を得ることができ、働かずに生きられます。

ただ、投資は、上がるばかりではなく、もちろん下がることもあるため、そのリスクを知った上で、無理のない範囲ではじめることが大切です。

ITエンジニア

ITエンジニアは技術を習得し、自分に合った環境を選びさえすれば、楽な働き方が現実的な仕事

仕事内容は、プログラミングを用いてアプリやシステムを開発することです。

パソコンとインターネット環境があれば、どこでも仕事ができるため、自由の幅が広いと言えます。

ITエンジニアは将来的にも人材不足で、

  • 未経験からでも転職しやすい
  • 高待遇を受けやすい
  • 柔軟に働きやすい

などの特徴があります。

フレックスタイム制やリモートワークが可能な職場なら、好きな時間や場所で働ける上に、収入も高水準なので、「楽に働く」「楽に生きる」が実現しやすいでしょう。

ITエンジニアになるには、スクールでスキルを身につけて転職サポートを受けながら、自分にあった働き方を見つけるのが近道です。

興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

元ADからITエンジニアに。未経験から転職を成功させた秘密とは?

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
手厚いキャリアサポートと高品質の学習カリキュラムで驚異の転職成功率98%!
あなたも、IT業界で輝くエンジニアになりませんか?
本気で人生を変えたい方は、ぜひ無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

できるだけ働かずに生きるためにやるべき2つのこと

できるだけ働かずに生きるためには、楽に収入を得る方法を知るだけでは不十分です。
というのも、収入を得る必要があるのは支出があるから。

支出と収入のバランスを考えることが重要です

そこで、できるだけ働かずに生きるためにやるべき2つのことをお伝えします。

  1. 家賃を可能な限り下げる
  2. その他の固定費を限りなく下げる

できるだけ働かずに生きたいと思うなら、この2つを実行しましょう。

ここからは、それぞれについて詳しく説明します。

1.家賃を可能な限り下げる

現在、家賃は収入の何割を占めているでしょうか

例えば収入が20万円として、家賃が10万円の家に住んでいたら、5割です。

つまり、収入の半分も家賃に使っていることになります。この場合、残りの10万円でそのほかの生活費や趣味などをまかなわなければなりません。

これを家賃5万円の家に引っ越すだけで、15万円を生活費や趣味に充てることができます。

もしくは、貯金や投資にまわす余裕も生まれるでしょう。5万円分は働かないという選択肢もあります。

家賃は支出の大部分を占める上に、毎月の固定支出です。家賃を減らすことで、稼がなければならない金額が減り、そのぶん働かなくてよくなります。

2.その他の固定費を限りなく下げる

支出には家賃のほかにも、水道光熱費の基本料金、スマホ代、Wi-Fi代などの固定費があります。

これらは

  • 地域の水道・ガス・電気会社の料金を比較し、安価なものを選ぶ
  • スマホは自分の利用状況に合った格安SIMに乗り換える
  • Wi-Fiは自分の利用状況にあった会社や端末に変える

などによって固定費を下げることが可能です。

また、最近はサブスクリプションサービス(月額定額サービス)などで、毎月自動的に引き落とされているものも。

自分のサブスク利用状況を見直し、使っていないものや不要なものは解約することで固定費を下げましょう。

重要なのは、自分が生活するために毎月かかっている支出を把握し、余分な支出をなくすことです。人によっては、これだけでも生活に必要な金額がかなり減ります。

まとめ:働かずに生きるために必要なのは「自分」でお金を生み出すこと

若いうちから働かずに生きることは難しいですが、「楽に働く」ことでそれに近い生き方をすることは十分に可能です。

  • 不動産賃貸業
  • 投資
  • ITエンジニア

などの「楽な働き方」のためには、元手となる資金もしくは、技術の習得が必要。

現在の仕事や生活で資金を貯めることに不安があるなら、固定費を見直し、年収が高い仕事に転職する道もあります

最終的には、会社から給料をもらうのではなく、上記のように「自分」でお金を生み出すことが必要です。

そのために今からできることは、

  • 不動産購入や投資のための資金を貯める
  • 高待遇・高年収の仕事に就けるスキルを身につけ転職する

このような対策になるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、「楽に働く」から「働かずに生きる」を実現させてくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点