学歴コンプレックスで辛い7つの原因!克服する10の方法を紹介 | WEBCAMP NAVI
【8月枠も残りわずか】転職保証コース

学歴コンプレックスで辛い7つの原因!克服する10の方法を紹介

学歴コンプレックスで辛い7つの原因

「学歴が低く、なんとなく引目を感じてしまう」
「学歴がコンプレックスで、自分に自信が持てない」

こんな悩みを抱えていませんか?

高学歴・低学歴という言葉で周りから評価されてしまうこともあり、学歴コンプレックスに悩む人は多いです。

今回は、

  • 学歴コンプレックスとは?
  • 学歴コンプレックスの7つの原因
  • 学歴コンプレックスになりやすい人の10の特徴
  • 学歴コンプレックスを克服するための方法

などについて、お話しします。

この記事を読めば、学歴に悩む原因がわかり、学歴コンプレックスを克服できるようになりますよ。

「つい自分や他人の学歴が気になってしまう」という人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

学歴コンプレックスとは?

学歴コンプレックスとは、「自分の学歴に不満や劣等感を持っている状態」のこと。

特に、他人と比べたときに学歴が低いことを過剰に気にしてしまうケースが多いです。

日本は学歴社会ともいわれ、学歴によってその人自身の価値を判断してしまう傾向があります。

そのため、学歴を気にするあまり低学歴であることを見下したり、高学歴であることをひがんだりする風潮があるのです。

学歴によって評価されることで、学歴へのこだわりが強くなり、不満や劣等感を持ちやすくなります。

学歴コンプレックスになってしまう7つの原因

学歴へのこだわりが強く悩みを抱える学歴コンプレックス。

自分の身近な人の学歴や、周囲の学歴に対する考え方など、さまざまな原因があります。

学歴コンプレックスになってしまう原因は主に7つ。

  1. 自分の学歴に自信がない
  2. 目指していた大学に行けなかった
  3. 浪人や留年による「1年遅れ」
  4. 大学に進学できなかった
  5. 学歴をバカにされたり嫌な思いをした
  6. 親や友達に高学歴な人がいる
  7. 学歴による待遇の差を感じている

ひとつずつみていきましょう。

1.自分の学歴に自信がない

ひとつめの原因は、自分の学歴に自信がないこと。

周囲と比べて学歴が低かったり、一般的に評価される学歴ではなかったりすることで、「自分は十分な学歴を持っていない」と自信を失ってしまうことがあります。

自分の学歴に自信がなく、そのことを過剰に気にすることで、コンプレックスになってしまうのです。

学歴に対する自信のなさが、不満につながります。

2.目指していた大学に行けなかった

目指していた大学に行けなかったことが原因で、学歴コンプレックスを抱えてしまうこともあります。

大学受験に向けて努力を重ねていたのに、合格できなかった経験は、強いコンプレックスになることも。

「できなかった」という挫折経験から、劣等感を感じてしまうためです。

自分が目指した学歴に届かなかったことと、結果である学歴で評価されることで、学歴への後ろめたさが強くなってしまいます。

3.浪人や留年による「1年遅れ」

浪人や留年による「1年遅れ」が生じることが原因になるケースもあります。

浪人や留年の理由はなんであれ、「同級生より1年遅れている」という事実は残ります。

周囲と比べて遅れていることで、自分は劣っている、遅れていると感じて、不満につながるのです。

日本人は学歴を気にするだけでなく、周囲と違うことを気にする傾向もあり、「みんなと同じレベルの学歴を持てない」ということが、自己肯定感を低下させます。

4.大学に進学できなかった

金銭的な事情などから、大学に進学できなかったことが原因となるケースもあります。

大学に進学しない場合、学歴は「高卒」です。

日本の企業は、就職の採用条件として「大卒以上」の学歴を求める場合が多いため、高卒では面接すら受けられないことも少なくありません。

企業が採用試験で本人の能力よりも学歴を評価し、良い学歴であるほど大手企業に入社しやすい傾向にあることから、日本は学歴社会といわれています。

学歴社会において、高卒の学歴は、スタートラインにすら立てないという劣等感を生みやすいのです。

5.学歴をバカにされたり嫌な思いをした

直接的に学歴をバカにされたり、学歴で嫌な思いをすると、コンプレックスになってしまうこともあります。

世の中には、学歴だけで人を判断したり、悪口をいったり、攻撃をしてきたりする人もいるでしょう。

自分の学歴について否定的な態度をとられることで、学歴に嫌な思いを持ってしまいます。

学歴のことで嫌な思いをした経験から、コンプレックスになるのです。

6.親や友達に高学歴な人がいる

親や友達に高学歴な人がいると、自分と比べてしまってコンプレックスになることも。

身近に高学歴な人がいて比較されるような環境では、自分の学歴を意識せざるを得ないでしょう。

たとえば、子どもの学歴の話題は、親戚同士やママ友同士などでもよく持ち上がります。
高学歴な人と比べられる本人にとっては気まずい思いをする場にほかなりません。

身近に高学歴な人がいると、”比較される機会が増える”ため、コンプレックスになりやすいという現実があります。

7.学歴による待遇の差を感じている

学歴社会である日本では、学歴による待遇の差を感じる場面も少なくありません。
たとえば、企業の面接試験では高学歴の人にしか採用ページが用意されていないことも。

また、高学歴の方が周囲からの評価が高いと感じている人もいるのではないでしょうか。

学歴による待遇の差を感じることで、自分の学歴に気遅れを感じてしまいます

学歴コンプレックスになってしまう人の特徴10個

 

学歴コンプレックスの原因はさまざまです。

しかし、学歴コンプレックスになってしまう人には共通する特徴があります。

ここからは学歴コンプレックスになってしまう人の特徴を10個ご紹介しましょう。

  1. なんでも他人と比べてしまう癖がある
  2. 高学歴な人に嫌味を言ってしまう
  3. 低学歴な人を見下してしまう
  4. プライドが高い
  5. 自分に自信がない
  6. 失敗を学歴のせいにしてしまう
  7. 生真面目で深く考えすぎる
  8. 成功している人は学歴のおかげだと思っている
  9. 一生懸命挑戦した経験がない
  10. 学歴を言い訳にして行動しない

上記に当てはまる人は、学歴コンプレックスになりやすいといえます。

順番にみていきましょう。

1.なんでも他人と比べてしまう癖がある

ひとつめは、なんでも他人と比べてしまう癖があること。

スポーツ、勉強、外見など、他人と自分を比較する癖がある人は要注意です。

他人と自分を比較することで、優越感を感じたり、劣等感を感じたりします。

学歴についても同様に、他人と比べて自分の学歴を評価しようとして、優劣の考え方になりがち。

他人と比べる評価軸にこだわり過ぎてしまうことで、コンプレックスになります

2.高学歴な人に嫌味を言ってしまう

高学歴な人に対して嫌味を言ってしまうことも特徴のひとつ。

嫌味を言ってしまうのは、高学歴な人をうらやましく、妬ましく思う気持ちがあるため。
自分自身が、高学歴という立場に立ちたかったのに叶わなかったことから、高い学歴を持っている人に嫉妬してしまうのです。

また、自分を卑下することで、無意識に嫌味を言っている場合もあるので注意が必要でしょう。

3.低学歴な人を見下してしまう

学歴コンプレックスになりやすい人は、自分よりも低学歴な人を見下してしまう傾向があります。

学歴で人を判断し、自分よりも低学歴な人に対して否定的な目でみてしまうのです。

学歴で相手を評価していると、自分のことも学歴で評価されていると感じます

「自分より学歴の高い人からは見下されているかもしれない」と気にするようになり、コンプレックスになるのです。

4.プライドが高い

プライドが高い人は、学歴コンプレックスになりやすいです。

高いプライドを持っていると、他人からの評価に敏感になりがち

学歴は大きな評価軸のひとつであり、人は学歴で人を評価することも多いです。

プライドの高い人は学歴によって他人から評価されることで、学歴にこだわるようになります。

5.自分に自信がない

自分に自信がないことも、学歴コンプレックスになりやすい特徴のひとつです。

自信のない人は、他人から評価される学歴を持つことで、自信をつけようとします。

学歴に支えられることで自分の自信を保とうとするので、学歴が評価されるかどうかを過剰に気にするのです。

自信がない自分を守るための手段としての学歴にこだわるようになります。

6.失敗を学歴のせいにしてしまう

失敗を学歴のせいにしてしまうことがあれば、学歴コンプレックスになりやすいでしょう。

「自分は高学歴じゃないから」
「いい大学には行けなかったから」

など、失敗の原因を学歴だと考えることで、学歴に対する不満がどんどん溜まります

学歴に対して大きな不満を持っている状態になることで、学歴コンプレックスになるのです。

7.生真面目で深く考えすぎる

学歴コンプレックスになりやすい人は、生真面目で深く考えすぎる傾向にあります。

あまりにも真面目で考えすぎてしまう人は、学歴に対する他者からの評価をそのまま受け止め、受け流すことができないのです。

「学歴のことを否定的に言われた」
「自分は人に誇れる学歴ではない」

「十分な学歴でないのは努力不足のせいだ」

と考え込み、学歴への後ろ向きな思いを自ら強くしてしまいます

8.成功している人は学歴のおかげだと思っている

「成功している人は学歴のおかげだ」と思っていないでしょうか。

良い学歴があるから成功しているかといえば、必ずしもそうではありません。

しかし学歴コンプレックスになりやすい人は、成功の理由を学歴だと決めつけて考える傾向にあります。

人の成功や失敗など、あらゆる物事を学歴と結びつけて考えてしまうのです。

9.一生懸命挑戦した経験がない

一生懸命挑戦した経験がない人は、学歴コンプレックスを抱えがち。

良い学歴を持つ人のなかには、受験で一生懸命挑戦した人が多いです。

受験でなくとも、部活など、一生懸命挑戦する経験があれば、その経験を誇りに思うでしょう

しかし、そういった経験がないと、一生懸命に挑戦してきた経験がある人と比べて、自分をダメなやつだと感じてしまうことも

「自分は一生懸命に挑戦することもせず、いまの学歴になった」という思いで、劣等感を感じてしまうのです。

10.学歴を言い訳にして行動しない

学歴を言い訳にして行動しない人は、学歴コンプレックスになりやすいといえます。

はじめは不安や自信のなさからくる言い訳だったとしても、次第に本当に行動できなくなってしまいます。

なにかに挑戦したいと思っても、「学歴がないから相手にされない」「成功するのは学歴がある人だけだ」という極端な考えに陥るようになってしまうのです。

行動指針が学歴に左右され、振り回されている状態といえます。

学歴コンプレックスは一生続く?克服するための方法10選

学歴コンプレックスを自覚し、克服したいと考えている人も多いです。

強いコンプレックスを抱えているほど克服は難しいのも事実ですが、克服することで新しい未来が待っている場合もあります。

ここからは、学歴コンプレックスを克服するための方法を10選ご紹介しましょう。

  1. 学歴コンプレックスを抱えていることを認める
  2. 学歴に本当に意味があるのか考えてみる
  3. 難関資格を取得する
  4. スキルを身につけて自信をつける
  5. もう一度受験して行きたい大学に入る
  6. 学歴で人を判断しない
  7. 熱中できることを見つける
  8. 自分が納得のいく仕事をする
  9. 起業する
  10. 高学歴な人よりお金を稼ぐ

上記を実践することで、学歴の悩みを解消できるようになります。

具体的な方法をみていきましょう。

1.学歴コンプレックスを抱えていることを認める

まずは、自分が学歴コンプレックスを抱えていることを認めることが大切です。

学歴コンプレックス自体を否定していると、無意識のままに学歴で悩み続けることになってしまうでしょう。

学歴コンプレックスになりやすい人の特徴に複数当てはまっているなら、特に注意が必要です。

自分が学歴にこだわっているという事実を受け入れましょう

そこで初めて学歴コンプレックスを克服することができるようになります。

2.学歴に本当に意味があるのか考えてみる

つぎに、学歴の意味について考えてみましょう。

自分がこだわるほどの意味が本当にあるのでしょうか

学歴は、確かに日本で生きていくなかで他人から評価されがちなポイントではあります。

しかし、他人からの評価が得られるというだけで、名ばかりの学歴であれば、そこに意味があるのかは疑問です。

学歴に本当に意味があるのかを、自分の頭で改めて考えてみましょう

3.難関資格を取得する

自分の学歴に不満を感じているなら、難関資格を取得してみましょう。

資格は学歴ではありませんが、

  • 他人から評価されるポイント
  • 一生懸命挑戦した経験
  • 合格できた自分に対する自信

など、学歴で得られるものを手に入れることができます。

難関資格を取得することで、自分の学歴へのこだわりを解消できるでしょう。

4.スキルを身につけて自信をつける

自信がなくて学歴にこだわっている場合は、スキルを身につけて自信をつけることが克服の方法です。

スキル習得は、自分自身の能力を向上でき、継続的な努力ができたという経験になるので、大きな自信になります

就職採用でも、最近は学歴ではなく個人のスキルや能力で評価する会社が増加傾向。

特に技術職や専門職では、学歴よりスキル重視なので、スキルを身につけることで高く評価されます。

スキル習得で自分の自信につなげることができ、コンプレックスを克服できるでしょう。

5.もう一度受験して行きたい大学に入る

学歴をどうしても諦めきれず、こだわってしまうのであれば、再挑戦もひとつの道

自分が行きたい大学に行けなかったことで学歴コンプレックスになったなら、もう一度受験して行きたい大学に入ることで克服できるかもしれません。

再挑戦することで自分の目標に向けて一生懸命になり、合格すればコンプレックスの原因の解決になるでしょう。

金銭的、時間的に可能なら、もう一度チャンスを手にしてもいいのではないでしょうか。

6.学歴で人を判断しない

自分が学歴で人を判断しないようにすることで、学歴コンプレックスから抜け出すことも可能です。

学歴以外の視点で人を見ることを意識してみると、学歴にこだわることが小さく思えるようになります。

また、人のあらゆる要素を学歴に結びつけて考えることをやめてみましょう。

自分が学歴で人を判断せず、さまざまな視点で人をみる力を持つことで、自分自身への見方も変わります

学歴だけで自分や他人を判断しなくなり、学歴コンプレックスを克服できるでしょう。

7.熱中できることを見つける

自分が熱中できることを見つけて、学歴コンプレックスを克服する方法です。

学歴コンプレックスは、学歴ばかりにこだわってしまうので、ほかの熱中できることを見つけることが良い解決策になります。

熱中できることを見つけて取り組んでいれば、そこで得られるものや経験が自分にとって価値のあるものになるでしょう。

学歴ばかりでなく、自分の熱中できることに目を向けることで、コンプレックスを克服できるのです。

8.自分が納得のいく仕事をする

自分が納得のいく仕事をすることで、学歴コンプレックスに負けずに克服できるでしょう。

「学歴が低いから仕事で成功できない」
「学歴が低いから良い成果を出せない」
「学歴が低いから出世できない」

という思い込みをやめて、まずは真剣に仕事に向き合ってみましょう。

最初から諦めの気持ちで取り組むと、行動や結果もマイナスな感情に影響されてしまいます

学歴にとらわれず、自分が納得のいく仕事をすることが大切。

納得のいく仕事を続けて結果がついてくれば、学歴は関係ないと考えることができるようになるでしょう

9.起業する

思い切って起業することも、学歴コンプレックスを克服するひとつの手です。

起業は、学歴の高い優秀な人しかできない、と思われがちですが、起業は学歴に関係なくできます

起業すること自体、大きな挑戦であり、自分の自信につながる経験になるでしょう

挑戦に学歴は関係ない、と思えることで、コンプレックスを克服できます。

10.高学歴な人よりお金を稼ぐ

高学歴な人よりお金を稼ぐことで、学歴へのこだわりを解消することができます。

「高学歴な人は、大手企業に入社して高い給料をもらえてうらやましい」と思うことがあるでしょう。

しかし、高学歴でなければお金を稼げない、なんてことはありません

高学歴な人よりたくさんのお金を稼げるようになれば、学歴は問題ではなくなります

ビジネスは学歴とは別のもの。高い収入を得られる仕事を選びましょう。

学歴コンプレックスとの向き合い方

 

ここまで読んで、「そうはいっても学歴コンプレックスから抜け出せない」という方もいるかもしれません。

学歴に対して強い思いがあるほど、克服は難しい場合もあります。

学歴コンプレックスを100%克服するとまではいかなくても、うまく向き合っていけるといいでしょう。

さいごに、学歴コンプレックスとの向き合い方をお伝えします。

  1. 中卒や高卒の学歴コンプレックス
  2. 現役大学生の学歴コンプレックス
  3. 社会人の学歴コンプレックス

ケース別に向き合い方を解説するので、ぜひ生かしてみてくださいね。

中卒や高卒の学歴コンプレックス

中卒や高卒の場合、世間からの目大卒者との待遇の違いを感じて、学歴コンプレックスを抱えてしまいがちです。

中卒・高卒の学歴コンプレックスには、2つの向き合い方があります。

  • 学歴にこだわらない、人間関係や待遇が良好な環境を選ぶ
  • 今からでも高校や大学に進学できることを知る

たとえば、友人関係や職場など、自分が関わる相手が学歴を気にする人だったら、気が滅入ってしまうでしょう。

仕事で学歴がストレスになるなら、自分が過ごしやすく、待遇に納得できる会社に転職するのも一つの手です。

また、高校や大学には、通信制夜間制など、仕事をしながらでも学べる仕組みがあります。

中卒から大学進学を目指したい場合、高卒認定試験に受かれば受験可能です。社会人経験があれば、「社会人入試」で大学を受験することもできます。

進学のための仕組みを利用すれば自分の学歴を変えられる、と知っておくことで、コンプレックスと向き合うことができるでしょう。

現役大学生の学歴コンプレックス

現役大学生の学歴コンプレックスには、通っている大学への満足感が問題になりがち。

高学歴な有名大学以外をまとめて「Fラン」と呼び、低学歴であることを揶揄する風潮もあります。

また、高学歴であっても、自分の行きたかった大学に行けなかったことで学歴コンプレックスを抱える場合も。

低学歴でも高学歴でも、自分の学歴に対して満足していないと学歴コンプレックスになってしまうのです。

現役大学生の学歴コンプレックスの向き合い方は2つあります。

  • 行きたい大学を目指して再受験する
  • 現在の大学の良さに気づく

ひとつめは、自分が本当に行きたかった大学を目指して再受験すること。

合格すれば学歴コンプレックスを解消できるかもしれません。また結果がどうあれ、納得するまで挑戦すれば気が済んで解消できることもあるでしょう。

ふたつめは、いま通っている大学の良さに気づくこと。

大学に入学する前は、ネームバリューやイメージだけで評価してしまうことが多いですよね。

しかし、入学してしばらく過ごすうちに、その大学の良さや魅力に気づき、外見上の学歴を気にせずに済むこともあります。

社会人の学歴コンプレックス

大学を卒業し、社会人になってからも抱えている学歴コンプレックスでは、仕事上の問題が原因の場合が多いでしょう。

高学歴な先輩や同僚が優秀に見えたり、高学歴な人と自分で待遇の差を感じたりすることで、学歴にコンプレックスを感じます。

社会人の学歴コンプレックスとの向き合い方は2つ。

  • 学歴ではなく能力が評価される会社へ転職する
  • 社会人枠で大学・大学院に進学する

現在の職場が学歴重視で居心地が悪いと感じているなら、能力を評価する会社に転職することで、学歴で嫌な思いをすることがなくなります

特にスキルが必要な専門職や技術職なら、スキルを身につければ転職でも有利になり、転職後もスキルを評価してもらえるでしょう。

ほかに、学歴を満足できるものにしたいと感じるなら、社会人枠で大学・大学院に進学する道もあります。

大学や大学院で学ぶのは社会人からでも遅くありません。

むしろ社会経験があるからこそ、より意味のある進学にできるかもしれませんよ。

まとめ:学歴が全てじゃない。自分に自信をつけて納得のいく人生を歩もう!

今回は、学歴コンプレックスの原因と克服方法についてお伝えしました。

学歴コンプレックスは誰もが感じやすいものですが、人の価値は学歴だけではありません。

しかし、学歴に不満がある状態で、自分に自信を持つのは難しいものです。

学歴コンプレックスを克服して自分に自信を持つためには、

  • 納得できるまで学歴に再挑戦する
  • 学歴にとらわれないスキルを身につける

などの方法が有効でしょう。

進学にはたくさんのお金や時間がかかるため、よく考えて決断する必要があります。

まずは学歴にとらわれないスキルを習得して、自分に自信をつけてみてはいかがでしょうか

学歴コンプレックスの克服に向けて、ぜひ行動を起こしてみてくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点