【簡単にストレス減少!】人間関係に疲れてしまった時の対処法 | WEBCAMP NAVI
【8月枠も残りわずか】転職保証コース

【簡単にストレス減少!】人間関係に疲れてしまった時の対処法

人間関係に疲れてしまった時の対処法

「もう人間関係に疲れた……」「でも辛い気持ちをどう発散させればいいかわからない……」と悩んではいませんか?

人と接することに疲れてしまっても、うまく対処法がわからず溜め込んでしまうことってありますよね。

しかし、辛いことやしんどいことをあなたの中で抱えてしまうと、いつまでも苦しいままです

そこで今回は、以下の内容を解説します。

  • 人と接することで疲れやすい人の特徴
  • 人間関係に疲れたときの対処法
  • 人間関係に疲れた人におすすめの名言

本記事を読めば、あなたの心の辛さを軽減させることが可能です

「人間関係での悩みや疲れを解消したい……!」と考える方は、ぜひ参考にしてください。

人間関係で疲れやすい人の特徴

人間関係に疲れている男性

生きていると仕事やプライベートでも、さまざまな人と関わる必要が出てきますよね。

以下のグラフは、退職した人が「会社に伝えた退職理由」と「本当の退職理由」を表したものです。

退職理由

【引用】エン・ジャパン「退職理由のホンネとタテマエ 会社に伝えた退職理由は「家庭の都合」、実際は…?

退職した人のうち25%もの人が、人間関係が原因で会社を辞めたとわかります。

あなたと同じように、働く中で「人と接するのが辛い……」と悩む人は多いです。

では、そもそも人間関係で疲れやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか?

今から、人と接することが辛くなりやすい人の特徴を2つ紹介します。

  1. 周りに気を使いすぎる
  2. 人と関わるとき考えすぎてしまう

自分に当てはまる点がないか、確認しながら読み進めてください。

周りに気を使いすぎる

人間関係で疲れやすいのは、周りに気を使いすぎる人です。

ついつい「みんなから嫌われたくない……!」と思って、いい人を演じた経験はありませんか?

本当は言いたいことがあるのに我慢を続けると、

  • 精神的に辛くなる
  • 周囲の人との信頼関係が築けない

というように、デメリットが生じます。

あなたが周りと協調するために自分の気持ちをコントロールするのは、悪いことではありません。

しかし、あまりにも気を使いすぎると人と関わるのが嫌になってしまいます

考えすぎていないか

他人と関わるときに頭で考えすぎる人は、人間関係が辛くなりやすいです。

人を簡単に信用できないので、

  • 相手の発言にウラがあるんじゃないか
  • 思ってもないことを適当に言っているんじゃないか

というように、他人の言動を疑ってしまいます

ネガティブ思考が強いと必要以上に考えてしまい、人間関係がうまくいきません。

誰との人間関係で疲れているのかを特定

考え込む女性

あなたは今、人と関わることに疲れていると思います。

しかし「人間関係で疲弊している」と言っても、あなたが置かれている立場によってその原因はさまざまです。

人と関わるのが嫌になってしまったなら、まずは「誰との人間関係で疲れているのか」を理解する必要があります。

人と接したくない原因が明確になれば、適切な対処法が見えてきやすいです。

そこでここでは、人間関係で疲れてしまう3つのシチュエーションを紹介します。

  • 職場
  • 学校
  • 友人

職場での人間関係が疲れる

人間関係に疲れてしまうのは、職場が原因の人も多いのではないでしょうか?

人は生きるためにお金を稼がないといけないので、社会で働く必要があります。

なので、職場にいる人とは関わりたくなくても関わらないとなりません

自分の感情を押さえて我慢する場面が増えると、働くことにも疲れてしまいます。

もし職場の人が自分に合っていないなら、転職を視野に入れるのもひとつの手です。

学校の人間関係が疲れる

後述する「友達との人間関係が疲れる」にも通じますが、学校での人間関係が嫌になる人もいるでしょう。

学校という限られた空間の中にいると、

  • 毎日決まったメンバーで一緒に過ごさないといけない
  • 馬が合わなくてもなんとなく付き合わないといけない

というように、潜在的なグループ意識が強くなります

学校は自分の意志だけで簡単に辞められないので、周りに合わせ続けることがストレスになるのです。

友達との人間関係が疲れる

友人との人間関係に疲弊してしまう人も多いと思います。

ぱっと見ると仲が良いように接していても、

  • 別の友達の悪口
  • 恋人の自慢話
  • マウンティング

など、関わるのがめんどくさい場面もたくさんあるでしょう

一応友達なので無視もできないでいると、「もう関わりたくない!」と思ってしまいます。

人間関係に疲れてしまった時の対処法

気分転換している女性

人と関わることに疲れても「どう対処するのが正解がわからない……」と、我慢し続ける人も多いです。

しかしあなたが辛い気持ちを抱えてまで、その人と接する必要はありません。

人間関係に疲れたなら、ストレスを軽減させるためにしっかりと対処しましょう。

ここでは、人間関係に疲れたときの対処法を5つ紹介します

  1. 考え方を変える
  2. 自分のリラックスできる時間を作る
  3. はっきり伝えてみる
  4. 人間関係を整理する
  5. 新しい人間関係を築いてみる

どれかひとつでもいいので実行してみてください。

考え方を変える

人間関係に疲れたなら、あなたの考え方を変えてみてください。

生きているとどうしても、周囲の人の目が気になる人もいると思います。

でも、他人は自分で思っているほどあなたに注目していません。

周りの人を気にしすぎないように、

  • 自己啓発の本を読む
  • 前向きな人と一緒に過ごす

などして、ポジティブな考え方になれるよう行動してみましょう

自分のリラックスできる時間を作る

疲れる人間関係をなんとかしたいなら、自分のリラックスできる時間を作ってみるのもおすすめです。

  • スポーツ
  • 読書
  • 料理

など趣味に熱中することで、嫌な人間関係と距離を取りましょう。

ひとりで落ち着ける時間があれば、人によるストレスも軽減されやすいです

はっきり伝えてみる

人間関係に疲れたなら、いっそのこと相手にはっきりと伝えてみましょう。

本音を他人に言うことは勇気が必要かもしれません。

しかし嫌なことを我慢し続けても、あなたにメリットはほとんどないです。

嫌なことは嫌だと言うことで、相手も理解してくれる可能性もあります

もしそれで相手との関係性が悪化しても、「それまでの関係だった」と割り切るようにしてください。

人間関係を整理する

人と接することに疲れたなら、思い切って人間関係を整理するのもおすすめです。

どうしても相性が悪い相手なら、

  • 連絡を取らないようにする
  • 必要最小限しか関わらない

というようにして、少しずつ離れてみてください。

最初は「距離を取って大丈夫かな……?」と不安になるかもしれません。

しかし離れることに慣れたら、徐々に気にならなくなります

新しい人間関係を築いてみる

人間関係に疲れたなら、思い切って新しい人との関係を築いてみてください。

今ある人間関係しかないと思うと、依存する気持ちが大きくなってしまいます。

そうならない為にも次のことに挑戦して、新しいコミュニティに属してみるのもいいかもしれません。

  • サークルに入る
  • 習い事を始める
  • 趣味を増やす

今いるコミュニティ以外の居場所があれば、苦手な人と接するとき気持ちが楽になります

職場の人間関係での対処法

上司に怒られている男性

ここまで人間関係に疲れたときの対処法を解説しました。

次に、職場での人間関係に疲弊した際の対処方法を3つお伝えします

  1. どうしても合わない人とは距離を取ってみる
  2. 仕事以外での付き合いをやめる
  3. 職場を変えてみる

どうしても合わない人とは距離を取ってみる

職場の人間関係に悩むなら、合わない人とは距離を取りましょう。

  • あいさつ
  • 仕事上の話をするとき

など仕事に必要な関わり以外は、無理して話さなくて大丈夫です。

相手と適切な距離を取ると、意外にも関係がスムーズになるケースもあります

仕事以外での付き合いをやめる

職場の人間関係が辛いなら、仕事以外での付き合いをやめてみてください。

たとえば飲み会や休日ゴルフのような、

  • 仕事に直接関係ない
  • 自分が楽しめない

ということは、無理して付き合わなくて問題ないです

最初は断るのが悪いように感じるかもしれません。

しかし、だんだん「飲み会は参加しない人」という認識が出来上がるので、誘われる頻度も減ってストレスが軽くなるといったことが見込めます。

職場を変えてみる

職場の人間関係について「どうしても解決できない……」「会社に行くのも辛い……」と悩んでいるなら、思い切って職場を変えてみてください。

  • 上司に相談して別の部署に変えてもらう
  • 転職する

というように、今いる環境を変えるための行動が大切です

また、会社によってはリモート勤務ができるので、人とあまり関わりたくないなら在宅ワークの仕事を探しましょう。

転職のベストタイミングはいつ?【年齢別にベストな時期を徹底解説】

人間関係ストレスチェック

頭を抱えている男性

ここまで、人間関係に疲れる原因とその対処法を解説しました。

しかし自身の人によるストレスの原因を、細かく客観的に理解できている人は多くありません。

そこでおすすめなのが、以下の「人間関係のストレス診断テスト」です。

このサイトでは、あなたが具体的にどんな対人ストレスを抱えているのかを分析してくれます

自分の人間関係によるストレスを詳しく知りたい人は、ぜひ試してみてください。

参考 人間関係のストレス診断テスト人間関係の心理テスト

人間関係に疲れた時の10の名言

リラックスしている男性

人との関係に悩んだとき、心身ともに疲れてしまいますよね。

そこでここでは、人間関係に疲れた人に向けておすすめの名言を10個紹介します

人付き合いに悩んだときはこれらの言葉を見て、気持ちを落ち着かせてみてください。

人間としての欲求や希望はだれもが同じ。

オプラ・ウィンフリー(米国の女性テレビ司会者、女優 / 1954~)

人間の最大の罪は不機嫌である

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前384~前322)

人の落ち度は、許すより忘れてしまえ。

中村天風(日本初のヨーガ行者、天風会の創始者 / 1876~1968)

他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。

斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916~2006)

人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。

ロバート・フロスト(米国の詩人 / 1874~1963)

他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。

ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)

誰の友にもなろうとする人間は、誰の友人でもない。

ヴィルヘルム・ベッファー(ドイツの植物学者 / 1845~1920)

多くの愚者を友とするより、一人の知者を友とするべきである。

デモクリトス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前460頃~370頃)

人をほめれば、その人と対等になれる。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

参考 人間関係の名言・格言癒やしツアー

最後に

自信のある女性

人間関係に悩んだとき、大きなストレスを抱えて辛くなる人も多いと思います。

どうすればいいかわからず、自分を責めてしまった人もいるでしょう。

しかし、なただけが我慢して人と付き合う必要はありません

今、人間関係で辛い思いをしているなら、以下の5つの対処法を試してみてください。

  1. 考え方を変える
  2. 自分のリラックスできる時間を作る
  3. はっきり伝えてみる
  4. 人間関係を整理する
  5. 新しい人間関係を築いてみる

また、上記の対処法を実行しても苦しい状況が変わらないなら、

  • 転職する
  • 在宅ワークを探す

などして、あなたがいる環境を変えてみることをおすすめします

ストレスなく過ごせる人間関係を築いて、充実した人生を送りましょう!

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点