劣等感を克服する8つの方法!感じやすい人の特徴と原因も解説 | WEBCAMP NAVI
【1月の受講枠も残りわずか】

劣等感を克服する8つの方法!感じやすい人の特徴と原因も解説

劣等感を克服する8つの方法!感じやすい人の特徴と原因も解説

人の自然な感情のひとつである劣等感。

「同僚に劣等感を感じてしまってつらい……」
「劣等感を持つ自分が嫌い」
「克服するにはどうしたらいいの?」

このように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

劣等感が強いとストレスを感じやすかったり、必要以上に疲れてしまったりと悩みの原因になってしまいますよね。

そこでこの記事では、劣等感に悩んでいる方に向けて、以下のとおりに解説していきます。

  • 劣等感が強い人の特徴
  • 劣等感を抱いてしまう要因
  • 劣等感を克服する8つの方法

この記事を読めば、劣等感に対する正しい理解や解消する方法がわかりますよ。

劣等感を克服したいと悩んでいる方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

劣等感とは「自分が他人よりも劣っている」と感じること

劣等感とは「自分が他人よりも劣っている」と感じること

「自分は、あの人と比べると仕事ができない」
仕事をしていると、このように考えたことが誰でも1度はあるのではないでしょうか?
このように、自分が他人よりも劣っていると感じてしまう感情こそが劣等感です。

劣等感は、他人との競争意識の中で生まれるもの。
競争して挫折した結果、抱えてしまう感情です。
とくに若い頃に抱きやすい感情であり、成長途上における苦しみともいえます。

劣等感を持つことで、憂鬱な気持ちになるなどマイナスなイメージを持つ方が多いでしょう。

しかし、劣等感を克服することで人は成長することができます。
そのため、必ずしも悪い感情ではありません。

劣等感をバネにどう行動するかが、人生において重要なことだといえます。

「優秀といわれる人の特徴とは?」
優秀な人になるための秘訣などについても気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

優秀な人材とは 優秀な人材とは?20の特徴と辞めてしまう職場の5つの共通点を紹介

劣等感とコンプレックスの意味の違いとは?

劣等感とコンプレックスの意味の違いとは?

劣等感と同じような意味に捉えがちな『コンプレックス』。
劣等感とコンプレックスと意味の違いは何なのでしょうか。

劣等感は事実とは関係なく「自分には生きる価値がない」「あの人よりも仕事ができない」といったマイナスの感情を抱くことを意味します。

それに対してコンプレックスは、悲しみや怒りなどの強い感情や体験から無意識的に抱くものです。

  • 勉強の成績が悪く、親に怒られた
  • 容姿に関していじめを受けた
  • 運動ができなくて、チームメイトからからかわれた

など、実際に起きた出来事に対して抱えるのがコンプレックスです。

両者は同じようにも感じられますが、厳密には意味が異なります。

劣等感が強い人の6つの特徴

劣等感が強い人の6つの特徴

劣等感を強く感じる人には、ある共通した特徴があります。
では、どのような特徴があるのでしょうか?

ここからは、劣等感が強い人の6つの特徴を解説していきます。
ご紹介する内容は以下のとおりです。

  1. なんでも他人と競争してしまう
  2. 自分のことが好きになれない
  3. 他人の優れた点ばかりが目につく
  4. 完璧主義で理想が高い
  5. 子どもの頃にあまり褒められなかった
  6. インスタグラムやツイッターなどのSNSをいつも見ている

「自分に劣等感があるかもしれない」と思う方は、自分に共通する特徴がないかを確認しながら読み進めてくださいね。

それではさっそく見ていきましょう。

1.なんでも他人と競争してしまう

なんでも他人と競争してしまう人は、劣等感を感じやすいです。

基本的に劣等感は、他人と比較して負けたと思ったときに抱きます。

負けず嫌いな人ほど、仕事や勉強、プライベートでも無意識的に他人と比べてしまうのではないでしょうか?
このような人は、会社や学校でも優秀な人と自分を比べて落ち込んでしまうのでしょう。

しかし良い意味でいえば「なんでも他人と競争してしまう」という性格は、成長しやすい特徴ともいえます。
その劣等感を、成長へのエネルギーに変えられる人は仕事でも結果を出していけるでしょう。

2.自分のことが好きになれない

「自分のことが好きになれない」というように、自分に自信が持てない人も劣等感を抱きやすいです。

自信がないと「他の人はいい部分がたくさんあるな……」と、他人と比較してしまいます。

さらにひどくなると「自分はこんなにダメなのに、なぜあいつはうまくいくんだ」と、嫉妬の気持ちが芽生えます。

その結果、他人に対しても否定的になり、人間関係が悪化してしまう可能性も考えられるのです。

自分のことが好きになれない人は、他人に対して劣等感を抱きやすい性格だといえます。

3.他人の優れた点ばかりが目につく

劣等感を抱きやすい人は、自分以外の人の長所にばかり注目してしまいます。

そのような人は、なにかにつけて「自分は人より劣っている」と感じやすい傾向があります。

育った環境や持っているスキルなど、それほど気にする必要もない他人の優れている点と、自分の劣っている点を比較してしまうのです。

その結果、自分に自信を失いネガティブな思考になってしまうのでしょう。

4.完璧主義で理想が高い

完璧主義であり理想が高い人は、理想の自分と現実を比較して劣等感を感じてしまいます。
そもそも完璧に何でもできる人は、現実には存在しません。

とくに、下記のような特徴を持つ人は劣等感を感じやすいでしょう。

  • 少しのミスも許せない
  • なんでも完璧じゃないと気が済まない
  • 理想のレベルが高い
  • 向上心が高い
  • 負けず嫌い

このような特徴は、見方によっては長所ともいえます。

しかし特徴が強すぎると、理想と現実のギャップが大きくなり落ち込みやすくなってしまうでしょう。

5.子どもの頃にあまり褒められなかった

子どもにとって、親や教育者の存在は強力な影響を与えます。
幼い頃から親や先生などに褒められた経験がない人も、劣等感を強く抱きやすいでしょう。

「他の子どもは褒められるのに、自分は褒められない」などの経験があると、無意識的に自分は劣っていると感じてしまう原因となるのです。

そうなると、やりたいことがあってもなかなか行動に移せなかったり、人間関係が上手くいかなかったりと、大人になってからも悪影響が残ってしまう可能性も考えられます。

6.インスタグラムやツイッターなどのSNSをいつも見ている

有名人などの、現実では会えない人と気軽につながれるインスタグラムやツイッターなどのSNS。
またSNSを利用することで、友達や知人などの身近な存在とも簡単にコミュニケーションがとれますよね。

SNSは楽しい反面、活躍している他人と自分を比べて劣等感を感じてしまう危険性もあります。

とくに、身近な存在だった同級生や元同僚とどんどん差がついていることを感じると、強い劣等感を感じるでしょう。

SNSを見て必要以上に落ち込まないためにも、SNSはあくまでもつながるツールであり、誰かと比べるツールでないことを忘れないように注意が必要です。

SNS劣等感を抱いてしまう3つの要因

劣等感を抱いている人

劣等感を克服するためには、「劣等感を感じる要因」を知ることも大切です。

そこで、ここからは劣等感を抱いてしまう3つの要因についてご紹介していきます。

  1. 身体的・精神的なコンプレックスがある
  2. 親から否定的な言葉をかけられた経験がある
  3. 自分がいる環境に馴染めない

それでは順番に見ていきましょう。

1.身体的・精神的なコンプレックスがある

身体的・精神的なコンプレックスは、劣等感と深く関係しています。
どちらかにコンプレックスがあることで、劣等感を感じやすくなってしまうのです。

とくに、子どもの頃に感じたコンプレックスは大人になっても忘れられないケースも少なくありません。

  • 生まれつき身体が弱い
  • 容姿についていじめを受けていた
  • 怒られることが多かった
など、自分が体験したコンプレックスは潜在意識に強く刷り込まれます。

ショックが大きいコンプレックスほど、少しずつ克服していく必要があるでしょう。

「嫌いな人を気にしない方法とは?」
人間関係の悩みを減らすコツが知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

嫌いな人を気にしない方法15選!【人間関係の悩みを減らせるコツ】

2.親から否定的な言葉をかけられた経験がある

「なぜあの子より成績が悪いの」「朝起きられないなんてダメな子だ」などの否定的な言葉を、親からかけられた経験はありませんか?

幼い頃の記憶や経験は、その後の人生にも大きな影響を与えます。
身近な存在である親から否定的な言葉を受けることで「自分は劣っている」と、潜在的に思い込んでしまうのです。

大人になってからも、幼少期の問題が劣等感を感じる原因となっている場合には、意識的に考え方を変えていくことが大切です。

3.自分がいる環境に馴染めない

自分がいる環境に馴染めないことも、劣等感を抱く原因です。

「他の人は楽しそうなのに……」と思うことが、他人との比較につながります。

たとえば、転職したばかりの時期や新卒で入社した際は、人間関係で慣れないことも多いです。

また、職場は実際に入ってみないとわからないことがほとんどですよね。
環境が自分に合わなくて馴染めないと感じても、現実的には簡単にやめられません。

「馴染めないのに、なかなかやめられない」という環境に長く身をおくことで、やめられない自分に対しても劣等感を感じてしまうのです。

「転職を決断すべきタイミングとは?」
転職を決めるメリットやデメリットについても気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

迷って転職しないリスクとは?決断すべきタイミングと5つの解決方法を徹底解説

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「想像していたキャリアを歩めていない」「今の仕事に満足できていない」
といった方は思い切って「エンジニア転職」を考えてみてはいかがでしょうか。
転職成功率98%の国内最大級プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では、
経済産業省認定の高品質プログラムが用意されており、最速最短でエンジニア転職の道を切り開くことができます。
まずはお気軽に、無料カウンセリングへお越しください。

新しいキャリアの出発地点
プロのキャリアアドバイザーに無料相談する。
※最短1分で申し込み可能

劣等感を克服する8つの方法

劣等感を克服する8つの方法

劣等感を持つと、自分には価値がないような憂鬱な気分になってしまうもの。
できれば劣等感を感じずに、楽しく毎日を過ごしたいですよね。

そこでここからは、劣等感を克服する8つの方法について解説していきます。
ご紹介する内容は以下のとおりです。

  1. 劣等感を抱くこと自体を否定しない
  2. 何に劣等感があるのか自己分析してみる
  3. 誰と比較して劣等感があるのか書き出してみる
  4. 劣等感をバネにして成長のきっかけにする
  5. 自分を磨いて得意なこと・できることを増やす
  6. 将来的にどうなりたいのかを考える
  7. 完璧な人間はいないことを理解する
  8. ありのままの自分を受け入れる

どれも毎日の意識次第で変えていけることばかりです。
ぜひとも実際に行動をおこしていってくださいね。

それでは順番に見ていきましょう。

1.劣等感を抱くこと自体を否定しない

劣等感を抱くこと自体を否定しないことは大切です。

劣等感は、何かを克服したり、自分を成長させたいと思ったりする時に出てくる感情です。
言い換えれば、自分が成長するためのバネともいえますよね。

もしも劣等感を感じない人がいるなら、その人は「現状のままでいい」と思っているのかもしれません。

劣等感を抱くこと自体を否定するのではなく、向上心の高い自分を認めてあげることも大切です。

2.何に劣等感があるのか自己分析してみる

あなたは何に対して劣等感を感じていますか?
意外とすぐに答えられる人は少ないかもしれません。

ただ劣等感にモヤモヤするだけでなく、自分と向き合う時間を作り自己分析してみることも大切です。

劣等感を感じる原因を追求することで、自分への理解も深まり、劣等感を克服するきっかけへとつながります。

「自分の価値観を知るには?」
具体的な自己分析の方法に興味がある方は、こちらの記事も参考にしてください。

仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!

3.誰と比較して劣等感があるのか書き出してみる

会社の同僚や同級生、兄弟など、自分が比較して劣等感を感じている対象人物を書き出してみましょう。

書き出すことで考えがまとまり、気分もスッキリするため、前向きな気持ちになれます。

誰に対して、どのような劣等感を感じてしまうのかを、1度じっくりと考えてみてください。
自分の内面と向き合うことで、明確な対策方法が見えてきます

4.劣等感をバネにして成長のきっかけにする

数人で協力して成長していく様子

私たちは、劣等感を感じるからこそ「成長したい」「お金を稼ぎたい」「きれいになりたい」といった願望を持つことができます。

この願望こそが、成長へのエネルギーに変わり、人を動かす原動力となるのです。

つまり、劣等感が強い人ほどそのエネルギーをバネにして成長していける可能性があるといえます。

劣等感を感じて落ち込むのでなく、自分が成長するきっかけとして前向きに捉えていきましょう。

5.自分を磨いて得意なこと・できることを増やす

自分を磨いて得意なことや、できることを増やすと、自己肯定感も高まっていきます。

たとえば、スキルアップの時間を増やしたり、新しい資格の勉強をはじめたりしてみるのもよいでしょう。
劣等感を克服するには、前向きに行動していくことも大切ですよ。

「社会人におすすめの休日にできるスキルアップ方法とは?」
仕事に生かせるスキルアップの方法に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

休日におすすめしたいスキルアップ14選【できる社会人になる方法】

6.将来的にどうなりたいのかを考える

他人と比較するのではなく「自分は将来どうなりたいのか?」を明確にすることも大切です。

自分の現状の能力は考えず、なりたい自分について考えてみましょう。
そして、なりたい自分に対して今何ができるのかを逆算することで、今やるべき行動が具体的にわかってきます。

大切なのは、他人ではなく自分を主役として考えることです。
自分なりの答えを出し、しっかりと行動に移していくことで、劣等感を克服していけるでしょう。

「将来性があって、やりがいのある仕事とは?」
将来性のある仕事に就くために必要なことについて興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

将来性のある仕事15選!選ぶ基準と就職のために必要なことは?

7.完璧な人間はいないことを理解する

世界的な偉人であっても失敗はしますし、完璧な人はいません。
完璧な人間はいないこと理解すると、不完全な自分を受け入れられます。

成功者のように見えている人でも、過去には多くの失敗をしているでしょう。

他人と比較して劣っている自分を責めるのではなく、成長しようと頑張っている自分を認めてあげてください。

8.ありのままの自分を受け入れる

ありのままの自分を受け入れることで、劣等感は克服していけます。
失敗する自分も、成功する自分もすべてを認めてあげましょう。

自分を認められる=自己肯定感が高いといえます。

自己肯定感が高い人は、他人に劣等感を感じても落ち込まずに、自分ができることに注力が可能です。

自己肯定感を高めることで、劣等感を上手に自分の成長へとつなげていけます

「自分らしく生きるには?」
自分らしく生きる方法について気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

自分らしく生きるには?10のコツとやめるべき8つの習慣も解説

劣等感の克服に大切なのは「完璧ではない自分を受け入れること」

自分自身を大切にしている人

劣等感を克服するうえでもっとも大切なのは、完璧ではない自分を受け入れて認めることです。

自分よりも優れている誰かと比較したり、強いコンプレックスを持ったりすることで、人は劣等感を感じます。

どんな自分でも受け入れることで、冷静に自分の課題発見や将来の目標設定が可能です。
その結果、将来の目標が明確になり、ポジティブに行動していけるでしょう。

「人生の目標を見つけるには?」
成功者が実践する具体的な目標の立て方などについて興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

【成功者に学ぶ】人生の目標を見つけて達成する方法

まとめ:劣等感は完全に消すのは難しい。しかし、向き合うことで克服することは可能!

劣等感はときに、仕事や勉強で成果を出すための効果的な方法となります。
しかし、これは自分に自信があり自己肯定感が高い場合にいえること
現実では、劣等感を完全に消すのは難しいかもしれません。

劣等感を上手く活用するためにも、自分と向き合い自信を高めていくことが大切です。
自分に自信をつけたい方は、専門スキルを身につけたり、得意なことを増やすという方法もおすすめですよ。

なにを学んだら良いかわからないという方は、転職に役立つプログラミングスキルについて検討してみてはいかがでしょうか?

ぜひ一度、キャリアアドバイザーへの無料オンライン相談にお越しください!

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点