ヘッドハンティングとは?受けやすい人材の5つの特徴や受けるための方法を解説 | WEBCAMP NAVI
【8月枠も残りわずか】転職保証コース

ヘッドハンティングとは?受けやすい人材の5つの特徴や受けるための方法を解説

ヘッドハンティング

近年は、年功序列や終身雇用といった風習ではなく、実力によって評価される会社が増えてきました。
このような状況だからか、ヘッドハンティングを受けて会社を移動する人も増えています。

そんななか、

「ヘッドハンティングって聞くけど、どういうもの?」
「どんな人がヘッドハンティングされるの?」

という疑問を抱えていませんか?

そこで今回は、

  1. ヘンドハンティングの意味
  2. ヘッドハンティングされる人材の特徴
  3. ヘッドハンティングされる人材になる方法

などについてご紹介します。

「ヘッドハンティングされるような、どんな企業からも求められる人材になりたい」と感じている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ヘッドハンティングとは?くわしい意味について解説

ヘッドハンティングのイメージ

ヘッドハンティングとは「優秀な人材を外部からスカウトし、自社に引き入れること」を意味します。(出典:コトバンク)

転職希望のない人に対しても、元の会社より高待遇や有利な条件を提示し、引き抜くケースが多いです。

もともとは外資系企業によって、人事戦略のひとつとして頻繁に行われてきました。

近年は、国内でも転職志向の高まりや人材流動の加速によって、一般化が進んでいます。

ヘッドハンティングには、

  • スカウト型
  • 登録型

があり、本来の「優秀な人材をスカウトする」のは「スカウト型」です。

「登録型」は、転職希望者に転職サイトなどに登録してもらい、登録者と企業のマッチングを図って「スカウトメール」などで紹介する仕組み。
厳密にはヘッドハンティングとは異なりますが、転職エージェントサービスで増えています。

2つの型で中身は違っていますが、基本的には「優秀な人材を引き抜くこと」だと覚えておきましょう。

ヘッドハンティングされる人材の5つの特徴

ヘッドハンティングされる人材の特徴のイメージ

こちらでは、ヘッドハンティングされる人材について、5つの特徴を紹介します。

  1. 会社でそれなりのポジションにいる
  2. レベルの高いスキルを身につけている
  3. 会社の売上に大きく貢献している
  4. 社内外から評判がいい
  5. 業界での認知度が高い

くわしく見ていきましょう。

1.会社でそれなりのポジションにいる

ヘッドハンティングされる人物の特徴として、社内の経営幹部や管理職などの役職についていることが挙げられます。

すでにポジションについている優秀な人材は、スカウトすればすぐに仕事を任せることが可能です。

また、競合他社から優秀な人材を引き抜けば、ダメージを与えられます。

ある程度のポジションについていたほうが、ヘッドハンティングされる可能性は高いと言えるでしょう。

2.レベルの高いスキルを身につけている

企業が求めているのは「高いスキル・能力のある人材」です。

自分のスキルを磨き、高い能力やそれを裏付ける実績があるなら、声がかかりやすくなります。

たとえば営業成績が高かったり、専門的な知識を豊富に持っていたりすると、評価は高いです。

役職についていなくても、レベルの高い能力があると見込まれれば、ヘッドハンティングの可能性は十分にありえます。

3.会社の売上に大きく貢献している

会社の売上に大きく貢献している人は、ヘッドハンティングの可能性が高まります。

会社がヘッドハンティングをする目的は、自社の売上を伸ばしたいからです。
よって売上を伸ばせる人材を見つけると、コストをかけてでも引き抜きたいと考えます。

たとえば経営やマーケティングの知識や実績があれば、企業が売上を伸ばせるような施策を考案可能です。

とくに近年はインターネットサービスやSNSでの集客が効果を増しているので、Webマーケティングの知識がどこの会社でも必要になるでしょう。

売上に大きく貢献できる能力は、ヘッドハンティングされる人材の大きな特徴です。

4.社内外から評判がいい

社内外からの評判がいい人も、ヘッドハンティングされる人材の特徴です。

どんなに優秀で能力の高い人材でも、社内外で知られていなければヘッドハンティングはされませんよね。

「同じ客先で競合したときに、商品シェアを奪われた」
「客先へのコンペで、高いプレゼン能力を発揮していた」

など、社内外での評判が上がると、ヘッドハンティングの可能性が高まります。

5.業界での認知度が高い

ヘッドハンティングされる人物は、業界のなかでも有名である場合が多いです。

高い実績があったり、業界での交流の場に参加していたりすると、自然と顔や名前が知られていきます。

また、最近はIT系の業界を中心に、個人の発信活動としてSNSで発信をするビジネスマンが増えているのをご存知でしょうか?

業界での認知度が高く、実績や考えをオープンにしていることで、企業からのオファーがくるようになるのです。

ヘッドハンティングを受ける3つのメリット

ヘッドハンティングを受けるメリットのイメージ

こちらでは、ヘッドハンティングを受ける3つのメリットをご紹介します。

  1. 好条件で就職できる可能性が高い
  2. いきなり役職を与えられることもある
  3. さらなるスキル向上につながる

順番に見ていきましょう。

1.好条件で就職できる可能性が高い

ヘッドハンティングでは「現在の会社よりも好条件で構わないので、ぜひ自社にきてほしい」とオファーを受けるケースが多いです。

もし現在の企業よりも、

  • 高い給与
  • 柔軟な働き方
  • 希望する仕事内容
  • 充実した福利厚生

が叶うのなら「転職してもいいかな」と思う方は多いのではないでしょうか。

ヘッドハンティングのメリットは、現在の会社よりも好条件で転職できる可能性があること。

「自分が理想とする働き方をしたい」と感じている人には、とても魅力的ですね。

2.いきなり役職を与えられることもある

ヘッドハンティングの場合、はじめから役職を与えられ、転職してすぐ活躍できることもあります。

それまで役職についていなかった人でも、能力を評価されて役職につける場合があるのです。

また、もともとある程度のポジションについていた人の場合は、さらに高い役職につけることも。

いずれにせよ、自身のステップアップにつながりやすくなることがメリットです

3.さらなるスキル向上につながる

ヘッドハンティングでの転職では、現在の能力を生かせる仕事や新しい仕事ができるため、スキルアップにつながります。

「今の会社では自分の実力を活かしきれない」「もっと新たな分野で自分の能力を活かしたい」と感じている人には、望ましい環境であることも多いです。

ある程度のスキルが身についている人は、さらにスキルを伸ばせる環境に身を置くことで、自分の能力を磨き高められます

ヘッドハンティングを受ける3つのデメリット

自分の実力が届かないイメージ

ヘッドハンティングはサラリーマンにとってメリットのある転職方法ですが、デメリットも存在します。

こちらでは、ヘッドハンティングの3つのデメリットについて解説します。

  1. 求められるハードルが高くなりやすい
  2. 前の会社とトラブルに発展する可能性がある
  3. 社風が自分に合わない可能性がある

ひとつずつ見ていきます。

1.求められるハードルが高くなりやすい

優秀な人材をスカウトするヘッドハンティングでは、期待されるハードルも高くなりがちです。

ときには、自分の能力以上を期待されて、精神的にまいってしまうケースも。

求められることと、自分の実力のギャップが生まれないように注意する必要があります。

2.前の会社とトラブルに発展する可能性がある

ヘッドハンティングは前の会社から良い印象を持たれず、トラブルになる可能性があります。

会社としては、売上に貢献してくれた優秀な人材を他社に取られてしまうことになるため、強く引き止めてくるケースも少なくありません。

退職の際には、スキルアップなどの前向きな理由を伝えることや、引き継ぎをしっかり行うことに注意しましょう。

退職の仕方で、前の会社とのその後の関係性も変化します。
できれば円満退社して、気持ちよく次の仕事を始めたいものですね。

3.社風が自分に合わない可能性がある

いくら好条件であっても、社風が自分に合わない可能性があります。

たとえば、希望通りの高い給与がもらえるけれど、残業時間が長い、上司からの圧力がすごいなど、働きにくさを感じることがあるかもしれません。

好条件だけに注目して、あとから後悔することのないように注意しましょう。

ヘッドハンティングを受けるパターン5選

ヘッドハンティングを受けるパターン5選

実際に、どのような流れでヘッドハンティングを受けるのかを見ていきましょう。

ヘッドハンティングを受けるには、主に5つのパターンがあります。

  1. 人材紹介会社や転職エージェントからオファーがくる
  2. ヘッドハンターからスカウトされる
  3. 知人から声がかかる
  4. 取引先からスカウトされる
  5. 企業交流会やバーなどで声をかけられる

それでは、見ていきましょう。

1.人材紹介会社や転職エージェントからオファーがくる

ひとつめは、人材紹介の会社や転職エージェントを介して、ヘンドハンティングのオファーがくるパターン。

あなたが転職を希望して人材紹介の会社に登録すると、あなたのスキルや経歴に応じて、企業からのオファーが届くのです。

オファーを受け入れてすぐ採用されるケースと、採用試験や面接があるケースがあります。

確実に採用されるヘッドハンティングではありませんが、あなたのスキルや経歴に興味のある企業から直接連絡がくるので、採用の可能性は高いです。

2.ヘッドハンターからスカウトされる

次に、ヘッドハンターからスカウトされることで、ヘンドハンティングを受けるパターンです。

ヘッドハンターとは「ヘッドハンティングをする人」を意味し、下記の2種類があります。

  • 会社の採用担当で、他社から優秀な人材をヘッドハンティングしてくる人
  • ヘンドハンティングを専門に行う会社の担当者

たとえば、現在A社で活躍するあなたに、B社の採用担当が「好待遇を約束するのでうちにきませんか」と声をかけて採用したら、採用担当の人がヘッドハンターです。

この場合は、B社から直接ヘッドハンティングされたことになりますね。

一方で、ヘッドハンティングを専門とするC社の担当者が、B社の依頼を受けて条件に合う人材として、あなたをヘッドハンティングする場合もあります。

このような、ヘッドハンティングを専門とする会社の担当者をヘッドハンターと呼ぶこともあるのです。

3.知人から声がかかる

知人がビジネスを行っている、あるいは社内の採用担当の役職についている場合に、声がかかるパターンもあります。

知人の社内での信頼や実績が高ければ、知人からの紹介でスムーズに転職が決まる可能性も少なくありません。

ただし、希望通りの条件や環境でなかったときに、知人の紹介であることから強く意見しにくい、断りにくいなどの場合もあるので注意しましょう。

4.取引先からスカウトされる

現在働いている会社の取引先が、あなたの能力を高く評価して「一緒に働かないか?」とスカウトしてくるパターンです。

取引先としてこれまで関わってきた相手から必要とされるのは、嬉しいものですよね。

しかし、現在の会社には良く思われないため、安易に転職を決めてしまうとトラブルに発展しかねません

取引先への転職をする場合は、前職に対して誠意ある対応をしましょう。

5.企業交流会やバーなどで声をかけられる

企業交流会やバーなど、人脈が生まれる場で声をかけられて、ヘッドハンティングにつながるパターンもあります。

交流会などに出席していると、同じ業界や他業界のあらゆる会社の人と関わりを持ちますよね。

そこで出会った人やつながりを持った人に「優秀な人材だ。ぜひ我が社にきてほしい」と思われれば、声をかけられる可能性が十分あるのです。

人脈を作る場に顔を出すことで、ヘッドハンティングされるチャンスが生まれるでしょう。

ヘッドハンティングされる人材になるための方法

ヘッドハンティングされる人材になるための方法

実際にヘッドハンティングされるには、相応の人材になる必要がありますよね。

「ヘッドハンティングされるために、まず何から始めればいいの?」と感じているかもしれません。

そこでこちらでは、ヘッドハンティングされる人材になるための具体的な方法を5つご紹介します。

  1. 自分のスキルを向上させる
  2. ほかの会社と積極的に交流を深める
  3. SNSを使って情報を発信する
  4. 転職エージェントに登録する
  5. 副業で自分で仕事をはじめてみる

さっそく、見てみましょう。

1.自分のスキルを向上させる

「スカウトしたい!」と思われるには、まず自分のスキルを磨いて向上させましょう。

現在の仕事でスキルアップして実績を得ていけば、高い能力があると評価されるようになります。

また、自分の仕事に関係ないスキルを学ぶことも有効です。

たとえば、営業職の方がプログラミングを身につければ、営業もできるプログラマーとして、ほかの人材より注目される確率が高まります

このように、自分がすでに持ち合わせているスキルに、需要の高いスキルをかけ合わせていくと、優秀な人材として求められるようになるでしょう。

2.ほかの会社と積極的に交流を深める

ヘッドハンティングされるには、社内だけでなくほかの会社との関係性も重要です。
ほかの会社と関わる機会があれば、積極的に名乗りを上げましょう。

実際に関わった人たちからの信頼を得ることで、社内外ともに評判の良い人材となれます。

自分の会社以外と積極的に交流し、良好な関係を築くことが大切です。

3.SNSを使って情報を発信する

近年は、個人のビジネスマンがSNSを使って情報発信することで、転職につながるケースも増えています。

とくに今後も成長が見込まれるIT業界などでは、SNSを用いて採用活動を行うことも少なくありません。

SNSでは、自分の実績や考え、ビジョンなどを発信することで、マッチする企業から声がかかります。

数回の面接よりも、SNSでの発信内容によってより深く個人を判断できるので、ヘッドハンティングが成功しやすいことも特徴的です。

4.転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録すると、スカウトがくる可能性を上げられます。

自分の情報を登録しておくことで、必要な人材を探している企業とマッチでき、スカウトを受けられるのです。

ただし、一般的に転職エージェントによる登録型のヘッドハンティングは、即採用ではなく採用試験や面接があることを覚えておきましょう。

5.副業で自分で仕事をはじめてみる

会社での仕事のほかに、自分で副業をはじめてみましょう。

副業では、自分でどんな仕事をするかを選び、スキルを習得しながら収入を得られます

また、会社の外で自分の力で収入を得る経験は評価されやすく、転職でも有利です。

副業である程度の実績や売上を残せば、優秀な人材としてヘッドハンティングされる可能性も十分にあります。

まとめ:ヘッドハンティングされるような人材になるなら、まずはスキルアップが重要

今回は、ヘッドハンティングについて、くわしい内容をご紹介しました。

「もっと給料を上げたい」「理想の働き方に近づけたい」と感じているなら、ヘッドハンティングで転職することもひとつの方法です。

ヘッドハンティングを受けるには、まずは自分自身のスキルを磨きましょう

「これから新しくスキルを身につけるならどんなスキル?」と悩むなら、プログラミングがおすすめです。

どんな会社でも重宝されるスキルなので需要が高く、一度身につければ一生使える武器になります。

さっそくスキルアップのための行動を始め、どこからも求められる人材を目指しましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点