学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

【徹底解説】Webプログラミングの仕事内容とは?

プログラマーの中でもWebサイトのプログラミングに特化した人をWebプログラマーといいます。

しかし、一口にWebサイトといっても漠然としていて、どのような仕事をするのかイメージが湧きづらいと思います。

今回、Webプログラミングの仕事内容が、具体的にどのような業務内容なのかと、Webプログラマーの魅力について解説いたします。

Webプログラマーとは?

 Webプログラマーというのは大体「Web系のプログラミングをする人」を指します。デザインを元にWebページを作る人も、入力された情報から処理するプログラムを作る人もWebプログラマーと呼ばれています。 Web系でイメージしやすいのはAmazonのようなショッピングサイトですね。

ショッピングサイトや会員制サイトの動かすためのプログラミングをする人

Webプログラマーは、Webシステムを動かすために実際にコーディングする人です。ほとんどのWebシステムが「Internet Explorer」「Google Chrome」「Safari」のブラウザで操作します。

Webプログラマーの仕事はブラウザで見える「クライアント」とクライアントからのリクエストを処理する「サーバー」に分類されます。

リクエストを要求する「クライアント」

主に「HTML」「CSS」「JavaScript」で記述します。最近は「jQuery」を使うことがほとんどです。

HTMLの記述はプログラミングではない、という意見はあります。

しかし、Webプログラマーの仕事としてはよくある内容です。

リクエストを処理する「サーバー」

主に「Java」「C#」「Perl」「PHP」「Ruby」「Python」で記述します。

大きなプロジェクトではJavaが多く、開発期間の短いアジャイル開発(*)では

「PHP」「Ruby」「Python」を使うことが多いです。

Webプログラマーの仕事はこのサーバー側の開発が多いです。

*アジャイル開発…短い期間で「設計→開発→テスト→リリース」を繰り返す開発手法。一つのサイクルは大体二週間程度でスマホゲームはその典型。

パッケージ開発などのプログラマーとの一番の違いは作業範囲でしょう。

Webプログラマーは業務範囲が広い

Webプログラマーはクライアントとサーバー両方のコーディングをしているため、作業範囲が広いことが多いです。

特にアジャイル開発のプロジェクトでは、短いスパンでチーム一丸となって開発します。

そのためプログラマーといった境界線がなく、SEと同様の業務をすることもあります。

年収ベースでも大きく幅があり、高収入を目指すには技術力が必要

未経験の場合、Webプログラマーの年収は300万程度でスタートすることが多いです。Webプログラマーとしての実績を積み、技術力を高めることで年収600万程度なら現実的十分可能です。

要件定義に出席できるようになれば、更に収入もプラス!

要件定義とは顧客が「こんなシステムを作ってほしい」という要望をヒアリングして、文書化することです。プログラマーで要件定義に出席することはほとんどありません。

しかし、高い技術力を求められたオブザーバーとして参加することがあります。 そのようなWebプログラマーは給与面だと700万以上の方もいらっしゃいます。Webプログラマーの業務範囲が広く、能力の高いWebプログラマーほど給与面でも優遇されるということですね。

続いてはWebプログラマーの具体的な業務内容について解説いたします。

Webプログラマーの具体的な業務内容について

具体的な業務内容といっても他のプログラマーと大きく異なる部分はありません。まずはプログラマーらしい仕事内容である「コーディング」です。

プログラムを書くコーディング

プログラムのコードと呼び、コードを書くことをコーディングといいます。コーディングする部分は前述したクライアントとサーバーの二種類になります。

要件定義や仕様書に基づいた画面の作成

要件定義やデザイナーのおこしたデザインを元に、Web画面を作成します。こちらはクライアント側ですね。

デザイン通りに画面を作るだけでなく、アニメーション効果を加えたり、画面に入力された文字列のチェックをしたり、と様々なことを実装します。

画面のインプットを処理するコードの作成

仕様書に基づいてクライアント側のインプットから、それを元に処理をする機能をコーディングします。

こちらはサーバー側ですね。

会員情報登録画面で入力された内容を元に、実際にデータベースに登録する処理や、ボタンを押したときに別の画面へ移動する、といった部分を実装します。

コーディングしたものをテスト

コーディングが終わったコードが正しく動いているか確認することをテストといいます。

テスト仕様書の項目をテストする

SEの方が作成したテスト仕様書の手順に沿って、コードの動作をテストします。プロジェクトが少人数の場合、自分で書いたコードのテスト仕様書を作成し、それに沿ってテストすることもあります。

負荷テストを行うこともある

Webプログラマーが行うことはほとんどないが、負荷テストというものがあります。例えば「1秒間に100リクエスト同時」に送ってWebサイトのアクセスに問題ないか、というのが負荷テストです。

Web系だとSEの方をやっているところを見かける機会が多いので、頭の隅に置いておきましょう

テストコードを作成する

プログラミングをしている場合、テストコードの作成をすることがあります。簡単にいうと「プログラムが正しいかテストするためのプログラム」です。

テストコードを使うことで仕様変更や他の人がテストしても、同様の結果を得られるようになります。

他のテスターから上がったバグの修正

他の方がテストをしてバグが見つかった場合、その修正をします。ほとんどの場合、そのコードを作った人が修正をします。

基本的にプログラムを書いた人が、テスト仕様書に沿ってテストすることはありません。他の人のプログラムについてテストを実施することになります。これはバグを見つけやすくするために別の人にやってもらう意図があります。少人数生のプロジェクトだと、自分たちで行うこともあります。

続いてドキュメントの作成や修正について解説します。

ドキュメントの作成や修正

Webプログラマーが0からドキュメントを作ることはほとんどありません。既に書き終わっているドキュメントに対して、修正・加筆をすることがほとんどです。

ExcelやWordだけじゃない!Wikiへの追記もある

ExcelやWordで作られたドキュメントを編集するだけではありません。プロジェクトによってはWikiに更新した内容を追記していくことで共有の簡略化を図っているところもあります。

大企業の仕事の場合、納品物にドキュメントがある

大きな企業や官公庁(お役所のこと)への納品時はプログラム本体をリリースするだけでなく、ドキュメントの納品も求められることがあります。

そのため、Webプログラマーにも納品のためのお手伝いをしてもらうことがあります。

Web開発で主流のアジャイル開発でも、最低限のドキュメント整備はある

「ドキュメントより動くソフト」を重視しているアジャイル開発。

短いスパンで開発するため、プログラムが最優先になることが多いです。 納品物に含まれていないことが多いため、仕様が複雑で分かりづらい部分や新規メンバー用のドキュメント作成がほとんどです。先ほど述べたWikiでの情報共有をしているプロジェクトが多いです。

ドキュメント関係に関しては、Webプログラマーがそこまで時間を使うことはありません。

簡単な加筆やテスト仕様書の実施記録の記入などがほとんどです。

技術力のあるWebプログラマーは要件定義に参加することも

他のプログラマーに比べるとWebプログラマーは要件定義に参加する機会が多いです。

技術力のあるWebプログラマーは貴重です。そのため、顧客と営業だけでは、詰めるのが難しい技術的な部分を判断するために同席することがあります。

クライアントやデザイナーの提案にその場で回答するため

Web開発では他のシステム開発よりもスピーディーな対応が求められます。そのため、顧客やデザイナーからの提案に対してすぐに回答することが求められます。

早い段階で要件をしっかりと詰めるために、Webプログラマーの技術力と提案が必要です。

SEは全てを把握しきれていないことが多い

通常はSEが取りまとめているのですが、全ての技術的な仕様を把握している人はかなり少ないです。SEはスケジュール管理や掛け持ちしているプロジェクトなど、作業範囲が広く、技術的な部分まで手が回らないのが現状です。

Webプログラマーの技術力でSEをフォロー

そこでSEは技術的な仕様に強いWebプログラマーを要件定義や会議に参加させます。Webプログラマーの一言で、できるかできないかが決まるほどの影響力があるので、腕の見せ所でしょう。Webプログラマーの初心者が要件定義に参加することはありません。SEから声がかかることは、技術力があると信頼された証です。

Webプログラマーは自主的に学ぶ意欲が大事

言われたことをそのまま作業するWebプログラマーだと、給与や待遇面でも良くなることはあまりありません。自ら学び、新しい知識をアウトプットとして出していくことが大切です。

Web開発のトレンドは日々更新されている

Web開発の技術は毎日進歩しています。この技術トレンドに興味関心を抱き、仕事以外の部分でも自分で実際にコードを書いてみたり新しい知識を自分のものにしていくことが大事です。

効率よく作業するために慣れた方法を捨てる勇気

人間今までのやり方で問題がないなら、なかなか変えることができません。しかし、常に最適な開発方法や業務フローを考え、効率の良いやり方を考えることで、新しいテクノロジーや知識に対しても適応できるようなプログラマーになることに近づきます。

「良い方法をもっと良く」できるように積極的に考えよう

Webプログラマーは自分のやり方を積極的に変えられる人でないと難しいです。伸び悩んでいると感じたときは、あなたが「できる」「ああなりたい」と思ったWebプログラマーのやり方を聞いて、積極的に取り入れてみましょう。

プログラミングと同じように「まずは模倣」から始めることです。ロールモデルを見つけ、その人のやり方を徹底的に盗みましょう。成長の過程として優秀な人から学ぶことで、そこである程度の基礎ができてくるので、その後に自分のやり方も少しづつ構築していくのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?今回はWebプログラミングの仕事内容について、具体的にどのようなことをやっているのかと、できるWebプログラマーは積極性が大切であるということをお話しさせていただきました。

もちろん、高い技術力を持っていることは大事ですが、サービスに対してどういう位置づけのプロダクトなのか、本来どうあるべきなのか?などを考えられると、より良いWebプログラマーになることができます。

要件定義や会議でも積極的に発言をして、技術力に裏付けされた説得力のあるWebプログラマーになれるように頑張りましょう!

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

【1ヶ月コース】無料説明会で話を聞いてみる 【転職保証コース】無料相談会に参加してみる