【2020年版】おすすめプログラミングスクール厳選9校を徹底比較 | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

【2020年版】おすすめプログラミングスクール厳選9校を徹底比較

プログラミングスクール おすすめ

プログラミングスクールを選ぶ際、何を基準にして選びますか?
料金や教室の場所、学習期間、転職の成功率など、スクールによって様々な違いがあります。
エンジニア不足から教室の数も年々増えているため「結局どれが良いか分からない!」と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、失敗しないプログラミングスクール選びの参考になるように厳選9校のプログラミングスクールを紹介します。
ただスクールを紹介するだけではなく、なぜスクールに通うのが良いのか、スクールの選び方や気をつけるべき点についても説明していきます。
・プログラミングスクールに通いたいがどこのスクールがいいか悩んでいる
・プログラミングスクールの料金に関してもっと詳しく知りたい方
・転職希望があり、年収を上げたいと思っている方
・就活を控え、何か武器を身に付けて就活を成功させたいと思っている

以上に当てはまる方は、ぜひ参考にしてみてください!

MEMO
ここでは大学生〜社会人向けにスクールを紹介します。

「子供にプログラミングを学ばせたい!」と考えている方はこちらの記事を参考にしてみてください。
【子ども向け】アプリや教室ではじめるプログラミング学習

プログラミングスクールに入るメリットは?

まずはプログラミングスクールに興味を持っている方のために、プログラミングスクールのメリットについて考えていきましょう。
スクールに通う主なメリットは2つです。

独学より効率の良い学習が期待できる

一つ目はイメージしやすい部分かと思いますが、独学よりもかなり効率良く学習を進めることができます

なぜスクールの方が効率が良いかというと、プログラミング初心者はエラーの解消でつまづくが多いからです。
基本的にエラーメッセージは英語で出てきます。
かつ、プログラミングではいくつもファイルを行き来しますが、ファイルによって機能も変わってきます。

想像してみてください。
あなたはプログラミング未経験者で、周りに聞ける人がいない中で学習をスタートしたとします。
プログラムを打ち込んで起動させてみると、なぜかエラー表記が出てきます。
その時に前提知識があまりなく、かつよくわからない英語で表記されているエラーメッセージを見て、自力で対処できるでしょうか?

もちろんプログラミングには粘り強さも必要です。
しかしプログラミング初心者にとって最も大切なのは、プログラミングの理解をいち早く深めていくことです。
スクールでは講師がプログラムを見て、どこが間違っていてどう直せば良いのか指摘してくれます。
さっぱり分からないエラーの解消に何時間も使うよりも、1つでも多くプログラムを作成した方が良い学習と言えるでしょう。

就職・転職活動を早く、より確実に決められる

メリットの二つ目は、就職・転職活動がスムーズに、そしてより確実に決められることです。

スクールの中には、就職・転職活動をサポートしてくれるところも多いです。
中には就職・転職を条件として、無料で学習を受けられるようなところもあります。

それでは、なぜそのようなサポートをしているのでしょうか?
その理由は、プログラミングスクールは人材紹介業も行なっているからです。

このグラフは経済産業省IT人材需給に対する調査です。
図からわかるように、IT人材は2020年に約30万人、2030年には約45万人が不足すると言われています
そのため、ある程度プログラミングを扱える人であれば採用したいという企業も多くいます。

なので、プログラミングスクールでは就職・転職支援に力を入れているところも多いです。
ただし、スクールによってキャリアサポートにはばらつきがあることは覚えておきましょう。

プログラミングスクールはどうやって選ぶべき?

実際にプログラミングスクールに入るまでに5つのステップが考えられます。

たくさんのスクールを見る前に、自分の中でプログラミングスクールを選ぶ軸を考えてみましょう。
自分の中でプログラミングスクールに通う目的や学び方の前提条件を持っていると、選びやすくなるはずです。

また、その条件の中で優先順位を付けることも重要です。
実際にスクールによって、学べることや学ぶ環境、料金に違いがあります。

大きな判断軸になる3つの点を参考にし、自分がどれに当てはまるか考えてみてください!

①プログラミングを学ぶ目的

まずはじめに、自分がなぜプログラミングを学びたいのかを考えたことはありますか?
プログラミングを学ぶ目的は大きく分けると、転職と学習があると考えられます。

どちらを目的にするのかによって、プログラミングスクールを選ぶ観点が変わると考えられます。

転職を目的にする場合

転職保証や転職サポートのあるプログラミングスクールを選んだ方が良いと考えられます。
未経験からエンジニアやプログラマーを目指す場合、自分で企業を探すことは非常に難易度が高いです。
そのため、面接練習や自己分析をサポートしてもらえたり、転職先を紹介してもらえたりするスクールが確実です。

転職成功率98%
DMM WEBCAMPでエンジニア転職
※最短1分で申し込み可能

就職支援のあるプログラミングスクールについて知りたい方はこの記事を読んでみてください。

プログラミングスクール 就職支援 プログラマーとしての就職支援のあるプログラミングスクール4選

学習を目的にする場合

無料のスクールやオンラインのスクールを中心に見るのが良いかもしれません。
現在はパソコンさえあれば、様々な無料サイトで学習することも可能です。

そのことも踏まえた上で、スクールに求めていることを考えてみましょう。
独自のカリキュラムや、モチベーションの保持などが考えられます。
その時に考えたことを基準にスクールを選ぶことができます。

完全オンライン対応
最短1か月でプログラミングを習得
教室利用も可能

このように違いが出るため、自分がプログラミングスクールに通う目的を考えるところから始めましょう!

②プログラミングを学ぶ環境

プログラミングを学ぶ環境は、基本的に通学とオンラインがあります。
それぞれに強みと弱みがあるので、まずは両方の強みと弱みを知りましょう。

通学コース

メリット

・直接質問することができる
・周りに人がいるのでモチベーション管理がしやすい

デメリット

・時間に制限がある
・近くにスクールがない場合がある

オンラインコース

メリット

・時間や場所にとらわれない
・自分のペースで勉強することができる

デメリット

・モチベーションの管理が難しい
・わからないところを適切に言語化する必要がある

オンラインのスクールについてもっと知りたい方はこの記事を読んでみてください!

プログラミングスクール オンライン オンラインで学べるプログラミングスクール6社比較【2020最新】

転職型では通学コースが、学習型ではオンラインでカリキュラムを提供してオンライン対応するスクールが多いです。
地方に住んでいる方はもちろんオンライン向きですが、スクールに通うために東京や大阪に出る方も一定数います。

③自分が作りたいものは何か

自分がプログラミングを勉強して何を作ってみたいのかということは重要な指標になります。
作りたいものによって、もちろん学ぶべき言語が異なります。

例えばWebサービスを作りたいのならRubyやJava、AIを作りたいならPythonなど、作りたいものから選んでいくのも一つの手です。
プログラミング言語別に作れる主なものは、以下の通りになっています。

・Webサービス…Ruby、Java
・AI(人工知能)…Python
・スマホアプリ…Swift(iPhoneアプリ)、Java(Androidアプリ)
・Webサイト…HTML、CSS、JavaScript

どんな言語で何を作ることができるのかを知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

プログラミングでできることは?活用方法を言語別にわかりやすく解説!

プログラミングスクールによって学ぶことのできる言語に違いがあったり、網羅的に学ぶか集中して学ぶかといった違いがあったりします。

そのような違いがあることを理解したところで、実際のスクールについてみていくことにしましょう。

ほとんどのスクールがコロナに対応している
通学かオンラインかという話をしましたが、コロナ渦の今では大体のスクールがオンラインで受講することが可能になっています。
もちろん以下で紹介するスクールも全てオンラインでの受講が可能になっているので、安心して参考にしてください!

厳選プログラミングスクール一覧!

それでは、おすすめのプログラミングスクールについて見ていきましょう!

プログラミングスクール おすすめ一覧表

※「TECH::EXPERT」は現在「TECH::CAMP 転職コース」にサービス名が変更されています。

この表を元に、それぞれの特徴について説明していきます。
興味のあるスクールから確認してみてください!

Aidemy(Premium Plan)

aidemy

引用元:Aidemy 

目的 学習
場所 オンライン
作れるもの AI
期間 3~9ヶ月
料金 780,000円(6ヶ月)

  • AIに特化したカリキュラム
  • ある程度プログラミングに触れたことのある中級者向け
  • 4つのコースが選び放題

Aidemyは完全オンラインでAI技術を学習するのに最適なプログラミングスクールです。

コースはAIアプリ開発、データ分析、自然言語処理、LINEチャットボットの4つがあり、自分で学びたいものから学習することができます。

疑問点は24時間対応しており、何度でも作ったプログラムのレビューをもらうことができます。

料金が高い+コードレビューが主なサービスになるので、ある程度自分で学習を進められるようになった状態で受ける方が学習効率が良いでしょう。
最新技術をゴリゴリ身に付けたい人にとってはかなりオススメです。

AIについて詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

AIとは何か|人工知能についての基礎知識をわかりやすく解説

CodeCamp

Code Camp

引用元:CodeCamp

目的 学習
場所 オンライン
作れるもの Webサービス、AI、スマホアプリ、Webサイト
期間 2~6ヶ月
料金 698,000円(6ヶ月)

  • 現役エンジニアがメンター
  • ビデオ通話で講義
  • メンターを自分で選べる

CodeCampはビデオ講義のカリキュラムです。
現役エンジニアがメンターを担当していて、中には20年以上のエンジニア経験がある方もいます。

時間も7:00~24:00と柔軟にスケジュールを組んで学習を進めることができます。
誰に質問するかは毎回選ぶことができるので、同じ人に教わりたい人はオススメです。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

引用元:DMM WEBCAMP

目的 転職・学習
場所 渋谷、新宿、難波
作れるもの Webサービス
期間 ビジネス教養コース
最短一か月転職保障コース
6~7ヶ月(キャリアサポート含む)
料金 ビジネス教養コース
19,800円(1か月毎)
転職保障コース
628,000円(6ヶ月)

  • 3ヶ月間に渡る手厚いキャリアサポート
  • 経済産業省からの認可を獲得(業界初)
  • チーム開発のあるより実践に近いカリキュラム
  • ビジネス教養コースなら最短1か月でプログラミング習得可能

DMM WEBCAMPは転職保障付きコースビジネス教養コースの二種類があります。

転職保障コースでは、個人・チーム開発のある実践的なカリキュラムと、3ヶ月間のキャリアサポートでじっくり自分にあった進路を考えることができます。

そのため、転職成功率は98%(2019年4月現在)と高水準!
経済産業省からの認可も得ており、条件を満たせば最大70%(560,000円)のキャッシュバックも得ることができます。
本気でエンジニアに転職したい方はオススメです。

ビジネス教養コース最短1か月でプログラミングを習得するができます。
そのため、「転職はせずともスキルアップしたい!」「大学生のうちにプログラミングを習得したい!」という方にお勧めです。
また、完全オンライン対応なので、家にいながらプログラミングを学習できます。(教室利用も可能)

オンラインでも対応時間内であれば、ビデオ通話やチャットで質問し放題!
また、ライフコーチがあなたにあった学習計画を立てモチベーション管理もお手伝いします。

無理な勧誘などはありませんので少しでも興味のある方は無料カウンセリングにお越しください!

オンラインでプログラミング学習
DMM WEBCAMPの詳細をみる
教室利用も可能

GEEKJOB

GEEKJOB

引用元:GEEKJOB

目的 転職
場所 四ツ谷、九段下
作れるもの Webサービス
期間 1~3ヶ月
料金 無料(転職コース)

  • 転職コースは料金が無料!
  • 目標に合わせてカリキュラムを考えてくれる
  • インプット→小テスト→課題の効率的な学習フロー

GEEKJOBは、転職できれば無料で受けることのできるプログラミングスクールです。
転職率は95.1%と高く、全ての内定を辞退したり他サービスで内定をもらわない限りは違約金は発生しません。

通学はマストですが、もちろんオンラインでも質問可能です。
就職サポートは面接からWebテスト対策、企業エントリーの代行までしてくれるので、必要な部分だけに時間を割くことができます。

TechAcademy

TechAcademy

引用元:TechAcademy

目的 学習
場所 オンライン
作れるもの Webサービス、AI、スマホアプリ、Webサイト
期間 1~6ヶ月
料金 239,000円(12週間プラン)

  • 29コースもある豊富なコンテンツ
  • プログラミング技術だけでなく、開発に必要な知識全てを学べる
  • 週2回のマンツーマンメンタリング

TechAcademyは業界最大級のオンラインスクールです。
29種類ものコースがあり、自分が学びたいものを選択してカリキュラムを組むことができます。
プログラミング技術だけでなく、SlackやGitなど実際の開発現場で使用されているツールも学習することができます。

オンラインだとモチベーションを維持するのが大変ですが、週2回のメンタリングサポートもあるため、最後まで走りきって学習している方が多数。

実用的なプログラミングスキルを身に付けたい方はオススメです。

TECH::CAMP

Tech Camp

引用元:TECH::CAMP

目的 学習
場所 渋谷、新宿、池袋、東京駅前、名古屋、梅田(オンライン可)
作れるもの Webサービス、AI、スマホアプリ、Webサイト
期間 1ヶ月~
料金 14,800円/月(入会費用148,000円)

  • 高品質な教材
  • 自分で期間を設定できる
  • 受講者同士の繋がりを作りやすい

TECH::CAMPは月額制のプログラミングスクールです。
自分の通いたい期間だけ料金を払うことで、自分の好きな期間通うことができます。

教材の評判が良く、これだけで独学することが可能なのでは?という声もあるほどです。
もちろんいつでも質問することができ、オンラインの場合はSkypeで対応してくれます。

学習目的のスクールは人脈を広げにくいですが、TECH::CAMPの場合は受講生・卒業生イベントもあるため、横の繋がりも作りやすくなっています。

TECH::CAMP(転職コース)

TECH::CAMP 転職

引用元:TECH:: CAMP

目的 転職
場所 渋谷、なんば、名古屋栄、福岡
作れるもの Webサービス
期間 2.5~6ヶ月
料金 598,000円(短期集中コース)

  • 関東・関西以外にも教室あり
  • 生活スタイルに合わせて期間を選べる
  • ライフコーチによるメンタリング制度も

TECH::CAMP(転職コース)はライフスタイルによって学習期間を選べる、転職特化のプログラミングスクールです。

関東・関西以外にも名古屋、福岡に教室があります。

平日を使って短期学習する短期集中コース(2.5ヶ月)と、仕事を続けながら通う夜間・休日コース(6ヶ月)を選ぶことができます。
メンタリングに乗ってくれるライフコーチもいるので、一緒に目標を考えながら学習を進めることができますよ。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

引用元:侍エンジニア塾

目的 学習
場所 オンライン
作れるもの Webサービス、AI、スマホアプリ、Webサイト
期間 1~6ヶ月
料金 416,000円(基本コース:3ヶ月)

  • フルオーダーメイドのカリキュラム
  • カリキュラム以外でもサポートしてくれる
  • 受講生同士の交流会も

侍エンジニアは目的に合わせたフルオーダーメイドのプログラミングスクールです。

理想像に必要なスキルを一緒に考え、それに合わせたコンテンツを選んで学習カリキュラムを組んでくれます。

基本的にオンラインでの学習ですが、交流会も定期開催されているので人脈も作ることができます。
他にはカリキュラム以外の質問も対応してくれるため、自分で引っ張ってきた案件についてもサポートしてもらうことができます。

ヒューマンアカデミー

目的 転職
場所 全国30ヶ所以上
作れるもの Webサービス、AI、スマホアプリ、Webサイト
期間 3~6ヶ月
料金 396,522円(基礎IT・プログラマーコース)

  • 地方各地に教室がある
  • 主要Webマーケティング企業への転職実績
  • 講義形式の学習スタイル

ヒューマンアカデミーはクラス単位で講義を受ける形式のプログラミングスクールです。

地方の主要都市に教室があり、株式会社オプトや株式会社アイレップなどのWebマーケティング業界への就職・転職を強みに持っています。

プログラミングスクールの中では珍しい集団講義で、横の繋がりはかなり作りやすいです。
講義とはいっても質問の時間がかなり多いので、ほとんどは手を動かしながら学習することになります。

地方に住みながら転職したい人、Webマーケティング業界へ就職・転職したい人には特にオススメです。

東京・大阪・名古屋のプログラミングスクールについて知りたい方はそれぞれこの記事を読んでみてください!

プログラミングスクール 東京 【2020年版】東京のおすすめプログラミングスクール9選を徹底比較 大阪のプログラミングスクール15選 【2020年最新版】大阪のプログラミングスクールを徹底比較! プログラミングスクール 愛知 愛知県のおすすめプログラミングスクール10選!【2019年最新版】

他の都道府県についても同じようにオススメのプログラミングスクールを紹介しています。
ぜひ読んでみてください!

卒業後の進路は?投資金は回収できるの?

ここまでおすすめできるプログラミングスクールについて紹介してきましたが、「思ったよりも金額が高いな・・・」と感じた方も中にはいるのではないでしょうか?

エンジニアの年収で考えていきましょう。
厚生労働省賃金構造基本統計調査(H29)によると、エンジニアの平均年収は約550万円と言われています。
また、年齢別・経験年数別の平均年収が以下の通りです。

年齢 全体 0年目 1~4年目 5~9年目
20〜24歳  313万円  285万円  333万円  397万円
25〜29歳  403万円  329万円  403万円  437万円
30〜34歳  497万円  403万円  427万円  494万円
35〜39歳  550万円  421万円  498万円  507万円
40~44歳  609万円  508万円  575万円  567万円
45~49歳  623万円  328万円  612万円  548万円
50~54歳  682万円  557万円  687万円  663万円

(出典:e-Stat https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084964)

もし25歳でエンジニアへ未経験で転職した時、約330万円になると予想できます。
また、1~4年目になれば400万円まで稼ぐことも可能です。
もし現在の年収よりも高い年収を期待できるのであれば、受講料は十分に回収できると言えるのではないでしょうか。

これだけは気をつけるべき!スクールでありがちな失敗例

それでは最後に、スクールでありがちな失敗例について紹介します。
思ったいたものと違ったという状態にならないよう、確認していきましょう!

「入れば絶対にエンジニアになれる」という訳ではない

まず大前提、入ればエンジニアになれるという訳ではありません
当たり前ですが、入ってからプログラミングの学習を頑張らなければいけません。

考えてみてください。
プログラミングスクールからエンジニアを採用してくれるのは人材不足の背景もありますが、もう一つ大きな理由は「人材の質が良いから」です。
つまりスクール側としても、人材の質が担保できて企業に紹介することができます

言ってしまえば、頑張って学習した人、高いスキルを身につけた人であれば、スクールからでも有名な企業に就職も可能です。
しかし逆に、あまり学習しなかった人は就職・転職活動でかなり苦しむことになります。
もちろん転職保証があるスクールがほとんどですが、入ったらエンジニアになれる、とは考えないよう気をつけましょう。

思った以上にコミュニケーションが必要な職業

エンジニアといえば、黙々とプログラムを作っている印象があると思います。
「人付き合いが苦手だからエンジニアになりたい」という方も、もしかしたらいるかもしれません。

しかし実際には、エンジニアはコミュニケーションを多く求められます
この機能をつけるのにどれくらいかかるか、誰が担当するか、いつまでにやるか、そのほかつけた方が良い機能は何か・・・
これらはあなた一人ではなく、チームで考えていきます。
それぞれの能力や労力を相談して、実際に取り組む業務を決めていくのです。

実際にスクールでも、チーム開発を行なっているところがあります。
企業に入ると基本的に個人ではなく、組織で開発することがほとんどだからです。

外部の人と関わることは少ないですが、社内の人とはコミュニケーションを取ることが多いということは認識しておきましょう

スクールによってキャリアサポートの充実度はまばら

先述しましたが、スクールによってキャリアサポートはかなり異なります
もともと人材会社にいた人がサポートしてくれるところもあれば、あまり経験のない人が担当することもあります。
あるいは、あまり時間を使ってくれない場合もあります。

もし就職や転職を目的にスクールに通うのであれば、キャリアサポートが充実しているかどうかに注目してみてください。
サービスページだけでなく説明会に行ったり、口コミを見たりしながら検討すると良いでしょう。

気になる質問 Q&A

Q&A

答えが気になる方は質問をクリックしてみてください!

A, 一番挫折せずに効率的に学ぶ事が出来るのは通学型のプログラミングスクールです。

直接講師から説明を受けることができることはやはり、初心者には心強いです。
わからないことがあればすぐに質問することもできます。

しかし、通学型プログラミングスクールは都心などにスクールがある場合が多いです。
そのため、通える距離にいない方にはオンラインプログラミングスクールがおすすめです。

独学の場合は自分で勉強の道筋を立てるところから、毎日モチベーションを保つところまでをしなければいけません。
それができる方やなるべく費用を抑えたい方は独学でもいいでしょう。

また、初心者の場合まずは無料の学習サイトでプログラミングに触れてみることをお勧めします。

A, 実際にいくつかの説明会に参加してみてください。

プログラミングスクールごとに特徴があります。
一口に通学型やオンラインと言っても、雰囲気や環境が異なります。

そのため、いくつか候補を絞ることができたら実際に説明会や無料のカウンセリングに行ってみることをお勧めします。
対面で質問してみて気がつくことも多くあるはずです。

また、自分のライフスタイルと照らし合わせて選ぶことをおすすめします。
時間にゆとりがあったり、通えるところにスクールがあったりする場合は通学型にするなどの考え方ができます。

オンラインでプログラミング学習
無料カウンセリングに申し込む
教室利用も可能

A, 一言でいうと、就職先・転職先を自分で選べるか選べないかです。

無料プログラミングスクールは、企業に人材を紹介することで得る「紹介料」でスクールを運営しています。
そのため、受講生は決められた会社への転職、就職が条件となっているスクールが多いです。

それだけではなく、支援の手厚さという点で有料スクールの方が優れているとも考えられます。
将来のキャリアについて自分の理想像がしっかりある方は有料スクールに通うことをおすすめします。

まとめ

プログラミングスクールを選ぶ際はプログラミングスクールに通う目的から軸を設定することが大切です。
どれが誰にとっても一番のスクールはありませんが、あなたにとって最適なスクールは存在するからです。

この記事のまとめです!

  • スクールを選ぶときに考える3つのポイント
    ー スクールに通う目的から考える「就職or学習」
    ー 学びたい環境から考える「通学型orオンライン型」
    ー プログラミングで作りたいものから考える
  • オススメのスクールはそれぞれの地域にたくさんある
  • 自分にあったスクールを見つけるために、説明会に行くべき
  • 将来を考えるなら有料のスクールに行くべき

関連するオススメ記事

プログラマーになるにはどうしたらいい?【4つの方法を紹介!】

プログラマーになるには?中高生〜中途までおすすめの方法を紹介

エンジニアになるには?【仕事内容からなるための道のりまで】

エンジニアになるには?【仕事内容からなるための道のりまで】

【最強マニュアル】フリーランス プログラマーへの近道はコレだ

【最強マニュアル】フリーランス プログラマーへの近道はコレだ

今がチャンス!春までにキャリアチェンジで最大5万円キャッシュバック!

「コロナの影響もあり、これからのキャリアが不安...」「いまみたいな働き方で大丈夫?」
そんな不安をお持ちの方は、DMM WEBCAMPエンジニア転職を目指しませんか?
今、受講を開始すると最短で来年春までのエンジニア転職が可能です!

また、最大5万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
DMM WEBCAMPは経済産業省認定講座のため、条件を満たすことで56万円のキャッシュバックも同時に受けられます。
エンジニア転職を目指すなら今がチャンス!

キャッシュバックキャンぺーン実施中/
5万円キャッシュバックの詳細を見る