【すぐに使える】職場での人間関係を改善する方法13選を徹底解説 | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

【すぐに使える】職場での人間関係を改善する方法13選を徹底解説

人間関係 改善

「職場の人間関係がうまくいかずに悩んでいる…」
という方は、多いのではないでしょうか?
1日の多くの時間を過ごす職場の人間関係がわるければ、会社に行きたくない原因にもなりかねません。

できるなら、一刻も早く職場の人間関係のストレスを解消したいですよね。

そこでこの記事では、

  • 職場の人間関係が悪化してしまう原因
  • 改善する具体的な13の方法
  • 改善できないときに考えるべきこと

などについて、くわしく解説していきます。

この記事を読めば、今日からでも活用できる職場の人間関係を改善する方法がわかりますよ!
ぜひ、最後まで読み進めてくださいね。

職場の人間関係が悪化してしまう5つの原因とは

職場の人間関係が悪化してしまう5つの原因とは

どうして職場の人間関係は悪化してしまうのでしょうか?
問題を解決するためには、原因をみつけることが大切ですよね。

まずは、職場の人間関係が悪化してしまう5つの原因について、くわしくみていきましょう!

1.コミュニケーションが少ない

職場の人間関係を悪化させる大きな原因のひとつが、コミュニケーション不足です。

日頃からコミュニケーションが少ないと、誤解を生んでしまう危険性もあります。
たとえば普段からコミュニケーションをとっていなければ、少しの助言さえも誤解を招き、関係がわるくなってしまう原因となることも。

また、コミュニケーション不足が原因で、小さなミスが大きなトラブルに発展し、職場にいづらくなってしまう危険性もあるでしょう。
トラブルを防ぎ円滑に仕事をおこなうためにも、日頃からよいコミュニケーションを心がけることが大切です。

コミュニケーション力を高める方法について興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーション力とは コミュニケーション力とは?意味や高めるための10個の方法について徹底解説

2.パワハラやセクハラが存在する

中には、パワハラやセクハラが原因で職場の人間関係に悩みを抱えている人もいるかもしれません。

ハラスメントとは、意識的、または無意識的に誰かに対して不快な思いをさせる行為のことを指します。

また、会社においては、

  • 社員のやる気の低下
  • 自尊心の低下
  • 心身の不調

などを引き起こす危険性もあり、最悪の場合には退職や裁判沙汰、自殺につながる危険性も考えられます。

パワハラやセクハラが原因で人間関係が悪化している場合には、転職も視野にいれる必要があるでしょう。

3.自己中心的な人が多い

職場に自己中心的な人が多いと、雰囲気がわるくなるだけでなく仕事へのモチベーションも下がってしまいますよね。

職場で自分勝手な人は、協調性がなく自分の意見をとおそうとする傾向があります。
自己中心的な人は相手の立場に立って物事を考えるのが苦手なため、コミュニケーションが上手く取れない可能性が高いでしょう。

自己中心的な人に対しては、仕事だと割り切って接することが大切です。
仕事に必要な最低限のコミュニケーションを取るようにするなど、自分なりの対策を考える必要があるでしょう。

自己中心的な人へのベストな対処法について気になる方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

思い通りにならない 思い通りにならないと感じたらすべきことは?9つの対処法についてくわしく解説

4.価値観が違う人が多い

価値観が違う人が多い職場も、人間関係が悪化する原因となるでしょう。

考え方や価値観が異なる上司や同僚が職場にいると、ストレスがたまってしまいますよね。
それぞれ育った環境も違うため、人の数だけ価値観があります。
どこの職場に行っても、全員が同じような価値観を持っている可能性は残念ながら低いでしょう。

人それぞれいろんな価値観があると受けいれることも大切です。
「そんな考え方もあるんだな」と割り切れば、気持ちも楽になるでしょう。

5.仕事が忙しすぎる

「毎日の仕事が忙しすぎてつらい」といった悩みを抱える人もいるのではないでしょうか。
繁忙期だけならともかく、1年中仕事に追われている状態では、人間関係に気をつかう余裕すら持てなくなってしまいますよね。

余裕がなくなると、普段は気にならない出来事に対しても「異常なほどイライラしてしまう」という人もいるかもしれません。
このような状態がつづくと、周りの人からは「接しづらい人」や「怒りっぽい人」と思われて、対人関係のトラブルにつながる恐れもあります。

毎日が忙しすぎてキャパオーバーになってしまうと、心身が疲れ切ってある日突然パンクしてしまう危険性もありますよ。

仕事のオーバーワークを防ぐ具体的な対処法について興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

【自分のせいだけじゃない?】仕事のオーバーワークを防ぐ6つの対処法と原因となる性格の特徴

【即実践可能】職場の人間関係を改善する方法13選!

【即実践可能】職場の人間関係を改善する方法13選!

職場の人間関係のストレスは、仕事に支障をきたすだけでなく最悪の場合には、うつ病などの精神疾患にかかってしまう危険性もあります。
深刻な状況になる前に、しっかりと改善していきましょう。

ここでは、すぐに実践できる職場の人間関係を改善する13の方法についてくわしく解説していきます。

ぜひ実際に試してみてくださいね。

1.あいさつをしっかりおこなう

あいさつは、人間関係を円滑にする潤滑油でもあります。
親しい人にも、苦手な人にも自分から積極的にあいさつをするようにしましょう。

「相手から嫌われているかもしれない」「無視されたらどうしよう」とネガティブに考えてしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、このように考えていてはいつまでたっても人間関係はよくならないでしょう。

あいさつをされて、不快に思う人はいません。
勇気をもってまずは、気持ちのよいあいさつを自分からおこなってみてください。

2.報連相を徹底する

仕事の基本ともいえる報連相(報告・連絡・相談)。
職場での良好な関係を築き、成果をあげていくためには報連相が欠かせません。

報連相がうまくいかなければ、会社にもクライアントにも迷惑がかかる危険性があります。
不要なトラブルを防ぐためにも、上司や同僚に報告すべきことはすぐに伝えるようにしましょう。

業務におけるコミュニケーションを意識的に増やせば、職場の人間関係も良好にしていけるはずですよ。

3.ネガティブな発言をしない

ネガティブな発言は、周囲のモチベーションを下げるきっかけにつながってしまうもの。
職場での人間関係を良好にしたいなら、できるだけネガティブな発言をしないことも大切です。

たとえば、

  • わたしにはできません
  • 〇〇さんが苦手
  • 疲れた、しんどい

など、仕事の文句や人の悪口はいわないようにしましょう。

ネガティブな発言をやめるだけでも、社内の雰囲気はよくなっていくはずですよ。

4.笑顔を作る

人は笑顔を前にすると無意識に警戒心がとけ、安心や心地よさを感じます。
良好な人間関係を築くためには、笑顔を心がけることも大切です。

いつも笑顔な人がいるだけで、職場の雰囲気も明るくなりますよね。
あなたから笑顔を作っていけば、相手の反応や態度も変わるはずです。

もちろん笑顔を作るのが苦手な人もいるでしょう。
そのような人も、意識的に笑顔を作っていくことで、自然とできるようになります。
普段から、笑顔の練習を鏡の前でやってみるのも効果的ですよ。

「人望が厚い人になりたい」と思ったことはありませんか?
人望を得て慕われる人になる具体的な方法について興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

人望が厚い人の性格や特徴とは? 人望が厚い人の性格や特徴とは?慕われる人になる6つの行動も紹介

5.適度な距離感を保つ

職場の人間関係を良好にするには、適度な距離感を保つのがおすすめです。
「距離感が少しある」くらいが、ちょうどよいでしょう。

最適な距離感を保つためにも、

  • 仕事に関係ない話はひかえる
  • 飲み会などは無理に参加しない
  • 仕事上の相談にはしっかりと応じる

など、自分なりのルールを作ってみてはいかがでしょうか。

ストレスを最小限にするためには、あまり相手に深入りしない無難なコミュニケーションがおすすめですよ。

6.文章でのやり取りはていねいに

対面でのやり取りであれば、表情や身振り手振りなどで印象を変化させられますよね。

しかし、表情や声を伝えられない「書き言葉」でのやり取りには、より一層注意が必要です。
メールなどの文章でのやり取りは、ていねいにおこなうようにしましょう。

  • 文章が長すぎないか?
  • 正しい敬語を使えているか?
  • 誤字はないか?

など、しっかりとセルフチェックをおこなうようにしてください。
小さなミスを減らせるだけでなく、印象もグッとよくなるはずですよ。

7.感謝の気持を伝える

感謝の気持を伝える

仕事関連の人に、日頃から直接感謝の気持ちを伝えられていますか?
もしかしたら「直接いうのが恥ずかしい」「伝えるほどでもない」と考えている人もいるかもしれませんね。

しかし「ありがとう」と一言いうだけでも、印象を大きく変化させられます。
小さな出来事であっても何かをしてもらったら、恥ずかしがらずに感謝の気持ちを伝えるようにしてみてください。

あなたから積極的に感謝の気持ちを表現していけば、職場の雰囲気もよい方向へと変わっていくでしょう。

8.ミスを隠さない

仕事をしていると、失敗をしてしまうこともありますよね。
ミスをしてしまったときには、すぐに報告するのが基本です。

報告のタイミングを遅らせてしまうと、状況次第では被害が大きくなってしまう危険性もあります。
業務上のミスはひとりで解決できないことがほとんどであるため、わかった時点ですぐに報告するようにしましょう。

ミスを伝えるときには、言い訳や責任転嫁をしないことが大切です。
ミスをしてしまったときにも誠実な対応を心がければ、あなたへの評価もよくなるでしょう。

「小さなミスをよくしてしまう…」
と悩んでいませんか?
そのような方は仕事の失敗を防ぐ方法について解説しているこちらの記事も、ぜひ参考にしてください。

「仕事で失敗ばかりで辛い・・・」という現状を良い方向に変える方法

9.相手の話をしっかりと聞く

職場の人間関係をよくするには、相手の話を聞く態度を見直してみるのもおすすめです。
仕事に追われていると、どうしてもしっかりと人の話を聞けないときもありますよね。

とはいえ、適当な返事やそっけない態度は相手にマイナスな印象を与えてしまいます。
日頃から、

  • しっかりと目をみて話せているか?
  • 感情的になっていないか?
  • 適当な返事をしていないか?

などを気にするようにしましょう。
少しの意識を変えるだけでも、あなたの印象は大きく変わりますよ。

10.相手のいい部分に注目する

誰にでも、いい面やわるい面があるものですよね。
気持ちのよい職場にするためには、相手のいい部分に注目することも大切です。

たとえば「〇〇さんは、正確に仕事をしてくれるから助かる」「仕事を覚えるのが早いね」など、いいところをみつけたらすぐにほめてあげましょう。

誰だってほめられると嬉しいですよね。
相手のいい部分をみつけられると、だんだん好意をもてるようになります。
職場の人間関係を良好にするためにも、メンバーのよい部分をどんどんみつけてあげましょう。

「どうしてもあの人のいい部分をみつけられない!」
という人もいるかもしれません。
そんな人は、職場の苦手な人を気にしない方法について解説しているこちらの記事を、ぜひ参考にしてください。

嫌いな人を気にしない方法15選!【人間関係の悩みを減らせるコツ】

11.非言語コミュニケーションを意識する

「コミュニケーションが大切なのはわかっているけど、人と話すのが苦手…」という方もいるでしょう。
このような人は、非言語コミュニケーションを意識すれば印象が大きく変わるはず。

非言語コミュニケーションとは、言葉以外の方法を用いたコミュニケーションのことで、「ノンバーバル・コミュニケーション」ともいいます。

具体的には、

  • 表情
  • 声のトーン
  • 態度
  • 口調
  • 話し方

などを用いてコミュニケーションを取る方法です。

「話すのが苦手」という人こそ、非言語コミュニケーションの効果を得やすいでしょう。

ノンバーバル・コミュニケーションを取り入れる具体的な方法について、くわしく知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

非言語で伝えるノンバーバルコミュニケーション 非言語で伝えるノンバーバルコミュニケーションとは?10の具体例と取り入れ方を解説

12.相手の立場になって物事を考える

良好なコミュニケーションを取るうえで大切なのは、相手への思いやりの心ですよね。
職場の人間関係をよくするためにも、日頃から相手の立場になって物事を考えるようにしましょう。

相手の立場になって考える際に大切なポイントを以下にまとめました。

  • 相手の全体をみるようにする
  • 相手を自分に置き換えて考えてみる
  • 自分が嫌だと思うことはしない

とはいえ、相手の感情や行動のすべてを予想することはできません。
相手の立場に立って考えることはできても、その真意まではわからないものです。

あくまでも、すべてをわかり合えないのはお互い様だと考えれば、人間関係が楽になるでしょう。

13.自分が変わる意識を持つ

いくら職場の環境が変わることを期待しても、自分から働きかけない限り、よい変化は期待できないでしょう。
まずは、自分が変わる意識を持つことが大切です。

  • どんな職場なら気持ちよく仕事ができるだろうか?
  • 自分はどんな人と一緒に仕事がしたいか?
  • 職場の雰囲気をよくするにはどうしたらいいか?

など、自分自身の理想の環境を想像してみてください。

理想を持てば、その環境にするにはどうしたらいいかがわかり、具体的な行動を起こせるようになるはずですよ。

職場の人間関係がうまくいかずに「どうしたらいいかわからない…」と悩んでいませんか?
そのような方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

どうしたらいいかわからない どうしたらいいかわからない人へ。15個の解決策を状況別に解説

どうしても人間関係が改善できないなら転職も視野に

どうしても人間関係が改善できないなら転職も視野に

ここまで、さまざまな人間関係を改善する方法をご紹介してきました。

それでも、どうしても人間関係が改善できそうにないケースもあるかもしれません。

どう頑張っても、職場の人間関係を改善できないなら、環境を変えるのもひとつの手段としておすすめです。

無理をして頑張りすぎてしまった結果、心身に大きなダメージを受けてしまうようでは意味がありませんよね。
転職をすれば環境がリセットされて、また前向きな気持ちで仕事に取り組めるはずです。

とはいえ、転職ですべてが解決するわけではありません。

しっかりと「本当に人間関係が原因で転職をしてもいいのか?」と考える時間を作りましょう。

人間関係が原因で転職を考える前には、働きやすい環境を整える方法について解説しているこちらの記事を読んでみることをおすすめします。
ぜひ参考にしてくださいね。

職場人間関係 職場の人間関係で悩むあなたに。6つのヒントで働きやすい環境を整える

まとめ:職場の人間関係を改善して、ストレスなく仕事を進めよう

職場の人間関係で悩む人はたくさんいます。

しかし、意識や考え方次第で人間関係を良好にしていくことは可能です。
ストレスなく仕事を進めるためにも、ぜひ今回ご紹介した人間関係を改善する方法を実際に試してみてくださいね。

また、どうしても今の職場ではストレスがたまってしまうなら、転職を考えてみてはいかがでしょうか。
転職をしようかと迷っている方は、転職を決断するべきタイミングについて解説しているこちらの記事もぜひ参考にしてくださいね。

迷って転職しないリスクとは?決断すべきタイミングと5つの解決方法を徹底解説

今がチャンス!春までにキャリアチェンジで最大5万円キャッシュバック!

「コロナの影響もあり、これからのキャリアが不安...」「いまみたいな働き方で大丈夫?」
そんな不安をお持ちの方は、DMM WEBCAMPエンジニア転職を目指しませんか?
今、受講を開始すると最短で来年春までのエンジニア転職が可能です!

また、最大5万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
DMM WEBCAMPは経済産業省認定講座のため、条件を満たすことで56万円のキャッシュバックも同時に受けられます。
エンジニア転職を目指すなら今がチャンス!

キャッシュバックキャンぺーン実施中/
5万円キャッシュバックの詳細を見る