仕事の憂鬱を感じる5つの原因を解説。すぐに試せる解消法も紹介 | WEBCAMP NAVI
【2月の受講枠も残りわずか】

仕事の憂鬱を感じる5つの原因を解説。すぐに試せる解消法も紹介

仕事 憂鬱 イラスト

仕事について考えて、憂鬱な気持ちになることはないでしょうか。

「みんな前向きに働いているし、憂鬱に感じているのは自分だけなのかな」
「仕事が憂鬱なときはどうすればいいんだろう」

そんな悩みを抱えているかもしれません。

仕事が憂鬱だと、毎日を重たい気持ちで過ごすことになってしまいます。

そこで今回は、

  • 仕事に憂鬱を感じる原因
  • 仕事への憂鬱を抱えたままでいるデメリット
  • 環境によって憂鬱になりやすい時期
  • 仕事・仕事以外での憂鬱解消法

などについてご紹介します。

仕事で憂鬱を感じている状態が続くと、大きな問題に発展する可能性があります。

憂鬱な気持ちを解消する方法を知り、前向きに仕事ができるようになるといいですよね。

「仕事が憂鬱な気持ちをなんとかしたい」と感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

仕事の憂鬱は多くの人が感じている

仕事の憂鬱は多くの人が感じているイメージ

「自分ばかり仕事が憂鬱だと感じている」と思うと、余計に気持ちが落ち込んでしまいます。

しかし、実は多くの人が「仕事が憂鬱」と感じているのです。

2020年に実施された調査では、「平日は憂鬱になる」と答えた人の割合は全体の34.2%でした。

(出典:ニュースサイトしらべえ)

平日は憂鬱になる人の割合

10人に3人は憂鬱さを感じていることになりますね。
1週間のうち、5日間も憂鬱になっているのはつらいものです。

なぜ、仕事に対して憂鬱を感じるのでしょうか。
原因について詳しく見ていきましょう。


経産省認定のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔驚異の転職成功率98%! 最短3か月で正社員へ!
オンラインだけでなく教室受講も可能!

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

仕事に憂鬱を感じる5つの原因

仕事に憂鬱を感じる原因のイメージ3割の人が仕事がある平日について「憂鬱だ」と感じていることがわかりました。

多くの人が仕事に対して憂鬱だと感じる原因には、どんなものがあるのでしょうか。

仕事をしていると、あらゆる悩みを抱えることがあります。

どんな悩みが「仕事が憂鬱」と感じる原因になっているのかを見ていきましょう。

ここでは、仕事に憂鬱を感じる原因を5つご紹介します。

  1. 人間関係の悩み
  2. 仕事内容の悩み
  3. 身体的な悩み
  4. 精神的な悩み
  5. 将来に対する悩み

ひとつずつ確認していきましょう。

1.人間関係の悩み

人間関係の悩みは多くの人が抱える悩みですよね。
仕事での人間関係で悩んでいると、「仕事が憂鬱」だと感じる原因になります

仕事は、あらゆる人間関係のなかで進めていくものです。
同じ部署や異なる職種の人と協力し合いながら、仕事を遂行します。

人間関係に悩みがあると、「関わりたくない」という気持ちから仕事を進めにくくなることがあるのです。

人間関係の悩みが仕事遂行に大きく影響するので、仕事自体に対して「憂鬱だ」と感じるようになります。

「仕事が憂鬱だ」と感じている人は、人間関係の悩みを解決することで気持ちが楽になるかもしれません。

2.仕事内容の悩み

仕事内容の悩みが「憂鬱だ」と感じる原因になる場合もあります。

仕事が自分の興味のない分野や、苦手な分野だと、後ろ向きな気持ちになりますよね。

強く「やりたくない」と感じている場合は、憂鬱にもなるでしょう。

会社の都合によって人員配置が行なわれると、自分が就きたい仕事内容に就けないことは珍しくありません。

3.身体的な悩み

身体的な悩みを抱えていると、「仕事が憂鬱だ」と感じる原因になることもあります。

体質的に身体が丈夫ではないなど、仕事に取り組むなかで身体的な不安があると憂鬱に感じやすいです。

身体のことは周囲に気を遣わせたり、迷惑をかけたりするため、大きくなりやすい悩みとも言えます。

また、自分に自信が持てず、仕事をすることにあらゆるマイナスな感情を持ってしまうでしょう。

身体的な悩みからうまく働けないと、仕事について憂鬱な気持ちを強く感じます。

4.精神的な悩み

「ストレスを感じやすい」「あとになって反省や後悔をする」という人がいます。
精神的な悩みがあることも、「仕事が憂鬱だ」と感じる原因になります

精神的な悩みを抱えて「憂鬱だ」と感じている人は、かなり深く悩んでいる状態です。

自分の精神的な悩みは、すぐに変えられるものでもありません。
性格や考え方の癖として根付いているためです。

きっかけがない限り、解決することが困難なので、憂鬱な気持ちでつらい思いをすることは多くなります。

仕事環境によって精神的な悩みが大きくなっている場合もありますよ。

5.将来に対する悩み

将来に対する悩みが「仕事が憂鬱だ」と感じる原因になっているかもしれません。

先行きの見えないなかで、仕事を続けていくことには不安がともないます。

毎日繰り返す仕事に「このままここで働いていて良いのだろうか」と言う気持ちを抱えることもあるでしょう。

現在の仕事に将来性を感じられていないと、不安はいっそう大きくなります。
しかし、すぐに何かを変えることを決断するのも難しいですよね。

将来に対する漠然とした不安から、「仕事が憂鬱だ」という気持ちになるのです。

仕事への憂鬱を抱えたままでいるデメリット3つ

仕事への憂鬱を抱えたままでいるイメージ

「仕事が憂鬱」と感じる原因についてお伝えしました。
仕事のあらゆる悩みが大きくなることで、憂鬱な気持ちになっていますね。

憂鬱な気持ちを抱えたままで働き続けるのは、心身に大きな負担がかかります。

「憂鬱な気持ちにはなるけど、どうしようもできない」という人は多いのではないでしょうか。

実際に、仕事への憂鬱をそのままにしているとどんな悪影響があるのかを見ていきましょう。

ここでは、仕事への憂鬱を抱えたままでいるデメリットを3つご紹介します。

  1. ストレスが溜まる
  2. 焦りで仕事のミスが生まれる
  3. うつ病になる可能性がある

詳しくご説明していきます。

1.ストレスが溜まる

「仕事が憂鬱だ」という気持ちを解消しないままでいると、どんどんストレスが溜まっていきます

憂鬱な気持ちが引き起こすストレスがあると、余計に疲れてしまいますよね

仕事が憂鬱な気持ちから抜け出せず、仕事後や休日もストレスにさらされている状態です。

ストレスが溜まると、集中力を保てずに仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。

いつもイライラしていて、冷静に物事を見られなくなるでしょう。

2.焦りで仕事のミスが生まれる

憂鬱な気持ちを抱えたままでは、気持ちに余裕が持てません。
焦りから、仕事のミスが生まれてしまうこともあります。

「仕事が憂鬱だ」と感じながら仕事をしていると、とても集中できないのではないでしょうか。

何事も後ろ向きに考えて、気持ちに余裕がなく、焦ってしまいます

仕事のミスが生まれることは会社にも迷惑をかけ、大きなトラブルにつながる可能性も。

憂鬱な気持ちを抱え続けることは、自分だけでなく仕事にも影響が出てしまうのです。

3.うつ病になる可能性がある

病は気からという言葉があります。
「仕事が憂鬱だ」という気持ちを放置すると、うつ病になる可能性がありますよ

うつ病では、心と体の両方に次のような症状が出てしまいます。

  • 「遠くへ行きたい・消えてしまいたい」と思う
  • 興味や喜びの感情が喪失する
  • 会話や本などの内容が頭に入ってこなくなる
  • 睡眠障害が起こる
  • 疲労感や倦怠感を感じる
  • 身体の重さや痛みを感じる

うつ病になると、仕事に支障が出るようになり、働くのが困難になることも少なくありません。

「健康で働き続けたい」と思うなら、仕事の憂鬱を放置しないことが大切です。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔受講者の97%が未経験者!独自開発の教材と徹底した転職支援で安心サポート!
✔万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

環境によって憂鬱になりやすい5つの時期

環境によって憂鬱になりやすい5つの時期

憂鬱な気持ちを抱えたままでいるデメリットをお伝えしました。
憂鬱な気持ちを放置することは、自分にも会社にもよくないことですね。

ところで、憂鬱な気持ちにも波があると感じる方は多いのではないでしょうか。

憂鬱な気持ちは、環境や時期によって強く感じるときがあります。

どのようなタイミングで憂鬱な気持ちになりやすいかを知っておくと、冷静に受け止められますよ。

ここでは、環境によって憂鬱になりやすい5つの時期をご紹介します。

  1. 仕事に行く前や休暇明けなど
  2. 春・新年度
  3. 秋から冬にかけて
  4. 雨の日
  5. 生理前

詳しく見ていきましょう。

1.仕事に行く前や休暇明けなど

仕事に行く前や休暇明けに「仕事が憂鬱だ」と感じる人はとても多いです。

仕事に行く直前や休みが終わって仕事がはじまるタイミングは、「仕事に行きたくない」という気持ちが特に強くなります。

2018年の調査では、「日曜日の夜や月曜日の朝に、仕事のことを考えて憂鬱になる」と回答した人は42.8%でした。

(出典:オウチーノ総研)

休み明けの仕事のことを考えて憂鬱になることがありますか?

約半数の人が「また仕事がはじまる」と考えて憂鬱な気持ちになっています

仕事のことを考えて嫌に思う気持ちや逃げられない事実から、憂鬱な気持ちが強くなりやすいのです。

2.春・新年度

春や新年度は新たな1年が始まる時期ですよね。
しかし、仕事が嫌だと感じていると春や新年度に憂鬱になりがちです。

仕事に悩みを抱えている人は、春や新年度というタイミングにおいて「また憂鬱な1年がはじまる」と考えてしまいます。

春や新年度は環境が変わり、新しい出会いがある期待と不安の入りまじる季節です。

ところが、仕事が憂鬱な人にとっては、期待よりも不安やマイナスな気持ちのほうが上回ってしまいます

3.秋から冬にかけて

季節で考えると、秋から冬にかけては憂鬱な気持ちになりやすい時期です。

秋から冬というと、気温が下がって寒くなり、天気も乱れることが多くなります。

寒さや暗さは気持ちを落ち込みやすくさせ、憂鬱な気持ちを抱える原因になるのです。

季節による天候は変えることができないもので、どうしようもありません。

憂鬱な気持ちになりやすいことを理解して、暖かく過ごすことが大切です。

4.雨の日

雨の日にも憂鬱な気持ちになりやすいです。
特に気圧が下がっていると、心身にあらゆる不調を引き起こすこともあります。

雨の日は空が厚い雲に覆われていて、どんよりとしていますよね。
また、空気も湿っぽくて爽やかとは言えません。

冷たい雨や暗い天気は、気持ちにも影響を与えます
仕事が憂鬱だと感じている人には、特に影響が大きいでしょう。

雨の日だと、濡れる心配があるので出かけるのも気が進みません
そんななかで会社には出勤しなければならないのは憂鬱です。

雨の日は仕事が憂鬱な人にとって、いっそう憂鬱さを感じやすいタイミングと言えます。

5.生理前

女性の場合は、生理のタイミングによって心身の調子が変化します。
特に生理前は、気持ちが沈んだりイライラしたりしやすいです。

精神的な不調の起きやすい生理前は、「仕事が憂鬱だ」という気持ちも強くなりがち

感情の変化はホルモンバランスの影響なので、本人の意志とは関係なく気持ちが揺れ動いてしまいます。

生理によって起こる症状は個人差が大きく、また少しの変化で変わるものです。

生理前には、自分に合った方法でリラックスして過ごせるように工夫しましょう。

仕事での憂鬱解消法5選

仕事での憂鬱解消法のイメージ

憂鬱な気持ちになりやすいタイミングをお伝えしました。
憂鬱になりやすい時期を知っていると、落ち込みすぎることがないですよ。

それでは、いよいよ「仕事が憂鬱だ」という気持ちの解消法をご紹介していきましょう。

「仕事が憂鬱だ」という気持ちの解消法はいくつかあります。
自分に合った方法を見つけてくださいね。

まずは仕事自体に対する憂鬱解消法をお伝えします。

ここで紹介する憂鬱解消法は次の5つです。

  1. やるべき仕事を整理する
  2. 同僚や上司に相談する
  3. なぜ仕事を楽しむ必要があるのか?を考える
  4. しっかり休暇をとる
  5. どうしても解消できないなら転職を視野に

それでは順番に見ていきます。

1.やるべき仕事を整理する

「仕事が憂鬱だ」と感じているときは、漠然とやらなければいけない仕事が多いように思い込んでいることもあります。

やるべき仕事を整理すれば「あれ、思っていたより大変ではないかも」と気持ちを持ち直すことができますよ

仕事を整理しててきぱきと着手できる状態を作るだけでも、仕事に対する気持ちは変わります。

やるべきことが明確でスッキリした状態なら、モチベーションが高く仕事をはじめやすいですよね。

「仕事が憂鬱だ」と感じたら、まずはいま抱えている仕事を整理してみましょう。

2.同僚や上司に相談する

「仕事が憂鬱だ」と感じているなら、悩みを同僚や上司に相談することも有効な方法です。

自分一人で悩んでいて「憂鬱だ」と抱え込んでしまうより、周囲に相談してみましょう

上司に悩みを相談することで、自分の希望する仕事内容に変えてもらえたり、人間関係に問題のある相手と関わる機会を減らしてもらえたりする可能性がありますよ。

また、同僚に悩みを相談すると、状況を理解していることから共感されたり、心強いアドバイスをもらえたりするでしょう。

他の人に話すだけでも悩む気持ちが軽くなります

仕事に嫌な気持ちを抱えたら、他の人に相談してみてください。

3.なぜ仕事を楽しむ必要があるのか?を考える

「仕事が楽しめなくて憂鬱だ」と感じている場合は、「なぜ仕事を楽しむ必要があるのか?」を考えましょう

仕事を楽しむためにはどうするかを考えることで、気持ちが前向きになれます。

一方で、仕事を無理して楽しむ必要がないと思えるようになれば、仕事は仕事と割り切って働けるようになるでしょう。

仕事で悩みすぎずに、やるべきことをやるだけだと考えれば、「憂鬱だ」という気持ちから抜け出せます。

4.しっかり休暇をとる

仕事が憂鬱だと感じるときは、しっかり休暇をとることも意識しましょう。

仕事から解放されて、十分に身体を休めれば、疲れや気持ちも回復します。

休暇をとることは悩み続ける時間を中断し、リフレッシュする効果も期待できますよ。

心も身体も回復すれば、物事を前向きに考えて行動できるようになるかもしれません。

「憂鬱だ」と感じたら、休暇をとって疲れやストレスを減らしましょう

5.どうしても解消できないなら転職を視野に

あらゆる解消法を試しても「仕事が憂鬱だ」という気持ちが消えないなら、転職を視野に入れると良いでしょう。

仕事自体を変えれば、環境も全く変わります
自分が悩んでいた原因をなくすことができる可能性もありますよ。

どうしても現在の環境で「仕事が憂鬱だ」と感じるときは、どんな環境なら憂鬱にならないかを考えて、自分に合った環境に移動しましょう

ただし、憂鬱だと感じている原因を明確にしなければ、新しい職場でも同じ状況になってしまいます。

しっかり準備をした上で、転職することを検討してみてくださいね。

仕事以外での憂鬱解消法7選

仕事以外での憂鬱解消法のイメージ

仕事の憂鬱解消法をお伝えしました。
仕事自体に対して行動を起こすので、変化を生みやすい方法でしたね。

しかし、仕事自体で変化を起こすのが難しい場合もあるでしょう。

自分の生活に変化をつけることで、「仕事が憂鬱」という気持ちを解消できることもありますよ。

「すぐにできることからやってみたい」という方は、これからご紹介する方法を試してみてくださいね。

ここでは、仕事以外での憂鬱解消法を7つご紹介します。

  1. 目覚ましを好きな音楽に設定する
  2. やる気が出るプレイリストを作る
  3. 朝に楽しみを作る
  4. 終業後に楽しみを作る
  5. 仕事のやる気が出る映画を観る
  6. 運動をする
  7. とにかく寝る

それでは見ていきましょう。

1.目覚ましを好きな音楽に設定する

朝がくると「仕事に行かなければいけない」と考えて憂鬱になりがちですよね。
そんなときは、目覚ましを好きな音楽に設定して気分を上げましょう

好きな音楽で目覚めれば、朝から気持ちが乗りやすくなります
リラックスできる音楽なら、自分だけの時間を過ごす感覚になれるでしょう。

また、困難に打ち勝つような歌詞の音楽なら、これから仕事に行くことに対しての気持ちを奮い立たせられます。

好きな音楽は、自分の気分やモチベーションをコントロールするために役立ちますよ。

目覚ましだけでなく、出発時間のアラームなどに応用してみてもいいでしょう。

2.やる気が出るプレイリストを作る

通勤中にイヤホンで音楽を聞くという人は多いですよね。

せっかくならやる気が出るプレイリストを作っておいて、仕事前に聞くといいですよ。

やる気が出るプレイリストを作っておけば、憂鬱な気持ちを吹き飛ばしたいときにすぐに聞けます

憂鬱な気持ちに負けそうなときは、プレイリストをうまく活用して、音楽の力で打ち勝ちましょう。

仕事の休憩時間に聞くのもおすすめです。

3.朝に楽しみを作る

朝に楽しみを作っておくと、「仕事が憂鬱で起きたくない」という状況の対策になります。

仕事が憂鬱だと、朝起きるのも嫌になるものです。
朝に楽しみがあれば、前向きに1日のスタートを切れますよ。

たとえば、朝ごはんに大好きなものを選ぶと、お腹が空いて起きる朝が楽しみですよね。

また、少し早起きして趣味の時間を朝に持ってくるのもおすすめです。

朝の時間を工夫して、気分が上がる楽しみを活用しましょう。

4.終業後に楽しみを作る

仕事が終わった後に楽しみがあれば、仕事が憂鬱でも「もうひと頑張り」できる気がしませんか。

「仕事が憂鬱」なら、就業後に楽しみを作ってみるといいですよ。
友人と会ったり、好きなことをしたり、美味しいものを食べましょう。

また、就業後に楽しみを作っておくことで、残業をしないために行動できます。

就業後に楽しみがあれば、「憂鬱だ」という気持ちを引きずることがありません

仕事とプライベートの時間にメリハリをつけることもできますよ。

5.仕事のやる気が出る映画を観る

音楽だけではなく、映画も気分を変えるのに効果的です。
ときには、仕事のやる気が出る映画を観ましょう

映画は、長い時間をかけてストーリーを観るものです。
登場人物に感情移入したり、あるあるな状況に共感できます。

感情が揺さぶられることで、仕事へのやる気をより強く持てるかもしれません。

さらに、映画を観て泣いたり笑ったりすることで、ストレスが発散できてリフレッシュになりますよ。

仕事のやる気が出る映画はたくさんあるので、自分好みの作品を見つけてみましょう。

6.運動をする

「仕事が憂鬱だ」という気持ちには、運動も効果的です。
身体を動かしてほどよく汗をかくと、気分が良くなりますよ。

運動で身体を動かすと、血液の巡りが良くなります。
身体の調子が良くなれば、気持ちも前向きになるのです。

運動は筋トレでもスポーツでも、自分の好きなものを選びましょう。
気持ちよく取り組めることが何よりも大切ですよ

週に2〜3回ほど運動ができると、仕事のストレスを発散できます。
運動が苦手な人も、身体を伸ばしてストレッチするのは気持ちよく感じるでしょう。

運動を上手く取り入れて、「仕事が憂鬱だ」という気持ちを解消してくださいね。

7.とにかく寝る

「仕事が憂鬱」なときは、とにかく寝ることも解消法のひとつです。

睡眠不足が続いていないでしょうか。
一度アラームをかけずに、ぐっすりと眠ってみましょう。

寝ている間は、脳や身体が回復することにエネルギーを使います
睡眠が足りていないと、十分な回復ができていない状態になるのです。

とにかく寝ることで身体を休めれば、憂鬱な気持ちが解消されることもあります。

「最近あまり眠れていない」と感じるなら、たっぷりと寝ることを意識しましょう。

まとめ:誰にでも仕事が憂鬱だと思う時はある。そこからどうするかが大切

今回は、仕事に感じる憂鬱について、原因や解消法をご紹介しました。

仕事で大きな悩みを抱えているときには、誰でも仕事が憂鬱だと思うことがあります。

「自分だけかもしれない」「我慢しよう」と思っていると、仕事のミスや自分の病気につながる可能性があるのです。

大切なことは、憂鬱という気持ちをうまく解消して、前向きに仕事に取り組めるようになること。

今回ご紹介した方法を参考にして、「仕事が憂鬱」な気持ちから抜け出してくださいね。