WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

“未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

今回の記事では、未経験からWebCampを1ヶ月受講し、その後エンジニアとして転職をした喜田さんにお話を伺いました。

<プロフィール>

喜田 大介 さん (28歳)

大学時代はプロダクトデザインを学び、卒業後は3Dスキャナーを扱う会社でセールス・カスタマーサポートを行う。
その後、WebCampを受講、未経験からエンジニアとして転職し、メール配信サービスを行う会社でエンジニアとして活躍中。

セールスなど様々な職種を経験した後、開発意欲に目覚めた喜田さん

– これまでのキャリアについて教えてください。

喜田さん:ものづくりのデザインをしたくて、大学の時はプロダクトデザインを学んでいました。
勉強していくにつれ、ものづくりの現場を直接見てみたいと思い、卒業後は工場の中で検査をする3次元測定器を扱う会社で、セールス・カスタマーサポートなどの仕事をしていました。

いろんな工場を見ていく中で、どの工場も人が足らないという課題があり、自動化や効率化ができれば良いと考え、開発力をつけるためにWebCampを受講した後、現在のアプリ制作会社に転職しました。

– プログラミングを学習したきっかけを教えてください。

喜田さん:先程述べた理由に加えて、営業の移動時間が長く無駄な時間が多かったことや、様々な仕事を経験した中でパソコンを触っていること自体が楽しかったからです。その上で、プログラミングを仕事にしたいと思い学習できるスクールを探していました。

前職では、ドイツやアメリカで開発された精密機器とソフトウェアの新機能を紹介していく業務や、どのように販売していくかを考えていましたが、徐々に自分がつくる側に行きたいという気持ちが強くなっていきました。実務の中でエクセルのマクロを使って自動化していく作業がとくに楽しかったのを覚えています。

独学より圧倒的に効率よく学習できる環境があった

– WebCampを受けてみて率直にいかがでしたか?

喜田さん:土日でも11:00-23:00まで通える教室の環境や、教室に行けばわからないことを講師の方に教えてくれる環境がよかったです。

カリキュラムは教材を順番にこなしていけば間違いなく進むことができて、卒業後も教材は今でもずっと見れるので、そういった点が良かったです。
今でも仕事で少しわからない点について見返します。

特に、わからないところは質問すれば教えてもらるので、とにかく効率よく学習できました。

自分だけで学習するとたくさんの時間がかかりますが、質問する環境があるため、短い時間でプログラミングを理解できる点はスクールに通って良かったと思います。

Rubyは初めて触ったのですが、楽しいですね。自分が書いたコードが、思った通りに動くのが楽しかったです。

– 学習でつまづいた時はありましたか?

喜田さん:書いたコードが動かない時や、エラーが出た時の理由がわからない時もありましが、教室にいなくてもメッセージで質問することができるので、とても助かりました。

– 1ヶ月でどのような作品をつくりましたか?

喜田さん:タスク管理ツールををつくりました。タスクを追加して、完了したらチェックをつけられるものです。

この1ヶ月でプログラミングの理解が深まりました。

「プログラムは一個ではなく、全体が組み合わさってできているんだな・・・」

と作りながら、直に体験することができました。

ものづくりをしている人達を支援していきたい。

– 受講後、どのように転職活動をしていましたか?

喜田さん:WebCampの転職サポートを使い、プログラム系の会社への転職活動をしていました。やはり、ものやサービスをつくっていくのが面白いと感じています。

– 転職サポートで良かった点は?

喜田さん:他のサイトも登録していのたですが、WebCampはとくにキャリアエージェントの方が良かったです

 

本当におんぶに抱っこでした(笑)

 

キャリアエージェントの方に今までの人生を聞いていただいて自分の軸を整理したり、資料をたくさん頂いたりとサポートが充実していました。

最終的に求人情報を50個ほど紹介していただき、志望度の高い会社を自分で選んでいきました。

– いまの会社を選んだ理由を教えてください!

喜田さん:基本は好奇心なのですが、一番の理由は会社の全体像が見れることです。

会社自体は小規模でしたが、アプリ開発、カスタマーサポート、お金の流れ・・・会社というのがどういう風にな成り立っているのか、全体を見れるので選択させて頂きました!

今後の社会では、全体が見えた上で物事を考えないと、部署を超えた+αの動きはできないと考えています。

働いて数ヶ月経ちますが、実際、全体を見れています。基本はメルマガ配信のメインシステムがあるので、それに関してPerlを使って実務をしながら、他の領域も携わっています。

 – 将来やりたいことはありますか?

喜田さん:将来は起業をしたいです。そのために全体を見れる会社をみています。

現段階では、ものづくりの現場で働いている中で感じたことなんですけど、中小企業や小さい町工場ってひとつの部品しか作らないところでも、その工場でしかできない部品や技術があるんですよ!

でも、世間ではあまり認められていない。

そういう会社を繋げていくアプリケーションを作っていきたいという思いがあります。ものづくりをしている人達を支援していきたいですね!

WebCamp卒業生からのアドバイス!

– これから学習する方にアドバイスをお願いします!

喜田さん:自分がやっていて面白いと思うことをやってください。このWebCampに通ってみて、自分で何かをつくってみて、できたものに対して、うれしさや喜びを感じれるのであれば、エンジニアのような職業につくのがいいと思います。自分のスキルアップに繋がる環境で、講師やキャリアエージェントにも相談もできるので、まずは1ヶ月間、学習してみてください!

– これから転職活動をする方にもアドバイスをお願いします!

喜田さん:キャリアサポートがあるのはとても楽です。仕事が忙しい中で、自分でサイトに登録して探す必要がなく、相談もでき、今回みたいに求人をたくさん提案いただくことができます。転職の全体像を知っているプロのサポートなので、デメリットが一切ないです。ぜひ活用してください。

– 喜田さん、本日はありがとうございました!

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

[CTABtn]