エンジニアの平均年収ランキングを職業別・企業別に紹介!年収を上げる方法も解説 | WEBCAMP NAVI
【6月の受講枠も残りわずか】

エンジニアの平均年収ランキングを職業別・企業別に紹介!年収を上げる方法も解説

エンジニア 年収 ランキング

急速に伸びているIT業界に転職や就職を考えている人が増えています。

その中で、
「ITエンジニアの年収ってどれくらい?」
「ITエンジニアって職種によって年収が違うの?」
「会社員でも年収を上げられる?」
と、疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

専門的な技術やスキルが必要なITエンジニアは、年収が高いイメージがありますよね。
しかし、実際にはエンジニアの種類や勤める企業によっても年収は大きく変わります。

せっかく仕事をするなら、より多くの年収を稼ぎたいと考える人は多いでしょう。
そこでこの記事では、

  • 職業・企業別エンジニアの平均年収ランキング
  • 年収を上げる方法

などについてくわしくご紹介していきます。

この記事を読めば、ITエンジニアの具体的な年収や年収アップ方法がわかりますよ。

これからITエンジニアへの転職を考えている方はもちろん、現役エンジニアとして活躍している方も、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

【職業別】エンジニアの平均年収ランキング

エンジニアの平均年収ランキング

ITエンジニアというと、プログラマーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

しかし、ITエンジニアの種類はさまざまで、それぞれの職種によっても平均年収は異なります。

ここでは、マイナビエージェントが公表するデータをもとに、各エンジニアの平均年収をご紹介していきます。

  1. システムコンサルタント 610万円
  2. プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー 569万円
  3. 製品開発・研究開発 542万円
  4. 社内システム企画・社内SE 516万円
  5. サーバーエンジニア 465万円

それぞれの「男女比」「学歴別」「転職経験回数」「転職後の収入アップ比率」のデータについても解説していきます。
それではくわしく内容を見ていきましょう!

1位:システムコンサルタント 610万円

システムコンサルタント年収

(出典:マイナビエージェント システムコンサルタント)

第1位は、平均年収が610万円のシステムコンサルタント。
システムコンサルタントは、クライアントの抱える問題や悩みをシステム開発によって解決するためのサポートを行う仕事です。

システムエンジニアやプロジェクトマネージャー、プログラマーとプロジェクトチームを作り、実際にシステムの設計を行っていきます。
システム開発の上流工程となる職種であり、ITスキルはもちろんプレゼンテーションスキルなども求められる仕事です。

男女別・年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 500万円 517万円 478万円
30代 732万円 746万円 630万円

上記のデータを見ると「男女での年収差はそれほどなく、年齢を重ねるほど収入が上がる」ということがわかります。

また、画像のデータからは男女別の就職率が男性72%、女性28%と、男性が非常に多いことがわかります。
つづいて、最終学歴では大学卒が88%と最も多いです。

システムコンサルタントには、「転職経験回数でもっとも多いのは1回」など、学歴が高く職歴がきれいな人が多いことがわかります。

2位:プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー 569万円

プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー

(出典:マイナビエージェント プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー)

第2位は、平均年収が569万円のプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダー。
両者ともIT業界では管理者を指す言葉であり、プロジェクトマネージャーは「PM」、プロジェクトリーダーは「PL」と呼ばれることが多いです。

基本的には、システムコンサルタントによって作られたプロジェクトチームをまとめ進行管理を行うのがPL。
そして、社外とのやりとりも含めたプロジェクトチーム全体の流れを管理するのがPMです。
ただし、企業によって異なる場合もあります。

どちらもITスキルはもちろん、高いコミュニケーションスキルやリーダーシップが求められる仕事です。

男女別・年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 468万円 454万円 498万円
30代 622万円 634万円 535万円

上記のデータを見ると、20代の平均年収は468万円とIT業界の中ではずば抜けて高いわけではありません。
しかし、30代になると622万円となり他職種よりも高収入となります。

また、画像のデータからは男女別の就職率が男性81%、女性19%と、男性が圧倒的に多いことがわかります。
最終学歴では大学卒が75%と最も多いです。

「プロジェクトマネージメント」の基礎知識やスキルの身につけ方について興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

【今さら聞けない】プロジェクトマネジメントとは?基本のスキルとおすすめ本・ツールを丁寧に解説

3位:製品開発・研究開発 542万円

製品開発・研究開発

(出典:マイナビエージェント 製品開発・研究開発)

第3位は、平均年収が542万円の製品開発・研究開発。
製品開発・研究開発は、主に企業の開発部門などに所属してIT関係の開発に携わる仕事です。

ソフトウェアやアプリ、ロボットなどさまざまな開発分野があり、どの分野の開発を行うかは企業によっても異なります。

男女別・年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 496万円 500万円 455万円
30代 595万円 604万円 526万円

上記のデータを見ると、男女での年収差はそれほどありません。
また、劇的な変化はないものの年齢を重ねるほど収入が着実に上がっていることがわかります。

データの大きな特徴は大学院卒が69%であり、転職経験回数は91%が1回であること。
このことから、多くの人が大学院で研究をした専門分野を活かして就職していることがわかります。

4位:社内システム企画・社内SE 516万円

社内システム企画・社内SE

(出典:マイナビエージェント 社内システム企画・社内SE)

第4位は、平均年収が516万円の社内システム企画・社内SE。
社内システム企画は、会社の中のIT関連業務に携わる専門職の総称です。

基本的に自社内のシステムに関わる業務を行うため、ライフワークバランスが取りやすい仕事として人気があります。
男女別・年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 442万円 480万円 395万円
30代 556万円 567万円 515万円

社内SEは、スキルや経験を積んでいくことで年収がアップしていく職業といえます。
20代の平均年収は、442万円と高収入とはいえないかもしれません。
しかし、30代になると男女共に500万円以上の平均年収になっています。

また、転職後に年収アップした人が65%で、1回以上の転職経験のある人が半分以上です。
このことから、転職をすること待遇がやくなりやすい職業といえるでしょう。

自社開発の業務内容やメリット・デメリットについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

自社開発のアイキャッチ 自社開発とは?主な業務内容や受託開発・客先常駐の違いを徹底解説

5位:サーバーエンジニア 465万円

サーバーエンジニア

(出典:マイナビエージェント サーバーエンジニア)

第5位は、平均年収が465万円のサーバーエンジニア。
サーバーエンジニアはITに欠かせないサーバーを設計・構築・運用・保守を行う仕事です。

男女別・年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 418万円 411万円 438万円
30代 501万円 503万円 491万円

サーバーエンジニアの平均年収は418万円と、IT業界の中でも平均的な年収といえます。

また、転職経験がある人が97%以上であり、半分以上の人が転職後に年収がアップしたと回答しています。
さらに3回以上の転職経験がある人が、全体の16%。
このことから、サーバーエンジニアはスキルを身につけ転職する度に収入が上がりやすい職業といえます。

サーバーエンジニアに興味がある方には、こちらの記事もおすすめです。

サーバーエンジニアは未経験でもなれる?徹底解説

この春、エンジニア転職で人生を変えよう!
✔需要急上昇中のプログラミングスキルを身につけるなら【DMM WEBCAMP
未経験者向けのオリジナルカリキュラムでエンジニアを目指せる!
✔11~22時で通い放題!さらに教室通いもオンライン受講も可能

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

【企業別】エンジニアの平均年収ランキング

企業別エンジニアの平均年収ランキング

ここからは、企業別にITエンジニアの平均年収ランキングをご紹介していきます。

  1. SRA ホールディングス 1,206万円
  2. フューチャー 1,178万円
  3. 野村総合研究所 1,166万円
  4. ソフトバンク 1,158万円
  5. 日本オラクル 1,031万円

それでは順番に見ていきましょう!

1位:SRA ホールディングス 1,206万円

SRA HD

(出典:SRAホールディングス 公式サイト)

「SRA ホールディングス」は、1967年創業の老舗ITグループ会社です。
ソフトウェア開発、情報システムの構築・運用などを手掛けています。

平均年収はなんと1,206万円!
こちらの平均年齢は57歳となっていますが、とても高年収ですよね。

新卒採用では、ITエンジニア。
キャリア採用では、

  • 組込エンジニア
  • 業務アプリケーションエンジニア
  • インフラエンジニア

の求人が出ています。

2位:フューチャー 1,178万円

FUTURE

(出典:フューチャー 公式サイト)

「フューチャー」は、AI, IoTなどの最先端テクノロジーを駆使した日系ITコンサルティング企業です。
また、東京カレンダーなどを運営する「ビジネスイノベーション事業」も行なっています。

平均年収は1,178万円。
フューチャーには、幅広い業種向けのITコンサルタントの求人が出ています。

3位:野村総合研究所 1,166万円

野村総合研究所

(出典:野村総合研究所 公式サイト)

「野村総合研究所」は、野村ホールディングスの中核企業でコンサルティング・リサーチ業務などを行っています。
平均年収は1,166万円。

また、「プラチナくるみん」や「えるぼし」など、厚生労働省が実施するホワイト企業マークに認定されているのも特徴です。

野村総合研究所では、

  • 経営コンサルタント
  • アプリケーションエンジニア/テクニカルエンジニア
  • セキュリティスペシャリスト
  • システムエンジニア

などの求人が出されています。

4位:ソフトバンク 1,158万円

ソフトバンク

(出典:ソフトバンク 公式サイト)

大手通信会社「ソフトバンク」の平均年収も、1,158万円と非常に高収入です。
大手企業であることから、

  • 土日祝日に休める
  • 仕事と収入のバランスがしっかりしている
  • キャリアアップしていける

など、多くのいい口コミがありました。

(出典:カンパニー通信)

5位:日本オラクル 1,031万円

オラクル

(出典:日本オラクル 公式サイト)

「日本オラクル」は、エンタプライズデーターベースで世界No,1企業を誇る会社です。
また、クラウドアプリケーションやプラットフォームサービス、エンジニアリングシステムが完全に統合された、業界唯一のフルスタックITソリューションを提供しています。

外資企業のため実力によっても年収が左右されるようですが、平均年収は1,031万円と高収入です。
日本オラクルには、幅広い業種向けのITコンサルタントの求人が出ています。

(出典:A-STAR IT業界の企業平均収入ランキング)

エンジニアの平均年収は483万円

エンジニアの平均年収は483万円

ここまでは、ITエンジニアの職種や企業別の平均年収についてご紹介していきました。
では、エンジニア全体の平均年収はどれくらいなのでしょうか?

「求人ボックス」によると、正社員の全体の給与幅は353〜965万円。
正社員の給料分布でボリュームが多いのは429〜506万円の水準です。

(出典:求人ボックス 給料ナビ ITエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報)

このデータからも、勤務先や経験、求められるスキルによって大きな差があることがわかりますよね。

高収入を目指すなら、トレンド感のある情報に目を向け、新しいスキルも取り入れていくことも大切です。
2021年に注目すべきIT業界のトレンドや情報収集の方法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

itトレンドのアイキャッチ画像 2021年注目すべきIT業界のトレンド4選!最新情報が得られるサイトも紹介します

エンジニア転職なら年収〇円アップも可能!
✔経産省認定の転職支援型プログラミングスクール【DMM WEBCAMP
✔プログラマーへの転職成功率98%! 最短3か月で正社員へ!
✔受講料最大56万円をキャッシュバック!

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

会社員エンジニアが年収を上げる方法4選

会社員エンジニアが年収を上げる方法

会社員として働いていると、安定した給料はもらえても劇的に収入アップをするのは難しいですよね。
「できれば、少しでも今より年収を上げたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこでここからは、会社員エンジニアが年収を上げる4つの方法についてくわしくご紹介していきます。

  1. スキルを磨く
  2. 交渉をする
  3. 転職をする
  4. フリーランスとして独立する

それではさっそく見ていきましょう!

1.スキルを磨く

ITエンジニアは、実力次第で年収を上げやすい職種です。
スキルを磨くことで仕事の幅が広がり、年収もアップしていけます。

また、エンジニアは扱う言語によっても年収が異なります。
以下に、プログラミング言語別の年収相場をまとめました。

  • Go:600万円〜1,600万円
  • Scala:600万円〜1,300万円
  • Python:575万円〜1,500万円

(出典:プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ)

プログラミング言語別の平均年収や給料アップの方法について、さらにくわしく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

itトレンドのアイキャッチ画像 2021年注目すべきIT業界のトレンド4選!最新情報が得られるサイトも紹介します

2.交渉をする

会社に直接給与交渉をするのも1つの方法です。

まずは、現在の自分のスキルやこれまでの実績を整理しましょう。
そのうえで、希望の給与金額を具体的に提示します。

もしも相場がわからない場合には、以下のような転職サイトの無料年収査定サービスを活用してみるのもおすすめです。

3.転職をする

中には、「今の職場で年収アップは期待できない」という方もいるでしょう。
それなら思い切って転職を考えるのも1つの方法です。

もしかすると、転職に対してマイナスなイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかし、転職をすることで年収アップの可能性以外にも、

  • 視野が広がる
  • スキルアップできる
  • 新しい人間関係を作れる

などのメリットもあります。

エンジニアが転職を成功させるコツについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

エンジニア 転職理由のアイキャッチ画像 エンジニアの転職理由5つを回答例つきで解説!転職を成功させるコツ5選も紹介

4.フリーランスとして独立する

会社勤めで経験やスキルを積んだら、フリーランスとして独立することを考えてみるのもおすすめです。

フリーランスのエンジニアになると、年収1,000万円以上稼ぐことも夢ではありません。
フリーランスになれば、自分で仕事の価格設定も行えるため高収入を目指せるのです。

フリーランスエンジニアの具体的な仕事内容や年収について興味がある方には、こちらの記事もおすすめです。

フリーランスエンジニアの平均年収は636万円

フリーランスエンジニアの平均年収は636万円

クリーク・アンド・リバー社が運営するクリエイターのための総合情報サイト「CREATIVE JOB」によると、フリーランスエンジニアの平均年収は636万円です。

(出典:CREATIVE JOB フリーランスエンジニアの平均年収)

フリーランスは人によって収入が大きく異なるため、調査資料によってもデータにばらつきがあります。
とはいえ、高い技術や経験によって年収も上がる傾向があることは確かです。

高年収を目指すなら、フリーランスとして働くことも考えてみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアの収入アップのコツや将来性についてくわしく知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアになる注意点3つ

フリーランスエンジニアになる注意点3つ

フリーランスになると、働き方や携わる仕事もすべて自分で決められます。
その自由な働き方はとても魅力的ですよね。

しかしフリーランスと会社員では働き方が大きく異なるため、事前に知っておくべき注意点があります。
ここからはフリーランスになる3つの注意点について、くわしく見ていきましょう!

1.収入が不安定

会社員なら毎月ある程度決まった金額のお給料がもらえます。
一方フリーランスとなると、仕事の量によっても収入が変動します。
このように、収入が毎月不安定になってしまう点はデメリットといえるでしょう。

とくに、フリーランスになって間もない頃には収入が不安定になりやすいです。
そのため会社員の間に副業としてフリーランスに挑戦してみるなど、安定を目指すための事前準備が欠かせません。

会社員の方がフリーランスとして副業をする方法について興味がある方は、こちらの記事も参考にしてください。

2.会社員と違い福利厚生がない

社会保険やセミナー受講など、会社員には魅力的な福利厚生がたくさんありますよね。
フリーランスは個人事業主となるため、会社員のような福利厚生が受けられない点もデメリットでしょう。

しかし、最近ではクラウドソーシング事業から福利厚生が受けられます。
たとえば、「ランサーズ」や「クラウドワークス」。

それぞれ利用することで、

  • クラウド会計の割引
  • 引越しサポート
  • 育児介護サービス

などの特典が受けられます。
気になる方は、公式サイトをぜひチェックしてみてくださいね。

「クラウドソーシングサービスって何?」という方は、こちらの記事を参考にしてください。

クラウドソージングは稼げない? クラウドソーシングは稼げない?サービス比較8選と仕事内容のおすすめ6選

3.雑務が増える

会社員なら、給料の支払いや税金関係の支払いなどを会社がすべて行ってくれます。
しかし、フリーランスになればこれらの手続きをすべて自分で行わなくてはいけません。

社会保険の支払いや確定申告の処理など、やるべきことがたくさんあります。
仕事をこなしながらこれらの管理や処理を行うのは大変な作業です。

フリーランスになってからやることの多さに後悔しないためにも、事前準備が大切になります。
フリーランスになるための手順や事前にやっておくべきことなどについて知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。

まとめ:エンジニアは高年収を稼げる可能性がある仕事

今回はITエンジニアの年収や収入アップの方法などについてご紹介していきました。

エンジニアは需要も高く、スキルや実績次第で高年収を稼げる仕事です。
ITエンジニアの平均年収は他の職種に比べても、高い水準を誇っています。

とはいえ、職種や勤める企業によっても収入が大きく異なるのも事実です。
実際に、エンジニアになったけど思ったよりも稼げないと感じている人もいるでしょう。

高収入を稼ぐためには、高いスキルや実績を身につけることが大切です。
これからのエンジニア必要なスキルや、スキルアップ方法について興味がある方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。