人間関係に失敗したらどうする?失敗を繰り返さないための7つの方法 | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

人間関係に失敗したらどうする?失敗を繰り返さないための7つの方法

「人間関係で失敗してしまってつらい」
「もう人間関係で失敗したくない」

と思うことはありませんか?

しかしそうは思っても、実際は何回も同じ失敗を繰り返すことが多くて悩んでしまいますよね。

では、人間関係での失敗を繰り返さないためにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 人間関係で失敗する人にはどんな特徴があるのか
  • 人間関係で失敗したらどう対処すればいいか
  • 人間関係での失敗を繰り返さないためにはどうすべきか

について詳しく解説します。

この記事を見れば良好な人間関係を保つ方法が見つかるはずです。

どのコミュニティでも人間関係がこじれがちな方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

なぜ私は人間関係で失敗する?うまくいかない人の5つの特徴

人づきあいで失敗しがちな人の特徴

人間関係がうまくいっていれば日々の生活は充実します。

ですので、人が生きていくうえで人間関係はとても重要です。

しかし中には、どうしても人間関係がうまくいかない人もいるでしょう。

そのような人間関係で、失敗してしまいがちな人にはいくつか特徴があります。

  1. プライドが高い
  2. 相手を見下してしまう
  3. 性格が自己中心的
  4. 言葉づかいが乱暴
  5. 周りに気を使いすぎている

ここでは人間関係で失敗してしまいがちな人の特徴を解説していきます。

人間関係がストレスと感じる方へ。5つの原因や対処法について解説

1.プライドが高い

プライドが高すぎるがゆえに、人間関係に失敗してしまうケースは少なくないでしょう。

プライドが高い人は「自分が一番正しい」と考える傾向があり、人とトラブルを起こす要因になりえます。

  • 自分を過大評価する
  • 周りに対して横柄な態度をとる
  • 自分のミスを認めない

といった自己中心的な考え方や態度で周りの人を不快にしてしまいます。

このように、プライドが高すぎることが原因で、周りが見えなくなり人間関係で失敗する可能性があるのです。

2.相手を見下してしまう

相手を見下してしまうという点も、人間関係で失敗する要因の1つといえるでしょう。

相手を見下すという行為は、比較的自分に自信がなく、周りから認められていないと感じる人が取りがちな行動です。

  • 自分より能力の高い人に嫉妬している
  • 周りを下げて自己肯定感を高めている
  • 自分が周りよりすごいと思っている

など、自分勝手な考えを持っているため相手を見下すという行為をしてしまうのです。

見下されることをよく思う人はいません。

そのため、そこからトラブルが発生し、人間関係で失敗する可能性があります。

3.性格が自己中心的

性格が自己中心的な人もトラブルを起こすケースが多く、人間関係で失敗しがちでしょう。

自己中心的な人は、自分を中心にして物事を考えてしまうのです。

  • 自分の意見を押しとおす
  • 周りの意見を聞かない
  • 自分の非を認めない

という自分勝手な行動をとるケースが多く見られます。

また、常に自分だ正しいと考え、人の価値観を理解しようとしない場合も多いため、人間関係で失敗してしまうのです。

4.言葉づかいが乱暴

言葉づかいが乱暴な人は、人間関係で失敗してしまう可能性が高いといえます。

私たちが良い人間関係を作るうえで、言葉づかいは重要です。

言葉づかいが乱暴な人と気持ちよく接してくれる人は少ないでしょう。

  • 人の気持ちが考えられない
  • 自分のことをより優れていると思っている
  • 環境に甘えている

上記のように、言葉づかいが乱暴な人は人に不快感を与える特徴を多くもつ傾向があります。

そのため、乱暴な言葉遣いは人間関係で失敗する要因の1つといえるでしょう。

5.周りに気を使いすぎている

人間関係で失敗をしてしまう要因として、周りに配慮しすぎている人も挙げられます。

周りに気を使いすぎる人は、自分に自信がなく、人からの評価を過剰に気にしてしまっているケースが見られます。

  • 自分の意見を言わない
  • なんでも周りに合わせる
  • 人に頼めない

というように、周りを気にしすぎる人は自分の思い通りの行動が取れなくなりがちです

そして周りからは「自分に自信がない人」「自分を持ってない人」とあまり良い目で見られなくなってしまいます。

こんなときは要注意!人間関係が失敗する5つのシチュエーション

人間関係を失敗しやすい場面

ひと口に人間関係での失敗といっても、そのシチュエーションはいくつも存在します。

相手の悪いところばかりに目がいき、相手のせいにしがちですが、どちらか一方だけが悪いケースは少ないでしょう。

多くの場合自分にも原因があるので、一方的に相手を責める言動をしてしまうと、余計に関係を悪化させかねません。

  1. 自分の話ばかりしてしまうとき
  2. マウンティングをしてしまうとき
  3. 必要以上に対立してしまうとき
  4. 自分の意見が求められているのにいえないとき
  5. メールやSNSの誤送信をしたとき

ここでは上記5つについて解説します。

1.自分の話ばかりしてしまうとき

自分の話ばかりしてしまうことが多い、という人は人間関係の失敗に注意が必要です。

人と人とがより良い関係を築くには、お互いの意見を理解しあいながら相手と会話を重ねていくことが重要になります。

相手のことを考えずに、

  • 自慢話ばかりする
  • すぐ話の腰を折る
  • 人の話は聞かない

など、自己中心的な会話は相手に不快感を与えます。

「気持ちを無視された」「この人は話を聞いてくれない」と疎遠になっても仕方ありません。

2.マウンティングをしてしまうとき

相手に対して必要なまでに自分の優位性を誇示したがる人がいます。

そのような行為はマウンティングと呼ばれ、人から最も嫌われる行為の1つです。

  • 自慢が多い
  • 人の悪口やイヤミをいう
  • 相手をバカにする

といった行動が普段から目立つ人は、マウンティングをしがちな人だといえます。

相手は会話のたびに不快な気持ちになり、徐々に人が離れていってしまうでしょう。

傾聴力はコミュニケーションに必要不可欠! 傾聴力はコミュニケーションに必要不可欠!身に着けるための方法とは?

3.必要以上に対立してしまうとき

人間関係での失敗してしまうシチュエーションとして、必要以上に対立してしまうというケースもあります。

必要以上に意見をぶつけあったために、言わなくても良いことまで言ってしまうことがあります。

人間関係で良い関係を築くには、節度をもって徐々にお互いを理解していくことが大切です。

人間関係でも失敗を避けたいのであれば、人との必要以上な対立をしないように心掛けましょう。

4.自分の意見が求められているのにいえないとき

はっきり自分の意見言えない人は、人間関係をうまく築けません。

自分の意見や本心を伝えてくれない人を、人はなかなか信用できないものです。

求められているのに自分の意見が言えないと、

  • 頼りない人
  • 自分に自信がない人
  • 自分を持ってない人

などと周りから思われて、次第に信頼されなくなってしまいます。

また、自分の意見をいわず、周りの意見に合わせ続けることから「八方美人」だと嫌われることもあるでしょう。

このように、自分の意見が求められているのにいえないと、人間関係で失敗することに繋がるのです。

5.メールやSNSの誤送信をしたとき

メールやSNSの誤送信で人間関係が壊れる人もいます。

中でも特定の人についての内容を第三者にメールで送ろうとしたところ、間違って本人に送信してしまうなどは最大のミスの1つでしょう。

また、グループでメールやSNSを利用していた場合、グループ内の特定の人に送ろうとしたメッセージがグループ全体に表示されてしまい、その内容が原因でトラブルになるケースもあります。

人間関係でのトラブルを避けるためには、メールやSNSの利用に注意が必要です。

人間関係に失敗して落ち込んだ時に覚えておきたい4つの切り替え方

人間関係で失敗した時の考え方

人間関係で失敗したときは落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし人間関係での失敗は誰にでもあるものです。

ですので、いつまでも引きずってくよくよ悩まず、気持ちを切り替えて次に進むことをおすすめします。

  1. 怒った失敗を受け入れる
  2. 人間関係は誰でも失敗するものだと考える
  3. 周囲に相談してみる
  4. 好きなことをして気分転換する

ここでは、人間関係で失敗して落ち込んだ際の気持ちの切り替え方を、上記4つに絞って解説します。

1.起こった失敗を受け入れる

人間関係で失敗して落ち込んだ時は、起こった失敗しっかり受け入れることが気持ちを切り替えるうえで重要な方法の1つです。

トラブルが起こった原因を相手になすりつけて「相手のせいだ」などという気持ちで過ごしいても、より大きなトラブルを起こしかねません。

そうならないためにも、

  • 自分も悪い部分があったのではないか
  • 次に失敗しないためにはどうすべきか
  • 相手への態度に間違いがあったのではないか

といった考えができるかが重要です。

自分の悪い部分をしっかり受け止め、失敗を次に活かすことが、失敗して落ち込んだ気持ちを切り替えることに繋がります。

2.人間関係は誰でも失敗するものだと考える

人間関係で失敗して落ち込んだ時は、その失敗したことをあまり気にしすぎないことで気持ちを切り替えることができます。

失敗して落ち込んでしまうのは仕方のないことですが、人間関係での失敗は誰でもするものです。

  • 人間関係では失敗はつきものだな
  • あまり気にしてもしょうがないか
  • 次に活かせばいいか

というように、深く考えすぎず、軽い気持ちで割り切ることが重要になります。

また良くなるさ」くらいの気持ちでいることでうまく気持ちが切り替えられるでしょう。

3.周囲に相談してみる

周囲に相談してみるというのも、人間関係の失敗で落ち込んだ時の気持ちの切り替え方法としておすすめです。

人に相談することで安心感を得られたり、冷静に対処できるようになったりすることがあります。

信頼できる人に、

  • 自分のしてしまったこと
  • 相手の対応
  • 考えている対処方法

といったことを話すことで「あなたは間違ってない」「謝るべき」など客観的な意見がもらえます。

このように周囲に相談することで、少しずつ気分が晴れていき、気持ちが切り替えられるでしょう。

4.好きなことをして気分転換をする

人間関係に失敗して落ち込んだ気持ちがなかなか晴れない時は、そのことを一旦忘れられるくらい好きなことに没頭してみましょう。

自分が悩んでいること以外に意識を向けることで、自然と気持ちを切り替えられます。

  • 家族との時間を多くとる
  • 友人と遊ぶ
  • 好きなスポーツや趣味に夢中になる

といった、自分が心から楽しいと思えることから始めてみると良いでしょう。

時間を忘れて没頭することで今まで何を悩んでいたのだろう」というポジティブな気持ちに切り替わるケースも多いのです。

人間関係に失敗してしまったときの3つの対処法

人間関係で失敗した時の対処法

人間関係で失敗した場合、相手のせいばかりにして何もせずに待っていても、関係が改善されることはありません。

ですので人間関係を改善させるためには、まず自分が変わることを心掛けることが大切です。

自分を見つめ直し行動に移すことで、相手の反応が徐々に良くなる事が期待できます。

  1. 自分に原因がないかを考えてみる
  2. 素直に謝る
  3. 自分から積極的に声を掛ける

ここでは、人間関係で失敗してしまったときの対処法について解説します。

1.自分に原因がないかを考えてみる

人間関係で失敗してしまった時は、まず自分に原因がないかを考えてみると良いでしょう。

片方だけが悪くてトラブルが起こることは少なく、大抵の場合お互いに問題があるケースが多いのです。

  • 自分の言い方は悪くなかったか
  • 相手にちゃんと敬意のある行動をとったか
  • 一方的な態度ではなかったか

など、相手ばかりに行きがちな目を自分に向け、過去の自分の対応をしっかり振り返ってみましょう。

もし少しでも自分の悪いところを見つけたなら、そこから少しずつ改善していく事で、相手との距離が縮まる可能性があります。

2.素直に謝る

まずは相手に素直に謝るというのも、人間関係で失敗した時の対処法の1つです。

トラブルになった時は、相手を責めてしまう気持ちもあるでしょう。

しかしそこで相手を責めて、またぶつかってしまっては一向に関係は修復できず、どんどんと距離が離れていってしまいます。

そうならないためにも、もし少しでも自分にも悪いところがあると感じたら、

  • 自分が悪かった
  • 気分を悪くして申し訳ない
  • 今後は気をつけます

というように、はっきりと自分から相手に気持ちを伝えることをおすすめします。

素直に謝ることで相手との距離も縮まり、人間関係が修復できるでしょう。

3.自分から積極的に声を掛ける

人間関係で失敗した相手に、自分から積極的に声をかけることで関係を修復する方法があります。

人間関係で失敗した相手とは、お互いに引っ込みがつかなくなり距離をおくことになるでしょう。

しかし、お互いを無視しつづけてしまうと人間関係がより悪化してしまう可能性があります。

  • 朝の挨拶する
  • 最近の調子を聞いてみる
  • 自分の近況を話してみる

など、自分の気持ちを少し抑えて、相手に気持ちよく話しかけてみることをおすすめします。

そうすることで、最初は嫌な顔押されるかもしれませんが、徐々に心を開いてくれ、人間関係の失敗に対処できるでしょう。

人間関係の失敗を繰り返さないために、日頃から心がけたい7つの行動

人間関係を失敗しないために日頃から注意すること

人間関係の失敗は、誰でも繰り返したくはありません。

しかし、失敗を活かさずに今までと同じような態度で相手に対応するとまた同じような失敗を繰り返し兼ねません。

もし失敗を繰り返したくないのであれば、日頃から相手と真摯な姿勢で向き合うことを心掛ける必要があります。

  1. 人の話を最後まで聞く
  2. 誰にでも公平に接する
  3. 感謝の気持ちを忘れない
  4. 思いやりを持って他人と接する
  5. 相手の意見を尊重する
  6. 自分の意見もしっかりと伝える
  7. 職場の人と普段からコミュニケーショをとる

ここでは、日頃から心掛けるべき行動について解説します。

1.人の話を最後まで聞く

人間関係の失敗を繰り返さないためにも、日頃から人の話をしっかり最後まで聞くと言う習慣をつけると良いでしょう。

話を聞いてくれない人や、すぐに話の腰を折ったりする人には、人からの信頼を得ることができません。

人は自分の話を聞いてもらうと、

  • 自分は一人じゃない
  • 自分には理解者がいる
  • この人なら心を開ける

というような思いから、ちゃんと話を聞いてくれる相手と良い関係を作りたいと言う気持ちが強くなり、その人を信頼するようになります。

このように、人の話を最後まで聞くと言う事が人間関係での失敗を避けることに繋がるのです。

2.誰にでも公平に接する

人間と言うのはその時の感情、また対峙する相手により態度がかわりがちです。

しかし、人間関係の失敗を繰り返さないためには、誰にでも公平に接するという心がけが重要になります。

  • 相手への興味を示す
  • 相手への敬意を表す
  • 上から目線にならないようにする

ということを意識し、自分の個人的な好き嫌いや相手の立場や年齢、性別などに惑わされずに、どんな相手でも常に丁寧な対応をするのです。

常に丁寧な対応をしてくれる人に嫌な感情を持つ人は少ないでしょう。

このように、誰にでも平等に接することは、人間関係の失敗を繰り返さないことに繋がるのです。

3.感謝の気持ちを忘れない

常に感謝の気持ちを忘れないということも、人間関係で失敗を繰り返さないために心がけたい行動の1つです。

相手に何かをしてもらうことは、けっして当たり前のことではありません。

感謝の気持ちを言葉にして伝えることで、

  • 人間関係がうまくいく
  • 自分の気持ちもポジティブになる
  • 相手からも感謝が返ってくる

など、気持ちが通じ合いお互いにとって良い環境に変化していくのです。

感謝の気持ちを向けられて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

人間関係で失敗を繰り返さないためには、感謝の気持ちを素直に相手伝えることをおすすめします。

4.思いやりを持って他人と接する

思いやりを持って他人と接するという点も、人間関係での失敗を繰り返さないための心掛けとして重要です。

思いやりの気持ちを人に持つには、まず人の気持ちを想像する事が必要です。

  • 相手は今どんな気持ちか
  • 相手を前向きにする言葉は何か
  • 相手が素直な気持ちで接してくれるにはどうしたらいいか

上記のような点を想像しながら人に接していくことで、少しずつ相手の気持ちを理解できるようになり、そして相手の望む行動が取れるようになります

その行動が相手を思いやることに繋がるのです。

5.相手の意見を尊重する

人間関係で失敗を繰り返さないためには、相手の意見も尊重することを心がけましょう。

自分の意見を聞いてくれない人や意見を否定する人に対して、人は好印象を持ちません。

もし自分とは違う意見だったとしても、

  • そう意見もあるのか
  • 自分の意見と違うけど面白いね
  • その意見も一理あるね

などと決して相手の意見を否定せず、寄り添う形で話をすることで、相手も心を開き、より良い方向に話が進むことでしょう。

6.自分の意見もしっかりと伝える

人間関係で失敗を繰り返さないためには、相手の意見を尊重する事が大切ですが、自分の意見もしっかりと伝えることも同じくらい大切です。

意見を聞くだけではなく、交換することではじめて人間関係を深められます

相手の意見を否定せず、

  • その意見はこういう風にしてみてはどうかな
  • 自分はこういう意見なんだけどどうかな
  • お互いが納得する意見はどこかな

というように、自分の意見もしっかりと主張できるようにしましょう。

簡単なことではありませんが、自分の意見をしっかりと相手に伝える事が人間関係での失敗を繰り返さないことに繋がるのです。

7.職場の人と普段からコミュニケーションをとる

職場での人間関係の失敗を繰り返さないためには、職場の人と普段からしっかりコミュニケーションを取っておく事が大切です。

コミュニケーションの有無は、人間関係だけでなく仕事の進捗にも大きく影響します。

コミュニケーションをしっかり取っておくと、下記のような事が期待できるようになります。

  • 仕事が円滑に進む
  • 困ったら助けてもらえる
  • お互いに高め合える

しかし人間関係で失敗した場合は、コミュニケーションが取りにくい雰囲気になってしまうこともあります。

人間関係がなかなか修復できずに悩んでしまい、体を壊してしまうケースもあるでしょう。

仕事ができる環境は今の職場だけではなく、ほかにも数多くあります。

そのためあまり深く悩んでしまう前に、人間関係を無理に我慢せず、転職も視野に入れることをおすすめします。

まとめ:人間関係の失敗は誰にでもある!気にしすぎず日頃からコミュニケーションを心がけよう

今回の記事では下記3つについて詳しく解説しました。

  • 人間関係での失敗は誰にでもある
  • 人間関係で失敗しても対処できる
  • 心がけ次第で人間関係の失敗はなくなる

まずは人間関係での失敗は誰にでもあるということを理解し、あまり気にしすぎないことが大切です。

そして相手を責めるより、自分の方に非がなかったかということを振り返り、まずは自分が変わろうという努力をすることが、気持ちの切り替えにつながります。

また日頃から相手としっかりコミュニケーションをとり、真摯な姿勢で向き合うことを心掛けましょう。

そうすることで相手との関係が改善され、失敗を繰り返さないことに繋がるのです。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点