人間関係の退職理由はどう伝えるべき?面接・退職時に気をつけたい伝え方5つのポイント | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

人間関係の退職理由はどう伝えるべき?面接・退職時に気をつけたい伝え方5つのポイント

「人間関係が退職理由のときは、転職面接でどう伝えたらいいだろう?」
「面接ではなぜ退職理由を聞かれるの?」

と思うことはありませんか?

人間関係が理由で退職したときは、転職の面接でどう伝えるべきか悩んでしまいますよね。

では、面接で退職理由をうまく伝えるコツはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 面接で退職理由を聞かれる理由
  • 人間関係の退職理由をうまく伝えるコツと参考になる例文
  • 退職理由を伝えるときに注意したい失敗例

について詳しく解説します。

この記事を見れば退職理由の正しい伝え方が必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

人間関係が原因で退職につながりがちな3つの理由

人間関係が理由で退職する人の心境

そもそも、ひと口に「人間関係の退職」といっても、さまざまな場面が考えられます。

上下関係が要因だったり、周囲の関係に亀裂が入ったなど、考えられる要素は多いことでしょう。

そこで今回は、以下の項目にフォーカスし、それぞれの項目を深掘りしていきます。

  1. 上司からのパワハラ
  2. 先輩・同僚とうまくいかない
  3. 社員間の競争が激しすぎる

以下で詳しく解説します。

1.上司からのパワハラ

人間関係で退職する人に多い悩みが、上司からのパワハラです。

  • 仕事のミスをいつまでも追求される
  • 無理難題なノルマを押し付けられる
  • 終業後も無理やり食事に付き合わされる

など、高圧的な上司との人間関係に悩んでいる人は多いでしょう。

上司は指導のつもりでも、度を超えてパワハラになっているケースは多く存在するものです。

仕事で怒られる時の対処法を7つ紹介!怒られやすい人と怒られにくい人の違いとは?

2.先輩・同僚とうまくいかない

先輩や同僚とうまくいかずに退職している人も、多く存在します。

  • 先輩社員に陰口をいわれる
  • 自分の仕事を押し付けられる
  • プライベートなことに過度に立ち入られる

などが一例です。

同僚との人間関係は、上司の関係とはまたちがうストレスにつながります。

「仕事以外のことで余計なストレスを抱えたくない」と考えて転職する人は多いのが実状です。

3.社員間の競争が激しすぎる

会社のノルマが厳しすぎると、社員間の競争が激しくなりすぎて人間関係がうまくいかないケースもあります。

  • 成果の奪い合いでみんなが敵になってしまう
  • 敵になると情報交換などもされなくなる

など、お互いが敵視している状態のため、人間関係がよくなるはずはありません。

本来は、悩みなどを相談しあえるのが同僚との健全な関係です。

社員競争が激し過ぎるとそれが実現できません。

仕事きつい 仕事がきついと思う7つの原因とは。起こりえる悪影響や対策についても解説

そもそも退職理由を聞かれるのはなぜ?面接でみられている3つの着眼点

オンライン面接で退職理由を聞かれる状況

転職の面接で、退職理由を聞かれるのには明確な理由があります。

退職理由をとおして、面接でみられているポイントは以下の3つです。

  1. 仕事に対する考え方を知るため
  2. 同じ理由で辞めてしまわないかを知るため
  3. 退職理由と志望動機の一貫性をみるため

前職の退職理由を知ることによって、応募者の考えや性格がよくわかります。

これらの着眼点を理解しておくことは、面接の際にどうやって答えればよいかを考える上でとても重要です。

それぞれの着眼点について、詳しくみていきましょう。

1.仕事に対する考え方を知るため

退職理由を聞くことで、応募者が仕事に対してどういう考えを持っているかがわかります。

  • 働く上で何を大切にしているか
  • その大切なことはこの会社で実現できるのか
  • 会社が求める人物像にマッチをしているか

など、応募者の考えと、企業側の考え方があっているかを面接官は重要視しています。

いくら優秀な人材でも、会社のカルチャー・スタイルとあわなければ、お互いに満足をえられません。

退職理由をとおして考え方を知ることで、ミスマッチを防ぐことがひとつ目のポイントです。

2.同じ理由で辞めてしまわないかを知るため

前職と同じ理由で辞めてしまわないかというポイントも、面接官は重視しています。

会社としては、なるべく長く働いてくれる人材を獲得したいと考えています。

そのため、応募者が退職を繰り返さないかという視点は多くの面接官が気にしているポイントです。

  • 仕事のノルマがきつかったから
  • 定時で帰れなかったから
  • 上司のことが嫌いだったから

たとえば、上記のような退職理由だった場合、面接官は「自分の会社でも同じように辞めてしまうのではないか」と感じるでしょう。

退職理由を答える際には、すぐ辞めてしまうと思われないような回答が大切です。

3.退職理由と志望動機の一貫性をみるため

退職理由と志望動機の一貫性があるかどうかは、応募者の意欲・考え方を知る上でとても重要なポイントです。

退職理由には、応募者が働く上で何を大切にしているかが表れます。

前職では実現できなかった大切なことが、この企業であれば実現できると考えて志望しているはずです。

そのため、退職理由と志望動機には明確な一貫性が存在するべきです。

  • 退職理由と志望動機がチグハグ
  • 一貫性があいまい

などの印象を受けると、面接官は以下のように感じるでしょう。

  • 本当の退職理由は別にあるのでは?
  • ほかの会社でもいいのではないか

退職理由を考える上で、志望動機との一貫性は重視したいポイントです。

人間関係の退職理由を的確に伝える5つのポイント

人間関係の退職理由を次の就職先で伝える様子

人間関係を理由に退職した場合、面接での退職理由の伝え方に注意が必要です。

面接で退職理由を伝える際に、重要な伝え方のポイントを5つまとめました。

  1. 人間関係の退職理由はそのまま伝えない
  2. 退職理由はなるべく前向きな表現に変換する
  3. キャリアプラン・志望動機へのつながりを意識する
  4. いわないことを決めておく
  5. 自信をもって堂々と話す

退職理由の伝え方を失敗すると、面接官にいい印象を与えられません。

ひとつずつみていきましょう。

1.人間関係の退職理由はそのまま伝えない

人間関係で退職したことは、そのまま伝えてはいけません。

  • 上司とうまくいかなかった
  • 上司からいつも怒られて精神的に疲弊してしまった
  • 同僚とのソリがあわず、仕事が進めづらかった

たとえば上記のように、人間関係の理由をそのまま伝えると、以前の上司が悪かったのか応募者の耐性が低かったのかがわかりません。

面接官は「この人はうちの会社でも同じようにやっていけないのではないか」と感じてしまうでしょう。

どんな職場でも多くの人間関係の中で仕事をしなくてはなりません。

そのため、人間関係の退職理由をそのまま伝えてしまうとデメリットが大きいのです。

2.退職理由はなるべく前向きな表現に変換する

退職理由を考える際は、なるべく前向きな表現に変換しましょう。

転職を考えているということは、多少なりとも前職への不満があることは面接官も理解しています。

ですが、それをそのまま伝えてしまうと、

  • 何にでも不満を言う人なんじゃないか
  • 後ろ向きなタイプなのかもしれない

など、いい印象を与えません。

なるべく前向きな表現に変えることで、同じ理由でも意欲のある人・前向きな人と感じてもらえます。

3.キャリアプラン・志望動機へのつながりを意識する

退職理由に、キャリアプランや志望動機と一貫性のあるつながりがあるかを意識しましょう。

  • 前職で実現できなかったこと=退職理由
  • 実現できなかったことを新しい環境で実現したい=志望動機

という形が、本来あるべき退職理由と志望動機の一貫性です。

退職理由とキャリアプラン・志望動機に明確な一貫性があると、面接官も納得しやすくなります。

前向きで意欲的な人物といういい印象も与えられるので、大切なポイントです。

4.いわないことを決めておく

面接では思いもよらぬ質問で、用意していた答えが足りないケースも想定されます。

慌てるとついボロが出てしまうこともあるでしょう。

そのため、最低限「これだけはいわないようにしよう」ということを決めておくのがおすすめです。

  • 上司と性格があわなかった
  • 仕事のノルマが高くて正直つらかった
  • 会社の雰囲気が単純にあわなかった

など、転職という大きな決断をする背景には、さまざまな理由があるでしょう。

そのなかには、面接で伝えるといい印象を与えない理由もたくさんあるはずです。

面接ではすべてを洗いざらい話す必要もないので、言うべきことと言わない方がいいことを明確に区別しておきましょう。

5.自信をもって堂々と話す

面接で伝えるべき退職理由を考えたら、あとは自信をもって堂々と話しましょう。

どんなに考えても、退職理由に関する質疑応答は最も話しづらい話題です。

そんなときに自信なさげに話してしまうと、

  • 本当は何かほかに理由があるのでは?
  • 嘘をついているのでは?

など、いい印象を与えられません。

ときには、自分の弱みを深掘りされるような質問が返ってくることもあるでしょう。

そんなときこそ自信をもって返答できれば、面接官もいい印象をもってくれるはずです。

退職理由を伝えるときにやってはいけない4つの失敗例

退職理由を伝えて失敗した人

退職理由に関する質疑応答は、転職面接で最も答えづらく重要な局面です。

そんな大事な局面で、これだけはやってはいけないという失敗例をまとめました。

  1. 嘘を言う
  2. いまの会社の愚痴や悪口を言う
  3. 暗いトーンで話す
  4. 不用意な発言をする

せっかく退職理由を考えても、上記のことをしてしまうと面接官はいい印象をもってくれません。

それぞれみていきましょう。

1.嘘を言う

人間関係の退職理由はそのまま伝えない方がいいですが、だからといってまったく嘘の退職理由をつくりあげるのは絶対やめましょう。

  • リアリティがなくなり面接官がピンとこない
  • 追求される質問でボロがでる
  • 転職できたとしても自分を苦しめる

などデメリットばかりです。

会社をやめるという大きな決断をする以上、前職に何らかの不満があったことは人間であれば当然です。

それらを嘘で隠してしまうと、多くの応募者をみている面接官にはすぐに見抜かれてしまうでしょう。

嘘をついたとわかればいい印象など与えられるはずもないので、嘘は絶対にやめましょう。

2.いまの会社の愚痴や悪口を言う

前職の会社の愚痴や悪口を言うのも絶対にやめましょう。

人と人との付き合いなので、会社に不満があるのは当然です。

ですが、それを面接の場で表に出せば、面接官は以下のような悪い印象をもちます。

  • 思い通りにいかない状況を会社のせいにする人
  • 不満を解消するために自分でアクションできない人
  • 新しい会社にも不満をもって同じようにすぐやめてしまう人

退職理由はネガティブな表現のまま口にせず、ポジティブな表現に変換することが大切です。

3.暗いトーンで話す

暗いトーンで退職理由を話すこともやめましょう。

  • 何かいえないことがほかにあるのではないか
  • 嘘をついているのではないか

など、自信がなさそうな印象を与えて、話に信憑性がなくなってしまいます。

話し方ひとつで、話の受け取られ方はまったく変わります。

自信がない人は、暗いトーンで話さないように練習してから面接にのぞみましょう。

4.不用意な発言をする

不用意な発言をしないようにも注意しましょう。

自分では前向きな言葉に変換していたつもりでも、面接官には誤解を与える可能性があります。

以下のような言葉は、不用意に使うと相手に誤解を与える恐れがあるので注意が必要です。

  • キャリアチェンジ → 在籍期間が短いから、単純に「挫折した」「中途半端」なのではないか
  • ステップアップ → 自分のことばかり考えて、会社に利益を還元するという視点がないのではないか

上記のような言葉を使うときは、誤解を与える余地がないかを見極めましょう。

人間関係が退職理由のときに使える2種類の例文

人間関係が退職理由の際に使える例文集

退職理由を考えるときは、嘘をつかずポジティブな言葉に変換することが大切です。

とはいえ人間関係が退職理由のときは、いい退職理由を考えるのも難しいでしょう。

そこで、以下のケースにあわせてそれぞれの伝え方の例文をご紹介します。

  1. 同僚とうまくいかなかった場合の例文
  2. 上司からパワハラを受けていた場合の例文

ポジティブに変換するポイントもあわせて紹介しますので、退職理由を考える際の参考にしてみてください。

それぞれご紹介します。

同僚とうまくいかなかった場合の例文

同僚とうまくいかなかった場合は、以下のようなポイントでポジティブに変換してみましょう。

  • 周囲と連携しながら、チームで仕事を達成したい
  • チーム連携により、個人の仕事ではできない大きな仕事にチャレンジしたい

上記をふまえて、以下のような例文をご覧ください。

【同僚とうまくいかなかった際の例文】

以前の会社は、各社員がそれぞれの判断・役割で動くことが多い職場でした。
そのため、個人プレーが重視されて、チームで協調して仕事に取り組むということがありませんでした。
そういった環境で個人の力を成長させることはできたと考えています。
なので、次は個人ではできない大きな仕事にチームで連携してチャレンジしてみたいと思い、転職を決意しました。

上記のような例文をベースに「チームで連携」「大きなチャレンジ」などのキーワードで志望動機を関連づけてみましょう。

面接官の納得度が高くなります。

上司からパワハラを受けていた場合の例文

上司からパワハラを受けていた人は、面接での退職理由の伝え方に悩んでいる人も多いでしょう。

パワハラを受けていた場合、新しい会社の人も納得してくれるはずなので正直に伝えても問題ありません。

ただし、以下のようなポイントを踏まえてポジティブな印象を与えましょう。

  • 同僚もパワハラを受けていた環境を変えるために、改善案を会社に掲示した
  • 上司の指示だけでなく自発的に仕事ができるようになりたい

上記をふまえて、以下のような例文が参考になります。

【パワハラを受けていた際の例文】

前職では上司の指示に従うことが絶対でした。
また、毎週の休日出勤を強制されるなど職場全体にパワハラも横行していたのも事実です。
そんな環境を変えようと改善案を会社に提出し直訴しましたが、残念ながら会社を変えることはできませんでした。

一方で、いままで自分は上司の指示に従ってしか仕事をしていなかったことに気付きました。
私自身もビジネスの基本的なことは身につけられたと考えています。
自発的に仕事に取り組める環境で、自分の裁量で仕事できるようになりたいと思い退職しました。

上記のような理由であれば、パワハラについて隠さずにポジティブな印象を与えられるはずです。

いまの会社を円満退職するための退職理由の伝え方5つのポイント

今の会社を円満に辞める方法

面接で退職理由をうまく伝え無事転職が決まったら、いまの会社を円満に退職することも大切です。

人間関係を理由に転職を決意した場合、退職理由を会社に伝えるのはとても難しいことです。

以下に、人間関係が退職理由でも円満退職できる伝え方のポイントを整理しました。

  1. 人間関係の退職理由はいわない
  2. 伝える時期を把握しておく
  3. 直属の上司に伝える
  4. 前向きな言葉・理由で迷いなく伝える
  5. 円満退職が難しいときは、退職代行サービスも検討する

新しい会社で気持ちのいいスタートをきるためにも、いまの会社を円満に退職できるかが大切です。

それぞれみていきましょう。

1.人間関係の退職理由はいわない

人間関係が退職理由の場合、それをいまの会社にそのまま伝えるのはやめましょう。

  • 社内でカドが立ち円満に退職できないばかりか、最終出社日まで気まずい日々が続く
  • 部署異動などによる改善提案がされ、引き止められる

など、メリットがありません。

改善提案をされると退職を迷ってしまうこともあるでしょう。

ですが、人間関係を理由に退職を申し出たことで、さらに働きづらくなる可能性も高いです。

円満に退職するためには、人間関係の理由は伝えないようにしましょう。

2.伝える時期を把握しておく

いまの会社に退職意思を告げるときは、伝える時期に注意しましょう。

  • 最低でも伝えなければいけない就業規則に定められた期限はいつか
  • 引き継ぎに十分な時間が確保できているか
  • 繁忙期や大規模プロジェクトが佳境のタイミングではないか

など、退職のタイミングを配慮することで、円満に退職できます。

これらのタイミングを無視してしまうと、

  • あいつは1番忙しい時期に辞めて会社を困らせた
  • ろくな引き継ぎ期間もなく無責任に辞めた

など悪い印象ばかりを相手に与えてしまいます。

社会人同士のマナーの観点で、いまの会社に配慮したタイミングを見極めましょう。

3.直属の上司に伝える

最初に退職意思を伝える相手は、直属の上司にしましょう。

また、必ず口頭で伝えることが大切です。

  • メールや電話で伝える
  • 直属の上司を飛び越して役員に伝える
  • ほかの管理職や同僚に伝える

など、社会人のマナーに反する伝え方は絶対にやめましょう。

上司も部下を管理する責任があります。

自分より先に誰かに伝われば困ってしまいますし、いい気持ちにはなりません。

円満に退職をするためにも、責任ある社会人として相手の立場を尊重した行動をとりましょう。

4.前向きな言葉・理由で迷いなく伝える

退職意思を告げるときは、前向きな言葉・理由で堂々と伝えましょう。

ネガティブな言葉・理由で自信なさそうに伝えてしまうと、

  • 迷っていると思われる
  • 改善提案をされる

など、引き止めにあう可能性があります。

  • 自分の夢だったあの業界に進みたい
  • 違う会社でも自分が通用するかチャレンジしてみたい

上記のような前向きな言葉で伝えると、上司も引き止めようがありません。

引き止める余地がなければ、無理な交渉にならず円満に退職しやすくなります。

5.円満退職が難しいときは退職代行サービスも検討する

ひどい会社や上司の場合、いろいろなことに注意しても円満に退職するのが難しいときもあるでしょう。

  • 退職を承諾してくれない
  • 嫌がらせを受けるようになった

このような場合は自分1人で話しあうのは時間もかかり、新しい会社にも入社日が決定できず迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

そんなときは退職代行サービスを検討しましょう。

退職代行サービスなら、退職のプロが会社との退職交渉をすべて代行してくれます。

長引く退職交渉は精神的に大きなストレスになるので、会社が退職に応じてくれないときは退職代行サービスを視野に入れてみましょう。

まとめ:印象をよくするためにも退職理由はポジティブな表現に変換すること

人間関係が退職理由の場合、転職の面接では伝え方に注意が必要です。

  • 人間関係の退職理由はそのまま伝えない
  • 退職理由はなるべく前向きな表現に変換する
  • キャリアプラン・志望動機へのつながりを意識する
  • 嘘や会社への愚痴は絶対にいわない
  • 自信をもって堂々と話す

ネガティブな印象を与えてしまうと、面接官にいい印象を与えられません。

いい印象を与えるためにも、退職理由はポジティブな表現に変換することが大切です。

ポジティブな表現で退職理由を伝えられれば、転職に成功し人間関係に悩んでいるいまの状況をすぐに変えられるはずです。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点