「人間関係はどうでもいい」と思うのは悪いこと?気にしなくてもいい理由を解説

2021.09.06
人間関係 どうでもいい

「職場の人間関係がどうでもよくなってきた」
「どうしたら職場の人間関係に悩まされずにすむのか知りたい」

と思うことはありませんか?

職場の人間関係は希薄になりがちですが、どうすればそんな人間関係から解放されるのか分かりませんよね。

そこで、今回は

  • 職場の人間関係をどうでもいいと思うようになるとどうなるのか
  • 職場の人間関係をどうでもいいと思えるために何をすればいいのか
  • 職場の人間関係に疲れてしまったら何をすればいいのか
について詳しく解説します。

この記事を見れば、職場の無駄な人間関係に悩まされなくなり、仕事にもっと気楽に取り組めるようになります。

人間関係に悩んでいる人はぜひ最後まで読んでみてください。

人間関係を「どうでもいい」と思える力は意外と大切な2つの理由

人間関係がどうでもいいと思えるのが大事な理由

人間関係をどうでもいいと思えることは悪いことではありません。

もちろんすべてがそうとは言い切れませんが、人間関係を無理に保ち、常に相手に近づこうとする必要はありません。

人間関係をある程度どうでもいいと思えることには、以下の2つの重要な意味があります。

  1. 深い付き合いになることで、人間関係悪化の招くリスクがあるから
  2. 親密になりすぎると、相手の反応が気になり仕事に支障が出るから
以下では上記の2つについて詳しく解説していきます。

1.深い付き合いになることで、人間関係悪化の招くリスクがあるから

相手に深く踏みこめばそれだけ、人間関係が悪化するリスクも高まります。

親密になることで、

  • 親密になる前には分からなかったお互いの嫌なところが見える
  • お互いが仲良くあろうとするために不都合な事実を隠す
  • 相手の個人的な社内トラブルに巻きこまれる
  • 社内の派閥争いに巻きこまれる
といったことが起こる可能性もあるからです。

人間関係は一般に距離感か近い方がよいとされていますが、職場では公私混同してしまいかえって居心地が悪くなることもありえます。

親密になって友人を増やしているつもりが、同時に敵も作っている可能性があるのです。

2.親密になりすぎると、相手の反応が気になり仕事に支障が出るから

職場の人間関係は、あなたの作業効率を落とすこともあります。

  • 他人に気を使いすぎて打ち合わせや会議で意見が言えない
  • 仲がいいからという理由で仕事の協力を頼まれて自分の仕事が進まない

こうなると自分の仕事に全力で取り組めませんし、いつの間にかストレスが溜まっていきます。

不要な気遣いはあなたを息苦しくさせる原因です。

上記のように距離が近すぎると、かえって相手の反応が気になり思うように仕事できなくなるといったデメリットもあります。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
LINEでカンタン予約!

人間関係がどうでもいいと思う人の特徴とは?5つの共通点を解説

人間関係に無関心な人の特徴

人間関係がどうでもいいと思う人には共通した特徴があります。

この特徴に心当たりのある人が人付き合いを重視しすぎると、人間関係の悩みや疲れによるストレスを溜めこみやすくなるでしょう

特徴を把握することは、自分に適した人との距離感を見つけるのにも役立ちます。

そのため、以下の特徴を把握しておきましょう。

  1. 自分の話をしない
  2. うわさ話や愚痴に興味がない
  3. 冷静で落ち着いている
  4. マイペースな人が多い
  5. 執着心が薄い

上記のような特徴を持つ人が相手との距離を縮めようとしても、ストレスが溜まるだけです。

以下では1つずつ詳しく見ていきます。

1.自分の話をしない

人間関係をどうでもいいと思うような人は自分から好んで話をしません。

周囲と深く関わりたいと思っていないため、わざわざ自分から話す気も起こらないからです。

とくに、自分の話をしたがらない人は以下のよう考えや態度を取ることが多いです。

  • 人の話を聞いても適当に相槌を打つ
  • 話を振られても嬉しいと思わない
  • 当り障りのないことばかり言う

上記のような人がかえって人間関係を保とうとして、無理をして喋ってもストレスが溜まるだけです。

人間関係をどうでもいいと考えている人は、自分のことをあまり話したがりません。

2.噂話や愚痴に興味を示さない

人間関係をどうでもいいと感じている人の多くは噂や愚痴に興味を示しません。

話に深く入りこまないことで、トラブルに巻きこまれる可能性を低くしようとしているのです。

例として、こうしたう噂や愚痴に興味ない人は

  • 相手から噂話を聞かされても何も感じてない
  • 相手の愚痴に対して聞くのが面倒だと感じている

といった特徴があります。

うわさ話や愚痴に興味がない人は、他人に興味を示さないことで人間関係のトラブルも避けているのです。

3.冷静で落ち着いている

いつも冷静で落ち着いていることが多い人は、あまり相手と深い関係になろうとしていません。

感情を表に出さないことは、

  • 他人から何かあったのか心配されたり、興味を持たれるのを防ぐ
  • 他人を巻き込まずトラブルに発展させない
といった効果があります。

こうした人は周りからもいつも態度が変わらい印象を持たれるため、自分はもちろん相手も好んで距離を近づこうとはしません。

感情の起伏が少ない人は、人間関係をそこまで重視しない人が多いのです。

4.マイペースな人が多い

他人に無関心な人は、周りを気にせず自分の好きなことをする人がとても多いです。

とくに職場でも以下のような態度を取る人はマイペースである可能性が高いです。

  • お昼休憩のランチや飲み会に誘われてもいつも参加しない
  • 会議や打ち合わせでも思ったことは気にせず言う
こうした人は仕事でもほかのことでも、自分のペースを乱されるとことを嫌います。

マイペースな人は自分の行動を制限されるような人間関係をまったく好まないのです。

【マイペースな人必見】向いている仕事の特徴と上手に働く5つのコツ

5.執着心が薄い

他人との人間関係を重視しない人は執着心も薄い人がほとんどです。

こだわりを持たずに相手と話せば、どうでもいい話などにせずに済み、相手と距離が縮まる可能性も低くなります。

こだわること自体が時間の無駄と捉え、とくに利益がなさそうな人間関係ならどうでもいいと思う人が多いのです。

人間関係がどうでもいいと思うことで得られる5つのメリット

人間関係をどうでもいいと思えることで得られるメリット

人間関係をどうでもいいと思うことには悪いことばかりではありません。

人間関係をどうでもいいと考えることで得られるメリットを知れば、今以上に気楽に物事を考えられるようになるでしょう。

人間関係をどうでもいいと思うことで得られるメリットは、以下の5つです。

  1. 人間関係のストレスが経減って仕事が楽になる
  2. 余計な付き合いが減り、自分の時間が増える
  3. 仕事に集中できて、効率性が上がる
  4. 自分のライフスタイルが守られる
  5. 周囲に振り回されることがなくなる
1つずつ解説していきます。

1.人間関係のストレスが減って仕事が楽になる

人間関係は仕事のストレスの大きな原因になるので、相手と距離を詰めすぎないことで、ストレスはかなり軽減されます。

人間関係を重視しすぎるがゆえに、自分の行動を制限してしまっている人は非常に多いです。

人間関係をどうでもいいと思えることで、

  • 会議や打ち合わせでも周りの評価や反応を伺うことなく意見を言える
  • 仕事を頼まれたりしても嫌われることもないため簡単に断れる
と、仕事に全力でのびのび取り組めます。

人間関係をもっと気楽に捉えることで、仕事の息苦しさも少なくなります。

2.余計な付き合いが減り、自分の時間を作れる

人間関係をどうでもいいと思えるようになると、仕事の付き合いが減り、自分の時間が増えます。

人付き合いについて無駄に考えなくてよいので、例えば下記のようなイベントに使う時間をすべて自分の時間に変えられるのです。

  • 行きたくもない飲み会や食事会
  • 休日に社員や同僚と行くゴルフ
もしあなたが人付き合いを重視して断れないままなら、こうしたイベントも行きたくないのに参加してストレスを溜めることにもつながるでしょう。

疲れたときにリラックスできたり、休日に自分の趣味に没頭できるのも人間関係を重視しすぎないからこそ可能となります。

3.仕事に集中できて、効率性が上がる

仕事の人間関係やどうでもいい人付き合いのことを気にしなくなると、目の前の仕事に集中でき生産性も高まります。

人間関係をあまり気にしなくていいので、

  • 営業で新規顧客を取れなかったら上司に怒られるのではないか
  • もっと資料を完璧に作成しないと誰かに嫌われるのではないか
などと考えずに済むようになるからです。

必要以上に他人の評価を考えたり、仕事に完璧を追求しようとしすぎると、かえって仕事の生産性は落ちますし、ストレスも溜まりやすくなります。

人間関係を気楽に捉えることは、目の前の仕事に集中するのにはプラスの効果をもたらすのです。

4.自分のライフスタイルが守られる

人間関係を重視しすぎない考えは、間接的に満足感を高められます。

理由は以下のとおりです。

  • 人と比較することが減り、自分のペースで物事をおこなえるから
  • 仕事でも他人の功績や業績を気にせず自分の目標に向かって取り組めるようになるから
仕事や日常生活のなかで、人間関係を持つということは常に比較や競争と隣り合わせにあるといえます。

そうなると、いつのまにか自分のペースを見失い焦って苦しくなったりしてしまうのです。

しかし、周りなどどうでもいいと思えることで、しっかりと自分の目標に向かってこつこつ取り組めるようになるものです。

その結果、自分のライフスタイルが他人によって脅かされることもなくなります。

5.周囲に振り回されることがなくなる

他人との関りを浅くすることで、周囲に振り回されるリスクも減ります。

例えば、

  • 会社で他人の仕事のトラブルに巻き込まれにくくなる
  • 派閥争いなどに関わらずにすむ
といった恩恵を受けられるでしょう。

そもそも他人はあなたがコントロールできるものではありませんし、そこに振り回されて思うように行動できなくなるのは時間も労力も無駄にします。

人間関係に縛られずどこにも属さないことで、周囲に振り回されることもなくなり、ストレスも軽減されるでしょう。


今の仕事がつらい…
もっとやりがいのある職場で働きたい…
そんな悩みを抱えるあなたに向けて【DMM WEBCAMP】では、プロのカウンセラーによる無料のキャリア相談を実施しています。
一人一人のキャリアの悩みにとことん向き合い、解決していきます!
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事が忙しい方でも気軽にカウンセリングを受けることも可能です!

LINEでカンタン予約!

人間関係がどうでもいいと思うことで起こる3つのデメリット

人間関係を蔑ろにしていたことで受けたデメリット

人間関係はどうでもいいとする考えには当然デメリットもあります。

人間関係を蔑ろにすることで、周囲の手を借りられない場面もあるはずです。

そのため、現状で人付き合いに嫌気がさしている人でも、ある程度はデメリットも把握しておきましょう。

人間関係をどうでもいいと思うことで起こる3つのデメリットは以下のとおりです。

  1. 人との信頼関係を構築しづらい
  2. コミュニケーション不足で仕事が上手くいきにくい
  3. 人との会話が続かなくなる
ここからはそれぞれを詳しく説明していきます。

1.人との信頼関係を構築しづらい

当然ですが、普段から周りの人との距離感を置きすぎていると、良好な信頼関係は築きにくいです。

会社は組織で動きますから、お互いの信頼関係が希薄すぎると仕事にならないこともありえます。

また、普段から信頼関係を構築できてないと

  • 困ったときに頼れる人がいない
  • 業績や営業件数が上がっても誰も祝ってくれない
  • 自分が部署などを異動になっても誰も気にしてくれない
といった状態になり、孤独を感じやすくなるものです。

自己責任とはいえ、やはり信頼できる人間関係が構築しづらいというのは人付き合いを軽視することによるデメリットといえるでしょう。

2.コミュニケーション不足で仕事が上手くいきにくい

人付き合いを軽視しコミュニケーションを怠ると、チームの仕事が滞ることもありえます。

チームで動くときに人付き合いに無関心である人は

  • 情報共有が遅れる
  • 上手くコミュニケーションがとれない
  • そもそもメンバーに選ばれなくなる

といった状況になる可能性も十分考えられます。

また、仮にチームで何かを成したときに、上司が普段からコミュニケーションをとらないあなたを積極的に評価してくれるとは考えにくいです。

人間ですから同じ仕事をこなした人でも、普段から関わってくれているほうを評価するのが当然でしょう。

このように、人間関係をないがしろにする思考はチームでの業務や、個人での評価にマイナスにつながることは十分にありえます。

コミュニケーション力とはコミュニケーション力とは?意味や高めるための10個の方法について徹底解説

3.人との会話が続かなくなる

人との関係をどうでもいいと考え、コミュニケーションを取らないでいると会話なども広げにくくなるものです。

普段なら人と距離感を置くために、何かに誘われても断るといったこともできますが、いつもそれが通用するわけではありません。

  • 会社の上司や同僚との少数で遠方への出張
  • 避けられない取引先との会食やゴルフ
上記のような場面で、普段からコミュニケーションを取らない人は会話がぎこちなくなり、悪い印象を相手に与えかねません。

少人数ならなおさら目立つでしょう。

このように、普段から人付き合いを軽視すると、いざという場面でうまく会話が続けられずに、損をすることは考えられます。

もう人間関係に悩まない!どうでもいいと思えるための5つの思考法

人間関係をどうでもいいと思える思考法

人間関係に疲弊しすぎた人は、これから紹介する方法を試してください。

人間関係をどうでもいいと思えるための5つの思考法は以下のとおりです。

  1. 他人は自分に興味がないことを意識する
  2. 自分の軸を持つ
  3. 他者の評価を気にしない
  4. 完璧主義にならない
  5. どうでもいいと思う自分を責めない
これらの考えを実践すれば、煩わしい人間関係もどうでもいいと感じられるようになり、もっと気楽に仕事などにも取り組めるようになります。

以下で詳細に解説していきます。

1.他人は自分に興味がないことを意識する

まず、人間関係をどうでもいいと思えるためには、他人はあなたに興味がないということを自覚しましょう。

そうすることで、あなたも他人の視線を気にしなくなり、気楽に仕事などに取り組めるようになっていきます。

他人が自分に興味がないと思えるようにするために、とくに以下の2つを意識するとよいでしょう。

  • 自分視点で相手の評価を考えることで相手のことなど意外と考えてないと再認識する
  • 今までの相手との関係を再度振り返ってみる
上記のようにすると、相手はあなたのことを真剣に考えているわけではなさそうだなと思えるようになります。

そうすれば、他人が自分に興味を持ってくれていると考えずにすみ、人間関係もどうでもよく思えてくるようになるのです。

2.自分の軸を持つ

周囲の意見に振り回されるようでは、なかなか無駄な人間関係も断ち切れません。

孤独になりやすくなる環境を自ら選ぶわけですから、人間関係をどうでもいいと思えるようになるためには、多少なりとも信念は必要です。

具体的には

  • 自分がもっとも大切にしていることは何か
  • 自分がしたくないことは何か
  • 自分が人付き合いを減らしてまで何がしたいか
といったことを考える必要があります。

上記のような自分の軸を持つことで、他人への過剰な関心も減っていき、必要以上の人付き合いもどうでもいいと思えるようになってくるでしょう。

3.他者の評価を気にしない

他者の評価に依存しなくなれば、人間関係もどうでもよくなるといえるでしょう。

他者の評価を気にしなくなると、人間関係から生じるストレスもかなり軽減されます。

いきなり他者の評価を気にしないようにするのは難しい方は、以下のことを意識しましょう。

  • 自分の目標を決めてそれに向けてのみ努力しようとする
  • 他人の期待に応えることを目標にしない
  • 自分の能力を高めることに重点を置く
そもそも他者の評価を気にするとは、あなたがまだ他人の期待に応えようとしたり、自分が成し遂げたいことを明確にできてない証拠です。

自分の決めた目標を達成する、または自分のスキルを磨くことに重点を置けば、他者の評価に関係なくあなたは成長していけます。

人間関係をどうでもいいと思えるようになるためには、他者の評価に依存しないように心がけることが重要です。

4.完璧主義にならない

人間関係をどうでもいいと思うようになるためには、完璧主義は捨てましょう。

完璧主義を捨てると、他人から与えられた仕事の細かすぎる部分を気にすることもなくなり、仕事もストレスなくおこないやすくなります。

完璧主義を捨てるためにすべきことは以下の2つです。

  • 加点方式で物事を考える
  • 1番になろうとせず自分なりの合格点を決めておく
上記のことを意識すれば、完璧主義も捨てられ、他人に対する関心やこうあってほしいといった理想も捨てることができます。

そうすれば、他人との関係ももっと気楽に捉えられるようになるでしょう。

完璧主義を捨てることは間接的に他人に無関心になれることに役立っているのです。

5.どうでもいいと思う自分を責めない

他人に対して無関心になることがよくないことだと考えていては、人間関係も思い切って割り切れません。

一定の距離を保つことに抵抗を感じていては、人間関係をどうでもいいと思いたいという理想と乖離してストレスも溜まりやすくなります。

自分を責めないためのコツとしては

  • 自分がどうして人間関係をどうでもいいと思いたくなったか
  • 自分が人付き合いをなくす目的は何か
を再確認することです。

そうすれば、自分が人に無関心になるには明確な理由があってのことだと改めて認識でき、自分を責めたくなる気持ちもなくなるでしょう。

職場の人間関係に疲弊したときにすべき5つの行動

職場の人間関係で疲れた時の行動

人間関係の悩みは放っておくとうつ病などにも繋がり、社会復帰が難しくなるのですぐに対処すべきです。

とくに職場の人間関係に疲弊している人はこれから紹介する方法を試みてください。

実践すれば、仕事の人間関係の悩みも緩和されるでしょう。

  1. まずは自分を優先して行動する
  2. 周囲に関する情報収集をやめる
  3. 転職などで環境を変えることを考える
  4. 個人の目標を決めて没頭する
  5. 仕事に何を求めているのかを明確にする
これらの方法は、即改善につながるものもあるのでおすすめです。

以下では1つずつ見ていきます。

1.まずは自分を優先して行動する

まずは行動の指針を自分中心に置くべきです。

あなたの抱える人間関係の悩みは、他人を優先しているのが原因の1つになっているのではないでしょうか。

こうした人は、まず自分のストレスが減るように自分優先で動いてみましょう。

自分優先で動くコツとしては、以下のようなものがあります。

  • 自分のしたいこと・したくないことを明確にする
  • 他人に頼まれたりしたときは1度でもいいから断ってみる
これらを実行できれば、いつの間にか自分を優先して動けるようになっているはずです。

自分を優先して動けるようになると、他人に振り回されないので仕事もはかどりあなたのストレスは軽減されるでしょう。

2.周囲に関する情報収集をやめる

周囲に関する情報をシャットダウンすることで、あなたの人間関係の悩みや疲れも減る可能性があります。

周りの人の情報を遮断することで

  • 自分とその人を比較してしまう
  • 確証もないその人の情報に振り回される
といったこともなくなります。

情報の遮断の仕方としては、

  • 無意味に他人に話しかけない
  • 周りの人の声に耳を貸さないようにイヤホンをして仕事をする
といったことが挙げられます。

入ってくる情報を整理して取捨選択することで、不要な情報に踊らされず仕事の悩みや疲れもなくなるでしょう。

3.転職などで環境を変えることを考える

そもそも会社やチームの雰囲気が自分に合ってないと感じるようなら転職も視野に入れるとよいでしょう。

環境があなたに与える影響は大きく、環境を変えるだけで人間関係の悩みやストレスから一気に解放されることも十分にありえます。

合わない環境に身を置き、コントロールできない他人のことで悩んで、精神と時間を消耗するのは非常にもったいないことです。

転職する際は

  • 転職エージェントを活用する
  • 人付き合いの少なそうな仕事を探してみる
といったことを意識するとよいでしょう。

今の職場で何年も働くのが無理そうなら早めのうちに見切りをつけて、環境をかえることをおすすめします。

4.個人の目標を決めて没頭する

あなたが社内の人間関係に疲れているのは、

  • 周りと自分を比較して焦ってしまう
  • 上司からの期待に応えようとする気持ち
が原因になっている可能性も高いです。

こうした原因による疲れは自分の目標のみに意識を向ければ、ほとんどなくなるでしょう。

そうすることで、

  • 社内で1番など取る必要もなく自分の目標を達成しさえすれば満足できる
  • 仮に目標を達成できなくても自分の成長にはつながったと納得できる
メリットも得られます。

周囲に振り回されず、自分の目標にのみしっかりと没頭すれば、人間関係によるストレスもなくなり仕事も楽しくなるでしょう。

5.仕事に何を求めているのか明確にする

あなたの仕事の目的は何か明確にしましょう。

社内の人間関係に悩んでいる人は仕事の目的がいつの間にか

  • 同僚と仲良くしたい
  • 上司から気に入られたい
といったものに変わってないでしょうか。

あなたにとって仕事の目的が何かをはっきりさせたとき、仕事の人間関係を円滑にするという目的は入っているのでしょうか。

おそらくほとんどの人の目的は

  • 生活のためのお金を得たい
  • 仕事にやりがいを感じたい
といった自分視点のものであるはずです。

もちろんこれらを達成したうえで人間関係も円滑にできれば、ベストかもしれませんが、まずは自分の仕事の目的を見失わないようにしましょう。

そうすれば、人間関係の優先順位もぐっと下がり、人付き合いによる悩みや疲れも少なくなるでしょう。

まとめ:職場の人間関係は「どうでもいい」と思えるぐらいの距離感が大事

人間関係をどうでもいいと思うことは決して悪いことではありません。

最低限の信頼を得られたら、あとの人付き合いはどうでもいいと思えるぐらいの距離感でいることも場合によっては大切です。

職場の人付き合いから解放されたい人は以下の3つを意識するとよいでしょう。

  • 周囲の評価や同僚との比較をせずに行動の指針を自分中心に置く
  • 仕事の目的をはっきりさせ自分の目標にむかって没頭する
  • あまりにも現状の人間関係が最悪な場合は転職も視野に入れる
上記のことを意識すれば、人間関係からの悩みや疲れからも解放され、仕事や生活の満足度はもっと高まるでしょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5