長期休暇が取りやすい仕事とは?業界や会社の特徴を5つに分けて詳しく解説 | WEBCAMP NAVI
【6月の受講枠も残りわずか】

長期休暇が取りやすい仕事とは?業界や会社の特徴を5つに分けて詳しく解説

フランスなどの海外では1ヶ月以上の休暇を取るのが当たり前だったりします。
とはいえ日本では、そんなに長い休みを取るのは現実的に難しいと考えている人も多いでしょう。

その中で、
「長い休みが取れなくて辛い」
「長期休暇が取れる仕事ってあるの?」
「長期休暇を取りたいっていったら周りの人に嫌われないかな…」
と悩んでいませんか?

「人生100年時代」といわれている現代で、生涯ずっと長い休みが取れないと考えるとしんどいですよね。

ただし、日本においても長期休暇を取りやすい業界があるのも事実です。
そこでこの記事では、

  • 長期休暇を取りやすい業界や企業の特徴
  • 長期休暇中に気をつけるべき行動
  • 長期休暇明けの注意点

などについて、くわしく解説していきます。

この記事を読めば、長期休暇が取りやすい仕事に転職を成功させるヒントが掴めるでしょう。
「長期休暇を取りたい」と悩んでいる方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

「ワークライフバランスがとれる職場に転職したい」と、思っていませんか?
そんな方は、転職でワークライフバランスを実現する方法についてくわしく解説しているこちらの記事もぜひ参考にしてください。

ワークライフバランス転職のアイキャッチ 転職でワークライフバランスを実現する方法とは?面接で使える回答例3つも紹介

長期休暇が取りやすい業界5つ

長期休暇を想像しているビジネスマン

どのような業界や仕事なら長期休暇を取りやすいのでしょうか?
ここではまず、長期休暇が取りやすい5つの業界をご紹介していきます。

  1. 銀行・金融業界
  2. 旅行業界
  3. 製造業界
  4. IT業界
  5. 人材紹介業界

それではくわしい内容を順番に見ていきましょう!

1.銀行・金融業界

1つ目は、銀行や証券、保険などの金融業界。
金融業界はカレンダー通り土日祝が休日であることが多いため、年間の休日数が多いです。

ただし、基本的にはカレンダー通りの営業であるため、お盆や年末年始の長期休暇はほとんどないでしょう。
その一方で、とくに大企業では連続して1週間ほどの長期休暇制度が整っている会社が多いのが特徴です。

また、銀行員は不正防止のために、必ず年に1回は1週間以上の連続した休暇を義務づけられています。

(出典:金融庁「主要行等向けの総合的な監督指針 」令和2年)

2.旅行業界

旅行会社や航空会社などの旅行業界も長期休暇を取りやすいです。

とくにパイロットやフライトアテンダントなら、ロングフライトの途中と後には必ず数日から1週間近い休日があります。
さらに、外資系の企業であれば長期休暇もかなり取りやすいでしょう。

また、社員割でお得に旅行ができるのも旅行好きな人にとっては大きな特典といえます。
ただし、職業や勤める企業によっても長期休暇を取れるかは大きく異なるため注意が必要です。

3.製造業界

食品や衣類など、さまざまな製品を作り販売する製造業界。
製造業界も企業によりますが、長期休暇が取りやすい業界です。

製造業は企業と取引する仕事(B to B)であるため、土日祝に休みが多い傾向があります。

ただし、企業によっては土日祝日が休みでない場合もあるので注意しましょう。
その場合は、土日祝日の代わりにゴールデンウィークやお盆、年末年始に長期休暇を取れるケースが多いです。

4.IT業

IT技術を用いてWebサービスの制作や通信サービスなどを行うIT業界。
IT業界は土日祝が休みで、年間休日が120日以上あるケースがほとんどです。

さらに、平均年次有給休暇の取得率はトップクラスの19.3日。
平均が18日ですので、一般的に有給休暇を取りやすい業界といえます。

(出典:厚生労働省 労働者1人平均年次有給休暇の取得状況)

近年勢いを増して成長をつづけているIT業界。
IT業界は深刻な人手不足が問題になっていることから、需要が高く将来性のある業界といえます。
IT業界に興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

it業界 魅力 IT業界の5つの魅力とは!プログラミング未経験者や文系出身でも活躍できる理由を解説

5.人材紹介業界

求職者と企業をつなげる人材紹介業界。
人材紹介業も基本的には、土日祝が休日であるケースがほとんどです。

ただし、勤める企業によっては土日祝にも転職希望者と面談したりなど、休日出勤を求められることも。
長期休暇は取りやすくても、残業が多い場合もあるため注意しましょう。

「今勤めている会社は休日数が少ない気がする…」と悩んでいませんか?
年間休日数が平均以下になってしまう原因や、その解決策についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

年間休日数は平均120日!平均以下になる理由と解消法とは?

長期休暇が取りやすい会社の特徴5つ

長期休暇が取りやすい会社の特徴

休日数が多いからといって、長期休暇を取れるかどうかはわかりません。
では、どういった特徴の企業なら長期休暇を取りやすいのでしょうか?

ここからは、長期休暇が取りやすい会社の5つの特徴をご紹介していきます。

  1. 有給休暇を義務付けている
  2. 長期休暇取得制度を導入している
  3. 祝日を休日にしていない代わりに連休をまとめている
  4. 年間休日が120日以上ある
  5. 繁忙期と閑散期の差が大きい

それでは順番に見ていきましょう!

1.有給休暇を義務付けている

2019年から労働基準法の改正により、有給休暇の取得が義務化されました。
「年に10日以上の有給休暇が付与されている労働者には、必ず5日間取得させなければいけない」という内容の制度です。

(出典:厚生労働省 働き方改革関連法のあらまし)

とはいえ実際の有給休暇取得率は、49.4%となっています。

(出典:厚生労働省 平成29年労働者1人平均年次有給休暇の取得状況)

そのため、実際には「体調不良や特別な事情がある場合にのみ有給休暇を消化する」という人が多いのが現実でしょう。

こういった現実があるからこそ、有給休暇を義務付けている会社を選ぶことが大切です。
転職を考える際には、有給休暇の取得率もしっかりとチェックしておきましょう。

2.長期休暇取得制度を導入している

企業によっては、長期休暇取得制度を導入している場合もあります。

長期休暇取得制度は「リフレッシュ休暇」といわれることも多いでしょう。
具体的には、一定期間の勤続年数を超えた社員に対して連続休暇を付与する制度です。

導入する企業によっても取得条件や日数などは異なります。
一般的には1週間程度であることが多く、勤続した年数が長い社員にほど多くの休暇が付与されるケースが多いです。

長期休暇を取得したいなら、このような制度を採用している企業に注目するとよいでしょう。
長期休暇制度を導入している可能性が高いホワイト企業について興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

【2021卒最新版】ホワイト企業ランキングTOP100!優良企業の特徴と見分け方6選!

3.祝日を休日にしていない代わりに連休をまとめている

企業によって、休日の取り方もさまざまですよね。
一般的には、以下2つのどちらかのケースであることが多いでしょう。

  1. 土日祝を休日としている
  2. 祝日ではなくゴールデンウィークや年末年始などにまとめて連休を取得できる

2番目の大型連休が取れるケースなら、毎年2〜3回ほどは長期休暇がある計算になります。
長期休暇を取りたいなら、このような企業を選ぶのも1つの方法です。

4.年間休日が120日以上ある

1年間の土日祝日を合わせると、約120日になります。
厚生労働省の就労条件総合調査によると、令和2年の労働者1人あたりの平均年間休日は「116日」です。

(出典:厚生労働省 就労条件総合調査 年間休日総数)

そのため、120日以上ある企業は休日が多い仕事だといえます。
休日が多い仕事なら、有給休暇と合わせて長期休暇を取りやすいでしょう。

5.繁忙期と閑散期の差が大きい

繁忙期は人手が必要になるため、どうしても休みづらくなるでしょう。
しかし、閑散期であれば長期間の休暇も取りやすくなります。

たとえば、

  • 旅行業界
  • 人材紹介業界
  • 不動産業

などは、繁忙期と閑散期がはっきりしている業界です。

とくに旅行業界は、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始といった大型連休がある時期と比べて、それ以外の時期の忙しさはかなり違いますよね。

このように、繁忙期があるだけでなく閑散期がある業界なら、まとまった休みを取りやすいといえるでしょう。

長期休暇を有意義に過ごすコツについて興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

長期休暇にやることのアイキャッチ 長期休暇にやること27選を紹介!有意義に過ごすためのコツ5つも解説

【社内編】長期休暇を取るときの注意点3つ

社内で長期休暇を取るときの注意点

連休には海外旅行に行ったり、好きな趣味に打ち込んだり…と長期休暇を楽しみに仕事を頑張っている人も多いでしょう。

しかし、長期休暇を取る際には注意点があります。
とくに、会社の全員が一斉に休むのではなく、個人的に長期休暇を取る際には一定のマナーが必要です。

では、どういったことに気をつけなければいけないのでしょうか?
ここからは、社内に向けた長期休暇を取るときの3つの注意点について、以下の通りにご紹介していきます。

  1. 早めに上司へ伝える
  2. 同僚への引き継ぎ・情報共有をする
  3. 繁忙期は極力避けて休む

それではさっそく見ていきましょう!

1.早めに上司へ伝える

長期休暇を取りたいときには、早めに上司へ伝えましょう。
とくに繁忙期の前後に長期休暇を取ろうと考えている場合は、早めに伝えることが大切です。
早めに申請しておけば、上司も配慮して繁忙期であっても長期休暇を取れる可能性があります。

しかし、直前になって申請すれば印象がよくないのに加えて、時期の変更を要請されるかもしれません。
休みたい日程が決まったら、なるべく早く上司に相談するようにしましょう。

2.同僚への引き継ぎ・情報共有をする

自分が休んでいる間に業務を行ってくれる同僚への引き継ぎや情報共有も忘れずにしておきましょう。

長い休みを取ると、少なからず周りの人に負担をかけてしまいます。
少しでも負担を減らすためにも、

  • 普段使っている資料の置き場所
  • 問い合わせが予想される取引先の連絡先
  • 進行中の仕事
  • 万が一のための自分の連絡先

など、必要な連絡次項を余すことなく伝えておいてください。

上司に伝えるのと同じように、同僚との調整や連絡・相談も早めに行うようにしましょう。

3.繁忙期は極力避けて休む

業界や職種によっては、繁忙期があらかじめ把握できるはずです。
何らかのトラブルや周囲への負担を減らすためにも、繁忙期は極力避けるのが正解でしょう。

また、繁忙期の前は準備などで忙しくなることも想定できます。
そのため、できるだけ繁忙期前も避けておくのが無難です。

繁忙期はもちろんその前の長期休暇の申請は、できるだけ避けるようにしましょう。

【クライアント編】長期休暇を取るときの注意点3つ

クライアントに向けた長期休暇を取るときの注意点

自分が長期休暇をとっている間は、普段担当しているクライアントの対応ができません。

クライアントによっては、いつもと違う人に対応されるのが不満に感じる人もいます。
場合によっては担当者が不在なことで、業務に支障が出てしまう恐れもあるでしょう。

不要なトラブルを避けるためにも、長期休暇を取る前には社内だけでなくクライアントにも対策を行っておく必要があります。

そこでここからは、クライアントに向けた長期休暇を取る前の3つの注意点を見ていきましょう!

  1. 自分の休暇を事前に伝えておく
  2. もしもに備えて代理の担当をつける
  3. 自分の緊急連絡先を伝えておく

1.自分の休暇を事前に伝えておく

事前に休暇の日程を伝えておけば、担当者がいないことを前提にクライアントは予定を立てられます。

クラアイントに迷惑をかけないためにも、休暇の日程が決まった時点で早めに伝えるのがマナーです。
直接伝えるのが難しい場合は、メールで伝えるようにしましょう。

長期休暇のお知らせメールの例は、次項でご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

2.もしもに備えて代理の担当をつける

もしものときに備えて、同僚や先輩に代理の担当をお願いしておきましょう。
そしてクラアイントに、代理の担当者の情報を伝えておけば、不要なトラブルを避けられます。

代理の担当者について、クライアントに伝えるべき内容は以下の通りです。

  • 担当者名
  • 部署名
  • 連絡先

もしもメールで伝える場合には、末尾に相手に理解を求める一文を書いて締めくくりましょう。

3.自分の緊急連絡先を伝えておく

万が一のトラブルに備えて、自分の緊急連絡先も伝えておきましょう。

休みに入る前に、「〇日から〇日まで不在にします。〇日には出社し、不在の間の連絡先は〇〇までお願いします。」と伝えておきます。

休暇を思いっきり楽しむためにも、事前の準備はとても大切です。
ここまで紹介してきた内容を、余裕を持って事前に行っておきましょう。

長期休暇のお知らせメール例文

長期休暇のお知らせメール例文

休暇の日程が決まったら、取引先や関係者に向けて休暇のお知らせメールを送りましょう。

とはいえ「どういった内容を書けばいいの?」と困ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。
そこでここでは、基本的な長期休暇のお知らせメール例文をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

件名:休暇のお知らせ

 

株式会社〇〇
〇〇部 〇〇様

 

いつもお世話になっております。
株式会社〇〇の〇〇です。

 

私事で大変恐縮ですが、本日は休暇取得のお知らせでご連絡致しました。
誠に勝手ながら、下記の期間休暇をいただきます。

・休暇期間:〇月〇日(〇)〜〇月〇日(〇)
・不在中の担当者:〇〇部・〇〇
・担当者連絡先携帯番号:000-0000-0000

 

 

私が不在の間、お問い合わせなどがございましたら、上記の〇〇部〇〇までご連絡くださいませ。

 

 

また、私の連絡先は000-0000-0000となります。
何かご用向きがございましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。

 

 

なお、休暇明けの出社は〇月〇日(〇)となります。
不在中、ご不便ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

=============
署名
=============

自身の都合での休暇の場合は、業務を引き継いでくれる担当者の連絡先などをしっかりと記載しておきましょう。

また、自分の緊急連絡先も記載します。
ビジネスメールで休暇を伝える際には、丁寧で柔らかい印象になるような文章を心がけましょう。

長期休暇明けに仕事が憂鬱にならないための過ごし方3つ

長期休暇明けに仕事が憂鬱にならないための過ごし方

長期休暇明けには、仕事が憂鬱に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
そこでここでは、連休明けの仕事が憂鬱にならないための3つの過ごし方を以下の通りにご紹介していきます。

  1. 規則正しい生活を心がける
  2. 体を動かしてリフレッシュする
  3. お酒を飲みすぎない

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1.規則正しい生活を心がける

連休中はついつい夜更かしをしたりと、不規則な生活を送ってしまう人も少なくないでしょう。

不規則な生活は体調を崩してしまう原因にもなります。
連休明けの憂鬱な気持ちに加えて体調不良が重なると、ますます仕事に行くの嫌になってしまうでしょう。

連休中でも仕事がある日と同じような、規則正しい生活を心がけることが大切ですよ。

2.体を動かしてリフレッシュする

運動はストレス発散や気持ちをリフレッシュさせる効果があります。

連休明けの憂鬱な気持ちを軽減させるためにも、ちょっとした運動をしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、

  • ウォーキング
  • 筋トレ
  • ヨガ

なら、今日からでも始められます。

心身の健康のためにも、できそうな運動から始めてみるとよいでしょう。

3.お酒を飲みすぎない

「次の日も休みだし、たまにはたくさんお酒を飲んでもいいよね」と、考える人もいるのではないでしょうか。
とくにお酒が好きな人にとって、休日の飲酒は大きな楽しみのひとつですよね。

しかし、お酒は脳内の幸福ホルモンとよばれるセロトニンの量を減らしてしまうため、不安な気持ちの原因になります。
お酒を飲みすぎることで不安感が増し、連休明けの憂鬱感を助長させてしまうのです。

適度な量なら問題ないですが、飲み過ぎには気をつけましょう。
連休明けの仕事へのやる気をアップさせる方法については、こちらの記事をぜひ参考にしてください。

連休明けが憂鬱な人へ。気持ちよく会社に行く7つの方法や読むだけでやる気が出る書籍を紹介

長期休暇明けに気をつけたいこと3つ

長期休暇明けに気をつけたいこと3つ

長期休暇明けにすぐに仕事モードに切り替えられればいいですが、なかなかそうはいきませんよね。

連休明けには、どうしても効率が落ちたり、ミスをしてしまったりと本調子を出せない人も少なくないでしょう。

しかしそれで周囲に迷惑をかけてしまうとあなたの評価を下げてしまう原因にもつながります。
そうならないためにも、事前に長期休暇明けに気をつけたいことを押さえておきましょう!

次の休みも取りやすくするためにも、ぜひ参考にしてください。

1.いつもより早く出社する

「長期休暇明け早々に遅刻や忘れ物をしてしまった」なんてことにならないためにも、いつもよりも早い出社を心がけましょう。

少しでも早く会社につけば、やるべき仕事を調整したりスケジュールの確認なども余裕を持って行えます。
30分でもよいので少し早めに出社して、いいスタートダッシュをきりましょう。

2.スケジュールを改めて確認する

うっかり忘れを防止するためにも、スケジュールの再確認をしておきましょう。

長期休暇の後では、いつもの業務もやり方を思い出すまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。
事前にスケジュールを確認して、やるべきタスクを整理しておけば仕事をスムーズに進められるはず。

連休明けの生産性を高めるためにも、スケジュールの事前確認は大切です。

3.積極的にコミュニケーションをとる

連休明けの仕事をスムーズに行うためにも、積極的に社内の人たちとコミュニケーションをとりましょう。
休暇中の連絡次項や引き継ぎなども抜け漏れがないようにしっかりと行います。

また、連休は社内の人たちの協力があるからこそ成り立ちます。
長期休暇明けには、職場の人に対しての感謝の気持ちや気配りも忘れないようにしましょう。

旅行に行ったなら、お土産を持っていくのもひとつの方法です。
「よかったらどうぞ」とお土産を持参していけば、コミュニケーションも取りやすいでしょう。

仕事で求められるコミュニケーションスキルや今すぐできる改善方法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

仕事コミュニケーション 仕事上のコミュニケーション上手とは!求められる3つの能力や10個の改善方法を紹介

どうしても長期休暇を取れない場合は転職も方法の1つ

どうしても長期休暇を取れない場合は転職も方法の1つ

休みが少なく仕事漬けの毎日では、どうしても疲労やストレスが溜まってしまいますよね。
疲れやストレスが溜まった状態では、かえって仕事の生産性も下がってしまうでしょう。

また、ひどい場合には心身に大きなダメージを受けてしまう恐れもあります。
とはいえ、勤める企業や業界によっては、長期休暇が取りにくい場合があるのも現実です。

どうしても長期休暇を取れないなら、転職や休職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。
退職して心身を休める期間を設けるのも1つの方法です。

自由な時間をスキルアップにあてれば、長期休暇を取りやすい企業に再就職を目指すこともできます。

中には、「どんなスキルを身につければいいかわからない」という人もいるかもしれません。
そんな人は、需要もあり将来性が高いプログラミングスキルの取得がおすすめ。

プログラミングスキルは、どのIT企業でも、どの国でも共通のスキルです。
また今後さらなるIT技術の進化が進み、専門知識を持つ人の需要が増えることが予想されます。
そのため、プログラミングを身につければ、今後の仕事の選択肢を増やすことにもつながるでしょう。

プログラミングに興味がある方は、習い事感覚でプログラミングスクールに通ってみるのもおすすめ。
プログラミングスクールが習い事に最適な理由やスクールを失敗しないコツについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

プログラミング 習い事のアイキャッチ画像 習い事にプログラミングスクールがおすすめの理由3つとは?失敗しない選び方も紹介

まとめ:長期休暇でリフレッシュすることは大切

今回は、長期休暇が取りやすい業界や仕事を中心にくわしくご紹介していきました。

連休を取り心身を休ませることで、また新たな気持ちで仕事を頑張れます。
仕事を健康的につづけていくために、長期休暇はとても重要なのです。

「今の職場では長期休暇を取りづらい」と悩んでいる方は、思い切って転職を考えるのもいいでしょう。
転職を成功させられれば、仕事が楽しくなり今よりもより毎日を充実させられるのではないでしょうか。
迷って転職をしないリスクや決断するべきタイミングについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

迷って転職しないリスクとは?決断すべきタイミングと5つの解決方法を徹底解説

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点