【HTML初心者入門】colspan 属性を使ってセルを結合する方法を解説! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

【HTML初心者入門】colspan 属性を使ってセルを結合する方法を解説!

みなさんはHTMLの学習をしていませんか?

今回の記事では<colspan>属性の使い方や注意点について紹介していきます!

連結するセルの水平方向の数を指定する

<th>タグ、<td>タグにcolspan属性を記述すると、セルを横方向に連結する(セルがまたがる列数)ことができます。

・学習におすすめの本を探している方は、「【初心者向け】htmlの学習におすすめの本12選!」の記事を参考にしてください。

書き方

colspan属性の値には、「連結するセルの数」を数字で指定します。指定しない場合の初期値は 1 になります。(連結なし)

<td colspan= "2">~</td>

注意点

以下のようなtable要素での指定があった場合、1行目の列数は「5列」ではなく「4列」になります。1行目はA,B,C,Dの4つの列しかありませんので、Bでcolspanを2に指定しても、あくまでテーブルの列の数は1行目の列の数できまりますので、無視されます。

<table border=1 width=50%>
  <tr>
    <td>A</td>
    <td colspan=2>B</td>
    <td>C</td>
    <td>D</td>
  </tr>
</table>

以下のように先頭が「5列」で明確なら、先ほどのcolspan指定は有効になります。

<table border=1 width=50%>
  <tr>
    <td>1</td>
    <td>2</td>
    <td>3</td>
    <td>4</td>
    <td>5</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>A</td>
    <td colspan=2>B</td>
    <td>C</td>
    <td>D</td>
  </tr>
</table>

・学習ステップを確認したい方は、【入門者向け】プログラミング初心者がHTMLを学ぶ6つのステップ」の記事を参考にしてください。

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>[TEST]colspan属性</title>
</head>
<body>
<table border="1">
  <tr>
    <td colspan="2">結合セル</td>
    <td>セル</td>
    <td>セル</td>
    <td>セル</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>セル</td>
    <td colspan="3">結合セル</td>
    <td>セル</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>セル</td>
    <td>セル</td>
    <td>セル</td>
    <td colspan="2">結合セル</td>
  </tr>
</table>
</body>
</html>
</body>
</html>

まとめ

初心者の方向けにcolspan属性を紹介していきましたが、いかがでしたか?

headタグはWebサイトを作成する上で基本となるタグですので、しっかり基本を抑えてくださいね!

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%