クリエイティブな仕事17選!ジャンルや向いている人の特徴も解説

2022.11.25
クリエイティブな仕事17選をジャンル別に紹介!

最近は、クリエイティブな仕事に注目が集まっています。

「自分もクリエイティブな分野で働きたい!」
「クリエイティブな仕事にはどんなものがあるの?」
「クリエイティブな仕事に就職する方法は?」

そんな気持ちを抱えている方も多いでしょう。

今回は、

  • 系統別クリエイティブな仕事
  • クリエイティブな仕事の働き方
  • クリエイティブな仕事に就く方法
  • クリエイティブな仕事に向いている人の特徴

などについてご紹介します。

「クリエイティブな仕事に興味がある!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

【デザイナー系】クリエイティブな仕事7選

カメラを構える人

さっそく、クリエイティブな仕事について知っていきましょう。

クリエイティブな仕事にはさまざまな系統があります。

系統ごとにクリエイティブな仕事を知り、あなたのキャリアの可能性を広げてみてくださいね。

ここでは、デザイナー系のクリエイティブな仕事7選をご紹介します。

  1. Webデザイナー
  2. グラフィックデザイナー
  3. イラストレーター
  4. ゲームデザイナー
  5. CGデザイナー
  6. 動画クリエイター
  7. フォトグラファー

それでは見ていきましょう。

1.Webデザイナー

デザイナー系のクリエイティブな仕事の1つ目は、「Webデザイナー」です。

Webデザイナーは、Webサイトの要素や配置、見た目などをデザインします。

具体的には、

  • Photoshop(フォトショップ)
  • Illustrator(イラストレーター)

などのデザインソフトを使って、Webサイトのデザイン画を作る仕事です。

さらに、「HTML」や「CSS」などの言語を用いてコーディングし、実際にWebサイトの構築まで手掛けることもあります。

クライアントがどのようなWebサイトを求めているのかをキャッチして、具体的な形にすることが重要です。

Webデザイナーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Webデザイナーは働きやすいって本当?Webデザイナーは働きやすいって本当?仕事内容から将来性までを徹底解説

2.グラフィックデザイナー

デザイナー系のクリエイティブな仕事の2つ目は、「グラフィックデザイナー」です。

グラフィックデザイナーは、広告や雑誌などのグラフィック(写真を主にした出版物)をデザインします。

基本的には、「Photoshop」や「Illustrator」などのソフトを使ってデザインを作り上げる仕事です。

デザインするものとしては、

  • 広告(チラシ)
  • 雑誌
  • ポスター
  • パンフレット
  • 商品パッケージ

などが挙げられます。

商品の魅力や意図が伝わるようにデザインすることが重要です。

最近では、Webデザインとグラフィックデザインの両方のスキルを持つ人も増えています。

3.イラストレーター

デザイナー系のクリエイティブな仕事の3つ目は、「イラストレーター」です。

イラストレーターは、オリジナルのイラストを描いてあらゆるシーンに提供します。

クライアントの要望に合わせながら、自分なりの個性を活かしたイラストが描ける仕事です。

描いたイラストは、

  • 広告
  • 雑誌
  • ポスター
  • パンフレット
  • 商品パッケージ

などに掲載・使用されます。

イラスレーターとして人気が高ければ、イラストの原画やイラストをプリントしたグッズ販売で収入を得ることも可能です。

最近では、アナログでイラストを描くだけでなく、デジタルでイラストを描く人も増えています

その場合は、基本的なイラストソフトを使いこなすスキルが必要です。

4.ゲームデザイナー

デザイナー系のクリエイティブな仕事の4つ目は、「ゲームデザイナー」です。

ゲームデザイナーは、ゲームのキャラクターや背景などの世界観をデザインします。

デザインするゲームは、

  • スマートフォンのゲームアプリ
  • パソコンゲーム
  • 家庭用ゲーム

など、さまざまです。

全体として、ユーザーが操作しやすく、楽しめるような工夫のあるデザインが求められます。

ゲームで登場するアイテムやメニュー画面など、こまかいデザインも担当するため、好きな人にとってはこだわりがいのある仕事でしょう。

作業範囲や仕事内容は現場によって異なるため、よく確認することが大切です。

5.CGデザイナー

デザイナー系のクリエイティブな仕事の5つ目は、「CGデザイナー」です。

CGデザイナーは、2Dや3DなどのCG(コンピュータグラフィック)を活用してデザインします。

活躍するフィールドとしては、

  • Webサイト
  • 映画
  • アニメ
  • ゲーム
  • 広告
  • 建築
  • 医療

などがあり、非常に幅広い場面でスキルを発揮できる仕事です。

CG制作の現場では、クオリティの高いCGを制作するスキルが求められています。

近年はあらゆる分野でCGビジュアルが起用されており、需要が高まっている状況です。

6.動画クリエイター

デザイナー系のクリエイティブな仕事の6つ目は、「動画クリエイター」です。

動画クリエイターは、YouTube動画やPR動画、CMなどの動画を撮影・編集・制作します。

次のような分野で活躍する仕事です。

  • アニメーション
  • ゲーム
  • Webコンテンツ
  • 広告

クライアントのニーズに応える最適な動画を制作する力が求められます。

近年は動画制作の需要が高まり、増えている仕事です。

7.フォトグラファー

デザイナー系のクリエイティブな仕事の7つ目は、「フォトグラファー」です。

フォトグラファーは、写真を撮影してあらゆるシーンに提供します。

主に、次のようなクライアントから依頼を受けることが多いです。

  • 新聞社
  • 出版社
  • 広告代理店
  • Webメディア

新聞や雑誌に掲載される写真、広告やWebメディアで使われる写真素材の撮影がメインとなります。

そのほか、ブライダルフォトなどシーンに特化したフォトグラファーの働き方もあるでしょう。

写真を撮影するだけでなく、「Photoshop」や「Lightroom」などの画像編集ソフトで写真を加工するスキルも求められます。

カメラや撮影条件、被写体を自然体で撮影するための知識なども必要です。


今よりも年収を上げたい
そもそも年収の高い職業にはどんなものがあるんだろう?
と思っている方に向けて!
DMM WEBCAMP【令和版】年収の高い職業ランキングをご紹介!
ランクインした職業の仕事内容、さらに独自にピックアップした【今後注目度の高い職種3選】など令和の職業事情を詳しく解説しています。

【文章系】クリエイティブな仕事5選

パソコンと向い合せで書き留めている人

デザイナー系のクリエイティブな仕事についてお伝えしました。
デザイナーといっても、あらゆる仕事があることがわかります。

次は、文章系のクリエイティブな仕事を見ていきましょう。

「文章を書くのが得意」「物語を作るのが好き」という方は、文章系の仕事が適しているかもしれません。

ここでは、文章系のクリエイティブな仕事5選をご紹介します。

  1. Webライター
  2. コピーライター
  3. 脚本家
  4. 編集者
  5. 小説家

さっそく見ていきましょう。

1.Webライター

文章系のクリエイティブな仕事の1つ目は、「Webライター」です。

Webライターは、Web上のあらゆる文章を書きます

主に、Webサイトに掲載される文章を書くことがメインです。

具体的には、

  • 企業の公式サイト
  • 自治体のホームページ
  • Webメディア

などの媒体で執筆することが多いでしょう。

読まれる文章の書き方が身についているだけでなく、Google検索でサイトが上位に表示されるようにSEO(検索エンジン最適化)の知識も必要です。

2.コピーライター

文章系のクリエイティブな仕事の2つ目は、「コピーライター」です。

コピーライターは、サービスや商品、ブランドなどのキャッチコピーを制作します。

コピーライティングが求められる場面は、

  • 雑誌
  • 新聞広告
  • インターネット広告
  • ポスター
  • テレビCM
  • 商品パッケージ

などさまざまです。

伝えたいことを効果的に表現し、見る人の印象に残るコピーを作ることが求められます。

ただメリットを伝えるだけでなく、そのサービスや商品を利用することでどんな体験が得られるのかを想像できるコピーにすることが大切です。

キャッチコピーによって商品の売上が大きく左右されるケースもあるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

3.脚本家

文章系のクリエイティブな仕事の3つ目は、「脚本家」です。

脚本家は、映画やTVドラマなどの脚本を書きます

オリジナルの脚本だけでなく、小説や漫画を原作としてリメイクした脚本を手掛けることもあるでしょう。

脚本家が活躍する場面には、

  • 映画
  • TVドラマ
  • 舞台
  • Youtube動画

などがあります。

脚本をもとに映像や舞台が作られるため、高い構成力や文章表現力が必要です。

脚本家は、最近では「シナリオライター」と呼ばれ、動画制作の現場で需要が高まりつつあります。

4.編集者

文章系のクリエイティブな仕事の4つ目は「編集者」です。

編集者は、小説や雑誌、Webメディアなどのあらゆるコンテンツを編集します

編集者が編集するのは、

  • 小説
  • 一般書
  • 漫画
  • 雑誌
  • Webメディア

などの媒体が中心です。

小説や漫画の編集では、小説家や漫画家と内容について話し合い、執筆の進捗管理をすることも少なくありません。

雑誌やWebメディアの編集では、「どのような記事を掲載するか」「特集ページをどうするか」などを検討して、ライターやカメラマンに記事を依頼します。

編集者は担当する媒体の目的に応じて、コンテンツを編集し、品質を保つことが重要です。

読者のニーズを汲み取り、「こんな本を読みたい」「こんな記事が読みたい」を形にできる仕事といえます。

5.小説家

文章系のクリエイティブな仕事の5つ目は、「小説家」です。

小説家は、オリジナルの小説を書いて発表します

自分で原稿を執筆し、出版社に持ち込む流れが一般的です。
出版社と契約を結んでいる場合は、納期ごとに原稿を提出します。

小説として出版されることもあれば、雑誌に連載として掲載されることもあるでしょう。

小説家の仕事だけで生活する人は少なく、ほかの職業と兼業で執筆するケースが多いです。

【ディレクター系】クリエイティブな仕事5選

お金をもとにアイデアを出す人

文章系のクリエイティブな仕事についてお伝えしました。
ライターだけでなく、脚本家や編集者という道もあります。

次は、ディレクター系のクリエイティブな仕事を見ていきましょう。

ディレクター系の仕事は、クリエイティブでありながら人や企画をまとめる能力が必要です。

「人を巻き込んで物事をすすめるのが得意」「スケジュール管理が好き」という方は、向いているかもしれません。

ここでは、ディレクター系のクリエイティブな仕事5選をご紹介します。

  1. プランナー
  2. Webディレクター
  3. 開発ディレクター
  4. クリエイティブディレクター
  5. 進行管理

それぞれ見ていきましょう。

1.プランナー

ディレクター系のクリエイティブな仕事の1つ目は、「プランナー」です。

プランナーは、Webサイトやアプリなどコンテンツの企画をします

クライアントの要望を聞き、最適な企画を提案する仕事です。

クライアントの要望に沿い、かつユーザーの求めているものと合致するような企画を生み出す力が求められます。

2.Webディレクター

ディレクター系のクリエイティブな仕事の2つ目は、「Webディレクター」です。

Webディレクターは、Web制作の現場でスタッフをまとめ、プロジェクト全体の進捗・品質管理をします

Web制作のプロジェクトのスタッフである

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • Webプログラマー
  • コーダー
  • カメラマン

などに指示を出して進捗を管理し、上がってきた制作物をチェックして品質を管理するのがメインです。

プロジェクトが完成するまでの責任を持ち、多岐にわたるマネジメントをする能力が求められます。

さまざまな相手と関わりながらプロジェクトを進めるため、コミュニケーション能力や調整力、スケジュール管理能力が必要です。

3.Webプロデューサー

ディレクター系のクリエイティブな仕事の3つ目は、「Webプロデューサー」です。

Webプロデューサーは、Web制作のコンセプトや予算、納期を決定・管理します

さらにプロジェクトスタッフの招集や、完成したWebサイトのプロモーションまで、全体的な責任を持つ立場です。

Webディレクターが現場で進捗や品質を管理するのに対して、WebプロデューサーはWeb制作プロジェクトの骨組みを整えて調整する役割になります。

営業力や広告手法、マーケティングなど幅広いスキルや経験が求められる仕事です。

4.開発ディレクター

ディレクター系のクリエイティブな仕事の4つ目は、「開発ディレクター」です。

開発ディレクターは、IT分野の開発現場でディレクションをします

ITエンジニアに指示を与え、開発を進める仕事です。

開発ディレクターとして働くには、開発における専門知識や現場への理解が求められます。

ITエンジニアからキャリアアップして開発ディレクターになるのが一般的です。

5.クリエイティブディレクター

ディレクター系のクリエイティブな仕事の5つ目は、「クリエイティブディレクター」です。

クリエイティブディレクターは、クリエイティブ領域の現場でディレクションをします

クライアントの依頼に応じて決定したコンセプトやアイデアに沿って、企画を立案し、チームを編成・指揮するのがメインです。

次のような業界で活躍します。

  • 広告業界
  • ファッション業界

あらゆるクリエイティブのプロジェクト現場において、各クリエイターに指示を与えながら進行する仕事です。

Webデザイナーからキャリアアップして、クリエイティブディレクターに就任するケースが多いでしょう。


最近話題の“フリーランス”について徹底解説!
「フリーランスってどこまで自由なの?」
「実際にどんな働き方をしてるの?」
といった疑問をDMM WEBCAMPが解決します!
これを機に、自分のこれからの働き方を考えてみませんか?

クリエイティブな仕事の働き方3つ

働く人々

ディレクター系のクリエイティブな仕事についてお伝えしました。
クリエイティブな仕事のなかでも、ディレクター系はより高いポジションとして知られます。

ここまで、あらゆる系統のクリエイティブな仕事を見てきました。

「実際にはどんな場所で働くの?」「どんな働き方があるの?」と気になる方もいるでしょう。

ここでは、クリエイティブな仕事の働き方3つをご紹介します。

  1. 広告代理店・Web制作会社
  2. 事業会社
  3. フリーランス

順番に見ていきましょう。

1.広告代理店・Web制作会社

クリエイティブな仕事をする人の多くは、広告代理店やWeb制作会社で働きます。

あらゆるクライアントから広告やWeb制作の案件を受注し、要望に沿ったコンテンツを提供するのです。

さまざまな案件に携われるため、実績を積み重ねやすく、クリエイターとしてスキルアップできることが魅力といえます。

さらに、クライアントのニーズを踏まえた提案力や、納期までに高品質なコンテンツを作る進捗管理の能力が身につけられるでしょう。

ただし、クライアントありきの仕事のため、厳しい予算や納期に追われてハードワークになることもあります。

2.事業会社

事業会社でクリエイティブな仕事に携わるケースもあります。

自社サービスや自社商品の提供、自社メディアの運営をしている会社で、社内のクリエイティブ分野を担当する働き方です。

基本的に自社のサービスや商品、メディアに携わるため、「クリエイティブ分野に深く向き合い」「長い目でコンテンツを成長させたい」というクリエイターには適しているでしょう。

自社の案件のため、予算や納期の融通がききやすいという特徴もあります。
良好なライフワークバランスで働きたい方には嬉しいですね。

ただし、携われるのは社内のコンテンツに限られます。
あらゆるクリエイティブの経験を積めないことには注意が必要です。

3.フリーランス

最近では、会社から独立してフリーランスとして働く人も増えてきました。

フリーランスは、会社や組織に所属せず、個人で案件を受注して収入を得る働き方です。

自分のスキルや実績を活かし、安定した案件獲得ができれば、フリーランスとして働けます。

フリーランスなら、自分がやりたい案件を選べる上に、働く時間や場所も自由に決められるのが魅力です。

まずは、広告代理店やWeb制作会社でスキルを磨き、ある程度の実績をつけて独立するといいでしょう。

クリエイティブな仕事に就く方法3選

オンラインスクールで学ぶ人

クリエイティブな仕事の働き方についてお伝えしました。
目的に応じて、働き方を選びましょう。

ここまで読んで、「さっそく、クリエイティブな仕事に就くために行動を起こしたい!」という方もいるかもしれません。

クリエイティブな仕事に就くための方法を知り、具体的な行動につなげましょう。

ここでは、クリエイティブな仕事に就く方法3選をご紹介します。

  1. 大学・専門学校
  2. スクール
  3. 独学

1つずつ見ていきましょう。

1.大学・専門学校

1つ目は、大学や専門学校に通う方法です。

時間や予算に余裕があるなら、大学や専門学校に通うことで、専門性の高い知識や経験を身につけられます。

クリエイティブな仕事にはさまざまな分野があるので、自分の興味がある分野を学べる学部や学科を選びましょう

大学や専門学校に通う場合は、2年間〜4年間の時間がかかります
時間がかかる一方で、クリエイティブな仕事に必要な能力を習得可能です。

2.スクール

2つ目は、スクールで学ぶ方法です。
世の中には、あらゆるクリエイティブ分野のスクールがあります。

スクールのカリキュラムによっては、会社で働きながらスキルを習得することも可能です。
知識を身につけるだけでなく、実績やポートフォリオを作れるものもあります。

学習期間は数ヶ月〜数年と、スクールによってさまざま。
ある程度の費用はかかりますが、効率良く学ぶにはおすすめです。

なかには、スキル習得から転職活動までを一貫してサポートしてもらえるスクールもあります。

自分の目的やライフスタイルに合ったスクールを選びましょう。

3.独学

3つ目は、独学で学ぶ方法です。

自分が興味のある分野について、次のような教材を活用して学びます。

  • 書籍
  • 学習サイト
  • 勉強会

長期的な計画を立てて、自分のペースで勉強したい人におすすめです。

ただし、独学はモチベーション維持が難しく、挫折しやすいリスクがあるので、注意しましょう。

クリエイティブな仕事に向いている人の特徴5つ

パズルピースを持つ人

クリエイティブな仕事に就く方法についてお伝えしました。
あなた自身の性格やライフスタイル、予算に合わせて選ぶといいですよ。

「クリエイティブな仕事に就きたいけど、本当に自分に向いているのかな」と不安に思う方もいます。

どんな仕事にも、向き不向きはあるものです。

事前に「自分はこの仕事に向いている!」とわかれば、安心して目指せますよね。

ここでは、クリエイティブな仕事に向いている人の特徴5つをご紹介します。

  1. コミュニケーション能力が高い
  2. スケジュール管理・調整が得意
  3. 向上心がある
  4. 発想力が豊か
  5. 流行に敏感

あなたに当てはまるものがあるかチェックしてみてくださいね。

1.コミュニケーション能力が高い

クリエイティブな仕事に向いている人の特徴として、コミュニケーション能力が高いことが挙げられます。

クリエイティブな仕事では、クライアントが持っているイメージやコンセプトを汲み取り、形にすることが大切です。

しかし、クライアントは具体的なイメージやコンセプトを持っていない場合も少なくありません。

クライアントの持つイメージやコンセプトを的確に引き出すには、高いコミュニケーションが求められます。

コミュニケーション能力については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

コミュニケーション力とは?10個の方法で磨きをかけて自分の武器にしよう!コミュニケーション力とは?10個の方法で磨きをかけて自分の武器にしよう!

2.スケジュール管理・調整が得意

クリエイティブな仕事に向いている人は、スケジュール管理や調整が得意という特徴があります。

クリエイティブな現場では、クライアントによる変更や修正が発生することもしばしばです。

ときには、急な変更や修正でも納期までに間に合わせなければならないこともあります。

臨機応変な対応が求められるため、常にゆとりのあるスケジュール管理が重要です。

スケジュール管理についてはこちらの記事もご覧ください。

スケジュール管理スケジュール管理のメリットや成功させる9つのコツ!おすすめのアプリも紹介

3.向上心がある

向上心があることも、クリエイティブな仕事に向いている人の特徴です。

クリエイティブ系の業界では、スキルや実績が重視されます。
さらに、次々と新しい技術や最新のトレンドが生まれている状況です。

そのため、常にスキルアップや最新情報をキャッチする姿勢が求められます。

クライアントの要望に柔軟に応えるには、豊かな知識や経験が欠かせません。

クリエイティブな仕事に就くことがゴールなのではなく、クリエイターとして向上心を持って取り組むことが大切です。

4.発想力が豊か

クリエイティブな仕事に向いている人は、発想力が豊かであることも特徴の1つです。

仕事では、クライアントのイメージに最適な創作が求められます。

もし、ありきたりな発想しかできなければ、クライアントの望む成果物を生み出せないかもしれません。

クリエイティブの現場では、革新性や独自性が重要です。

そのためには、これまでのクリエイティブにとらわれない、自由な発想力を発揮する必要があるでしょう。

5.流行に敏感

クリエイティブな仕事に向いている人の特徴として、流行に敏感であることが挙げられます。

どんなに優れたクリエイターであっても、トレンドがつかめていなければクライアントの望む仕事はできません。

多くの人の注目を集めるような優れた創作を生み出すには、

  • 最近はどんな言葉や言い回しが流行っているのか
  • 今年はどんなデザインがトレンドなのか
  • ここ数ヶ月で注目されているサービスは何か

などを把握しておく必要があります。

SNSやインターネット、雑誌などを通して、世界や国内におけるトレンドにアンテナをはることが大切です。

クリエイティブな仕事の魅力3つ

仕事をする人

クリエイティブな仕事に向いている人の特徴についてお伝えしました。
あなたのキャリアを考える参考にしてみてくださいね。

クリエイティブな仕事は大変な面もありますが、大きな魅力もあります。

クリエイティブな仕事の魅力を知ることで、理解がより深まるでしょう。
目指すためのモチベーションにもなるはずです。

ここでは、クリエイティブな仕事の魅力3つをご紹介します。

  1. 自分の作品をリリースできる
  2. 手に職がつく
  3. 副業や独立がしやすい

それでは見ていきましょう。

1.自分の作品をリリースできる

クリエイティブな仕事には、自分の作品をリリースできるという魅力があります。

世の中のたくさんの人に自分が生み出した作品を見てもらえるのは、大きな喜びです。

特にWeb系の作品なら、インターネットを通じて世界に広く発信されます。

また、紙媒体などの作品なら、自分が生み出した作品を世の中に形として残せるでしょう。

作品を通して世の中にインパクトを与えられ、誰かに影響を与えられる仕事です。

2.手に職がつく

クリエイティブな仕事の魅力として、手に職がつくことも挙げられます。

クリエイティブな仕事は、基本的にスキルが必要です。
身につけたスキルを活かして何かを作り出し、価値を生み出します。

手に職がつくことで、いざというときでもスキルを活かして仕事ができるのは強みです。

「自分には何のスキルもなくて不安だ」ということがなく、主体的にキャリア切り拓けます。

3.副業や独立がしやすい

副業や独立がしやすいことも、クリエイティブな仕事の魅力でしょう。

近年は、会社の仕事だけではなく、自分のスキルを活かして副業をしたり独立したりする人が増えています。

クリエイティブな仕事なら、身につけたスキルや知識を副業にそのまま活かせて、収入アップや実績獲得を実現可能です。

副業をすれば、仕事に対する視野が広がり、会社への依存度が下がります。
より自分の能力を発揮できる環境を見極められるようになるかもしれません。

自分自身にスキルや実績が積み重なれば、独立もできます。
働き方を柔軟に選べることは、大きな魅力ですね。

クリエイティブな仕事のつらい部分3つ

スケジュールミスが発覚した女性

クリエイティブな仕事の魅力についてお伝えしました。
自分なりの作品を生み出して仕事ができ、働き方の可能性が広がるのは素晴らしいことですね。

ただ、クリエイティブな仕事にも辛い部分はあります。
どんな仕事にも、大変なことはあるものです。

あらかじめクリエイティブな仕事の辛い部分を知っておくことで、ギャップが生じることを防げるでしょう。

ここでは、クリエイティブな仕事のつらい部分3つをご紹介します。

  1. 納期に追われる
  2. 勉強することが多い
  3. 体力が必要

詳しく見ていきましょう。

1.納期に追われる

クリエイティブな仕事は、納期に追われることがつらい部分といえます。

基本的には、クライアントから案件を受注して納期までに納品する流れです。

そのため、限られた時間で最大限の成果物を作らなければなりません。

特に、納期に余裕がなく厳しいスケジュールで仕事をこなさなければならない会社では、疲弊しやすいです。

常に納期に追われるため、人によっては精神的にも体力的にもつらいと感じるでしょう。

2.勉強することが多い

クリエイティブな仕事のつらい部分として、勉強することが多いことが挙げられます。

クリエイターとしてスキルアップするためには、仕事で関わること以外にも、普段からクリエイティブな分野について勉強しなければなりません。

具体的には、

  • SNSやインターネットでトレンドを把握する
  • 専門分野の本で学ぶ
  • デザインソフトのスキルを高める
  • 個人で創作物を作る

などがあります。

プライベートの時間でも、勉強時間を確保しなければならないのは、人によってはつらい部分といえるでしょう。

3.体力が必要

クリエイティブな仕事では、体力が必要なことがつらいと感じる人もいます。

仕事では、頭をフル回転させて創作に取り掛かります。
単純作業とは違って、自分にしかできない仕事である分、大変でもあるでしょう。

時間をかけて自分の手で作り出さなければならないので、完成までやり切る体力が必要です。

また、納期が迫っているときは、残業しなければならないときもあります。

納期が重なるような時期によっては、ハードな働き方になりがちです。

まとめ:クリエイティブな仕事はセンスよりもスキルが重要

今回は、クリエイティブな仕事についてご紹介しました。

「クリエイティブな仕事はセンスが必要」というイメージがあるかもしれません。

しかし、センスよりも重要なのはスキルです。

クリエイティブな仕事では、向上心を持って学び続けられる人が活躍しています。

「クリエイティブな仕事をしたい!」という方は、ぜひスキルを身につけることから始めてみてくださいね。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5