仕事でミスを起こさない人が実践している習慣を5つのシーンに分けて解説

2024.01.04
shigotodemisuookosanaihitogajissenshiteirushukan

「うっかりミスをして落ち込んでいる」
「ミスを未然に防ぐ方法が知りたい」

と思うことはありませんか?

頑張って仕事をしているつもりでも、うっかりミスをして上司に叱られてしまうことってありますよね。

では、ミスを起こさないためにはどんなことをすれば良いでしょうか?

そこで今回は、

  • 脳タイプでわかるミスを起こしやすいタイミングと対処法
  • ミスをしない人が取り入れている19個の習慣
  • ミスを防ぎながら効率化を図る仕事術

について詳しく解説します。

この記事を見ればミスをしない人が実践している習慣がわかり、未然に防ぐための対策がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 仕事でミスを起こさないために!脳タイプ別4つの対処法

ポイントを伝える男性

仕事でミスを起こさないためには、自分の脳タイプを知ることが大切です。

「どんなときにミスをしやすいのか」「ミスが増えた原因は何なのか」を知るだけで改善策が練れるため、ミスを起こさない習慣作りにとても重要なことです。

脳のタイプは大きく分けると4つに分類され、それぞれの型によって対処法が異なります。

  1. 集中力低下型
  2. ワーキングメモリ低下型
  3. 脳疲労型
  4. 脳の劣化型

まずは日頃のミスの原因を知り、ミスを起こさないための対策を立てるのに役立ててください。

4つの分類の中でも複合型の人もいるため、自分がどの分類に当てはまるのか見極めていきましょう。

1.ケアレスミスが多い人は集中力低下型

「データ入力でミスをした」「会議に持っていく資料を間違えた」など、ケアレスミスが多い人は集中力低下型の可能性があります。

集中力低下型の人は午前中は単調な作業をおこない、作業効率の悪い午後に複雑な作業をする傾向が強くあります。

集中力の高い午前中を有効活用することで簡単にミスが減らせるので、これから3つの対策を紹介します。

  • To Doリスト作成し、タスクを目で見えるようにしておく
  • 集中力の高い午前中のうちに、複雑な作業をおこなう
  • 脳が疲れないよう、午前中に余計な情報を入れない

To Doリスト作成の際はタスクを細かく分類すると「次は何をしよう」と考えずに作業がおこなえるので効果的です。

ケアレスミスを自覚している人は、午前中の集中力が高い時間を有効活用しましょう。

2.タスクが増えるとミスが増えるメモリ低下型

「一度に仕事を頼まれるとミスが増える」「締め切り直前はミスが多い」など、余裕がなくなるとミスが増えるのがメモリ低下型の特徴です。

ワーキングメモリと言われる作業領域は人によって異なり、生まれつき容量の少ない人は仕事でもミスを起こしやすくなってしまいます。

一度に複数のことを処理しようとするとミスが増えてしまうので、簡単にできる2つの対策を紹介します。

  • 複数のタスクを同時におこなわない
  • すぐにメモを取る

人間の脳はマルチタスクに向いていない構造になっているので、複数の作業を同時におこなうと処理速度が落ちてしまいます。

マルチタスクを避けるためにメモやTo Doリストを活用し、目の前の仕事を1つずつ片付けていきましょう。

3.急にミスが増える脳疲労型

「最近急にミスが増えた」「以前はしなかったミスが多い」など短期間でミスが増えた人は、脳疲労型である可能性が高いです。

睡眠不足や慢性的なストレスなど心と体のバランスが崩れたときに、脳内物質の分泌が低下してたことが原因でミスが増えてしまいます。

脳疲労の原因は人によって異なるため、思い当たるところから改善していきましょう。

  • ストレス解消を心がける
  • 規則正しい生活を送り、寝不足を避ける
  • ヨガやストレッチ、軽いウォーキングなどの運動で血流を促進する

このように、心身をリラックスさせると次第にミスも減っていくので、まずは生活習慣を見直しましょう。

最近はスマートフォンの使い過ぎが脳疲労の原因の1つだと言われているので、使用時間を決めるなどの工夫も効果的です。

4.物忘れが増える脳の劣化型

「頼まれていたことを忘れていた」「さっきまで覚えていたのに」など物忘れが増えた場合、脳の劣化が考えられます。

また、脳の劣化だけでなく考える習慣が不足したことで、近年は若い世代にも脳の劣化型が増えています。

意識的に脳を使うことで改善が見込めるので、これから紹介する3つの方法で脳を活性化させていきましょう。

  • 外国語の勉強をする
  • 利き手とは異なる手を意識的に使う
  • 料理やDIYなど手作業を増やす

近年はスマートフォンに頼りメモを取る習慣が減ってきてしまったため、識的に手作業を増やすだけでも脳が活性化されます。

外国語の習得は意識的に記憶力を増やすため、メモリ低下型にもおすすめです。

また、脳を活性化させたい方におすすめしたい勉強が「プログラミング」です。
自分もプログラミングを学習してみたいと思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。
また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。


知っていますか?IT業界は市場価値が高まっています!市場価値の高い業界で働くことで、現在より年収UPが可能です。

また、 ITスキルを身につけることで、どの業界でも必要とされる人材に成長できます!

【DMM WEBCAMP】のプログラミングスクールでは、未経験から最短3ヶ月でエンジニアとして転職が可能です。

DMM WEBCAMPでは転職成功率98%の転職コースを複数提供しています

✔︎︎︎企業が本当に求めるビジネススキルを優先的に取得可能!

✔︎︎︎︎キャリアカウンセラーとメンターがあなたの転職活動とスキル獲得を両面サポート‼

✔︎︎︎紹介可能企業は600社以上!?

IT業界に転職したい方はぜひご覧ください!

「今の仕事楽しくないなぁ・・・」

「IT業界に転職してみたいなぁ・・・」

という方、DMMが運営する「WEBCAMP エンジニア転職」をご検討してみてはいかがですか?

WEBCAMP エンジニア転職

「WEBCAMP エンジニア転職」では最短12週間でITエンジニアを目指すことが可能です!

WEBCAMPの卒業生は転職後に年収もUP!(例:年収250万円→500万円)

しかも今なら受講料の最大70%が給付金として支給されます

DMM WEBCAMPは経済産業省・厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付金制度の対象です

DMM WEBCAMPについてもっと詳しく

仕事でミスをしない人に共通する3つの習慣:ビジネス文書編

着実に仕事をこなす様子

仕事でミスをしない人はビジネス文章にも気を配り、ミスをしやすい場所をあらかじめ把握していることが多いです。

事前に対策を練ることでミスを大幅に減らせるので、ミスを起こしやすい場所をチェックリストにしておくのも良いでしょう。

ビジネス文章でミスをしない人に共通する、3つのポイントを紹介します。

  1. 単語登録機能を活用する
  2. ミスが多い場所を把握しておく
  3. レスポンスが早い

作業の効率化とともにミスを未然に防げるため、職場の仲間やクライアントから好印象を持たれるでしょう。

ビジネス文章でミスをしないための3つの習慣を、詳しく解説していきます。

1.単語登録機能を活用する

PCの単語登録機能を活用すれば事前にミスが防げるだけでなく、時間の節約にもなります。

社名や名前、敬称などは間違えやすいため、あらかじめ単語登録をして間違えない工夫をしましょう。

どのような文章を単語登録しておくべきなのか、具体例を紹介します。

  • よく使う冒頭や文末の挨拶
  • 送信相手の社名や名前、役職
  • 会社の住所やアドレス、連絡先

毎回使う文章はあらかじめ単語路登録しておくことでミスが減るだけでなく、作業スピードも上がります。

間違いがないかを確認する時間も確保できるので、よく使う文章をピックアップしておきましょう。

2.ミスが多い場所を把握しておく

ビジネス文章の中でもっともミスが多いのは日付や宛名の敬称で、間違えてしまうと相手に悪印象を与えてしまいます。

とくに文章を再利用する場合は注意が必要なので、どの部分を気を付けるべきかを把握しておきましょう。

クライアントにメールを送信する際に見落としやすい、5つの確認事項を紹介します。

  • 送信する宛先はあっているのか
  • 宛名の敬称は正しいか
  • ファイルは添付したか
  • 誤字脱字はないか
  • 正しい情報を伝えられているか

自分が間違えやすい場所を把握することで確認できるので、どんなときにミスを起こしやすいか自己分析してみましょう。

どうしても不安な場合は、チェックリストを作成することでミスを起こさないようになります。

3.レスポンスが早い

仕事でミスをしない人は期日に余裕を持って終わらせる人が多く、ビジネス文章でも同じことが言えます。

簡単なメールの返信に数日かけていたら、クライアントを怒らせてしまうかもしれません。

万が一すぐにレスポンスできない場合は、以下のように相手に伝えるだけでも印象が変わります。

  • 確認に時間がかかる場合は、あらかじめ〇日までに返信すると伝える
  • 担当に確認してから返信するなど、時間がかかることを相手に伝える

このように、しっかりと確認してから伝える姿勢は相手に好印象を与えるとともに、確認をしてから返信するためミスもなくなります。

「レスポンスが早い人は仕事ができる」と言われるほど重要なことなので、素早いレスポンスを心がけていきましょう。

仕事でミスをしない人に共通する7つの習慣:行動編

入念に確認をする様子

仕事でミスをしない人は行動にも共通点があり、さまざまな場面に気を配りながら仕事をしています。

ミスをしない習慣を取り入れていくだけで仕事がスムーズに進むので、どんな部分を気を付けるべきか紹介します。

  1. 全体像を把握している
  2. 事前に段取りを整えている
  3. 規則正しい生活を送っている
  4. チェックリストを活用する
  5. 必要な情報がメモをとる
  6. ミスを起こさない対策を立てている
  7. 視野を広げる努力をしている

この7つの項目を習慣化していけば確実にミスが減るので、仕事や日常生活に取り入れていきましょう。

それでは、ミスをしない人に共通する行動を詳しく解説していきます。

1.全体像を把握している

全体像が把握できないと、どのように仕事を進めていけばいいのかイメージしにくいものです。

全体像が把握できれば目的が明確になるため、仕事のどの部分がわからないのかがわかります。

手探りの状態で仕事を進めていくよりも効率が良くなるので、どのように業務を進めるべきか解説します。

  • 仕事の目的を明確にする
  • どのような手順でおこなうのかを決める
  • 実行する
  • 途中で進捗状況を確認する
  • 改善点があれば対処する

仕事の目的とゴールを明確にするだけで確実にミスが減るので、全体像を把握してから業務をおこないましょう。

慣れないうちは紙に目的とゴールを書き、どのように仕事を進めていくのか書き出す方法もおすすめです。

2.事前に段取りを整えている

「段取り八分、仕事二分」と言われるほど事前の段取りは重要で、きちんと段取りをすれば仕事の八割は完成していると言われています。

大きな仕事ほど段取りを整えておかなければミスを招く可能性が上がるため、事前にしっかりと段取りを整えておきましょう。

段取りを整えるのはミスを防ぐだけでなく、さまざまなメリットが得られます。

  • 上司や同僚、クライアントからの信頼を得られる
  • 作業効率が格段に上がる
  • 気持ちと時間に余裕が生まれる

このように、しっかりと段取りを整えてから仕事をすることで、落ち着いて作業がでるようになります。

段取りを整えるスキルは訓練で身につくため、段取りを整えられるようになれば仕事以外の場面でも役立つでしょう。

3.規則正しい生活を送っている

体調が優れないままでは集中できずにミスを招く可能性が上がるため、日々の健康管理も重要です。

体調不良以外でも、睡眠不足は脳の働きや集中力を低下させてしまうため、きちんと睡眠時間を確保しましょう。

  • 寝やすい環境を整える
  • 3食きちんと食事をとる
  • 適度な運動

このように、規則正しい生活を送っていると、時間と気持ちにゆとりが生まれます。

気持ちに余裕があれば慌てずに仕事がおこなえるため、冷静な判断ができるようになります。

4.チェックリストを活用する

慣れない仕事をしているうちは気を張っていても、慣れてくると気持ちが緩んでしまいミスをしてしまいます。

そうならないよう、ミスをしない人はチェックリストを活用し、どんなときでもいつもと同じレベルで確認できるようにしています。

ExcelやWordを使いチェックリストを作成してる人が多いので、作り方を紹介します。

  • 作業内容がわかるように、時系列で作成する
  • 重要な部分は強調し、一目でわかるようにする
  • 誰が見ても理解できるように書く

チェックリストを見ながら仕事を進めていくと進捗状況が一目でわかり、社内でも共有できます。

万が一ミスをしてしまった場合はチェックリストを更新し、同じミスを繰り返さないように工夫しましょう。

5.必要な情報はメモを取る

人間誰しもが話を聞いているだけでは忘れてしまうため、必要な情報はメモを取ることで大切な情報を聞き逃すことがなくなります。

会議資料の余白などではなく、スケジュール帳やメモ帳など紛失しにくいもの用意しましょう。

メモを取ることは必要な情報を覚えておくだけでなく、以下の3つのメリットもあります。

  • 真摯な姿勢が相手に安心感を与える
  • 手を書くことで脳が刺激される
  • 情報を整理する癖がつく

メモを取った日付や場所も記入しておけば、数日後に読み返したときでも何が書いてあるのか一目でわかります。

自分が読み返したときに理解できるであれば問題ないので、丁寧な言葉ではなく自分の言葉に変換してメモを取ると良いでしょう。

仕事を忘れる人がやるべき対策7選!メモの取り方やタスク管理の方法も詳しく解説仕事を忘れる人がやるべき対策7選!メモの取り方やタスク管理の方法も詳しく解説

6.ミスを起こさない対策を立てている

ミスが少ない人は二度と同じミスをしないように対策を立てているため、周りから「ミスをしない人」だと思われています。

まったくミスをしない人は1人もいませんが、ミスをしてしまった後の行動が重要になります。

  • ミスが起きた原因を考える
  • ミスを起こさないための対策を練る
  • わからないことは自分で対処せず、上司の指示を仰ぐ

このように、ミスの原因を究明し同じミスを繰り返さないように対策を練ることが、ミスをしない習慣へとつながっていきます。

次第にミスをしない人だという印象につながっていくので、まずはミスを起こさない対策を考えてみましょう。

7.視野を広げる努力をしている

仕事でミスをしない人は情報収集を熱心におこない、つねに視野を広げるためのアンテナを立て行動しています。

視野が広がれば自分とは異なる意見も俯瞰して捉えられるため、話し合いの場でも前向きな話し合いができます。

視野を広げる方法はたくさんありますが、日常生活の中に取り入れやすい方法から実践していきましょう。

  • 交流がなかった価値観や世代の人を話す
  • 新聞や雑誌、書籍で情報収集する
  • 未経験の分野に積極的に飛び込む

さまざまな意見を取り入れられる柔軟性はビジネスシーンにおいて必須のスキルなので、ぜひ取り入れる努力をしていきましょう。

また、広い視野を持つことはミスを未然に防ぐだけでなく、上司やクライアントの話題作りにも効果的です。

ほかにも、視野の強化の一環で「新しいことを始める」ということも大切です。
なかでも今は多くの方が「プログラミング学習」を始めているため、この記事をご覧のあなたも学習を検討してみてはいかがでしょうか。

もし効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールがおすすめです。
受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得することが可能です。
【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進められます。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問ができます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください!


プログラミングやパソコンを使って働きたい!

そのように考え、成長しているIT業界への転職を考えている方も増えてきました。

『IT業界に興味はあるけど、よくわからない…』
『パソコンとかそもそも苦手なのに私なんかにできるのかな』
『エンジニアって聞くけど難しそう』

反対にこのような声も聞く事があります。

そう考えている方は、一度ぜひ転職に成功したエンジニアの方のインタビューをご覧ください!

\プログラミングを学んで/
人生を変えた3名

インタビュー記事一覧 >

仕事でミスをしない人に共通する3つの習慣:整理整頓編

整理整頓をしている様子

ミスを起こさない習慣と整理整頓は関係ないように思えますが、仕事と整理整頓には密接な関係があります。

整理整頓ができる人は身だしなみやデスクなど細かいことにも気遣いができ、頭の中も整理整頓されていると言われているからです。

ミスをしない人が整理整頓している、3つの場所があります。

  1. 身の回りを整理整頓している
  2. 不要なものはデスクに置かない
  3. PC内の不要なファイルは削除する

この3つを整理整頓するだけで必要な情報をいつでも引き出すことが可能になるので、ぜひ取り入れていきましょう。

それでは、仕事でミスをしない人の整理整頓術を、1つずつ解説していきます。

1.身の回りを整理整頓している

「デスクが整理整頓できている人は仕事もできる」と言われるくらい、仕事において重要なことです。

デスクが汚い人は、たいていカバンの中身や引き出しなど身の回りすべてが整理されていないことが多いです。

整理整頓ができないと書類や資料の場所がわからず、探すだけでも時間がかかってしまいます。

  • カバンの中からすぐに必要なものを取り出せる
  • 大事な書類を紛失するリスクをなくす
  • 探す手間がかからずに効率が良い

このように、身の回りを整理整頓するだけで必要なものや情報をすぐに引き出せ、作業効率も良くなります。

整理整頓が苦手な場合、断捨離もかねて物を手放せば整理しやすくなるので、まずは片付けから始めていきましょう。

2.不要なものはデスクに置かない

仕事でミスをしない人はデスクに余計なものを置かず、作業に集中できる空間を整えています。

不要なものがデスクにあるだけで集中力が低下し、脳に余計な情報を与えるため作業効率が下がってしまうからです。

デスクがきれいだと素早く仕事に取り掛かれるだけでなく、以下のようなメリットがあります。

  • 探し物をする時間の節約
  • 大切な資料の紛失を防ぐ
  • 集中力が上がる

自分の中で定位置を決め、退社時に戻す癖をつければデスクの上が汚れません。

出社時にデスクの上が整っていれば気持ちよく1日のスタートを切れるので、集中して作業をおこなえるでしょう。

3.PC内の不要なファイルは削除する

整理整頓は身の回りやデスクだけでなくPCも同様で、不要なファイルを削除するだけでも作業効率が変わります。

重要でない画像や過去のファイルなど、過去と現在使用しているものが混在している状態はミスを招いているようなものです。

最悪の場合重要なファイルを削除してしまう恐れもあるので、ファイルの整理整頓術を紹介します。

  • 用件ごとにフォルダを分ける
  • ファイル名は日付や内容を入力する
  • 自分なりのファイル格納ルールを決める

不要なファイルを削除すれば目的のファイルがすぐに見つかり、作業効率が格段に上がります。

PC内の空間がすっきりすれば前向きに仕事に取り組む環境が整うので、こまめに削除していきましょう。

仕事でミスをしない人に共通する3つの習慣:コミュニケーション編

コミュニケーションを取って入念にチェックする様子

仕事でミスをしない人はコミュニケーション能力が高く、良好な人間関係を築くためのビジネスシーンで必須のスキルです。

さまざまな人が関わりながら仕事をしていくため、自分1人だけで仕事を完結できるわけではありません。

仕事でミスをしない人は周りの協力し合ってことだと自覚しているため、以下の点にも気を配っています。

  1. 報告・連絡・相談を徹底している
  2. 周りと協力して業務を進める
  3. ときには「できない」と断る

コミュニケーションを取りながら情報を共有することで認識のずれをなくし、ゴール像を共有することが大切です。

どのようなコミュニケーションを取ればいいのか、1つずつ解説していきます。

1.報告・連絡・相談(報連相)を徹底している

仕事でわからない点やあいまいな部分を確認することで、ミスを引き起こす可能性を減らせます。

こまめに上司に相談し進捗状況も報告することで、ミスが起きた場合でも仕事への影響を最小限に抑えられます。

報連相にはそれぞれに役割があるので、徹底しましょう。

  • 仕事の進捗状況を伝える「報告」
  • 情報や予定を伝える「連絡」
  • 問題が生じた場合は指示を仰ぐ「相談」

報連相を徹底することで1人では気付かないミスも発見でき、状況に応じた対策をチーム全体で考えられるようになります。

報連相ができる人は職場で評価が上がるので、積極的に取り入れていきましょう。

2.周りと協力して業務を進める

「ミスをしない人は仕事ができる」という印象を持ってしまいますが、周りと協力することでミスを防いでいます。

ミスをしない人は周りの協力あっての仕事だということを理解しているため、自分がすべきことと周囲に頼ることを使い分けています。

良好な人間関係が築けると「あの人なら協力したい」と助けてくれるため、以下を参考に周りの人に頼ってみましょう。

  • どのようなことを頼りたいのか具体的に説明する
  • 仕事に本気で取り組んでいる姿勢を見せる
  • サポートしてくれた人への感謝の気持ちを忘れない

協力しながらプロジェクトを進め、信頼関係を築いていくことがミスをしない習慣へとつながっていきます。

相手のことを気にかけながら仕事をしていると自分がピンチのときに手を差し伸べてくれるものなので、良好な人間関係を心がけていきましょう。

3.ときには「できない」と仕事を断る

仕事でミスをしない人は全体像を把握できているため、自分が「できること」と「できないこと」の区別をしっかりとつけています。

そのため、無理な作業を安請け合いはせず、断る勇気を持っています。

仕事を断るときでも相手へ依頼してくれたことへの感謝を忘れずに、上手に断りましょう。

  • できない理由をていねいに伝える
  • 代替案を提示する
  • 受け入れられる時期を説明する

このように、取り組みたい気持ちを示しつつも丁重に断ることで、相手は納得してくれるものです。

できないことを引き受けてミスをしてしまうより、ビジネスの必須スキルとも言われる断り方を習得していきましょう。

仕事でミスをしない人に共通する3つの習慣:スケジュール管理編

スケジュール管理

スケジュール管理ができると生産性が上がり、気持ちと時間に余裕を持ちながら働けます。

計画的にスケジュールを管理することでミスや期限超過が防げるので、スケジュール管理術を身につけていきましょう。

気持ちと時間に余裕を持つための、3つのスケジュール管理術を紹介します。

  1. 優先順位を決めて仕事に取り組む
  2. 隙間時間を有効活用している
  3. 提出物は期限に余裕をもって終わらせる

タスクごとの所要時間を知ることで簡単にスケジュールを管理できるようになるので、日頃から仕事が完了するまでの時間を把握しておくことが重要です。

ミスを起こさないためにはどんなスケジュール管理をすればいいのか、詳しく解説していきます。

1.優先順位を決めて仕事に取り組む

仕事でミスをしない人は全体像が把握できているため、そのうえで優先順位を決めていきます。

そうすることで「次に何をすればいいのかわからない」という状態に陥ることなく、効率的に仕事をこなしていけます。

緊急性と重要性を踏まえたうえで仕事をすれば作業効率が上がるので、優先順位の決めて仕事を取り組みましょう。

  • 緊急性があり重要な仕事
  • 緊急性はないが重要な仕事
  • 緊急性と重要性が低い仕事

このように、緊急性と重要性が高い仕事から片づけていくことで、効率的に業務が進めらます。

慣れてくれば空いた時間に他のタスクもこなせるようになるので、普段から仕事の優先順位を決める癖をつけておきましょう。

2.隙間時間を有効活用している

仕事でミスをしない人は時間の使い方がうまく、業務時間以外も計画的に行動しています。

数分あれば終わる細かい作業をあらかじめ済ませておくことで、時間がかかる業務も落ち着いてこなせるからです。

隙間時間でやることは人によって異なりますが、以下のような隙間時間から有効に活用していきましょう。

  • 会議前の待ち時間にメールの返信をする
  • 移動中や休憩中に次の業務の確認をおこなう

隙間時間を有効活用し効率よく業務をこなすことは残業時間の短縮にもつながるので、無駄な時間を減らすよう心がけましょう。

また、仕事でミスをしない人は教養を高めることにも熱心なので、隙間時間には読書などのインプットもおすすめです。

3.提出物は期限に余裕をもって終わらせる

提出しなければいけない書類などは、提出日の数日前には終わらせるように期日を設けましょう。

上司に書類を確認してもらう際、誤字脱字や構成などをミスを指摘されたら修正しなくてはいけないからです。

書類を作成する前の準備段階も重要なので、提出物を早く終わらせるための3つのコツを紹介します。

  • 時間があるときに予備知識をつけておく
  • わからないことは事前に聞いておく
  • 他者に依頼する場合は早めに声をかけておく

提出物を作成しただけで期限が間に合ったとは思わず、確認作業まで完了した時点で終わりという認識を持つことが重要です。

気持ちや時間に余裕がない状態はミスを招きやすくなってしまうため、かならず期日の数日前には終わらせましょう。

まとめ:仕事のミスを未然に防げるように対策を練ることが重要

今回は仕事でミスを防ぐ方法を紹介してきましたが、集中力が切れる時間帯はミスを起こしやすいので注意が必要です。

ちょっとした不注意で取り返しのつかないミスをしてしまう可能性もあるので、ミスをしない人の習慣を取り入れていきましょう。

  • 自分の脳タイプを知り、どんなときにミスを起こすか知ることが重要
  • 仕事でミスをしない人に共通する習慣を取り入れ、ミスを減らす工夫が必要
  • 効率的に仕事を進め、気持ちと時間に余裕が持てればミスを防止できる

ミスが防げれば時間に余裕ができ、他の仕事も効率的にこなせるようになるので、仕事ができる人へと一歩近づきます。

まずは、自分がどんなときにミスを起こしやすいのは把握し、そのうえで対策を決めていきましょう。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5