「自立」の意味を理解しよう!立派な大人への一歩を踏み出すポイント

2024.01.03
自立

「自立ってよく聞くけど、本当の自立って何だろう?」
「自分はしっかりと自立できているのかな?」

と思うことはありませんか?

大人になるにつれて自立する必要がありますが、そもそもどのような状態になれば自立したと言えるのかわかりませんよね。

では、いったいどのような人物や状態が自立していると言えるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 自立の本質や4つの分類
  • 自立するためのポイント
  • 自立するための方法

について詳しく解説します。

この記事を見れば「自立する」ということの本質や、自立するためにやるべきことがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

一般的に言われている「自立」とはどういう意味?

自立とは

「自立」とは一般的に「他人から支配や援助されずに、自分の力で生きていけること・生活できること」を言います。

例えば、以下のように親がやっていたことを、大人になるにつれて自分でできるようにならなければいけません。

  • 契約書の確認や署名
  • 住居の選択や賃金の支払い

子どもの頃は、親が自分の面倒をみてくれるため、契約や住居などのすべての選択権は親にあります

したがって、自立するということは「他人からの支配や援助」を受けずに自分自身で選択・決断できるようになるということと同義なのです。

しかし、人は生きていくうえで「まったく他人の助力を受けない」ことはできないので、迷惑がかからない程度で他人に協力してもらい、上手に生きていく必要があります。

自分に自信が持てず、不安な気持ちで働いていませんか?
そんな方は【DMM WEBCAMP】でプログラミングを習得して、人生を前向きに進めましょう。

国内最大規模のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では、未経験者のために独自に開発されたカリキュラムで安心した学習が可能です。

必要なスキルを身につけ、理想のキャリアを実現しましょう。

DMM WEBCAMPでは転職成功率98%の転職コースを複数提供しています

IT業界に転職したい方はぜひご覧ください!

「今の仕事楽しくないなぁ・・・」

「IT業界に転職してみたいなぁ・・・」

という方、DMMが運営する「WEBCAMP エンジニア転職」をご検討してみてはいかがですか?

WEBCAMP エンジニア転職

「WEBCAMP エンジニア転職」では最短12週間でITエンジニアを目指すことが可能です!

WEBCAMPの卒業生は転職後に年収もUP!(例:年収250万円→500万円)

しかも今なら受講料の最大70%が給付金として支給されます

DMM WEBCAMPは経済産業省・厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付金制度の対象です

DMM WEBCAMPについてもっと詳しく

自立と自律の違いをわかりやすく解説

自立と自律の違い

「自立」と同じような印象を受ける言葉として「自律」がありますが、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

一般的に「自律」とは他人からの支配や援助を受けず自分の力で生きていけることを「自律」とは自分自身をコントロールできること・律せることを指します。

以下は自立と自律の違いを分かりやすく比較した例です。

  • 自立の例:仕事で得た収入で、自分の生活費を支払っている
  • 自律の例:明日は朝7時に起きて1時間朝活をして仕事に行く

上記のように自立と自律には明確な違いがあり、立派な大人となるためにはどちらも不可欠なものとなっています。

自立には4つの分類がある

ビジネスパーソン

多くの人は「自立=他人からの支配や援助を受けずに独り立ちできること」だと認識していますが、自立にも複数の分類が存在します。

  1. 経済的自立
  2. 社会的自立
  3. 身体的自立
  4. 精神的自立

社会人として1人前になるためには、上記全ての分野で自立した状態とならなければいけません。

分野ごとに自立の状態や条件が異なるので、ひとつずつしっかりと理解していきましょう。

1.経済的自立

経済的な自立とは、親からや親族などから金銭的な援助を受けずに生活していける状態を指します。

親からや親族などからの金銭的な援助としては、次のようなものがあります。

  • 家賃や食費などの生活費
  • 携帯やWiFiなどの通信費
  • 保険の契約料

社会人になっても、上記のような援助を親から受けている人は決して少なくありません。

近年は税金や物価の上昇もあり、経済的自立が難しくなっていますが、独り立ちするためにも経済的な自立は必須となります。

2.社会的自立

社会的な自立とは「社会に対して自分が持っている役割」をしっかりと果たしている状態を指します。

では、社会に対して自分が持っている役割にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 会社に勤めて仕事をこなす
  • 1人暮らしをしている

上記は社会的な役割を果たしていることの一例であり、これらを維持するためには家族以外の人とも良好な関係を築くことも大切になります。

常識や配慮、人柄や人付き合いなど、他人とうまく付き合っていくためには、さまざまな点で良い印象を持たれる人間でいる必要があるため、社会的に自立するということは特に難易度の高い状態だと言えます。

3.身体的自立

身体的な自立とは、他人から身体的なサポートを受けずに生活できることを言います。

健康で体に不自由のない人は身体的に自立している状態であると言えますが、いつ病気やケガによって他人のサポートが必要になるかわかりません。

また、生まれた時から身体的な障害を抱えている人もいるため、身体的自立に関しては自分1人の力で解決するのは難しいです。

4.精神的自立

精神的な自立とは、他人からの精神面でのサポートを必要としない状態を言います。

近年、適応障害やうつ病などの精神疾患を患う人が多いことがよく取り上げられています。

精神疾患を未然に防ぐためには、なるべく自分にストレスのかからない環境に身を置くことが大切です。

精神的な自立に関しては、自分の意識改革ですぐに行動を起こせます。

今の環境が自分に適さない場合や、どうしてもつらい状況が続いているのであれば、不安はあるかもしれませんが勇気をもって環境を変えていきましょう。

新たな環境に飛び込むことに不安を感じていませんか?

国内最大規模のプロブラミングスクールの【DMM WEBCAMP】なら、最短3ヶ月でITエンジニアに転職が可能です。
なんと業界トップクラスの転職成功率98%。現在多くの卒業生がITエンジニアとして働いています。

ご自身の生活スタイルに合わせた学習コースで、ぜひ転職・就職を叶えてください。


プログラミングやパソコンを使って働きたい!

そのように考え、成長しているIT業界への転職を考えている方も増えてきました。

『IT業界に興味はあるけど、よくわからない…』
『パソコンとかそもそも苦手なのに私なんかにできるのかな』
『エンジニアって聞くけど難しそう』

反対にこのような声も聞く事があります。

そう考えている方は、一度ぜひ転職に成功したエンジニアの方のインタビューをご覧ください!

\プログラミングを学んで/
人生を変えた3名

インタビュー記事一覧 >

本当の自立とは「頼れる相手が大勢いること」その理由は3つ

協力するビジネスパーソン

ここまで、一般的な自立とは「他人から支配や援助されずに、自分の力で生きていけること」という説明をしてきました。

しかし、人間は周りの人に頼らずに生きていくことはできません

したがって、本当の自立とは「周りに頼れる相手が大勢いる状態」を指すのです。

  1. 自立=独立と捉えられがち
  2. 誰にも頼らなければただの孤立
  3. お互いに助け合う気持ちが大切

ここからは上記の3つを軸として、本当の意味での自立について説明していきます。

1.自立=独立と捉えられがち

日本では「自立」が「独立」と同義で用いられることがよくあります。

「会社に就職する」などの節目では「自分は自立した」と感じることはありませんか。

就職は独り立ちのイメージを持たれがちですが、実際は金銭面での依存先が親から会社に代わっただけであり、ほかの人に依存している事実は変わりません。

また、会社に就職しても次のような状況で会社を辞めてしまう人も少なくありません。

  • 人間関係が良好ではない
  • なんでも1人で抱え込んでしまう
  • 相談する相手がいない

就職して自分で収入を得ていても、上記のような状態はとても自立している状態とは言えません。

本当の自立とは困ったときに頼れる人たちを大勢作ることであり、頼れる人が多くなるにつれて自分のできることの幅も広がっていきます。

2.誰にも頼らなければただの孤立

誰にも頼らなくなることは、自立ではなくただの孤立です。

そもそも、私たち人間は他人に依存せずには生きられない生き物であり、この「依存先を増すこと」こそが人生を豊かにするための最大のコツだと言えます。

次のような状況を思い浮かべてください。

  • 海外に留学する
  • 新しい職場に就職する
  • 別の学校へ転校する

上記のような新しい環境に飛び込んだとき、誰もが前も後ろも分からない状況になります。

このような状況下で、頼ることのできる先輩や友達を多く作れる人は、何にも恐れることなく新しいことにどんどん挑戦していきます。

しかし、頼れる人を作れない人は、不安から新しいことに挑戦する機会を逃してしまいます。

このように、依存先を増やすか増やさないかでその後の人生に大きな差が生まれるので、多くの依存先を作っていくことが大切です。

3.お互いに助け合う気持ちが大切

困ったときやつらいときに人に頼るのは良いことですが、何度も同じ人に頼ると、あなたは相手にとって大きな負担となってしまいます

そのため、1人に集中的に依存することは防ぎ、自分自身も誰かが困ったときには手を差し伸べましょう。

「人との関わり」は生きていくうえで必ず必要になります。

周りの人たちと良好な関係を築いていくためにも、お互いに助け合う気持ちを大切にしていきましょう。

【要チェック】精神的に自立するために必要な7つのポイント

頼れるビジネスパーソン

自立には経済的自立・社会的自立・身体的自立・精神的自立の4つの分類がありますが、その中でも精神的自立については意識改革により、すぐに行動を起こせます

では、精神的自立を達成するためにはどのような意識改革が必要になるのでしょうか。

下記は、精神的に自立するために必要な7つの条件です。

  1. 自分の意見をしっかりもっている
  2. 自分自身の言動に責任を持っている
  3. 自分の強みなどを把握している
  4. 感情をコントロールできる
  5. 周りの人を気にしすぎていない
  6. 自分1人の時間を大事にできる
  7. 主体的に行動できる

これら全ては、意識を変えることですぐに行動に移せるので、明日からでも取り入れていきましょう。

1.自分の意見をしっかりもっている

自分の意見をしっかりと持っている人は、周りの人からの信頼を得られやすいです。

なぜなら「物事をしっかりと理解したうえで、その後にどのような方針をとるべきか」を考えていないと、自分の意見はもてないからです。

したがって、自分の意見をしっかりと持っている人は芯の通った行動もとれ、周りに頼りのある印象を与えられます

2.自分自身の言動に責任を持っている

自分自身の言動に責任を持っている人は、何かに失敗しても人のせいにせず、必ず自分で対処します。

そのため周りの人からの信頼も厚く、結果的に責任のある役割につく傾向にあります。

また、言い訳や責任転嫁することもないため、人間関係が険悪化することもなく、余計なストレスを溜めずに生活することができます。

このように、自分自身の言動に責任を持つことは、自分にとって心地よい環境を作っていくことにもつながります。

3.自分の強みなどを把握している

精神的に自立するためには、自分の「強み」や「弱み」を把握しておく必要があります。

自分自身の強みや弱みを理解できている人は、次のような行動をとります。

  • 強みとなる部分でアピールする
  • 弱みの部分を自発的に補強する
  • 得意な分野で信頼を集め、苦手な分野でサポートを求める

精神的に自立している人は、自分の強みとしている部分でチームを牽引し、周りをサポートすることで仲間から信頼を得ています

そのため、自分の弱みとしている部分では周りからの援助も受けやすく、上手にタスクをこなすことができます。

4.感情をコントロールできる

自分の感情をコントロールできることも精神的自立の条件のひとつです。

感情をコントロールできる人は、その場の状況や相手の気持ちに適した行動をとれるため、周りと上手な人付き合いができます。

これとは逆に、すぐに感情を出してしまう人は、周りの人から距離を置かれることがあります。

次のような人を思い浮かべてください。

  • 取引先との打ち合わせで爆笑する
  • 都合の悪いことが起きるたびに泣く
  • いつも機嫌が悪い

上記は一例にすぎませんが、このように感情をコントロールできない人は、周りの人から信頼を得られにくいです。

また、感情のコントロールには人間関係以外でも多くのメリットがあります。

  • モチベーションを自分自身で高められる
  • 素直に起動哀楽を表すことでストレスを発散できる

このように「感情のコントロール」は自他共に良い影響を与えられる有益なスキルであると言えます。

5.周りの人を気にしすぎていない

精神的に自立している人は、周りの人の反応を気にしすぎていないため、芯の通った行動をとれます。

人はそれぞれに意見や価値観が違います。

そのため、周りの全員の意見や反応を気にしていたら、一貫性のある行動を保てなくなってしまうのです。

もちろん、周りに対して気を使うのは良いことですが、過剰に周りを気にしすぎると自分の能力が十分に発揮できなくなるので、過剰な気遣いは避ける方が良いでしょう。

6.自分1人の時間を大事にできる

精神的に自立している人は、自分1人の時間を大切にします。

例えば趣味を楽しむことや目標に向かって努力することなど、自分が好きなように時間を使い、日ごろのストレスを解消できるのは気持ちに余裕がある証拠です。

上記のような人たちは、普段から少しの余裕を持っているため、たとえ困難な状況に陥っても自ら解決することができます。

しかし、以下のように「1人の時間を過ごせない」人たちはどうでしょうか。

  • 1人の時間が不安で仕方ない
  • 誰かと一緒にいなければ生活できない

このような人たちは、決断や責任を自分以外の人に押し付けて生きています。

たとえ本人にその気がなくても、誰かに依存しきっていることには変わりはないので、自分の時間も大切にできるように意識を改める必要があります。

7.主体的に行動できる

精神的な自立を達成するためには、主体的に行動できるようになる必要があります。

誰かからの支持がないと行動できないことは、他人に責任や決断をゆだねていることと変わりありません。

しかし「いきなり主体的に行動するとなっても、どのようなことをしたら良いのかわからない」という人も少なくありません。

そこで、以下に主体的にできる行動の一例を示します。

  • 興味のある分野を進んで学んでみる
  • 自分で仕事を見つける・作り出す

主体的に行動できる人とできない人では、その後の成長で大きな差が生まれます。

年齢を重ねるにつれ、周りから頼られる機会も増えていくので、なるべく早くから主体的に行動できるようになっておきましょう。

経済的に自立する5つの方法

スキルアップするビジネスマン

経済的な自立は、大人になるための最も重要なステップであり、生きていくうえでは必須の条件となります。

では経済的に自立するためには、どのようなことをする必要があるのでしょうか。

  1. 安定した収入を確保する
  2. お金の管理をする
  3. 他人をあてにするのをやめる
  4. 今後のキャリアについてしっかり考える
  5. 副業などで収入を増やす

上記は経済的に自立するための5つの方法です。

いずれも欠かすことのできない重要な要素となっているので、中身をしっかりと理解しておきましょう。

1.安定した収入を確保する

経済的に自立するためには安定した収入が必要になります。

人によって生活に必要な最低限の金額は異なるので、一概にいくら収入があればいいとは言えませんが、自分自身を養えるだけの収入は確保しなければなりません。

しかし、中には収入が少なく、これだけでは生活できないという人も少なくありません。

そこで、収入を増やすための方法の一例を以下に示します。

  • 生活費をできるだけ低く抑えて収入に見合った生活を送る
  • 収入を増やす(転職・副業・投資)

これらはすべて勇気のいる行動ですが、成功すると今よりも高い収入を安定的に得られます。

上記に限らず、自分自身を養えるだけの安定した収入を得る方法はたくさんあるので、自分なりの工夫を凝らして安定的な収入を確保していきましょう。

2.お金の管理をする

平凡な生活を心がけていても、行事やトラブルなどによる思わぬ出費は、どうしても発生してしまいます。

そのようなときに困らないためにも、未来を見据えたお金の管理をしておきましょう。

では、お金を管理するために、どのようなことを行う必要があるのでしょうか。

  • 毎月の収支の計算
  • 投資
  • 大きな出費に備えた貯金
  • 支出の抑制

上記は、代表的なお金の管理方法です。

いずれも「始めるのが面倒だ」と思う人もいるかもしれませんが、これらをやるかやらないかで将来的な資産は大きく変わってきます

自分が将来困らないためにも、できるだけ早くからお金の管理を始めていきましょう。

3.他人をあてにするのをやめる

長い人生を生きていくうえでは、出費がかさみ苦しい状況が訪れることもあります。

このような状況下では金銭面での不安から、どうしても他人をあてにしてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、一時的に困った状況が発生しても、すぐに他人にお金を借りることはおすすめできません。

以下のような行為は相手の信頼を失います。

  • 給料以上の支出のために、親からお金を借りる
  • 何かと困ったら友達に借金する
  • 借金返済のための借金をする

お金が絡む問題は人間関係の険悪化につながります

良好な人間関係を継続していくためにも、金銭面で誰かに依存することは極力避けましょう。

4.今後のキャリアについてしっかり考える

自分の人生を少しでも良くするためにも、今後のキャリアについてはしっかりと考えておきましょう。

キャリアについて考えることで「いつまでに何をやらければいけないか」がはっきりとし、目標に向けた行動ができます

キャリアの形成には次のような方法があります。

  • やりたいことのリストアップ
  • ロールモデル(自分の理想)を見つける
  • 尊敬する人に相談する

しっかりとキャリア形成している人とそうでない人とでは、今後の行動力に大きな差が出ます。

目標に向かって行動した方が、将来的な満足度や幸福度も高くなる傾向にあるので、できるだけ早いうちからキャリアを形成しておきましょう。

5.副業などで収入を増やす

いくら生活を切り詰めても赤字になってしまう人や、生活の質を高めたい人は副業などで収入を増やしましょう。

最近は副業を許可する企業が増えているうえ、(本収入以外で)毎年20万円未満の収入であれば、確定申告する必要もありません。(例外もあるのでしっかりと調査する必要はあります。)

さらに、副業の種類によっては自分の社会的価値を上昇させられるものもあるので、挑戦してみて損することはありません。

以下は人気な副業の一例です。

  • プログラミング
  • アフィリエイト
  • せどり
  • 投資

副業は簡単ではないうえ、プライベートな時間を犠牲にしなければなりません。

しかし、副業で成功を収める人も少なからずいるので、将来のためにも副業を選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

副業でスキル習得!副業でスキル習得!社会人にもおすすめのスキルアップできる副業7選

まとめ:自立を心がければビジネスでも成功のチャンスが広がる

ここまで「自立の本質」についてや「自立するためにやるべきこと」について解説してきましたが、自立に対する意識は変わりましたか。

最後に、自立するための方法についてもう一度振り返っていきましょう。

以下は、精神的に自立するための7つのポイントです。

  • 自分の意見をしっかりもっている
  • 自分自身の言動に責任を持っている
  • 自分の強みなどを把握している
  • 感情をコントロールできる
  • 周りの人を気にしすぎていない
  • 自分1人の時間を大事にできる
  • 主体的に行動できる

経済的に自立するためには以下の5つを実践しましょう。

  • 安定した収入を確保する
  • お金の管理をする
  • 他人をあてにするのをやめる
  • 今後のキャリアについてしっかり考える
  • 副業などで収入を増やす

自立を心がければビジネスでも成功するチャンスが広がります。

例えば、精神的な自立を意識することで、職場の人間関係を今よりも良好なものにできます。

また、経済的な自立を達成するために副業を始めることで、新たな収入源を作ることも可能です。

副業は種類によっては自分の社会的価値を高めることもできるので、プログラミングなどのスキルを習得して、安定的もしくは副業的に収入を得るのもひとつの手ではないでしょうか。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5