インフラエンジニアがつまらないと感じる理由10選!

2024.01.29
インフラエンジニアがつまらない理由

「インフラエンジニアがつまらないと聞くけどなぜ?」
「インフラエンジニアがつまらないときの対処法は?」
「インフラエンジニアにはどんなやりがいがある?」

そのように疑問を感じていませんか。

今回は、

  • インフラエンジニアがつまらない理由
  • インフラエンジニアがつまらないときの対処法
  • インフラエンジニアの魅力は?代表的なやりがい

などについてご紹介します。

この記事を読めば、インフラエンジニアがつまらないと言われる理由がわかり、対策として取るべき行動や魅力を理解できるでしょう。

「インフラエンジニアがつまらないと言われるのはなぜ?詳しく知りたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

「インフラエンジニアはつまらない」は人による

疑問のイメージ

「インフラエンジニアはつまらない」という意見を聞いたことがある方もいるかもしれません。

インフラエンジニアに興味がある方、これからインフラエンジニアを目指そうとしている方は、不安に感じますよね。

実際のところ、インフラエンジニアがつまらないかどうかは人によって感じ方が異なります

傾向として、「クリエイティブな仕事がしたい」「変化の多い仕事がしたい」という方には、つまらなく感じるでしょう。

インフラエンジニアは、ITシステムを支えるインフラに携わるため、業務的には地味で単調といえます。
業務内容や働き方について理解し、向いている人でなければ、つまらないと感じやすいです。

エンジニアを目指したい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

プログラミング初心者の受講生が97%以上の【DMM WEBCAMP】では、未経験者コースも用意もされており、安心して学習を進められます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください!


「独学でのプログラミング学習に苦戦していませんか?」

独学でのプログラミング学習の挫折率は9割以上と言われています。

プログラミングを身につけて、年収をUPさせたい
ITエンジニアになって、働き方を変えたい
✔生活を変えたいけど、何からやればよいか分からない

と思っているあなたへ向けて、
挫折率9割に負けない「プログラミング学習必勝法」を無料でプレゼントします!

完全無料なので、悩む前に今すぐ下のバナーをクリックして資料を読んでみてください!

\簡単30秒/

下のバナーからLINE友だち追加をして、無料で限定資料をGET!

インフラエンジニアがつまらない理由10個

虫眼鏡をのぞく人

ここからは、インフラエンジニアがつまらない理由10個をご紹介します。

詳しく見ていきましょう。

1.創造的な業務が少ない

インフラエンジニアは、全体的に創造的な業務が少ないことから「つまらない」といわれやすいです。

サーバーやネットワークの設計・構築は多少創造的ではあります。

しかし、手順や使用する機器はある程度決まっているため、「クリエイティブな仕事がしたい!」という方には物足りないでしょう。

インフラである以上、あくまで縁の下の力持ちとして基盤を構築・運用することが中心です。

創造性を期待して選ぶべき仕事とはいえません。

2.運用・保守が単調に感じる

インフラエンジニアは、運用や保守の業務が単調に感じるために「つまらない」と感じることが多いです。

運用・保守は、すでにあるインフラにトラブルが起きたときに対応する仕事なので、普段は有事に備えるためのルーチンワークがメインになります。

基本的には、マニュアル通りであることや、正確性などが求められる業務です。

業務のなかで変化が少ないため、人によってはつまらないと感じやすいでしょう。

3.地味なマニュアル作業が多い

インフラエンジニアの主な業務に地味なマニュアル作業が多いことも、「つまらない」といわれる理由です。

予測できるトラブルの対応はマニュアル化されており、基本的にマニュアル通りに対応します。

働き始めたばかりの頃は、マニュアルを覚えるためにやる気も出るでしょう。

しかし、マニュアルの内容を覚えてしまえば、同じことの繰り返しなのでつまらなくなってしまいます

4.問題がないことが当たり前だと思われる

インフラエンジニアはITシステムの根幹を支えていますが、一般的な人には問題がないことが当たり前だと思われるため、報われないと感じることが多いです。

家の水道から水が出るのが当たり前であるように、ITインフラもサーバーやネットワークが正常に動作するのは当たり前と考えられてしまいがち

日常的にやりがいを得にくいため、ITシステムを支える重要な役割を担っているにもかかわらず「つまらない」と感じてしまいます。

5.感謝される場面が少ない

仕事をするなかで感謝される場面が少ないことも、インフラエンジニアが「つまらない」といわれる理由になります。

一生懸命トラブルに対処して通常通りに動作する状態が戻っても、直接誰かから感謝される機会が少ないのでやりがいを実感しにくいです。

あくまで裏方としてシステムを支える立場であるため、個人の働きは目立ちません。

「目の前の人を笑顔にしたい」「人から感謝される仕事をしたい」という人はつまらないと感じやすいでしょう。

6.24時間体制の仕事がきつい

インフラエンジニアは24時間体制で働くため、残業や休日出勤、夜勤などがきついという人も多いです。

インフラは常に正常に動作している必要があるため、問題が発生すればどんなときでも対応しなければなりません

企業によって交代制や分担制で対応にあたるのが基本です。

働き方の負担が大きく、「仕事がつまらない」という気持ちにつながります。

7.現場から離れられない

インフラエンジニアはシステムを監視し続けることがメインなので、現場から離れられないことも「つまらない」理由の1つです。

数ヶ月から数年間という長期的なスパンでシステム設計・運用をするため、長い間現場を離れることができない環境となります。

長期休暇をとってリフレッシュするなどができません

ほかの職種の人は長期休暇で旅行や趣味を楽しんでいるのに、自分は休めないという状況から「つまらない」と感じます。

8.クラウドの普及で将来性に不安がある

近年はクラウドの普及により、従来のインフラのあり方ではなくインフラのクラウド化を選ぶ企業が増えています。

「このままクラウド化が進めば、インフラエンジニアとしてこれまで通りの働き方ができなくなるのではないか」という不安を持つ方も多いでしょう。

将来の先行きに不安を感じることで、インフラエンジニアの仕事にマイナスなイメージを持ち、「つまらない」と考えることにつながります。

特に、変化に対して消極的な姿勢の人は、不安を感じやすいです。

9.収入に満足していない

現在の収入に満足していないこともインフラエンジニアが「つまらない」と感じる理由になります。

仕事において、収入は重要なモチベーションの1つです。
収入に不満を抱えていると、仕事自体のやる気も低下してしまいます。

収入は自身の働きへの評価とも密接に関連しているので、収入に満足していない場合は「正当に評価されていない」と感じる原因にもなるでしょう。

評価や収入に満足できない仕事は「つまらない」と感じやすいです。

10.ほかにやりたいことがある

インフラエンジニアという仕事自体に問題があるのではなく、ほかにやりたいことがあるケースもあります。

興味関心がほかのことに移っていると、目の前の仕事に意識が向かず「つまらない」「早く終わらせたい」と感じるでしょう。

インフラエンジニアに限らず、自分のやりたいことがほかにあるために仕事がつまらないと感じることはあります。

自分の現状を振り返り、やりたいことや現在の仕事とどう向き合うか考えることが大切です。

インフラエンジニアがつまらないときの対処法5選

鍵を鍵穴に刺す人

エンジニアがつまらない理由についてお伝えしました。
あなたが「つまらない」と感じる理由を見つける参考にしてみてください。

つまらない理由がわかれば、適切に対処できるようになります。
対処法を知り、現状を変えるための行動を起こしましょう。

ここでは、インフラエンジニアがつまらないときの対処法5選をご紹介します。

  1. スキルアップに取り組む
  2. 設計・構築を担当する
  3. クラウドの知識を身につける
  4. 収入を交渉する
  5. 転職を検討する

それぞれ見ていきましょう。

1.スキルアップに取り組む

インフラエンジニアがつまらないときは、スキルアップに取り組みましょう

仕事では変化がなくてつまらないと感じていても、自らスキルアップに取り組んでメリハリをつけることで意欲を高められます。

スキルアップすることで担当できる工程が変化したり、目の前の業務の意味が理解できたりするでしょう。

視野が広がるため、普段の業務にも興味深さを見出せるかもしれません。

スキルアップは将来的なキャリアにも役立つため、思い立ったら行動してみましょう。

2.設計・構築を担当する

インフラエンジニアがつまらないのは、運用や保守の工程を担当しているせいかもしれません。
設計や構築の工程を担当してみると、インフラエンジニアの仕事に対する見方が変わる可能性があります。

運用や保守は、インフラが問題なく動作するよう務めるため、業務が地道で単調になりやすいです。

一方、設計や構築は企業の状況に合わせてインフラを作るため、やりがいを感じやすく、楽しめる人も多くなります。

現在、運用や保守の仕事をしている人は、上司などに工程を変えてもらえるよう相談してみてはいかがでしょうか。

3.クラウドの知識を身につける

インフラエンジニアがつまらないと感じているなら、クラウドの知識を身にけるのもおすすめです。

近年は、サーバーやネットワークのクラウド化が進んでおり、今後さらに需要が高まる見込みとなっています。
いまからスキルを習得すれば将来性も高く安心です。

クラウドの知識を学べば、新しい分野に視野が広がるでしょう。
業務の幅も広がるため、仕事に変化をつけられます

クラウド化はこれまでのITインフラのあり方を大きく変えるため、「仕事がなくなる」「これまで通りのやり方ができない」など、後ろ向きな考えを持つインフラエンジニアもいるでしょう。

しかし、新しい技術を受け入れて積極的に知識を吸収することで、インフラエンジニアとして活躍し続けることが可能です。
興味のある方は、ぜひクラウドの知識について学んでみましょう。

4.収入を交渉する

インフラエンジニアがつまらないと感じているときの対処法として、収入を交渉することも効果的です。

特に、働きに対する給料に満足していないと、モチベーションが下がってつまらないと感じやすくなりますよね。

満足のいく収入になれば、自分の働きを評価されていると実感でき、納得して仕事に取り組めます

上司にあらかじめアポイントを取り、収入を交渉する場を設けましょう。

ただし、収入を交渉するときにはきちんと根拠を提示することが大切です。
普段から積極的に仕事に取り組む姿勢を見せ、実績を積み上げておきましょう。

5.転職を検討する

インフラエンジニアがつまらないと感じ、どうしても解決できないときは、転職を検討する道もあります。

インフラエンジニアに向いていないのに我慢して続けるのは、心身の健康やキャリアのためにも良くありません。

思い切って転職を検討し、今後のことを前向きに考え直してみましょう

もし転職すると決めた場合は、いきなり退職するのではなく、十分な準備を進めることが大切です。

転職エージェントを活用するなど、視野を広げながら自分に合った仕事を探しましょう。

プログラミング未経験でエンジニアを目指すことに不安を感じますよね。

そんな方には、基礎からプログラミングが学べる【DMM WEBCAMP】がおすすめです。
【DMM WEBCAMP】では、初心者のために開発した独自のカリキュラムが用意されており、基礎から確実にプログラミングスキルを身につけることができます!

また転職保証付きのプランもあり、プログラミング学習も転職活動も安心して取り組めます。
厚生労働省認定のコースでは、高いスキルが身につく上、受講料最大56万円のキャッシュバックもついてきます。

是非あなたのライフスタイルに合ったプランを見つけてください!


「プログラミング学習に苦戦しているあなたへ」

独学でのプログラミング学習の挫折率は9割以上と言われています。

プログラミングを身につけて、年収をUPさせたい
ITエンジニアになって、働き方を変えたい
✔生活を変えたいけど、何からやればよいか分からない

と思っているあなたへ向けて、
挫折率9割に負けない「プログラミング学習必勝法」を無料でプレゼントします!

完全無料なので、悩む前に今すぐ下のバナーをクリックして資料をGETしましょう!

\簡単30秒/

下のバナーからLINE友だち追加をして、無料で限定資料をGET!

インフラエンジニアに向いている人の特徴3つ

3つのアイデアのイメージ

インフラエンジニアがつまらないときの対処法についてお伝えしました。
できることからぜひ行動してみてくださいね。

インフラエンジニアの仕事には向き不向きがあります。
向いている仕事ならやりがいを持って働けますが、向いていなければ苦痛を感じることが多いでしょう。

あなた自身がインフラエンジニアに向いているかどうか、あらためて考えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、インフラエンジニアに向いている人の特徴3つをご紹介します。

  1. 機械をいじるのが好き
  2. 地道な作業を続けるのが得意
  3. 丁寧で細かいことによく気がつく

さっそく見ていきましょう。

1.機械をいじるのが好き

インフラエンジニアに向いている人の特徴として、機械をいじるのが好きであることがあげられます。

インフラエンジニアは、サーバー機器やネットワーク機器などの機械を扱うことが多いです。
機会が好きな人にとっては、楽しみながら働けるといえるでしょう。

企業が採用している機器は個人では入手が困難なものもあるため、初めて見る機器を扱う機会もあります。
通常なら「対応するのが大変だ」と感じる場面でも、機械好きなら嬉しく感じられるかもしれません。

機器の知識が求められるため、機械好きな人が積極的に知識を吸収しやすい環境です。

2.地道な作業を続けるのが得意

インフラエンジニアの仕事は、地道な作業を続けるのが得意という人に向いています。

基本的に、インフラエンジニアとして働き始めたばかりのうちは、運用や保守をいった業務が中心です。
運用や保守は、インフラにトラブルが発生した場合に対応する業務のため、平時には単調な仕事に感じられます。

同じ作業を繰り返すような業務も多く、地道で変化が少ないです。
しかし、有事への準備として重要なことばかりなので、きちんとこなすことが求められます。

すぐに成果を実感しにくい地道な作業でも、コツコツと取り組める人に向いているでしょう。

3.丁寧で細かいことによく気がつく

インフラエンジニアに向いているのは、丁寧で細かいことによく気がつくような人です。

インフラの運用では、小さなトラブルが大きな障害につながることも少なくありません。

日常的に小さな異変を見逃さず、細かく対応できる人が向いています。

「真面目で丁寧な性格」「周囲のことによく気がつく」という人は、インフラエンジニアとして力を発揮できるでしょう。

インフラエンジニアの魅力は?代表的なやりがい7選

自信を持っている人

インフラエンジニアに向いている人の特徴をご紹介しました。
仕事において、向き不向きを見極めることは大切です。

これまでインフラエンジニアのつまらない理由や対処法についてお伝えしてきました。
一方で、インフラエンジニアには魅力もたくさんあります。

インフラエンジニアの魅力を再確認することで、仕事の良さをあらためて感じられるかもしれません。

ここでは、インフラエンジニアの魅力は?代表的なやりがい7選をご紹介します。

  1. 未経験からでも手に職をつけて働ける
  2. 汎用性のある知識やスキルを身につけられる
  3. さまざまな現場で経験を積める
  4. 資格取得でスキルアップを実感できる
  5. 常に一定の需要があり安定して働ける
  6. クライアントと長期的に良好な関係を築きやすい
  7. 大規模な仕事に携われる

それでは見ていきましょう。

1.未経験からでも手に職をつけて働ける

インフラエンジニアは、未経験からでも手に職をつけて働けるという魅力があります。

学歴や経験はそれほど重視されないので、あらゆる人に挑戦するチャンスがあるのです。

求人サイトには、「学歴不問」「未経験歓迎」といったインフラエンジニア求人も多く見受けられます。

また、プログラミングスクールなら未経験からスキルを身につけて、高確率でインフラエンジニアとして転職を実現できるでしょう。

2.汎用性のある知識やスキルを身につけられる

インフラエンジニアの魅力として、汎用性のある知識やスキルを身につけられることがあげられます。

インフラエンジニアの基本的なスキルは、サーバーやネットワークといったITインフラの設計・構築・運用・保守です。

ITシステムを導入している企業なら、インフラを扱う知識やスキルがある人材は重宝されます

さらに、セキュリティやデータベース、クラウドなどの知識、プログラミングスキルなども汎用性が高いです。

インフラエンジニアとして身につけた知識やスキルは、あらゆる場で活用できます。

3.さまざまな現場で経験を積める

インフラエンジニアはさまざまな現場で経験を積めるというやりがいがのある仕事です。

基本的に業界にとらわれずさまざまな企業のITインフラを扱うため、豊富な現場経験を積み重ねられます。

インフラエンジニアとしてスキルや実績を積めば、より大規模なインフラに携わるようになり、大企業のインフラを担当することもあるでしょう。

トラブル発生時に求められる柔軟な対応力が養われます。

4.資格取得でスキルアップを実感できる

インフラエンジニアは資格取得によってスキルアップを実感できることも魅力です。

インフラエンジニアになるために資格は必須ではありません。
しかし、資格取得はスキルアップに大いに役立ちます。

サーバーやネットワーク、クラウドなど分野ごとに代表的な資格があるので、自分が高めたいスキルに応じて資格取得を目指せます。
初心者向けから上級者向けまで難易度もさまざまです。

難易度の高い資格を取得すれば収入アップにもつながり、仕事のモチベーションがいっそう高まります。

自分自身の成長を感じながら働けるため、やりがいを感じやすいでしょう。

5.常に一定の需要があり安定して働ける

インフラエンジニアの魅力として、常に一定の需要があり安定して働けることがあげられます。

ITインフラはITシステムを利用する企業の根幹を担っているため、今後なくなることは考えにくいです。

いつでも一定の需要があることから、働き方や給料も安定しやすく、長期的に安心して働けます

求人や案件は豊富にあり、需要に対して人材が不足している現状です。
将来的にも需要が高い見込みとなっています。

6.クライアントと長期的に良好な関係を築きやすい

クライアントと長期的に良好な関係を築きやすいことも、インフラエンジニアの魅力です。

インフラエンジニアは、クライアント企業のITシステムの根幹となるインフラに長期的に携わります。
ITインフラを構築する場合、数ヶ月から2年程度の時間を要することが多いです。

また、トラブルに迅速に対応するため、同じインフラエンジニアが構築から運用までを担当する場合もあります。

問題が起きたときにはすぐに対応し、縁の下の力持ちとして関わるため、良好な関係を築きやすいです。

7.大規模な仕事に携われる

インフラエンジニアは大規模な仕事に携われるというやりがいがあります。

スキルや経験を積み重ねることで、次第に規模の大きいインフラに携わることができるのです。

ITインフラの規模が大きいほど、責任や達成感も大きくなります。

「自分がこの大規模なインフラを支え、企業を支えているんだ」と感じることができ、社会貢献性を実感できるでしょう。

未経験からのインフラエンジニア転職で「つまらない」と後悔しないコツ3つ

パソコン作業をする人

インフラエンジニアの魅力ややりがいについてお伝えしました。
「つまらない」と言われるインフラエンジニアですが、たくさんの良さがあることがわかります。

未経験からインフラエンジニアに転職する場合、事前にコツをおさえることで、後悔するリスクを最小限にできるでしょう。

ここでは、未経験からのインフラエンジニア転職で「つまらない」と後悔しないコツ3つをご紹介します。

  1. 自己分析を徹底する
  2. インフラエンジニアの学習をする
  3. スクールで無料カウンセリングを受ける

1つずつ見ていきましょう。

1.自己分析を徹底する

未経験からインフラエンジニアへ転職するときは、自己分析を徹底して向いているかどうかを見極めましょう

もし、あなたが自己分析をした結果として以下のような人なら、インフラエンジニアは向いていない可能性が高く、就職しても「つまらない」と感じやすいです。

  • クリエイティブな仕事が好き
  • 自分のセンスを活かして仕事がしたい
  • 変化があり刺激の多い仕事がしたい
  • あらゆる人と関わりながら仕事を進めたい

未経験から転職する場合、自己分析を十分にすることでミスマッチを防ぐことができます。

1人で自己分析をするだけでなく、転職エージェントなど客観的な意見も取り入れながら、転職活動を進めましょう。

2.インフラエンジニアの学習をする

転職してから後悔することのないよう、事前にインフラエンジニアの学習をしてみることも大切です。

実際にインフラエンジニアの学習をすることで、どのような知識やスキルを扱うのかのイメージがつきます

まったく知識がない状態よりも、転職前後のギャップを最小限に抑えられるでしょう。

インフラエンジニアになると学び続ける姿勢が求められるため、興味を持って学び続けられそうかという視点で確認してみてください。

3.スクールで無料カウンセリングを受ける

スクールで無料カウンセリングを受けることも、未経験からインフラエンジニアに転職して後悔しないコツです。

一般的なスクールでは、無料カウンセリングや無料相談を実施しています。

入学するという明確な気持ちがなくても、気軽にインフラエンジニアの仕事や学習について質問できるので、ぜひ活用しましょう。

キャリアカウンセラーから直接話を聞くことで、インフラエンジニアへの理解を深められます。

まとめ:インフラエンジニアがつまらないときは原因に合った対処法を試してみよう!

今回は、インフラエンジニアがつまらないと言われる理由や対処法についてご紹介しました。

インフラエンジニアはつまらないと言われるさまざまな理由がありますが、適切な対処法を実践することで解決できることも少なくありません。

また、「つまらない」というだけで片付けるのはもったいない魅力ややりがいもあります。

インフラエンジニアの仕事や働き方について理解し、自分に向いているかどうかを判断しながら、より充実して働く道を見つけましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5