中学校教員を辞めたい5つの理由を紹介。円満退職の流れやメリット・デメリットも解説

2022.08.29
中学校-教員-辞めたい

「中学校教員を辞めたい」
「教員を辞めるためには、一体どうすればいいんだろう」

と思うことはありませんか?

多くの努力をして中学校の教員になれたものの、心身の疲労が限界を感じて辞めたいと悩んでしまいますよね。

では、中学校の教員を実際に辞めるには、どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 中学校教員を辞めたい理由
  • 教員を辞める前の対処法や考えるべき今後のプラン
  • 中学校の教員を退職する方法

について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、中学校の教員を円満退職し、今後のプランを明確にできます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

中学校教員を辞めたい5つの理由

たいへんな男性

中学校の教員は、楽しくやりがいのある仕事と言われていますが、裏側にはきついと感じる仕事や対応が存在します。

ここでは、多くの中学校教員が辞めたいと感じる、よくある理由について紹介していきます。

  1. 労働時間が長すぎる
  2. クレーム対応がきつい
  3. 思春期の生徒の扱いが難しい
  4. 進路指導や受験がたいへん
  5. 部活動によって休暇が取れない

あなたの辞めたい理由と一致するか、見ていきましょう。

1.労働時間が長すぎる

中学校教員を辞めたい理由は、長時間労働がきついことです。

すべての学校に同じことが言えますが、教師は朝早くから夕方まで、また部活動を担当している場合は、夜遅くまで生徒の対応をしなければいけません。

例えば教師の中には、過労死ラインの月80時間以上の残業をしている方も存在します。

通常の授業だけでなく、仕事内容としてほかにも、

  • 担当しているクラスの管理
  • 学校でのイベント業務
  • テストの採点や確認

といった内容もあるので、業務が終わらない場合は持ち帰って仕事をすることも。

一般の会社だと時間外労働となり残業手当が付きますが、教師の場合は昔ながらの風潮が残っている上、仕事量と給料が割りに合わない不満も挙げられます。

2.クレーム対応がきつい

保護者からのクレーム対応がきついことが、多くの教師の辞めたい理由に繋がっている事例も多いです。

なぜなら生徒には、さまざまな親がいますが、中には理不尽な内容でクレームをつけられることもあるからです。

無理難題を押し付ける親のことを「モンスターペアレント」と指しますが、以下では実際に存在するクレームについて解説します。

  • 子どもの席やクラスを変えて欲しい
  • 修学旅行や遠足の場所を変えて欲しい
  • 体育の授業中に怪我をした責任を取ってほしい
  • 自分の子どもが寝坊するので迎えに来て欲しい
  • 授業内容が低レベルなので自分の子どもに合う内容にして欲しい

モンスターペアレントの対処法として、親の言い分をすべて聞いた上で、納得される対応を取らなければいけません。

ですが、クレームの中には苦情にも近いことをひたすら言われることもあるので、中学校教員は精神的にも辛くなり、辞めたく感じる方は多いです。

3.思春期の生徒の扱いが難しい

中学校教員を辞めたい理由のひとつとして、思春期の生徒の扱いが難しいことがあります。

12歳から15歳という思春期に当たる年齢の子どもは複雑で、説得や対処が困難だからです。

よくある中学生のトラブルとして、

  • いじめ・校内暴力
  • 未成年飲酒やタバコ
  • 万引きなどの犯罪行為

などがあり、家庭に連絡も行きますが学校にも連絡が入ることは多く、夜でも対応が求められます。

このときに若い先生に任されることが多く、まだ経験が少ないことや対応の難しさから退職へと繋がることも珍しくありません。

4.進路指導や受験がたいへん

中学生教員は、生徒の進路指導や受験がたいへんなことから辞めたいと思われやすいでしょう。

とくに、たいへんな思いをしやすい教員は、中学3年生の担当です。

進路指導や内申書の作成は担任がおこなうことが多いので、内容次第で生徒の将来も決まるからです。

生徒の明るい未来のために、良い評価をしたいと思っていても、すべての生徒へ最高評価を付けるわけにはいかず、

  • 試験結果
  • 生徒の性格
  • 授業中の態度

など、冷静な判断を中学校教員は求められます。

人の評価の判断は難しく日常の業務以外に加えて、多くの書類作成の作業をしなければいけないので、仕事量のきつさに辞めたさを感じる方も多いでしょう。

5.部活動によって休暇が取れない

辞めたい理由のひとつには、部活動によっては休みがしっかり取れないことが挙げられます。

なぜなら中学校教師は、部活動の担当を義務化されており、日課の授業だけでなく部活動の仕事も必然的にしなければいけないからです。

例えば、スポーツ系の部活や県大会や全国大会を目指している部活動だと、放課後だけでなく土日や祝日も練習や試合もあるので、監督や統括として働かなければいけません。

また部活動の顧問は基本的に給料がなく、教員がボランティアでおこなっている形になります。

部活動の種類によっては、中学校教員は夜の時間帯や土日休みが取れないので、退職したいと考えてしまいます。

教員-辞めたい教員を辞めたい人は必見!円満退職をするための方法と転職後に活かせる教員のスキルも解説

中学校教員を辞めた方がいい人3選

悩む女性

ここでは、中学校教員を辞めたほうがいい特徴を持つ人を解説していきます。

  1. 生徒との関係性に苦痛を感じる
  2. 教師の間でいじめやパワハラがある
  3. 精神的、肉体的に限界が来ている

中学校教員の退職を悩んでいる方は、今すぐ辞めるべきなのか確認していきましょう。

1.生徒との関係性に苦痛を感じる

中学校教員を辞めた方がいい人の例として、生徒との関係性に苦痛を感じている方です。

教員という仕事で働いている限りは子どもと絶対に関わるので、嫌だと思う場合は長続きしないからです。

苦痛を感じる具体的な例として、

  • 授業をしていても楽しくない
  • 仕事内容にやりがいも感じない
  • 生徒を見ても可愛いと思わない
  • そもそも授業もしたくないと感じている
  • 生徒と授業以外では極力関わりたくない
  • 生徒を指導することに辛さや面倒くさいと感じる

といった特徴が、1ヶ月以上続いたときは教員を辞めるべきと言えます。

中学校教員の仕事は、必ず子どもと関わる業務なので苦痛を感じた際は、ほかの仕事を視野に入れたほうが良いでしょう。

2.教師の間でいじめやパワハラがある

今すぐ退職した方がいい人の例のひとつには、教師の間でいじめやパワハラがある場合です。

なぜなら、パワハラやいじめを我慢し続けていると、鬱病など精神的な病気になる恐れがあるからです。

例えば、長く勤務している年配の教員には、

  • 逆らえない
  • 頭が上がらない
  • 暴言を吐かれても耐えなければいけない

といった、風潮がいまだに学校には残っているので、管理職に相談しても解決しないことも少なくありません。

教員同士での問題や人間関係に悩む中学校教員は多いので、解決できない場合は早めに辞めることをおすすめします。

3.精神的、肉体的に限界が来ている

中学校教員を辞めた方がいい人の例は、心身に限界を感じている方です。

精神的、肉体的に疲労が蓄積されることによって、自分の体がSOSを出しているからです。

また心身の異常を理解しているのも関わらず、仕事を続けてしまうと過労死してしまう可能性も。

以下のチェックリストを実行してみて、自分の体に限界が来ていないか確認しましょう。

  • 食欲がない
  • 目の疲労が酷い
  • 頻繁に目眩がする
  • 胃腸の調子が悪い
  • 風邪が治りにくい
  • 肩や腰痛が酷くなった
  • 体重の増減が激しい
  • 立ちくらみがよくある
  • 頭痛がなかなか治らない
  • 小さなことでイライラしてしまう

中学校教員は、通常の勤務時間だけでなく部活動の顧問や、休日も休めないことから疲れが溜まってしまいます。

ですので、上記のチェックリストが5個以上当てはまる場合は、休職を視野に入れてください。

仕事 パワハラ仕事中に起こるパワハラはどうすべき?被害に遭う人の特徴と対策を徹底解説

中学校教員を辞めたいと悩むときの対処法3選

教員

労働時間や仕事内容のきつさから、中学校教員を退職したいと悩む方は多いではないのでしょうか。

ここでは、辞める決意をする前におこなうべき対処法について、紹介していきます。

  1. 自分にしっかり向かい合う
  2. 家族や友人に相談する
  3. 一度、休職してみる

自分は本当に教員を辞めてもいいのか、もう一度振り返っていきましょう。

1.自分にしっかり向かい合う

中学校教員を辞めたいと悩むときの対処法として、自分にしっかり向かい合うことです。

辞めたいと感じる理由について、具体的に分析することで解決策が見えることもあります。

例えば、職場の人間関係がストレスな場合は、原因となる方と距離を置いてみたり、逆にコミュニケーションを取ったり、アクションをおこしてみましょう。

辞めたい気持ちを解決するには、今抱えている悩みと正面から向き合うことで、現在の状況や自分の本当の気持ちを確認できます。

時間が経つほど「退職したい」という気持ちが変わらなくなるため、早めに向き合うことが必要です。

2.家族や友人に相談する

どの職種にも言えますが、退職を決断する前に家族や友人に相談することが大切です。

一人で悩むよりも、第三者の家族や友達に相談した方が気が楽になり、安心感を得られます。

違う立場からの客観的な意見やアドバイスを聞くことで、改善できる方法を受け入れられることも。

また転職する場合は、教員から転職した方の実際の話を聞いてみることも良いでしょう。

第三者に相談することによって、自分の心にも余裕が生まれ、前向きな行動や今後の動きが明確になります。

3.一度、休職してみる

中学校教員を辞めたいと感じた際は、仕事を一度休むこともおすすめです。

なぜかというと休暇をしっかり取ることで、辞めたいという気持ちが収まる可能性があるからです。

一度休むことで冷静な判断が可能になるので、休暇を取った後に、

  • 現任校に戻るのか
  • 退職するべきなのか
  • 異動はできないのか

など、今後の自分のプランをはっきりさせましょう。

自分の考えを整えるためにも、休職することは悪いことではないので、まずは休んでみる選択肢も選んでみましょう。

仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!

中学校教員を辞めることを決めた後に考えるべき選択肢3選

教員

ここでは、退職を決意した中学校教員が考えなければいけない、今後のプランについて解説していきます。

  1. 年度末まで教員を続ける
  2. すぐに転職活動を始める
  3. スキルアップを目指す

将来に関わる大切なことなので、順番に見ていきましょう。

1.年度末まで教員を続ける

中学校教員を辞めると決意した際は、年度末まで続けるべきなのか考えなければいけません。

自分が担任や部活の顧問をしている場合、関わっている生徒に迷惑がかかる可能性があるからです。

とくに、中学3年生を担当していると、受験で気が立っている状態でもあるので、さらにストレスを与えることになることも。

ほかの職員や生徒に迷惑をかけないために、年度末まで働き、落ち着いたタイミングに退職を決めても良いでしょう。

2.すぐに転職活動を始める

いじめやパワハラに合っているときや心身に限界を感じる際は、早めに転職活動を始めましょう。

中学校教員を退職するときに、できるだけ転職先の選択肢を増やしていた方が良いからです。

転職活動の方法として、

  • 自己分析をおこなう
  • スキルや資格を見直す
  • 履歴書を作成する
  • 転職サイトに登録する
  • 転職エージェントに相談する

といった流れになり、早めに行動することで、求人先の幅も広がります。

もしも余裕がない状態で、転職活動をおこなってしまうと転職先が気に入らず、すぐに辞めてしまうという事例も少なくありません。

早めの行動は大切ですが、焦って行動をすると努力が水の泡になるので、気をつけましょう。

3.スキルアップを目指す

中学校教員を退職日を迎えるまでに、スキルアップを目指すこともおすすめです。

なぜなら教員には、多種多様なスキルを磨ける機会が多いので、さらに研磨することによって転職先で活かせるからです。

具体的には、以下のような方法が挙げられます。

  • 心理学の本を読んで人を動かせる力を身に付ける
  • 英語担当の教師の力を借りながら、英語の資格を取得する
  • ボールペン字の講座を利用してキレイな文字を書けるようになる
  • 教師や親、生徒と積極的に会話してコミュニケーション能力を上げる

スキルを高める方法は幅広く存在するので、今後退職して転職する際や履歴書に書くときに活用できるでしょう。

仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!

中学校教員を辞める6つの方法

ひらめく女性

教員を退職する決意が決まったのであれば、ひとつずつ辞めるための行動をおこなっていきましょう。

ここでは、円満退職のポイントについて紹介していきます。

  1. 2ヶ月前に退職を申し出る
  2. 退職時期を決める
  3. 退職届を出す
  4. ほかの教員に伝える
  5. 業務の引き継ぎをおこなう
  6. 借りているものを返却、退職書類を受け取る

順番に見ていきましょう。

1.2ヶ月以上前に退職を申し出る

中学校教員を退職するためには、少なくとも2ヶ月前に退職を申し出ることが大切です。

法律は2週間前と決められていますが、生徒やほかの職員に対しての引き継ぎ業務があるからです。

もし、辞めることをギリギリに伝えてしまうと、

  • 生徒の授業
  • 担当していたクラスや部活動
  • 任されていた雑務や企画

など、自分が関わっていた業務に支障が出てしまうことも。

円満に退職するためには、2ヶ月以上前の報告を心がけましょう。

2.退職時期を決める

辞めることを伝えた際は、退職時期を決めましょう。

退職のタイミングとしては、以下の2パターンに分かれます。

  • 年度末の退職
  • なるべく早めの退職

自分の心身に影響が出ている場合や、パワハラを受けている際はすぐに辞める方がいいでしょう。

ですが、年度末に退職を決めた方が、

  • ほかの職員に迷惑をかからない
  • 退職までに余裕が生まれる
  • 引き継ぎをスムーズにおこなえる

といった、メリットがあり、トラブルも少なく済みます。

早期退職を考えたい方も多いでしょうが、問題を発生しないためにも、いつ辞めるべきなのか見極めて決意しましょう。

3.退職届を出す

学校側に退職の意向を伝え、辞める日にちが確定したら退職届を出しましょう。

退職届を出すことで、教育委員会に提出され正式に受理されます。

具体的に退職届を提出する際の注意点として、以下の内容です。

  • 手書き、またはパソコンのワードで作成しても良い
  • 手書きの場合、黒ボールペンか万年筆で書く
  • 紙のサイズは、A4またはB5
  • 封筒は長形3号の白の無地、郵便番号を書く四角形がないタイプ

また退職届の内容は、ほかの企業や会社に提出するときの書き方と変わりません。

早めに退職届を記入することで、中学校教員を辞める気持ちと、さらに向き合えるでしょう。

4.ほかの教員に伝える

退職日が決まった後は、ほかの教員や生徒に辞めることについて伝えましょう。

なぜなら、学生の勉強を妨げないために、ほかの先生の協力が必要不可欠だからです。

自分が辞めた後にも、生徒の学業に影響が出ないようにしなければなりません。

ですので、長く勤めている方や年齢が高い先生、同僚、最後に生徒といった順番で自分の退職について伝えましょう。

5.業務の引き継ぎをおこなう

ほかの先生に辞めることについて伝えた後は、自分が受け持っていた業務の引き継ぎをしていきましょう。

早めに仕事内容を伝えておくことによって、退職後の連絡やトラブルを避けられます。

もし引き継ぎミスが発生してしまうと、後任者や生徒が困ったり、学校側から電話が来たりと両者が困ってしまいます。

このようなことを回避するために、口頭で伝えるだけでなく、引き継ぎ書も作成しておくといいでしょう。

6.借りているものを返却、退職書類を受け取る

退職日当日までに、今まで学校側から借りているものを返却しましょう。

その後は、退職に関する書類を受け取ることで、転職活動や幅広い手続きなどで活用できます。

借りているものとして、以下の内容が挙げられるため、該当するものは早めに返却準備をしましょう。

  • 健康保険被保険者証
  • 通勤用の定期
  • 学校内の資料やデータ
  • 経費で購入した事務用品

また学校側から受け取るものは、

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 離職票
  • 源泉徴収票

など、さまざまあり、基本は退職した7〜14日後に郵送で送られます。

自分の転職活動の際に必要になるので、忘れずに受け取りましょう。

仕事-辞めたい「仕事を辞めたい」辞めてもいい8つの判断ポイントと円満退職について徹底解説

中学校教員におすすめの転職先4選

教員

ここでは、中学校教員を退職した後に、教員に向いている転職先について紹介していきます。

  1. 事務職
  2. 公務員
  3. 教育関連
  4. ITエンジニア

自分に合う職場を探していきましょう。

1.事務職

中学校教員を辞めた後のおすすめ転職先は、事務職です。

教員の場合、普段から文書の作成や同時に平行して、複数の作業をおこなうことに慣れているので最適でしょう。

ほかにも事務職は、

  • 男性・女性問わず人気の転職先
  • 内勤が主なため家庭やプライベートを充実しやすい
  • 勤務時間も大体の目安がつき、残業があっても教員ほどの忙しさではない

といったメリットもあり、WordやExcelなどのパソコンスキルを持っていれば、転職先でも即戦力となれます。

教員の仕事量や忙しさをきっかけに退職を考えている方には、事務職の転職がおすすめです。

2.公務員

教員を退職後、再び公務員に転職するという選択肢もおすすめです。

公務員の福利厚生やボーナスは充実しているため、選択のひとつとして選ぶ方は多いと言われています。

ですが、公務員への転職する際は「公務員試験」を受けた上での再就職になります。

試験内容は難しい内容が多いので、再び勉強や独自の対策をおこなわなければいけないので、転職までの時間が空いている方におすすめです。

3.教育関連

中学校教員を辞めた後のおすすめの転職先は、教育関連の仕事があります。

学校の経験だけではなく、

  • 出版社
  • 障碍者向けの支援
  • 社会人向けの教育サービス

などに関する免許を持っていれば、転職先で優遇されるからです。

具体的な職種として、以下が挙げられます。

  • 保育士
  • 家庭教師・学習塾の講師
  • 放課後等デイサービス
  • 教育系の営業職やIT職

教員を辞めた後でも違う形で、子どもの発達の支援をしたい方におすすめの転職先です。

4.ITエンジニア

中学校教員から、まったく違う異業種に転職したい方には、ITエンジニアが挙げられます。

教員が向いている理由として、

  • 勉強することに慣れている
  • 労働時間の長さから解放される
  • 未経験者や初心者も学べるチャンスが多い
  • 求人数が充実しているので転職先の幅が広がる

といった、多くのメリットがあるからです。

また、IT業界は常に成長しており、可能性に満ち溢れているので、退職をきっかけに新しい知識を吸収する方も少なくありません。

ITエンジニアのほかにも、プログラマーやWebマーケターなどの職業もあるので、気になる方は一度ぜひ調べてみてください。

クラウドエンジニア 向いてる人クラウドエンジニアに向いている人の特徴8選!必要なスキルやなるための方法を解説

中学校教員を辞めた3つのメリット

充実した時間

中学校教員を退職した際には、どのようなメリットを得られるのか、見ていきましょう。

  1. 副業が可能になった
  2. 新しい視野を広げられる
  3. 家族やパートナーとの時間が増えた

人間関係のストレス解放以外に、自分が求めているものがあるか、ぜひ参考にしてください。

1.副業が可能になった

中学校教員を辞めたメリットのひとつとして、副業が可能になったことです。

教員は公務員になるので、原則として副業は禁止されています。

もし副業をおこなっていた場合、罰則や解雇などのリスクが発生することも。

そのため、公務員を辞めることによって副業が可能になるので、転職先以外に収入源を増やせるでしょう。

2.新しい視野を広げられる

退職することによって、新しい視野を広げられるというメリットがあります。

学校内だけだと、仕事量や人間関係に追われ視野が狭くなりがちですが、退職することによって、新しい自分を発見できる可能性があるからです。

客観的に見られるようになることで、以下の内容が挙げられます。

  • 仕事の価値観
  • スキルの確認
  • 会社や人間関係

今までの人間関係や、労働時間の長さから解放されることで、新しい視野を広げられ、仕事を楽しく感じられるでしょう。

3.家族やパートナーとの時間が増えた

中学校教員を辞めたメリットには、家族やパートナーとの時間が増えたことがあります。

なぜかというと、転職先の条件によって、土日休みや定時上がりが可能だからです。

教員として働いていると、帰宅後や休日も仕事があり、なかなか家族やパートナーとの時間が取れません。

ですが、土日が休みの会社に勤めることによって、家族と過ごせる時間も増えるので家庭内環境も良くなるでしょう。

プライベートの時間を作り、しっかりとした休息も取れるので、中学校教員には大きなメリットです。

人手不足-辞めたい人手不足の会社でも辞めて良いの?|辞めるべき理由とおすすめの転職先5選

中学校教員を辞めた3つのデメリット

悩む男性

反対に、中学校教員を辞めたことで失うメリットが存在します。

ここでは、退職することで起きるデメリットを解説していきます。

  1. 給料が減る可能性がある
  2. 仕事に対してのやりがいが薄れた
  3. 社会的信用度が下がることがある

中学校教員を辞める前に、確認しておきましょう。

1.給料が減る可能性がある

中学校教員を辞めたデメリットは、給料が減る可能性があるです。

公務員から民間企業に転職することで、給料の安定性が無くなるからです。

近年では新型コロナウィルスが流行しており、職種によっては解雇や倒産してしまう企業があります。

転職先の仕事内容次第では、給料の浮き沈みが激しかったり、ボーナスが無かったりする事例も少なくありません。

ですので、中学校教員から民間企業に転職する際は、給料が減る可能性があることを知っておきましょう。

2.仕事に対してのやりがいが薄れた

中学校教員という仕事を退職することによって、やりがいが薄れたことがデメリットに挙げられます。

教員だと子供の成長に関われるので自然とやりがいを持つことも多いですが、一般の仕事になったら熱意が薄れてしまいます。

転職当初は、新しい仕事の方が楽で面白そうだと感じていても、長期的に同じ繰り返しが続くことで退屈に思うことも。

転職先によっては、自分がやりたくない仕事を任せられることもあるので、さらにやる気が損失するでしょう。

このようなことから、忙しくても教員の方がやりがいはあったと感じる方も多いので、デメリットと言われています。

3.社会的信用度が下がることがある

中学校教員を辞めたデメリットは、社会的信用度が下がることです。

辞めた理由を周りに伝えないことで、親や身内、友人からの信頼を失う可能性があるからです。

例えば「教師の仕事はやりがいに満ち溢れている」と常々、考える方も中にはいるでしょう。

教員を退職して辞めた理由を言わないことよって、良くない噂が広まることになり、トラブルに発展することもあります。

そのため「なぜ辞めたのか」具体的に周りを説得しておくことで、問題を回避できます。

公務員から転職するならこの仕事!成功のコツを徹底解説

まとめ:中学校教員を辞めるときは退職時期を考えてから行動する

本記事では、中学校教員を辞めたい理由や円満退職の方法について、解説してました。

  • 仕事量や労働時間の長さから、中学校教員を辞めたいと感じるのは当たり前
  • 退職前に家族や友人に相談、休職を視野に入れてみる
  • 教員を辞めることで給料の減少や社会的信用度が下がることがある

中学校教員の退職は、ほかの職員や生徒に影響を与えるので、辞める際のタイミングは年度末がおすすめです。

ですが、いじめやパワハラ、心身に影響が出ている場合は早期退職を目指して動きましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5