• WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

はじめに

Railsアプリケーションのユーザーインターフェイスで、ユーザーの操作(マウスやカーソルの動き)に合わせて画面が反応するなどのインタラクティブなものも多数あります。

そういったUI上の動きについては、JavaScriptが大きく貢献しています。

しかし、慣れていない人にとって、JavaScriptは少し癖のあるプログラムで分かりにくいかもしれません。

そんなときに役に立つのが、HTMLの構造から直感的にJavaScriptを利用できるjQueryです。

ただし、デフォルトではRailsにjQueryは導入されていませんので、ここでは導入方法から説明します。

また、後半では、jQueryを扱うためのセレクタやメソッド、イベントと呼ばれるものを消化していますので、jQuery初心者も、少し慣れている人も、ぜひ一読ください。

jQueryとは

冒頭でも説明したとおり、jQueryというのは、JavaScriptでのプログラムを直感的にできるようにしてくれるものです。

jQueryを使えば、HTML上のタグに対して、どんな動きを付与するのか、どんな条件で変化させるのか、などを容易にプログラムすることができるようになります。

例えば、「test」というクラス属性を持っているdivタグを青くするという動きをさせるとしましょう。

JavaScriptでは次のようになります。

<script type="text/javascript">
var targets = document.getElementsByTagName("div");
for(i=0; targets.length; i++){
  if(targets[i].className === "test"){
    target.style.color = "blue";
  }
}
</script>

しかし、jQueryを使えば、たった1行です。

$("p.test").css( "color", "blue" );

ここまで違うと、JavaScriptを使うのが、ちょっと面倒になるかもしれません。

「Query」で検索してきた方へ

本記事は、上述のようにJavaScriptのコードを平易にするjQueryの解説記事です。

もし、「Query」という文言で検索されてきたのであれば、意味合いが違いますので、ご注意ください。

Query(クエリ)は、データベースの操作に使われる命令のことで、代表的なものとしてSQLがあります。

また、Railsの場合は、ActiveRecordのクエリメソッド(whereメソッドやjoinsメソッドなど)を示すこともあります。(クエリメソッドからSQLを生成してデータベースへアクセスしています)

そのため、Queryが知りたいのであれば、「【Rails入門説明書】joinsについて解説」「【Ruby入門説明書】whereについて解説」を参照していただいた方が良いでしょう。

コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-03-22 23:28
今回の記事では、独学でPHPを1年半学習し、その後WebCampを受講して未経験からエンジニアへと転職された佐々木さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 佐々木 祐樹 さん(2...

jQueryを導入する

では、さっそくjQueryを導入してみましょう。

導入そのものは、以下の手順を進めるだけですので、難しくありません。

環境構築

まずは、jQueryを導入するRails環境を構築します。すでに環境がある人は飛ばしてください。

rails new jquery_test
cd jquery_test
rails generate scaffold Item title:string price:integer
rake db:migrate
rails c
Item.create(title:"book", price:2500)
Item.create(title:"note", price:100)
Item.create(title:"pen", price:500)
exit

「localhost:3000/items」にアクセスして、以下の画面が表示されれば、環境構築完了です。

Gemfileの確認

まずはGemfileの内容を確認してください。

そして、以下の記載がなければ、追加していただく必要があります。

gem 'jquery-rails'

gemの追加(jQueryのインストール)

Gemfileに追記した場合は、インストールのため、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。
※追記していなければ、不要です。

bundle install

最終的に「Bundle complete!」で始まる文章が表示されれば、インストール完了です。

jQueryを有効にする

最後に、JavaScriptにjQueryのライブラリを読み込ませるように、設定ファイルに追記して、jQueryを有効にします。

JavaScriptの設定ファイルは「app/assets/javascripts/application.js」ですので、「//= require jquery」という1行を追加してください。
(app/assets/javascripts/application.js)

  :
// about supported directives.
//
// ↓を追加
//= require jquery
//= require rails-ujs
//= require activestorage
//= require turbolinks
//= require_tree .

これで、jQueryを使用する準備は完了です。

“未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
2017-10-04 10:26
今回の記事では、未経験からWebCampを1ヶ月受講し、その後エンジニアとして転職をした喜田さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 喜田 大介 さん (28歳) 大学時代はプ...

jQueryを使ってみる

では、簡単ですがjQueryを使ってみましょう。

お試し版で簡単な動作確認を行った後、あるべき場所に実装します。

お試し版

jQueryはViewファイルに実装するのが、もっとも簡単です。

ここでは、「app/views/items/index.html.erb」に追加しましょう。

以下のjQueryのコードを、index.html.erbの末尾に追加してください。

<script type="text/javascript">
$("h1").css("color", "red");
</script>

これは、h1タグの文字色を赤(red)に設定するjQueryのプログラムです。

ブラウザで読み込み直して、以下のようにタイトルが赤文字になっていれば、jQueryが正しく動作しています。

なお、一般的に、jQueryのプログラムコードはヘッダなどに記載されることが多いです。しかし、そうなると、Webサイトの本体が読み込まれる前にjQueryのプログラムコードが実行されてしまいます。
※HTMLは上から順に解釈されてページが作られていくため

そのため、ファイルの先頭やヘッダなど、操作したいタグよりも上にjQueryを設置したい場合は、以下のように「$(document).ready」(もしくは省略形の$())を使用して、読み込まれるのを待ってから動作するような仕組みを入れます

※以下は同じ意味です。

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function() {
 $("h1").css("color", "red");
});
</script>
<script type="text/javascript">
$(function() {
 $("h1").css("color", "red");
});
</script>

本来は別ファイルで

ここからは、少し実践に即した形でjQueryを使っていきましょう。

プログラムを作るときには、「変更したときに何カ所も同時に変更しなければいけないようなプログラムにしてはいけない(DRY:Don't Repeat Yourself)」のは、当然です。

しかし、それ以外にも、メンテナンス性(メンテナンスのしやすさ)や可読性(プログラムの読みやすさ)も考慮しておかなければ、不具合が多く、かつ原因が見つけにくいプログラムになってしまうでしょう。

じつは、前項で行ったViewファイルに直接jQueryのプログラムコードを埋め込む方法は、DRYもメンテナンス性も可読性も破ってしまうため、あまりおすすめできない手法と言えます。

そのため、jQueryのプログラムコードは別のファイルに記載しておくのが一般的です。

では、前述のjQueryのプログラムを別のファイルに記載する方法に変更してみましょう。

まず、jQueryのプログラムコードを保存するファイルを作成します。

JavaScriptのプログラムコードは、環境構築の最後でアクセスした「app/assets/javascripts/」に保存されています。

jQueryのプログラムコードを記載するファイルも、同じ場所に作成します。そして、ファイルの拡張子は、「.js」です。

では、「test.js」というファイルを作成しましょう。そして、先ほどViewファイルに追加したプログラムコードを記載して保存してください。
(app/assets/javascripts/test.js)

$(function() {
 $("h1").css("color", "green");
});

※分かりやすくするため、ここでは色を「green」に変更しています

このファイルに記載するプログラムコードは、タグが不要です。ファイルそのものがJavaScriptであることを表しているので、必要ないと考えて差し支えありません。

また、自動で読み込まれるため、意図的に読み込まれる箇所を指定できませんので、「$(document).ready」(もしくは省略形の$())を使っておきましょう。

先ほどViewファイルに追記したjQueryのプログラムコードを削除して、改めて「localhost:3000/items」にアクセスしてみましょう。

なお、環境構築の最後に追記したファイル「app/assets/javascripts/application.js」の最終行にある「//= require_tree .」が「app/assets/javascripts/」配下の「.js」ファイルを読み込む処理になります。そのため、別ファイルのjQueryのプログラムコードが、Viewファイルに適用されるのです。

また、jQueryのプログラムを別ファイルにしている場合、Viewファイルを指定していませんので、他のページのh1タグでも適用されます。例えば、「localhost:3000/items/new」にアクセスしてみると、以下のようになります。

turbolinksの弊害

ただし、ここで「Back」をクリックして一覧画面に戻ると、タイトルは黒文字に戻っています。

これは、「turbolinks」という高速化の仕組みによる弊害です。

turbolinksは、ヘッダなどの基本的には変更されることが少ない部分の再読込を抑止して、画面遷移などを高速化する効果があります。

そして、じつは、JavaScriptも再読込を抑止される対象になってしまっているのです。そのため、最初のアクセスのときだけ動作し、その後は再読込されない(処理が行われない)ため、リンクをクリックした画面遷移では、jQueryが適用されていないわけです。

じつは、Railsでは、このturbolinksがデフォルトで設定されています。
(app/assets/javascripts/application.js)

  :
//= require jquery
//= require rails-ujs
//= require activestorage
//= require turbolinks
//= require_tree .

上記の「//= require turbolinks」を削除すれば、「Back」や「New Item」などをクリックしても、jQueryが動くようになります。

未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
2018-03-10 14:42
今回の記事では、たまたま見たテレビ番組がきっかけでエンジニアに興味を持ち、WebCampProを受講して見事転職を決めた中村さんにインタビューしました。 <プロフィール> 中村 駿...

jQueryリファレンス

ここからは、jQueryを使用するに当たっての基本的な情報を集めました。すぐに憶える必要はありませんが、必要なときに参考になりましたら幸いです。

jQueryの基本構文

jQueryでの変数は、#を利用します。

・pタグを変数に格納して使用する場合

var #ptag = $("p");
$ptag.css("color", "red");

上記の$はjQueryの処理であることを示しており、次のように、「$」の代わりに「jQuery」と記載しても同じ意味になります。

var #ptag = jQuery("p");

また、イベント(マウスクリックや文字入力などのユーザー操作)が発生した要素は「$(this)」に格納されますので、要素の種類を指定しない汎用的な処理を記載することができます。

複数の要素に対しては、eachメソッドを使って繰り返し処理を行うことができます。

$("セレクタ").each(function(){処理});

セレクタ

セレクタは、操作や変更したい要素を指定するための書式です。ほとんどの場合、CSSのセレクタと同じものが利用できるようになっています。

基本的な構文は以下です。

$("セレクタ")

セレクタには、以下の3種類があります。

基本セレクタ

属性の指定する基本となるセレクタです

基本セレクタ 説明 構文
要素セレクタ 特定のHTML要素 $("要素名")
IDセレクタ 特定のid属性を持つ要素 $("#ID名")
クラスセレクタ 特定のclass属性を持つ要素 $(".クラス名")
ユニバーサルセレクタ すべての要素 $("*")
属性セレクタ 特定の属性を持つ要素 $("[属性名]")
グループセレクタ 複数のセレクタをまとめて指定する $("要素1, 要素2")

階層セレクタ

HTMLのDOM構造をたどって指定するセレクタです。

階層セレクタ 説明 構文
子孫セレクタ 特定の要素の内側にある要素 $("要素1 要素2")
子セレクタ 特定の要素の直下の子要素 $("親要素 > 子要素")
隣接セレクタ 特定の要素の次の要素 $("要素1 + 要素2")
間接セレクタ 特定の要素の後に出現する要素 $("要素1~要素2")
否定擬似セレクタ 特定の要素内で指定した要素以外の要素 $("要素1:not(要素2)")
empty擬似セレクタ 子要素やテキストを含まない要素 $("要素:empty")

フィルタ

HTMLのDOM構造の位置などで指定するセレクタです。

フィルタ 説明 構文
firstフィルタ 指定した要素の最初の要素 $("要素:first")
lastフィルタ 指定した要素の最後の要素 $("要素:last")
evenフィルタ 指定した要素の偶数番目の要素 $("要素:even")
oddフィルタ 指定した要素の奇数番目の要素 $("要素:odd")
oddフィルタ 指定した要素の奇数番目の要素 $("要素:odd")
eqフィルタ 指定した番号の要素 $("要素:eq(番号)")
gtフィルタ 指定した番号より後の要素 $("要素:gt(番号)")
ltフィルタ 指定した番号より前の要素 $("要素:lt")
headerフィルタ h1からh6までのheader要素 $("要素:header")
containsフィルタ 特定の文字列が含まれている要素 $("要素:contains(文字列)")
hasフィルタ 特定の要素が含まれている要素 $("要素1:has(要素2)")
parentフィルタ 子要素やテキストを含む要素 $("要素:parent")

メソッド

セレクタで指定した要素に対して、メソッドで指定した処理を行います。

基本的には、以下のような構文になっています。

$("セレクタ").メソッド(引数);

また、どっと(.)でつなげることで、処理結果に対して操作をすることができます。この手法をメソッドチェーンと呼びます。

$("セレクタ").メソッド1.メソッド2;

なお、メソッドは、大きく分けて以下の4種類があります。

CSSや属性に関するメソッド

CSSや属性に対して取得や設定などを行います。

CSSや属性に関するメソッド 説明 構文
テキストの取得(text) テキストを取得する $("セレクタ").text()
テキストの変更(text) テキストを変更する $("セレクタ").text("変更後のテキスト")
HTMLの取得(html) HTMLを取得する $("セレクタ").html()
HTMLの変更(html) HTMLを変更する $("セレクタ").html("変更後のHTML")
指定したCSSプロパティの値を設定(css) css(プロパティ名, 値) $("セレクタ").css(プロパティ名, 値)
指定したCSSプロパティの値を取得(css) 指定したCSSプロパティの値を取得する $("セレクタ").css(プロパティ名)

エフェクト系メソッド

コンテンツに動き(フェード表示やスライドなど)つけるものです。

エフェクト系メソッド 説明 構文
表示の切り替え 表示されているものを隠したり、非表示のものを表示したりする $("セレクタ").toggle()
フェードイン フェードインさせて表示する $("セレクタ").fadeIn()
フェードアウト フォードアウトさせて非表示にする $("セレクタ").fadeOut()
要素を表示 要素を表示する $("セレクタ").show()
要素を隠す 要素を隠す $("セレクタ").hide()

トラバース系メソッド

HTMLのDOMツリー内から、指定条件に合うものを選択、検索します。

トラバース系メソッド 説明 構文
検索 条件に合うものと検索する $("セレクタ").find()
初めの要素 初めの要素 $("セレクタ").first()
最後の要素 最後の要素 $("セレクタ").last()
次の要素 次の要素 $("セレクタ").next()

マニュピレーション系メソッド

要素を追加、削除します。

マニュピレーション系メソッド 説明 構文
先頭にHTMLの挿入 先頭にHTMLを挿入する $("セレクタ").prepend("挿入するHTML")
最後にHTMLの挿入 最後にHTMLを挿入する $("セレクタ").append("挿入するHTML")
要素の前にHTMLの挿入 属性の前にHTMLを挿入する $("セレクタ").before("挿入するHTML")
要素の後にHTMLの挿入 要素の後にHTMLを挿入する $("セレクタ").after("挿入するHTML")
先頭に要素を移動 他の要素内の先頭に要素を移動する $("セレクタ").prependTo(移動先のセレクタ)
最後に要素を移動 他の要素内の最後に要素を移動する $("セレクタ").appendTo(移動先のセレクタ)
前に要素を移動 他の要素の前に要素を移動する $("セレクタ").insertBefore(移動先のセレクタ)
後に要素を移動 他の要素の後に要素を移動する $("セレクタ").insertAfter(移動先のセレクタ)
他の要素で包む 要素を他の要素で包む $("セレクタ").wrap(<要素名></要素名>)
まとめて他の要素で包む 要素をまとめて他の要素で包む $("セレクタ").wrarpAll(<要素名></要素名>)
子要素のテキストを他の要素で包む 子要素のテキストを他の要素で包む $("セレクタ").wrapInner(<要素名></要素名>)
他の要素に置き換える 要素を他の要素に置き換える $("セレクタ").replaceWith(置換後の要素)
要素を削除 要素を削除する $("セレクタ").remove()
指定した属性の値を変更 指定した属性の値を変更する $("セレクタ").attr(属性名, 属性値)
指定した属性の値を取得 指定した属性の値を取得する $("セレクタ").attr(属性名)
指定した属性を削除 指定した属性を削除する $("セレクタ").removeAttr(属性名)
class属性を追加 class属性を追加する $("セレクタ").addClass(class属性値)
class属性を削除 class属性を削除する $("セレクタ").removeClass(class属性値)

イベント

ブラウザ上でのユーザー操作によって動作を行う場合に、そのトリガーとなる操作が行われた場合にイベントで定義した処理が実行されます。

イベント 説明 構文
クリックイベント 特定の要素がクリックされたとき $("セレクタ").click(function(){処理});
ダブルクリックイベント 特定の要素がダブルクリックされたとき $("セレクタ").dblclick(function(){処理});
マウスダウンイベント 特定の要素の上でマウスのボタンを押されたとき $("セレクタ").mousedown(function(){処理});
マウスアップイベント 特定の要素の上でマウスのボタンを放したとき $("セレクタ").mouseup(function(){処理});
クリックされるたびに異なるイベント クリックするたびに異なる処理を実行するとき $("セレクタ").toggle(function(){処理});
マウスオーバー 特定の要素の上にマウスが重なったとき $("セレクタ").mouseover(function(){処理});
マウスアウト 特定の要素の上からマウスが離れたとき $("セレクタ").mousout(function(){処理});
マウスムーブ 特定の要素の上でカーソルが動いたとき $("セレクタ").mousemove(function(){処理});
イベントを取り消す 設定されているイベントを取り消す $("セレクタ").unbind("条件");
1度だけ実行 指定した要素に対して、イベントを1度だけ実行する $("セレクタ").one("条件", function(){処理});
要素を更新(load) 要素を更新する $("セレクタ").load(ファイル名)

フォーム

フォームの情報取得や操作を行います。

フォームについても、以下のような分類ができます。

フォームの値を取得・変更

フォームの入力値などを取得、操作するための処理です。

フォームの値を取得・変更 説明 構文
フォームの入力値を変更(val) フォームの入力値(val ue属性の値)を変更する $("セレクタ").val("入力値")
フォームの入力値を取得(val) フォームの入力値(val ue属性の値)を取得する $("セレクタ").val()

フォームのイベント

フォームに対して発生する操作によって実行される処理を定義します。

フォームのイベント 説明 構文
フォーカスの取得 フォームが選択された状態のとき $("セレクタ").focue(function(){処理});
フォーカスが外れたことの検知 フォームが外れたことを知る $("セレクタ").blur(function(){処理});
フォームの変更検知 フォームが変更されたことを知る $("セレクタ").change(function(){処理});
フォームの送信を検知 フォームの送信ボタンが押されたとき $("セレクタ").submit(function(){処理});

フォームのセレクタ

フォームを指定する場合に使用します。

フォームのセレクタ 説明 構文
すべてのフォームを一括指定 すべてのフォームを一括で指定する $(":input")
テキストフォームの指定 テキストフォームを指定する $(":text")
パスワードフォームの指定 パスワードフォームを指定する $(":password")
ラジオボタンの指定 ラジオボタンを指定する $(":radio")
チェックボックスの指定 チェックボックスを指定する $(":checkbox")
送信ボタンの指定 送信ボタンを指定する $(":submit")
イメージボタンの指定 イメージボタンを指定する $(":image")
リセットボタンの指定 リセットボタンを指定する $(":reset")
ボタンの指定 ボタンを指定する $(":button")
ファイル選択フォームの指定 ファイル選択フォームを指定する $(":file")
チェックされているフォームの指定 ラジオボタンやチェックボックスのチェックされているフォームを指定する $(":checked")
選択されているフォームの指定 セレクトボックスで選択されているフォームを指定する $(":selecred")

まとめ

jQueryの説明と、Railsの環境へjQueryを導入する手順、jQueryの簡単な使い方を説明しました。

JavaScriptはWebアプリケーションの豊かな表現を実現するのに最適な手段であり、Railsアプリケーションでも積極的に採用されています。

jQueryは、そんなJavaScriptをより簡単にシンプルに実装することができる優れたライブラリです。もちろん、JavaScriptでなければ表現できないようなこともありますが、多くのことがjQueryで対応できます。

そうすることで開発効率を上げ、よりビジネスコード(サービスの肝となる部分のプログラム)の検討に時間を使うことができます。

便利に使えるものは使って開発するのも、現代のプログラマーには必須のスキルと言えますので、ぜひjQueryも活用して、効率よく品質の高いプログラムを作れるようになりましょう。

・jQueryはJavaScriptを容易に利用できるようにしてくれるツール
・jQueryの導入はgemを使う
・jQueryを読み込むため、「application.js」へ「//= require jquery」を追加する必要がある場合がある
・「app/assets/javascripts/」に「.js」ファイルとして保存することで、jQueryは自動で読み込まれる
・turbolinksが有効なままでは、最初のアクセス時しか、jQueryが動作しない

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

 

【インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!

ブラジルから帰国し技術をつけようとRubyエンジニアを目指してWebCampでRubyを学び、見事Webエンジニアとして転職を果たした田中さんにお話を伺いました。

Rubyの学習がしたい。基礎をしっかりと理解したい

転職のサポートがほしい

と考えている方はぜひお読み下さい。

【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
2018-01-15 13:23
今回の記事では、WebCampで1ヶ月間Rubyを学習し、Webエンジニアとして転職した卒業生の田中さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 田中 デニス 昭彦さん(...
関連キーワード
Ruby on Railsの関連記事
  • 【Rails入門説明書】includesについて解説
  • 【Rails入門説明書】RubyとRailsの初心者/中級以上用の厳選本8選
  • 【Rails入門説明書】joinsについて解説
  • 【Rails入門説明書】 jQueryの導入方法について解説
  • 【Rails入門説明書】scopeについて解説
  • 【Rails入門説明書】has_manyについて解説
おすすめの記事