仕事もプライベートも両立させたい!充実したライフスタイルにする3つの秘訣とは | WEBCAMP NAVI
【11月の受講枠も残りわずか】

仕事もプライベートも両立させたい!充実したライフスタイルにする3つの秘訣とは

「仕事だけじゃなくてプライベートも充実させたいけど難しい…」
「どうしたらうまく切り替えられるんだろう?」

と思うことはありませんか?

仕事とプライベートを両立したくても、どうしたらうまくできるのか悩みますよね。

では、仕事のオンとオフを切り替える方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事とプライベートが充実している人の特徴
  • 仕事とプライベートを両立するメリットとデメリット
  • 仕事とプライベートを両立させる秘訣
  • 仕事とプライベートを両立できる職業

について詳しく解説します。

この記事を見れば、ワークライフバランスの改善に大きく役立つはずです。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事とプライベートが充実している人に共通する5つの特徴

仕事とプライベートを使い分ける人たち

仕事とプライベートが充実している人は、仕事をプライベートに持ちこみません。

業務を家庭に持ちこんでしまうと、プライベートで気が休まらないと理解しているからです。

仕事とプライベートが充実している人には以下のような特徴があります。

  1. 健康に気を使っている
  2. 休日は思いっきり遊ぶ
  3. 目標があり生活にメリハリがある
  4. 仕事とプライベートの予定をあらかじめ立ててある
  5. 気分転換や気持ちを切り替えることが上手

上記のような工夫をして、仕事のオンとオフを上手に切り替えているのです。

自分が疎かにしてしまっていることがないか、ぜひチェックしてみてください。

1.健康に気を使っている

仕事とプライベートの充実には、健康管理が必要不可欠です。
健康でなければ、日々の業務をこなすこともプライベートを楽しむこともできません。

また、仕事とプライベートのバランスが取れていない可能性も考えられます。

  • バランスのとれた食事を心掛ける
  • 適度な運動をする
  • 睡眠時間を確保する

公私ともに充実している人は、上記のような自己管理を意識しておこなっています。

心身ともに健康であることの重要性を理解し、自身の力が十分に発揮できるように努めているのです。

2.休日は思いっきり遊ぶ

仕事とプライベートが充実している人は、休日は思いっきり遊んでいます。

休日は仕事を忘れてリフレッシュすることで、気持ちを新たに会社に向かえるからです。

業務から離れる日を作って、

  • 思いっきり遊んだから仕事を頑張ろう
  • しっかり休むために業務を終わらせよう

と相乗効果が生まれます。

プライベートの充実が仕事にもプラスに働く好例といえるでしょう。

3.目標があり生活にメリハリがある

仕事でもプライベートでも、目標がある人は生活にメリハリが出て充実した日々を送っています。

目標に向かって頑張れたり、達成感も得られるからです。

  • 1日・1週間・1ヶ月単位で目標を定めてタスクを管理する
  • 本を月に○冊読む
  • ダイエットをして体重を○○kgにする

など、具体的な目標があれば何となく日々を過ごすということがなくなります。

目標を細分化するなど、達成感が得やすくなるような工夫も上手です。

目標を定めることによって、集中して頑張る時間と休息する時間のメリハリをつけているのです。

4.仕事とプライベートの予定をあらかじめ立ててある

仕事とプライベートの予定を事前に立てることで、充実した時間を過ごせます。

立てた予定に向けて、時間を効率的に使うようになるからです。

また、予定が頭に入っていれば仕事のオンとオフをスムーズに切り替えることもできます。

  • 午前中に1日のタスクを終わらせて、午後は会議に出席する
  • 1週間のうちノー残業デーを1日作って習いごとを入れる
  • 休みの日に人と会う約束をする

などの予定がある場合、計画的に行動して時間を確保する必要があります。

結果的に無駄に過ごす時間が減って、自分や家族のために使える時間を生み出せるのです。

5.気分転換や気持ちを切り替えることが上手

気分転換や気持ちを切り替えることが上手な人は、仕事もプライベートも充実しています。

気持ちを引きずることなく、それぞれの時間を過ごせるからです。

  • 午後の業務に向けて、美味しいランチを食べてリフレッシュする
  • 退社後や休みの日には仕事のメールはチェックしない
  • プライベートでは会社のスマホやパソコンは持ち歩かない

切り替えが得意な人は、上記のような気分転換や仕事とプライベートを区別するための工夫をしています。

仕事の緊張感とプライベートのリラックス感は相反するものです。
そのことを意識して、気持ちを引きずることなく上手に切り替えましょう。

仕事とプライベートを両立することで得られる3つのメリット

仕事モードからプライベートモードに切り替える男性

仕事とプライベートを両立するには、昇給や昇進を諦めるしかないと考える人がいます。

しかし、業務にかける時間を減らすことと仕事の手を抜くことはイコールではありません。

以下のように、双方を両立することで得られるメリットがあります。

  1. 交友関係を増やせる
  2. メリハリができて集中力やモチベーションが上がる
  3. 自分の仕事や生き方に自信が持てるようになる

日々の業務にかかる時間を減らせれば、プライベートでさまざまなチャンスに出会えます。

それぞれの項目を詳しく確認していきましょう。

1.交友関係を増やせる

仕事をプライベートが両立できれば、交友関係が自然と増えていきます。

職場以外のコミュニティーで活動する機会が増えるためです。

交友関係が増えることで、以下のようなチャンスを得ることができます。

  • 違う職種の知識
  • 今までしたことがない経験

プライベートで得た人脈や豊富な知識・経験は、仕事にもいい影響を与えてくれる可能性があります。

2.メリハリができて集中力やモチベーションが上がる

プライベートの時間が充実することで、仕事への集中力やモチベーションが上がります。

緊張感から解放された時間を過ごすことによって、ストレスを解消できるからです。

仕事の緊張状態が続けば、疲れから集中力もモチベーションも低下します。

  • 業務から離れて楽しむ
  • 好きなだけ寝る

プライベートで上記の時間が取れば、仕事への意欲を充電できます。

休息や楽しむ時間を持つことでメリハリができて、結果的に仕事を頑張れるようになるのです。

3.自分の仕事や生き方に自信が持てるようになる

仕事とプライベートの両方で充実感を得られれば、自分の仕事や生き方に自信が持てるようになります。

公私混同させず、それぞれを両立させることは決して簡単ではないからです。

公私のバランスを取るためには、

  • 時間の管理能力
  • 業務の効率化
  • 友人や家族への愛情

など、多くのことに気を配って努力する必要があります。

大変なことも多い分だけ、得られる満足感や自信も大きくなるものです。

仕事とプライベートを両立させることで生じる2つのデメリット

仕事とプライベートを分けることを疑問に感じる人

仕事とプライベートを両立させることで生じるデメリットもあります。

公私のバランスが偏ってしまう場合があるからです。

具体的には以下のようなデメリットが考えられます。

  1. 職場の人間関係が中途半端になる
  2. 仕事の目的が見出しにくくなることがある

上記のような状態に陥らないためにも、ご自身の状況に当てはめながら読み進めてみてください。

1.職場の人間関係が中途半端になる

仕事とプライベートを両立させることで、職場の人間関係が中途半端になることがあります。

仕事は仕事だと割り切り過ぎると、同僚や先輩との連携がとりづらくなるからです。

仕事をしていると、

  • チームの業務のヘルプを頼まれる
  • 業務終了後に飲み会に誘われる

など、定時を過ぎてからも対応せざるをえない事態が発生します。

そんなときでもプライベートを重視して断りつづけていると、職場で良好な人間関係が築けない可能性があるので注意が必要です。

2.仕事の目的が見出しにくくなることがある

プライベートが過度に充実してしまうと、仕事の目的が見出しにくくなることがあります。

仕事では責任感や忍耐力が求められ、楽しいばかりではないからです。

プライベートの楽しさを引きずって、

  • いやいやタスクをこなす
  • お金のためだけに働く

など、仕事に身が入らなくなってしまう可能性があります。

しかし、仕事をしないければ生きていけません。

好きな業種に就けていれば、どんなにプライベートが充実しても働くモチベーションを維持できます。

線引きが大切!仕事とプライベートを両立させる3つの秘訣

ライフスタイルを上手に構築する男性

仕事とプライベートを両立させるには、仕事モードとプライベートモードの切り替えが必要となります。

仕事とプライベートでは求められることが異なるため、それぞれの場面に応じた向き合い方が必要です。

切り替えができなければ、よい仕事をすることもプライベートでリラックスすることもできません。

それぞれの線引きを上手におこなう秘訣は以下のとおりです。

  1. タイムマネジメントを意識する
  2. 残ったタスクを家に持ち帰らない
  3. 「プライベートと両立させやすい仕事」に転職する

それぞれ詳しく説明していきます。

1.タイムマネジメントを意識する

仕事でもプライベートでも、タイムマネジメントを意識することが大切です。

とくに仕事では、限られた時間の中で目標を達成する必要があるからです。

  • 優先順位をつける
  • 頭を使うタスクは午前中に済ませる
  • 日々の業務を小さなタスクにしてリストを作る

など、時間管理をして効率的に仕事を進めることで、残業も減らせます。

自分で時間をコントロールできるようになれば、仕事とプライベートの両立は可能です。

2.仕事を家に持ち帰らない

プライベートを充実させたければ、「仕事を家に持ち帰らない」と心がけるだけでも生活にゆとりが生まれます。

自宅に仕事を持ちこんでしまうと、心も体も落ち着かなくなるものです。

仕事用のスマホやパソコンがあると、

  • 電話対応や呼び出しの可能性がある
  • メールチェックをしてしまう

など、休日にも関わらずリラックスできません。

業務は会社で終わらせて家ではプライベートの時間だけにすると決めるなど、メリハリをつけることが大事です。

3.「プライベートと両立させやすい仕事」に転職する

プライベートと両立できる仕事に転職するのも、選択肢のひとつです。

職種や社風によっては、プライベートの時間を確保したくてもできない場合もあるでしょう。

どんなに努力しても、

  • 人手不足で働かざるをえない
  • 残業を断れる雰囲気ではない

など、個人でできることには限界があります。

どうしても続けたい仕事や会社でなければ、プライベートの両立が可能な会社への転職を検討しましょう。

仕事とプライベートを両立できる職業5選

仕事でミーティングをしている人々のイメージ

仕事とプライベートを両立しやすい職業はあります。

仕事のスケジュールをある程度自分で管理できる職業なら、プライベートの時間を確保しやすいからです。

おすすめは以下の5つです。

  1. エンジニア・プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. フードデリバリー配達員
  4. コールセンター
  5. 工場のライン作業

どんなに仕事を効率化しても、今の会社ではプライベートの時間が確保できそうにない方は、ぜひ参考にしてください。

1.エンジニア・プログラマー

エンジニアやプログラマーは、自分のペースで仕事ができる職業のひとつです。

クリエイティブ系の仕事で、成果をきっちり出していれば評価されるからです。

成果物さえ出せば、

  • リモート勤務
  • 労働時間の調整

など、柔軟な働き方が可能となります。

そのため、人間関係で悩まされることも少なくなります。

外的要因でプライベートが阻害されることが少ないため、両立させやすいのです。

2.Webデザイナー

Webデザイナーも、働く時間をコントロールしやすい職業です。

ひとりで黙々と作業を進めることが多く、誰かに時間をあわせる必要もありません。

作業に入る前に、

  • 構成やレイアウト
  • 色合いや装飾

など、制作するWebサイトについてクライアントと相談します。

その後は納期に合わせてパソコンと向きあうことになるため、効率良く進めることでプライベートの時間を捻出できます。

3.フードデリバリー配達員

フードデリバリー配達員も、働く時間を自分でコントロールしやすい職業です。

とくにウーバーイーツの配達員は単独での作業で、スケジュールは自分で決めて稼働できるからです。

  • 地図の読み方
  • 配達順路の決め方
  • リクエストの取り方

上記の手順に慣れることで、配達件数を効率よく増やすことも可能です。

効率化を意識できれば、稼ぎながらプライベートの時間が十分に取れるのです。

4.コールセンター

コールセンターも、プライベートの時間を確保しやすい職業です。

電話対応などの業務は基本的にシフト制なので、あらかじめ業務時間が決められていることが多いのです。

  • 自分の都合に合わせてシフト希望を出せる
  • 午前・午後のみなど短時間勤務も可能

コールセンターでは、上記のようなメリットがあり、時間に融通がききやすい特徴があります。

業務時間外は電話がつながらないようになっているため、残業も最小限に抑えられるのです。

5.工場のライン作業

工場のライン作業も、プライベートの時間を確保できる職業のひとつです。

コールセンターと同様に、あらかじめ業務時間が決まっていることが多いからです。

工場のライン作業のシフトは、

  • 日勤のみ
  • 昼夜2交代制
  • 昼夜3交代制

といった勤務体系がありますが、急にシフトが変更になることはありません。

繁忙期は残業も増えますが、事前に分かっているためプライベートの予定も立てやすいですよ。

まとめ:仕事とプライベートを両立させて活気あるライフスタイルを目指そう

仕事とプライベートを両立出来ている人の特徴や両立させるための秘訣をご紹介してきました。

改めて、仕事とプライベートを両立するコツをお伝えします。

  • 効率化を意識して仕事をして、プライベートの時間を捻出する
  • 仕事は会社で完結させて、家には持ち帰らない
  • 両立が可能な職業を選ぶ

プライベートが充実することでリフレッシュできて、仕事への意欲が生まれます。

さらに、楽しいプライベートを過ごすために仕事を頑張るという相乗効果も期待できます。

ぜひ仕事とプライベートを両立させて、活気あるライフスタイルを実現してくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点