情報収集するときに注意すべき6つのポイント!便利なアプリやツールも紹介

公開日: 2021.09.28
更新日: 2024.01.11
情報収集

「情報収集をしたいけど、どの情報が良いのかわからない…」
「情報収集をするのに最適なのは何だろう

と思うことはありませんか?

知識をつけたくても、どれが信頼できる情報なのか迷ってしまいますよね。

では、信頼度の高い情報収集をするにはどのような方法があるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 情報収集能力が大切な理由
  • 情報収集のおすすめツールとアプリの選び方
  • 情報収集能力を高める方法

について詳しく解説します。

この記事を見ればあなたの情報収集能力が高まり必ず知識アップとスキルアップができます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

情報収集能力がスキルアップに欠かせない4つの理由

情報収集をしている様子

情報収集能力とは、必要な情報を集める力です。

スキルアップをするためには、情報を適切に集め、自分にとって必要なものを選択することが必要になります。

おもに下記の4つが理由です。

  1. 新しい知識が身につきアイデアが浮かんでくる
  2. 仕事を早く終わらせられる
  3. コミュニケーション能力が上がる
  4. 情報の取捨選択ができるようになる

現在は膨大な情報の中から自分に必要なものを選び、時間と労力を効率的に進める手段が情報収集能力として考えられています。

それぞれの特徴を細かく見ていきましょう。

1.新しい知識が身につきアイデアが浮かんでくる

情報収集能力で知識が身につくとアイデアを生みだせるようになります。

アイデアを生みだすためには発想力が必要になります。

何もないところから、発想することはできません。

アイデアを生みだすためのインプットは以下のようなものです。

  • 多様な価値観の人と会話をする
  • 資料を集める
  • 資料の内容を整理する

既存の知識と情報収集によって得られたものを組み合わし考えてアイデアが浮かんできます。

そのためにも、情報収集能力を鍛えることが必要になります。

2.仕事のスピードが速くなる

情報収集能力によって仕事の効率化ができスピードが上がります。

情報収集能力が不足していると作業の最適な手段がインプットできていないことも多く、非効率な動きを取ってしまいがちです。

  • 今まで手動でおこなっていた単純作業だったが、ツールを使えば作業時間が半分になった
  • SNSで取り上げられていた時間管理術を活かしたら、1日の作業時間を30%カットできた

知識として得られた情報を咀嚼することで仕事に活用できることも多いでしょう。

情報収集能力を鍛えることで、情報整理や業務全体が効率化につながり仕事のスピードが高まるのです。

3.コミュニケーション能力が上がる

情報収集によってコミュニケーション能力が上がります。

情報を集めることで、一般的な知識や現在のトレンドなどのストックも増えることになります。

そのため、相手から受け取る情報の理解度も高まり、的確なレスポンスができるようになるのです。

そうなることで以下のような事例が発生することがあります。

  • 相手から「この人と話すと面白いし、学びにつながることも多い」と思ってもらえる
  • いわゆる「他者に響く発言」ができるようになり、相手もそれに応じて濃いやりとりができる

これはひとえに「コミュニケーションのクオリティが高まる」と言ってもよいでしょう。

日々のやりとりの質が高まることを紐解いていくと、元になる要素は「情報収集を続ける」ということに帰結します。

したがって、情報収集をすることで相手に多くの情報を共有でき、コミュニケーション能力が高まるといえるのです。

4.情報の取捨選択ができるようになる

現在ではインターネットによって膨大な情報があります。

そのためすべての情報を闇雲にインプットしていては、時間の浪費に繋がりかねません。

そのため、情報収集能力を使って、下記のようなスキルを得る必要があります。

  • 必要な情報を選択できる
  • インプットする質が高くなる
  • 余計な時間と労力がなくなる

情報収集能力を鍛えると取捨選択ができるようになり情報の整理も簡単になるでしょう。

もしあなたが情報収集する目的が「転職・就活」であれば「ITエンジニアのスキルをつけること」をおすすめします。

国内最大規模のプロブラミングスクールの【DMM WEBCAMP】なら、最短3ヶ月でITエンジニアに転職が可能です。
なんと業界トップクラスの転職成功率98%!現在多くの卒業生がITエンジニアとして働いています。

ご自身の生活スタイルに合わせた学習コースで、ぜひ転職・就職を叶えてください。

今なら無料カウンセリング実施中

情報収集力が低いことで生じる2つのデメリット

情報収集力が弱い人

情報収集能力を鍛えることで、とても効率的になることは多いです。

しかし情報収集が不足したり低いことでデメリットが生じることになります。

おもに下記の2つがデメリットです。

  1. 自分の意見を持てなくなる
  2. 変化に対応できなくなる

このように情報収集がうまくできないから、自信がなくて意見が持てなくなったり変化の対応ができなくなったりします。

デメリットを把握することで情報収集を見直すきっかけにもなるでしょう。

それぞれ詳しく解説します。

1.自分の意見を持てなくなる

情報収集ができない人は「自分の意見が持てない」というリスクを抱えることになります。

日頃から仕事で用いる情報を集めていないと、何が正しいか、正しくないのかを判断する機会が得られません。

会議などの場面で自分の意見を述べなければならない場合、目の前の状況に合わせる以外の手段が取れなくなるのです。

  • 自分の力で議題の統計を調査すると、まったく違うアイデアが生まれたかもしれない
  • 議題に上がっている情報は、そもそも特定のポジションのバイアスがかかった内容かもしれない

こういった疑問を感じる機会が得られず、目の前の情報を見て「よくわからないけど自分は賛成」というようなスタンスを取るしかできなくなってしまいます。

情報収集力が低いと思考停止状態で物事を進めざるをえない場合も出てきてしまうため、注意したいものです。

2.変化に対応できなくなる

情報収集を怠ってしまうと、変化に対応しづらくなります。

トレンドが変わるスピードは速くなってきており、技術の進歩や進展によって今までの仕組みや情報も変わってきています。

そのため「最新の情報を活かせば、もっと良い行動が取れる」という内容を見落としてしまうリスクがあるのです。

  • 最新技術の◯◯を導入すれば、一瞬で終わる作業なのに、いまだに導入せず時間的コストが膨大にかかっている
  • 外注費が年間で数百万かかっているが、最新技術の◯◯を使えばそもそも自社で運用できる工数のため外注費が不要となる

こういったチャンスを見出すことができず「最適解がほかにあるのに、現状維持を続けるしかない」という行動をとってしまいがちなのです。

情報収集に欠かせない6つ情報源

確認しておくべき情報源

情報収集がいかに重要であるかどうかを説明してきましたが、ここからは情報源を理解しておきましょう。

おもに6つの情報源があります。

  1. テレビ・ラジオ
  2. SNSや情報アプリ
  3. 新聞
  4. 雑誌や書籍
  5. セミナーや講演会
  6. うわさや口コミ

こちらの情報源は1つずつ特徴があるので、よく把握して情報収集に役立てましょう。

1.テレビ・ラジオ

情報収集をするのに世間や社会の影響力が強いのがテレビ・ラジオになります。

マスメディアとしては長く隆盛してきたツールであり、我々の情報収集としても欠かせない要素の1つでしょう。

テレビ・ラジオから情報収集をする特徴は以下のとおりです。

  • 政治・経済の難しい情報をわかりやすく説明している
  • 世間が注目するニュースを映像と音で理解できる
  • 映像による情報が多い

これらの発信は多くの視聴者にわかりやすいように情報を届けてくれるため、新しい情報を認知する際にはもってこいのツールといえるでしょう。

2.SNSや情報アプリ

情報収集の鮮度が高いものが、SNSや情報アプリです。
タイムリーな情報をキャッチできるのが鮮度が高いことになります。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube

これらのようにさまざまな媒体があります。

SNSの魅力は情報がリアルタイムに更新されることになります。
情報アプリも同様にオンラインの特性を把握しつつ、活用しましょう。

3.新聞

情報収集で信頼性があるツールが「新聞」です。

おもに新聞の特徴は以下のとおりです。

  • 信頼性がある
  • 幅広い情報が手に入る
  • 日本国内から外国の経済がわかる
  • 地方に特化した情報がある

新聞は記者の取材のもとに一次情報のため信頼性が高いともいえるでしょう。

また、ほかにも年齢層の高い上司は新聞を積極的に読んでいる人も多いため、先輩間とのコミュニケーションとしても役立つ側面もあります。

4.雑誌や書籍

情報収集で専門性の高さがあるのが雑誌や書籍です。

おもに書籍や雑誌から得られるのは以下のとおりです。

  • 専門ジャンルの知識
  • 商品の比較や使い方

専門性の高いノウハウや知識は、書籍によって深掘りすることで得られます。

特定の分野について書かれた雑誌や書籍は、それだけ高い情報量が含まれているため、学習に役立てる内容も多いでしょう。

5.セミナーや講演会

専門家の知識をリアルタイムで学習できるのがセミナーや講演会の参加です。

有名な講師から聞くことで、新たなスキルを身につけることができます。

おもにセミナーや講演会では、以下の経験ができるものが一般的です。

  • 学んだことを実践する
  • 専門的な知識やノウハウが身につく
  • 参加メンバーと情報共有できる

自分が求めている興味がある情報を、体験を通して得られることも大きいでしょう。

ほかにも参加メンバーとのつながりや情報の共有によって、得られる要素も大切な要素の1つです。

6.うわさや口コミ

人と人のコミュニケーションから生まれる「うわさや口コミ」も情報収集として考えておくべきツールの1つです。

おもにうわさや口コミから得られるのが以下のとおりです。

  • 雑談から仕事につながる話
  • 人脈が人間関係をつくる
  • 情報の価値が高い

リアルの場で食事や飲みの席で会話するのは、あらゆるところに良質な情報があります。

また、情報収集の一環として「オンラインスクール」に通うこともおすすめします。
とくにプログラミング学習は横のつながりによって情報が集まることも大いにあるでしょう。

【DMM WEBCAMP】では、未経験でも基礎からプログラミングスキルを学習できます!
初心者のために開発した独自のカリキュラムが用意されており、基礎から確実に習得できるでしょう。
また、ライフコーチによる手厚い学習サポートで、挫折することなく学習を進めることも可能です。

1人で学習を進めていくのが不安、基礎から確実にスキルを身につけたいという方におすすめです。

>>学習コースの詳細はこちら

素早く情報をキャッチするためのおすすめツール2選

素早い情報収集を意識している人

素早く情報をキャッチするためには自動的に情報収集できるツールを活用することです。

自分で情報収集するアクションを起こさなくても、ツールを使えば求めている情報が勝手に集めてくれます。

おもに自動的にできるツールは2つです。

  1. Googleアラート
  2. RSSリーダー

このツールを使うと情報収集が苦手な人でも自然に情報が集まる仕組み化ができます。

1つずつ詳しく解説していきます。

1.Googleアラート

Googleアラートは効率的な情報収集を可能にしてくれるツールです。

最新情報を知りたいと思っているキーワードを設定しておけば、関連する記事がインターネットに公開されるとリアルタイムで通知を受け取れます。

Googleアラートの特徴は以下のとおりです。

  • 有益な情報の見逃しがなくなる
  • 情報収集が習慣化できる

Googleアラートのサービスを取り入れることで、情報を集めるというよりも情報が何もしなくても集まってくれる環境を用意できるでしょう。

2.RSSリーダー

RSSリーダーは公開サイトの新着情報の一覧配信サービスです。

情報収集のために利用しているサイトをRSSリーダーに登録し、更新されると通知がくるようになります。

おもにRSSリーダーの特徴が下記のとおりです。

  • サイトの更新を確かめにいく手間がなくなる
  • 複数のサイト登録で情報が集まる環境を構築できる

見たい情報や見る必要のない情報をツール上で選別できるため、情報収集にかかる時間を短縮することが可能です。

RSSリーダーを導入すると、お気に入りサイトの更新情報を素早く得られるでしょう。

情報収集に便利なアプリ6選

情報収集を工夫している人

今では、アプリでニュースやトレンド情報を手軽に収集できます。

スマートフォンの普及により情報アプリが多くなり必要不可欠になっているでしょう。

情報収集に便利なアプリは以下のとおりです。

  1. 日本経済新聞 電子版
  2. SmartNews
  3. ロケットニュース24
  4. NewsPicks
  5. Feedly
  6. Audible

このアプリを使用することで、情報のジャンル別に収集ができるようになります。

効率的に情報収集できるようにアプリをスマートフォンに入れておきましょう

1.日本経済新聞 電子版

日本経済新聞電子版は、他社と違って経済系に特化している情報が多いです。

おもな日本経済新聞電子版の特徴が以下のとおりです。

  • AIが分析し厳選記事を一覧にしてくれる
  • 記事が1日1000本配信される
  • 海外から国内や地域のニュースが閲覧できる
  • 有料月額4,277円(日経電子版)

経済に強いことから、ビジネスマンから投資家などが多く利用しています。

実際に日本経済新聞で情報を発信しているアプリなので経済のことを情報収集したい人にはおすすめです。

公式サイト:日本経済新聞 電子版

2.SmartNews

SmartNewsは、独自の機能で分析し話題になっている幅広いニュースをリアルタイムで配信しています。

おもにSmartNewsの特徴は下記のとおりです。

  • オフラインで読める
  • カテゴリー別になっていてわかりやすい
  • SNSと連携・シェアしやすい

などの特徴があります。

オフラインでも読むことができるのは、朝にニュースを一度読み込みをしていると圏外の状態でも閲覧できます。

幅広く時間短縮に情報収集したい人におすすめです。

公式サイト:SmartNews

3.ロケットニュース24

ロケットニュース24は、個性的でユニークな面白いニュースを配信しています。

ロケットニュース24のおもな特徴は下記のとおりです。

  • 個性的なライターがユニークな記事を投稿
  • 面白い企画と文章で楽しめる

など一般的な難しいと感じがちなニュースでも楽しめるでしょう。

ネット上で流行っている面白いニュースの情報収集をしたい人にはおすすめです。

公式サイト:ロケットニュース24

4.NewsPicks

NewsPicksは、経済情報に特化したソーシャルニュースメディアです。

ソーシャルメディアなので各業界の人をフォローもでき、その人が見た記事で感じたことのコメントも閲覧できます。

  • 各業界や専門家の見解が閲覧できる
  • オリジナルのニュースタイムラインの構成ができる
  • コメントにいいねをつけられる
  • 有料月額1,500円(10日間無料体験あり)

このように経済をもっと面白くして理解の欲求を満たすことができます。

世の中の出来事や情報に対して、各業界の見解を知りたい人におすすめです。

公式サイト:NewsPicks

5.Feedly

Feedlyは、登録したホームページやWebメディアの情報を効率よく収集できるRSSリーダーの1つです。

RSSリーダーを活用することによって複数の情報サイトで気になったものだけ詳しく動きを見ることができます。

おもにFeedlyの特徴は以下のとおりです。

  • ハッシュタグからコンテンツを探せる
  • カテゴリ別に管理できる
  • 気になるWebの更新情報を逃さず管理できる

などRSSリーダーのFeedlyを活用しニュースが表示できるようにしましょう。

自分が知りたい情報のみをピンポイントで管理したい人にはおすすめです。

公式サイト:Feedly

6.Audible

Audibleは、専門書や書籍を耳で聴き知識を身につけれる情報収集方法です。

書籍をプロのナレーターが朗読してくれるため、移動中や作業中でもインプットができます。

おもにAudibleの特徴は以下のとおりです。

  • いつでもどこでもインプットできる
  • 40万冊以上を配信
  • 専門書や書籍を読むのが苦手な人でも知識が身につく
  • 有料月額1,500円(30日間無料)

など隙間時間を利用し書籍からインプットしましょう。

毎日の少ない時間で知識と専門的な情報収集を有効活用したい人におすすめです。

公式サイト:Audible

的確に情報収集するためのポイントは6つ

要領よく情報を入手している人の様子

情報収集するためには重要なのは的確に信憑性のあるものを見極めることです。

膨大な情報の中で自分に必要な情報を厳選できれば、圧倒的な情報量に惑わされずになります。

的確な情報収集するためのポイントは以下のとおりです。

  1. 情報の新しさに気をつける
  2. 全体像を把握する
  3. 情報収集をする目的を明確にする
  4. 情報の信頼性を確認する
  5. 得た情報はきちんと活用する
  6. 情報に偏りがないように注意する

情報収集は的確なポイントを把握して実施することが大事になるでしょう。

1つずつ解説していきます。

1.情報の新しさに気をつける

過去の情報を収集してしまうと、現在その情報が本当に正しいのかを見誤るリスクがあります。

そのため「情報の新しさ」は日頃の情報収集でも常に意識しておかなければなりません。

  • 収集したい情報の専門家のSNSを確認する
  • 情報の日付を確認する

上記の要素は常に理解しながら、情報を集めるようにしたいものです。

とくにブログなどの情報は日付が最新に更新されているかを注意しましょう。

2.全体像を把握する

情報を集めていく上で覚えておくべきポイントは「偏った情報収集をしていないか」ということです。

「木を見て森を見ず」とも言いますが、全体像を把握した情報収集をしていないと、思わぬ見落としを生みかねません。

  • 複数から情報収集し比較する
  • 客観的に把握し情報収集をおこなう

偏った情報にならないように情報源は複数から収集し比較することで、質の高い情報に近づけます。

3.情報収集をする目的を明確にする

目的を明確にすることで的確な情報収集ができます。

目的がないと膨大な情報から自分にとって必要な情報を取捨選択できず、まとまりの無いものになってしまいます。

  • 目標を達成するために必要な情報収集か
  • 意味のない情報収集をしてしまっていないか
  • 理解をするために使う情報収集ツールは誤っていないか

収集した情報をどのように活用するかをきちんと考えて情報収集をしましょう。

また、職種によって適した情報収集方法にはばらつきがあることもあります。
もし「エンジニア向けの情報収集」にご興味がある方は、以下の記事にまとまっているので、ぜひ確認してみてください。

エンジニアの情報収集を徹底解説!目的別のおすすめサイト16選も紹介エンジニアの情報収集を徹底解説!目的別のおすすめサイト16選も紹介

4.情報の信頼性を確認する

情報収集力は最新のもので信頼性があるのか判断する能力も必要です。

間違った情報に惑わされて自分の信用も落としかねないから注意しましょう。

おもに信頼性を確認する方法は以下のとおりです。

  • 一次情報なのかを確認する
  • 公的な機関で確認する

情報の信頼性を判断するうえで重要になるのが根拠があるかどうかです。

公的な機関を利用したり一次情報とわかるものを調べて確認しましょう。

5.得た情報はきちんと活用する

情報は「収集して終わり」ではありません。

アウトプットすることにより人に伝えれたり情報の理解が深まります。

おもに情報を活用する方法は以下のとおりです。

  • 仕事効率化の情報を集めた際は、日々の業務に活かしてみる
  • 業界のトレンドに関する情報を集めた場合は、プロジェクトに活かせるか考えてみる

情報収集とアウトプットをセットで考えることで情報を効率よく自分の力にできます。

アウトプットをすることにより、別の知識や意見が知れて新たな情報を受け取ることが可能になるでしょう。

6.情報に偏りがないように注意する

情報の偏りは自分の思い込みや意見で見失ってしまうことです。

先入観は新しいことを知るためには邪魔になってしまいます。

おもに情報の偏りになる特徴が以下のとおりです。

  • 先入観を持ってしまい情報の視野が狭くなる
  • 情報量が少なく偏りがちになる

情報の偏りは自分の先入観により、視野が狭くなることを注意しましょう。

頭を柔らかくして情報の幅や意見ができることで視野が広がります。

まとめ:日頃から情報収集をすることでビジネスチャンスが広がる

情報収集能力はよりよい仕事をするために、有益な情報を知っているか否かで差があります。

今回の情報収集をするときに欠かせないポイントや注意することを把握しておきましょう。

  • 情報収集能力は時間と労力を効率的に進める手段
  • 素早く情報をキャッチするために情報が集まる仕組みを作る
  • 自分にとって必要なポイントを把握した情報収集を意識する

情報収集力に長けていると、社会人としてもビジネスチャンスが広がります。

情報は取捨選択し効率的におこない重要になるポイントを整理しアウトプットしていきましょう。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5