【必見】プログラミングを仕事に活かすためには?日々の業務を改善に繋げるアイデアを紹介

2021.10.07
puroguramingu sigotoniikasu

「プログラミングって少しは勉強したほうが良いのかな」
「今の仕事でもプログラミングを活かすことってできるの?」

と思うことはありませんか?

スキマ時間を活用するなどしてプログラミングを勉強しようとしても、プログラミングが自分に役立つのかどうか迷ってしまいますよね。

では、あなたにとってプログラミングを学ぶことのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事に活かせるプログラミングの考え方
  • 仕事に活かせるプログラミングのスキル
  • プログラミングができるようになるとつける仕事

について詳しく解説します。

この記事を見ればプログラミングによって仕事でさらにスキルアップしたり、ニーズのある仕事につけたりできるかがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プログラミング的思考を仕事に活かすことでできる3つのこと

プログラミングを仕事に活かす方法

プログラミング的な考え方を身につけると、仕事上のさまざまな場面でその思考を活かすことができます。

具体的に、プログラミング思考が役立つことは以下のようなことです。

  1. 効率的に仕事を進める
  2. 論理的な説明をする
  3. 状況の変化に柔軟に対応する

上記のようなことを苦手としているのであればプログラミング的思考を身につけることは武器になるといえるでしょう。

現状苦手だと思っていない人もログラミング思考が身につけばさらにうまく仕事を進められる可能性が高いです。

実際にどのような理由でプログラミング的思考が活かせるのかを以下で詳しく説明していきます。

1.効率的に仕事を進める

仕事を効率的に進めるためには、優先順位を正しくきめておこなうことが大切といえます。

仕事の工程を細かく分解して、物事の優先順位をはっきりとさせるのです。

  • どの作業にどのくらいの時間がかかるか
  • 期限が迫っている仕事はどれか
  • 最も実現したい目的は何か

プログラミング的思考が身についている人は、このようなことが自然と頭の中で整理できるので、うまく優先順位をつけて仕事ができるのです。

反対に仕事の効率が悪い人は、作業の流れがあいまいになってしまっていて整理できていない傾向があります。

順序立てて物事を考える習慣をつければ、同じ業務時間でも進捗は大きく変わってくるでしょう。

仕事における優先順位の付け方についてはこちらの記事でご紹介しているので、タスク管理に悩む人はあわせて読んでおきましょう。

仕事 優先順位 イラスト仕事における優先順位の決め方を3ステップで解説!間違えないための方法も9つ紹介

2.論理的な説明をする

仕事では、社内の人や取引先のお客さまなど、さまざまな人に説明をしなければならない場面が多くあります。

そこで自分が伝えたいことをうまく相手に伝えるためには、論理的な説明をしなければなりません。

  • 結論を最初に伝える
  • 根拠を明確にする
  • 伝える内容を整理しておく

論理的な説明のポイントとしては、上記のようなことが挙げられます。

プログラミング的思考が身についていれば、何を最初に伝えるべきか判断しやすくなるので論理的な説明もうまくできるでしょう。

プライベートであれば自分とは合わないようなタイプの人であっても、論理的な説明ができれば相手にうまく自分の考えを伝えることができます。

このようなロジカルシンキングは、さまざまなビジネスシーンに役立つため、日頃からトレーニングをしておきたい要素のひとつです。

論理的思考・ロジカルシンキングについて詳しく知りたい方は、下記記事に詳細をまとめていますので、あわせてご確認ください。

ロジカルシンキングトレーニングのアイキャッチ画像ロジカルシンキングのトレーニング方法7選を紹介!身につける5つのメリットも解説

3.状況の変化に柔軟に対応する

仕事では予想外のトラブルが起きることも当然あります。

そのようなときにもプログラミング的思考を身につけておくとスムーズに対応できるでしょう。

プログラミング的思考では問題が起きた場合以下のような方法で解決します。

  • 起きている問題をパターン化する
  • パターンごとに適切なアプローチを実行する
  • 時にはアプローチを変えてみて対応する

問題を冷静に分析したり、今後発生しそうなことを予想したりすることもプログラミング的思考を身につけていると得意になってきます。

トラブルが起きると慌ててしまう人はぜひ身につけておくべき思考だといえます。

自分もプログラミングを学習してみたい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。
また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。

[career_1]

プログラミングを覚えたらできるようになる3つの作業

プログラミングを学んでできることが増えた男性

プログラミングを身につけておくと、本業につなげたり副業としても稼げたりする作業ができるようになります。

プログラミングを身につけることで可能になる作業は、具体的には以下の3つです。

  1. Webサイトの作成
  2. アプリの開発
  3. システム開発

とはいえ、どの程度の知識で、どこまでの作業ができるのか気になるところですよね。

実はひとことでプログラミングといっても、作業ごとに使われる言語も違ってきます。

それぞれの作業について以下で具体的にどのような内容かを簡単に説明していきます。

1.Webサイトの作成

プログラミングを学べばWebサイトの作成ができます。

Webサイト制作で使う言語は、HTML、CSS、JavaScript、PHPといったものが主流です。

このような言語を学んで一から自分でサイトを制作することもできますし、現在ではコーディング作業を短縮できるプラットフォームも存在します。

Webサイト制作で注目したいのは以下のスキルやプラットフォームです。

  • WordPressのスキル
  • ローコード開発プラットフォーム

ローコード開発プラットフォームではビジュアル的に操作ができ、プログラミングの専門知識が高度でなくてもシステムを開発することが可能です。

WordPressは日本でもたくさんのWebサイトで利用されており、スキルを高めて自分でプログラミングができるようになれば副業としてもコンスタントに稼げます。

2.アプリの開発

プログラミングスキルを活かしてアプリの開発をすることも可能です。

以下にあてはまればアプリの開発はおすすめできます。

  • 将来転職したい
  • こんなアプリがほしい!というアイデアがある
  • 副業収入がほしい

自分で作ったアプリを販売すれば売上に応じて収入を得られますし、無料アプリでも広告を掲載すれば広告収入を得ることができます。

また自分で作ったアプリは自分の作品ともいえるので、ポートフォリオとして使えます。

もし今後IT業界やゲーム業界などに転職したいと考えたときにもアピールポイントとして利用できるでしょう。

3.システム開発

今社会にあるシステムのほとんどがプログラミングによって作られています。

現在リモートワークも普及しているので、プログラミングスキルを身につけることで自分自身の働き方も多様化させられるでしょう。

たとえば以下のようなイメージです。

  • システム開発の会社に属し在宅ワークでシステム開発をおこなう
  • フリーのエンジニアとしてシェアオフィスでシステム開発をおこなう

システム開発は今後もニーズが減ることはないので、将来的に安定して稼ぎたいと考えている人にもおすすめできます。

どのようなシステム開発に携わりたいかにより勉強すべき言語は違いますが、いずれにせよシステム開発ができると武器になるでしょう。

プログラミングを会社の仕事に活かす3つの方法

プログラミングができると会社員として仕事をおこなうときにもその考え方やスキルを活かすことができます。

ここからは、プログラミングを活かすための具体的な方法を3つご紹介していきます。

  1. 日々の作業を効率化する
  2. 自分に必要なツールを開発する
  3. 社内外の人とのコミュニケーションに役立てる

プログラミングができると上記のような方法で、間接的にも仕事がしやすくなりメリットが多いです。

そのためプログラミングはやはり勉強しておいて損はないといえます。

以下で、さらに詳しくそれぞれの方法を解説していきますね。

1.日々の作業を効率化する

繰り返しになりますが、プログラミングができると仕事を効率的に進めることができます。

作業を細分化して優先順位を決めることが得意になるためです。

そして優先順位を決めて効率的に仕事に取り組むことによって、別の作業に取り組む余裕も出てきます。

  • 多くの業務に取り組む余裕が出て個人の仕事のスキルがあがる
  • その人材が働く会社としても、事業の幅が広げやすくなる

結果として上記のようなメリットが出てきます。

会社全体・個人の双方にとって良い影響があるといえるのです。

無理なく仕事ができて事業の幅が広げられるのは理想的だといえます。

2.自分に必要なツールを開発する

現在働き方改革で企業側も業務改善がもとめられていますが、企業側の予算も限られており社員単位の改善はあまり進んでいません。

その中で、社員個人でもデスクワークの効率化をするために自分でアプリをつくって業務改善を図るといったことが注目されています。

たとえばエクセルのような操作性をもち、クラウドで一元管理できるようなアプリを社員自ら作成できるクラウドサービスも出てきています。

例:CELF | Excel感覚でWebアプリがつくれるクラウドサービス

このようなサービスで必要なプログラミングスキルは、基礎的な部分はそれほど高度なものではないので、取り組みやすく学ぶ価値はあるといえるでしょう。

3.社内外の人とコミュニケーションに役立てる

小中学校などでもプログラミングが必修化されてきており、今後プログラミングの知識はますます必要になり会社でも触れる機会は多くなるでしょう。

その中でプログラミングの知識が身についていれば、社内外のエンジニアの人とのやりとりもスムーズになります。

  • 期日がどれくらいか想像できるので仕事のスケジュール管理がしやすい
  • どのようなシステムを実装してほしいか伝えやすい
  • 自分がほしいと思うシステムと大幅にずれることがなくなる

プログラミングに関するやりとりがスムーズになれば上記のように自分の期待どおりの成果が得られて仕事がしやすくなるでしょう。

とはいえ、仕事が忙しい人はなかなかプログラミングを1から学ぶのは難しいことも事実です。

そのため、手っ取り早くスキルをつけたいのであれば、プログラミングスクールの受講を検討してみましょう。
受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得できます。
【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進められるでしょう。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問できます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。

[career_3]

プログラミングを直接的に活かせるIT系の仕事9選

プログラミングスキルがアップすれば、そのスキルを活かして転職することも可能となります。

プログラミングを学んで、そのスキルを直接的に活かせる仕事は以下の9つです。

プログラミングが必要なIT業界は市場がどんどん大きくなっており、これまでなかった新しい仕事も生まれています。

聞きなれない仕事名もあると思いますので、ぜひ読んで知識を深めてみてくださいね。

1.プログラマー

プログラマーは文字どおり、プログラミング言語を使ってシステム開発やソフトウェアをつくる仕事です。

システムエンジニアと混同されがちですが、プログラマーとシステムエンジニアは異なります。

システムエンジニアはシステムの設計図をつくって全体の指示を出すのが仕事なのに対して仕様書に則してプログラミングをおこなうのがプログラマーの仕事です。

  • プログラミングに関する専門性
  • 新しい技術を学ぶチャレンジ精神
  • エラーを発見する注意力
  • プログラミングをやりきる根気強さ

専門性は勉強すれば身につくので、さらにチャレンジ精神がある人などはプログラマーの適性があるといえます。

2.システムエンジニア

システムエンジニアは、システムやソフトウェア開発に携わりプロジェクトやチーム全体の管理をおこなう仕事です。

またプログラムの仕様書やソフトウェアの設計書もシステムエンジニアがおこないます。

  • 顧客の要望を聞いてどのようなシステムが求められるか明確にする要件定義
  • システムの設計をおこなう基本設計
  • 基本設計をさらに具体的にした詳細設計
  • プログラムが設計したように動くか確認するテスト
  • トラブル時や日常のメンテナンスをする保守・運用

以上の5段階の仕事を日常的におこなうのがシステムエンジニアの仕事です。

プログラマーも同じですが、出勤する場所は会社とは限らず客先や自社のなどさまざまなところで仕事をします。

3.サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、名前のとおりサーバーに関係した仕事をするエンジニアです。

  • サーバーの設計
  • サーバーの構築
  • サーバーの運用・保守

具体的には上記の仕事をおこないます。

サーバーの使用用途に応じてサーバーの性能や必要台数を設計し、実際にサーバーのOSインストールをして構築していきます。

そして構築したサーバーを実際に運用して、24時間365日正常に稼働しているか監視しトラブルがあれば対応するのです。

サーバーエンジニアの仕事では規模の大きな仕事を担当することが多く、サーバーが正常に稼働したときなど達成感・やりがいが感じられる仕事といえます。

4.データベースエンジニア

近年、ビッグデータの活用もさまざまな企業でおこなわれており、インターネット上のデータをうまく利用していきたいというニーズがどんどん生まれています。

データベースエンジニアの仕事はそのようなデータの活用に欠かせないデータベースに関わるエンジニアの仕事です。

  • データベースの開発・設計
  • データベース管理
  • データベースの運用

データベースエンジニアの仕事内容はさらに上記の3つに分けられます。

またデータベースエンジニアになるためには、プログラマーやシステムエンジニアの実務経験が有利に働きます。

プログラマーやシステムエンジニアの次のキャリアパスとしてこれからのビッグデータ時代にデータベースエンジニアを目指すのもひとつの選択肢といえるでしょう。

5.フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、サイトやアプリなどでユーザーが直接操作する部分のシステムを担当するエンジニアです。

デザインされた設計図をもとにしてプログラミングをして、サイトやアプリを作成するための設計をおこないます。

フロントエンドエンジニアが使用する主な言語は以下3つです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

エンジニア自身がデザインやディレクションをおこなうこともあり、エンジニア職でも幅広い業務を担当する仕事といえます。

扱う言語は比較的習得しやすいので、未経験からエンジニアを目指す場合でもおすすめできる仕事です。

6.セールスエンジニア

セールスエンジニアは、IT業界でシステムエンジニアとしてスキルを持ちながら営業活動をメインにおこなうエンジニアです。

営業としてコミュニケーションをとりながらも技術力を活かして迅速に仕様書を作成できるので、スピードが求められる案件では非常に重宝されます。

  • システムエンジニアが次のキャリアパスとして目指す
  • 営業職でシステムエンジニアのスキルを勉強しながら目指す
  • 未経験からでも営業として働きつつシステムエンジニアの勉強をして目指す

セールスエンジニアになる方法は上記のようものです。

提案から導入まで顧客の声を聞けるのでやりがいのある仕事で、顧客と自社のエンジニアチームとの間に入って業務をおこないます。

7.UXデザイナー

UXデザイナーのUXとは「ユーザーエクスペリエンス」の略で商品・サービスを利用したときの顧客の体験のことをいいます。

Webサイトなどでは、ユーザーがストレスを感じないで利用できることが大切です。

UXデザイナーはユーザーが心地よく使えるサイトをデザインします。

  • ビジネスを理解しユーザーに届けるためのマーケティングスキル
  • SEOやアクセス解析のスキル
  • UI(ユーザーインターフェイス)のデザインスキル

上記のようなスキルが必要であるとされています。

UXデザイナーはまだまだ新しい業種で今後注目の仕事です。

8.エバンジェリスト

エバンジェリストは、もともとはキリスト教の「伝道者」の意味ですが、IT業界ではトレンドや最新のテクノロジーをユーザーにわかりやすく解説する仕事のことを指します。

ITベンダーを中心に企業が提供する技術を正しく伝えるための専門職として、新しくポストが新設されていっています。

  • ユーザー企業やパートナー企業への個別の啓もう活動
  • ITエンジニア向けの社内外のイベントでの製品プレゼンテーション

具体的な仕事内容は上記のようなものです。

顧客の視点と製品に愛着を持ち自信を持つことが大切な仕事で、自社の製品が大好きでとことん使い込めるような人に向いている仕事といえます。

9.データサイエンティスト

データサイエンティストは、ビッグデータなどを活用し企業がデータにもとづいた合理的な判断ができるようにサポートする仕事です。

企業がビッグデータを重視するようになった近年、注目されている仕事のひとつとなっており高い収入が見込めます。

  • データを集める
  • データを整理する
  • データを分析する
  • データからいえることを企業に報告・アドバイスする

このような流れで仕事をおこないます。

分析結果にもとづいてコストの削減・売上向上などにつなげ企業の利益に貢献することがもとめられます。

数学などの知識も必要となりますが、将来的にもニーズの高い仕事です。

データサイエンティスト今注目データサイエンティストとは?必要スキルや仕事内容を解説!

仕事に活かすことが難しい人がすべき3つのアイデア

プログラミングを勉強する人

ここまで読んでみて「まだ自分にはプログラミングを仕事に活かすのは難しそうだ」と思う人もあきらめるのはまだ早いです。

プログラミングを仕事に活かすためのアイデアはまだまだあるからです。

ここからは仕事で活かすためのアイデアを3つご紹介していきます。

  1. 仕事で活かしている人に相談してみる
  2. 仕事に活かしやすいプログラミング言語を学習してみる
  3. 今以上にプログラミングスキルをつけてみる

具体的な内容をこれから説明していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

読めばプログラミングを学ぶ際に感じる不安が軽減されるはずです。

1.仕事で活かしている人に相談してみる

プログラミングを仕事に活かしたいと思ったら、実際に仕事で活かしている人の声はとても参考になるでしょう。

まわりに仕事で活かしている人がいないので、聞くのは難しいと思うかもしれませんがWebを活用すれば問題ありません。

たとえばteratailというITエンジニア版のYahoo!知恵袋のようなサイトがあります。

  • 回答率は87.66%
  • 回答が早い
  • プログラミングに関する質問に特化している

といった特徴があります。

ほかの人に質問を見るだけでも参考になりますし、プログラミングを仕事に活かしている人に向けて質問すれば不安が解消されるはずです。

2.仕事に活かしやすいプログラミング言語を学習してみる

プログラミング言語はさまざまなものがありますが、仕事にすぐ活かしたい場合にどの言語を学ぶかはとても重要な選択となります。

選択するときのひとつのポイントとして、ニーズが高くて勉強しやすい言語を選ぶと良いでしょう。

  • WordPressなどでも使われており初心者でもなじみやすいPHP
  • 大規模なシステムからアプリまで広く使われているJava
  • プログラム初心者でもたのしく学習できるRuby
  • 近年注目のAIやビッグデータ処理にも使われているPython

上記のような言語を学習してみると仕事に活かす、仕事を見つけられるといった可能性が高くなるためおすすめです。

3.今以上にプログラミングスキルをつけてみる

プログラミングスキルをさらにつけて、今以上に自分ができることを増やすというのもおすすめです。

そして仕事でも役立つプログラミングスキルを確実につけたいときには、プログラミングスクールに通うのが近道です。

スクールに通うメリットは以下のようなものがあります。

  • 同じような目標をもつ仲間と出会える
  • プロの講師に直接質問できるので自分で調べる時間が短縮できる
  • 転職をサポートしてくれるスクールもある

もちろん独学でもプログラミングスキルは身につきますが、限られた時間を有効活用するためにはスクールで学ぶという方法もぜひ視野にいれるべきでしょう。

まとめ:プログラミングを学べば、仕事に活かせることは数多くある

プログラミングは、今や小学生も学びはじめており社会でのニーズは今後高まるばかりです。

プログラミングの考え方を知っていれば活かせることは本当にたくさんあります。

  • 仕事の効率化ができる
  • 自分自身でサイトやシステム開発ができる
  • スキルを深めれば転職も可能

将来的に役立つ可能性はかなり高いので、プログラミングを勉強する価値があるか迷っている人も今すぐにでも勉強をはじめることをおすすめします。

せっかくプログラミングをはじめるなら、同じ仲間がいて質問もしたいときにできるプログラミングスクールという環境に身を置くともっとも効率的に学べるでしょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5