WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【未経験者向け】プログラマーの採用面接で大切な9個のポイント!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

今、非常に需要が高まっているプログラマーやSE(システムエンジニア)といった仕事。

プログラミング未経験だけどプログラマーになりたい、現在やっている仕事を辞めてプログラマーに転職したい、と思っている方はいませんか。

この記事ではそういった方たちの多くの方が気になっているであろう「プログラマー採用面接において面接官はどういったことを見ているのか」、「採用される人はどのような人物なのか」といった疑問に関して答えていく記事になります。

また、この記事では特にプログラミング初心者のプログラマー就職についての内容となっております。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

実際に面接官が見ている点一覧

1 社会人として最低限のマナーを持っている(言葉遣い、時間遵守など)

2 服装、身なり(清潔感があるかどうか)

3 途中で妥協したりせず、あきらめない気持ちを持っているかどうか

4 コミュニケーションを円滑にとることができるか

5 健康であるか

6 プログラミング学習に対する意欲

7 プログラマーとして生計を立てていくことに対する意志の強さ

8 プログラミング技術力、開発実績

9 資格

上記を見ていただいてもわかるように面接官はプログラマーに対してプログラミングに対する姿勢や社会人としての必要最低限のマナー、身だしなみなどを重視していることがわかります。

8,9に関してはもちろん持っていることに越したことはありませんが、上でも述べたように面接で最も大切にしていることはプログラマとしての経験よりも人間性であります。

なのでいくら資格や開発実績を持っているプログラマーの方でも面接で受け答えをしっかり行えなかったり身なりに清潔感がなかったりすれば面接に落ちます。

逆に初心者の方でも人間性、社会人としてのマナーの面でよい印象を面接官に与えることができたなら採用される可能性も多々あります。

そのため「プログラミング経験なしだから採用されないのではないか」と気負う必要もありません。

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

社会人として必要な素質

1 社会人として最低限のマナーを持っている(言葉遣い、時間遵守など)

こちらの項目に関しては言うまでもなく当然だろうと読者の方たちはお思いになるかもしれませんが意外とこの項目ができていない方たちが多いのです。

特に時間遵守に関して言えばもし面接に一分でも遅刻したならどれだけいい人材であろうと企業側は採用しないでしょう。

なぜなら時間を守れない人間が製品、商品の納期を守れるわけがないと企業は考えるからです。

面接は人事と自分のファーストコンタクトなわけですから時間には余裕をもって少なくとも30分前には面接会場につけるよう心がけましょう。

2 服装、身なり(清潔感があるかどうか)

こちらも非常に大切な項目となっております。

企業の人事のみならず全ての人たちに当てはまることですが不潔感のある人と一緒に作業をしたいと思いません。

この項目も特に難しいことではなく面接の前に美容院に行く、スーツをクリーニングに出すもしくは新調するといったことで対策することができるのでぜひこちらのことを行ってから面接に臨んでください。

3 途中で妥協したりせず、あきらめない気持ちを持っているかどうか

プログラマに限らず技術職の方にありがちなのが納期ギリギリまで作業が終わらないという場面です。

こういった場面に遭遇した時に音をあげて逃げ出されたりすれば企業からすると非常に困るのでそういったことの無い人材を採用したいと考えます。

そのためそういったことに関して自分は強いということを証明するために実際に自分が根気強く何かを成し遂げることができた経験を面接の際に話すと好印象です。

4 コミュニケーションを円滑にとることができるか

プログラマーは基本的にSEが顧客と相談して設計したものを実際にプログラムして実装していくという仕事ですが、場合によってはプログラマでも顧客と相談したりする場合があります。

そういったときにきちんとコミュニケーションを取れる人間でなければならないので面接官はそういった点も注意してみています。

5 健康であるか

企業としては初心者の方を採用して育てていくので基本的には長く会社にいてもらいたいと考えています。

なので体調を崩したりして退職されると企業側としては困るので健康であるということも採用する際に大事な要件の一つとなります。

プログラマーとして見られているポイント

6 プログラミング学習に対する意欲

特に初心者、未経験の方はこちらの項目が非常に大切になってきます。

プログラミング未経験の方はプログラミングについて学ぶことから始めますので学習に対する意欲の高さを面接官に話すことも大切です。

7 プログラマーとして生計を立てていくことに対する意志の強さ

プログラマーとして採用を希望される方の大半はプログラマとしての活動を中心に生計を立てていくことをイメージされていると思います。

3番の内容と似ていますがこちらもそういった意志の強さを面接官に見せていくことで採用につながっていきます。

8 プログラミング技術力、開発経験

こちらは未経験者の方の多くはあまり持っていないと思われます。

しかし上でも述べたようにこちらに関しては参考程度に聞かれるのみで初心者の方に技術力をはじめから期待する企業はほとんどありませんので大丈夫です。

9 資格

プログラマー採用面接において役立つとされる資格はITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者などの国が指定する国家資格。

さらにOracle認定、Javaプログラマなどといったものが挙げられます。

このうちITパスポートなどであれば比較的容易に取得することができるので興味がある方は試験を受験してみるといいかもしれません。

こういった資格でなくともパソコン系の資格(MOS(マイクロソフトオフィススぺシャリスト)などの資格)も優遇される場合があります。

もちろんこういったものに関わらず英検やTOEICなども優遇される場合もありますし資格を持っていることを面接官に話してマイナスになることはありませんので積極的に所有している資格については話していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最初にも申しましたが企業がプログラマに求める要件として初めは技術力よりも社会人としてのマナー、健康面、意欲の高さ、身なりなどがあります。

これらの事柄に注意して面接に行くとより採用されやすくなると思われます。

もし未経験で就職するのが不安だという方がいればプログラミングスクールで基礎知識を学習してから就職するのも一つの手かもしれません。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!