難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMPは難波校の開校を記念して、通常100,000円(税抜)無料で入校できるキャンペーンを実施しています。
関西で未経験からエンジニアになりたい方、プログラミング学習で人生を大きく変えたい方、ぜひご検討ください!

エンジニアやWEBデザイナーなどのほか、フリーランスで働く場合のメールアドレスについて疑問を抱えている人はいませんか?

事業専用のメールアドレスは必要なのか、Gmailではだめなのか?などの疑問を解決するためにも、フリーランスのメールアドレスの準備方法について解説していきましょう。

個人的なメールアドレスでは駄目なのか?

フリーランスで働いている人の中には、事業用のメールアドレスを持たないで個人用のメールアドレスを仕事で利用している人も多いです。

確かに副業では個人のメールアドレスでも賄うことはできますが、本格的にフリーランスとして働く場合には障害もあります。

個人用のメールアドレスだと、プライベートのメールに埋もれて見落としてしまう心配もあるのです。

万が一、クライアントのメールを見落としてしまった場合、大切な内容であれば信用を失うことにも繋がります。

クライアントとは何よりも信用や信頼が欠かせないものとなるので、メールアドレスについては軽く考えることはせず、事前にしっかりと考えて用意することが大切となるでしょう。

メールアドレスではGmailを利用しても良い?

フリーランスの人がメールアドレスを取得する際に、個人用と分けて作成する場合にはフリーアドレスでもあるGmailを利用しようと考える人は多くいます。

使いやすいので普及されているのですが、ビジネスには相応しくないと感じている人や信用できないと考えるクライアントも実際にいるので、悪い印象を持たれる危険も多いため注意が必要です。

また、LINEなどのSNSを利用することも、やはり失礼だと感じるクライアントもいますので気を付けましょう。

Gmailに悪い印象を持つ理由

フリーアドレスに悪い印象を持つ人は、フリーアドレス自体に懸念を持っているのではなく、フリーアドレスを使用する人に懸念を持っています。

フリーランスとして働いているにも関わらず、多く利用するメールアドレスについて考えていない思考に信用を持つことができないので、本業ではなく副業として働いているのではないか、と考えるクライアントもいるでしょう。

独自のドメインを持っているフリーランスの場合、メールアドレスを取得するためにお金を支払っています。

ですが、フリーアドレスであればお金を掛けずにメールを取得しているため、少しの資金を削減するほど経営が難しい状況であるのか?という心配も感じてしまいます。

「ドメインにお金を払うことができる=仕事をしている」とも捉えることができるので、クライアントの信用を得るためにも、Gmailなどのフリーアドレスを使用しないよう気を付けましょう。

独自ドメインのメールアドレスを利用するメリットとは?

では、フリーランスとして働いている人が独自ドメインのメールアドレスを利用するメリットについて解説していきましょう。

メリット①:イメージアップ

独自のメールアドレスを持つ最大のメリットはイメージアップに繋がる点でしょう。

独自のドメインを取得する手間を惜しまないことで、仕事も確実に行ってくれると感じることができるのです。

メリット②:信頼性を上げることができる

クライアントとのやりとりでメールを利用することは多いです。

フリーアドレスの場合、データ流出の危険もあるのでクライアントにとっては不安材料でもあります。

情報漏洩はクライアントにも大きく影響するので厳しい対策をとっている企業も多いです。

独自ドメインであれば情報漏洩のリスクを減らすこともできるので、信頼をアップさせるためにも独自ドメインを使用したメールアドレスの取得が望ましいでしょう。

メリット③:モチベーションを上げることができる

独自ドメインでのアドレス取得をフリーランスになったと同時に行う人もいます。

開業届の提出や年金や保険の切り替えと同時となるので、フリーランスとして働くスタート地点となり、これからフリーランスとして活動していく意識を強く感じることができます。

すると、仕事へのモチベーションがアップするので良い影響が生まれることも考えられるのです。

メールアドレスのローカル部分とドメイン部分の印象

独自ドメインのアドレスを取得する際には「○○@○○」という形のアドレスを取得することになります。

@よりも前の部分は「ローカル」、@よりも後の部分は「ドメイン」と呼ばれ、それぞれの項目によって与える印象に違いがあります。

そこで、ローカル部分とドメイン部分の印象の違いについて解説していきましょう。

ローカル部分について

ローカル部分には個人名や企業名、業種などを使用する人が多いです。
使用できる文字数に制限はありますが、自分の好きなように決めることができるので自分の好きな食べ物や得意なスポーツなどにする人もいます。

すると、クライアントとの話題を作るキッカケにもなるので、信頼関係を築けるコツにもなります。

ドメイン部分について

ドメインについては、「.co.jp」や「.com」、「.net」や「.jp」などが一般的に多く見られるのではないでしょうか?

ですが、「.com」は商業組織、「.net」はネットワーク用などと制限があるので、自分が行っているビジネスに合ったものを選ぶことが大切となります。

「.co.jp」は日本に登記してある企業でしか登録できないので、日本企業の魅力でもある安心感を与えることができます。

ですが、株式会社や有限会社などの企業が対象となるのでフリーランスの場合は取得することができません。

「.jp」であればフリーランスでも取得可能なので安心感を与えるためにも利用してみるのも良いでしょう。

また、ドメインは空きがないと取得できないため、あらかじめ空きを確認しておくことをオススメします。

中でも「.xyz」は新しく運用されたばかりなので空きが比較的多いとされています。

自由に設定することができる可能性が高いので確認してみましょう。

ドメインの空き状況をチェックするなら「お名前.com」

▼お名前.comに登録する

 

メールアドレスの決め方

独自ドメインのローカルとドメイン部分によって与える印象には違いがあることがわかりました。

そこで、事業用のメールアドレスの決め方のポイントについてご紹介していきましょう。

できるだけ短いものにすること

長いメールアドレスはクライアントに負担をかけてしまいます。

メールアドレスを入力する際にタイプミスもしやすくなるので短いものであることが理想でしょう。

短いアドレスであれば覚えやすいのでオススメです。

業種を入れておくとわかりやすい

メールアドレスに業種を入れておくことで、どういった仕事をしているのかわかりやすいのでクライアントは好感を持ちます。

例えば、エンジニアとして働く伊藤さんであれば「itou_engineer@~」にすることでクライアントもすぐに業種を判別できて仕事の依頼をしやすくなります。

名前を入れることで多くの人に覚えてもらうことができるでしょう。

独自ドメイン取得に掛かる費用について

最後に独自ドメイン取得に必要になる費用について確認しましょう。

独自ドメインのメールアドレスを使用するには、ドメインを登録するための契約費用とレンタルサーバーの契約費用が必要です。

年間1000円ほどで習得できるものが多いものの、サービスによって価格が違うので、費用についてもあらかじめ確認しておくことをオススメします。

まとめ

フリーアドレスであれば費用が掛からずにメールアドレスを取得できますが、クライアントに悪い印象を与えてしまうことも考えられます。

独自ドメインでアドレスを取得する際には、フリーランスとして活躍するためにもしっかりと考えることが大切です。

メールアドレスの決め方を参考にして信頼感をアップさせるアドレスを取得しましょう。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】

DMM WEWBCAMPについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

フリーランス・独立を目指し、プログラミングスキルを身につけたい人も、是非ご検討下さい。

難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMP難波校の開校を記念して、新しく難波校へご入校された方を限定に
入学金 100,000円(税抜)無料 のキャンペーンを実施しています。

未経験からエンジニアになりたい方、プログラミング学習で人生を大きく変えたい方、
ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事