◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

昨今、社会のIT化はますます加速し、ITシステムは私たちの生活に不可欠なものとなっています。
ではそのITシステムを構築する上で必要となってくるものは何でしょうか。それは「ネットワーク」です。

ITシステムはあらゆるデータをネットワーク上でやり取りすることで機能していると言えます。したがってネットワークはITシステムの生命線とも言える、無くてはならない存在なのです。

そして、このネットワークのエキスパートとして働くのがネットワークエンジニアです。このネットワークエンジニアはその存在の重要性からIT業界では常に需要がある職種です。

この記事では「ネットワークエンジニアを目指したいけど、IT業界は経験ゼロ」という方を対象に、ネットワークエンジニアがどういった仕事なのか、どのようにステップアップしていけばなれるのかを紹介します。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアに興味を持っても、「私はIT業界未経験だから…」と諦めてしまう人の多くはネットワークエンジニアの業務内容を具体的にイメージできていません。目指すものが明確になっていないと自分がなにをすべきか、どうやったらなれるのか判断できないのも当然です。

ここではネットワークエンジニアの仕事について知ることで、具体的なイメージを持ちましょう。ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの構築や保守管理を行うエンジニアの総称です。

より具体的な仕事内容は、主に以下の3つに大別できます。

・ ネットワーク設計
・ ネットワーク構築
・ ネットワーク監視・運用

ネットワーク設計

「ネットワーク設計」はクライアントの要求を満たすネットワークをゼロから作る仕事です。クライアントが求める用途や性能をきちんとヒアリングし、それに最適なネットワークを提案します。そのためコミュニケーション能力や営業力が必要となってきます。

ネットワーク構築

「ネットワーク構築」は設計書から必要なネットワーク機器やソフトウェアを設定する仕事です。要求される規模に応じて無駄のないネットワークを構築する必要があります。そのためには機器製品や最新の技術に詳しくなる必要があります。

ネットワーク監視・運用

「ネットワーク監視・運用」は構築後の保守作業の仕事です。構築したネットワークをモニタリングし、何か障害が発生した時には迅速にトラブル対応をします。また、システム全体として求める性能や機能、規模が追加された時に、合わせてネットワークも増強・増設することもネットワークエンジニアの仕事です。

以上がネットワークエンジニアの主な業務です。案件によっては、これらの設計から構築、運用までを全て1人で担当する場合もあります。

・未経験からエンジニアになる為の全体像を知りたい方は、「未経験からエンジニアになるためにはどうすればいい?【徹底解説】」の記事を参考にしてください。

ネットワークエンジアを目指すメリット

ここではネットワークエンジニアを目指すメリットについて知ることで、モチベーション向上につなげていきましょう。

ネットワークエンジニアは食いっぱぐれない

ネットワークエンジニアを目指す最大のメリットは、今後なくなることがない職業と言えることでしょう。前述したようにネットワークはITシステムの生命線です。したがって、企業がITシステムを導入し続ける限り、ネットワークエンジニアの仕事は常に存在します。

労働時間が比較的短い

ネットワークエンジニアを目指す2つめのメリットとして、労働時間が他のITエンジニアに比べて短い傾向にあることです。

皆さんの中にはIT業界は労働時間が長く、大変な業界だと思っている方もいるのではないでしょうか。たしかに、IT業界に勤めるエンジニアは他と比べると労働時間が長い場合があります。

しかし、ネットワークエンジニアはそこまでではありません。その理由は、前述のネットワーク監視・運用業務が多いからです。監視・運用業務は不慮の障害やトラブルが起きなければ、ほとんど定時内で帰ることができ、無理なく働くことができます。

もちろん、障害やトラブルが発生した場合は迅速な対応が必要であり、復興の目処が立つまで帰れないことはあります。しかし、それでも業界全体として見ればライフワークバランスが取りやすいエンジニアと言えます。

ネットワークエンジニアになるために

前述まではネットワークエンジニアとはどういった仕事なのか、どういったメリットはあるのかをご説明しました。ここまで読んで頂ければネットワークエンジニアのイメージがかなり具体的になったのではないでしょうか。では実際にネットワークエンジニアになるためにはどうしたらよいかを以降で説明したいと思います。

初学者向けの本を使って体系的に勉強しよう

知識をつけるのにはやはり本が有効です。IT系のスクールなどに通うのも良いですが、どうしてもコストが高くなってしまいます。

本であれば高くても1冊1500円~2000円、専門書のような高いものでも3000円~5000円です。良書をきちんと選べれば、月々数万円、年間で数十万円のスクールに通うよりも圧倒的な費用対効果が望めます。

ネットワーク初心者にオススメの本

ネットワークエンジニアになるためには、当然ながらネットワークについて知識を深めなければいけません。しかし、数あるIT分野の中でもネットワークは「わかりにくい」「理解しづらい」との声が多いです。その最たる理由は「ネットワークが目に見えないもの」だからです。

もちろん、有線ネットワークであれば装置と装置がケーブルで繋がっていることは目視できます。このケーブルにデータが流れることで、装置間でデータのやり取りができますよね。では、その流れている時にケーブルをハサミで切ったとするとケーブルの切れ端からデータがポロポロ溢れてくるのでしょうか。もちろん、そんなことはないですよね。

このような目に見えない部分が初学者にとってはイメージしづらく、多くの人にとってネットワークは苦手な分野となっています。そこで、まずは初学者向けのイメージしやすい以下の本での勉強をオススメします。

「3分間ネットワーク基礎講座」 網野衛ニ著

本書は元々、著者が運営していたホームページの内容を書籍としてまとめたものです。博士と助手のネット君による会話講義形式でネットワークについて楽しく学ぶことができます。

この本の良い点はとにかくわかりやすいことです。「そもそもネットワークとは何か」「どういう原理でデータを運んでいるのか」といった根本的なところから始まり、ネットワークの基礎知識までがこの一冊で一通り学ぶことができます。

図も多用されているため、イメージしづらいネットワークの世界がとても理解しやすいです。1つの講義もタイトルにあるように3分程度で読み終われるようにまとめてあり、自分のペースで無理なく読み進めることができます。

一冊読み終われば頃にはネットワークの基礎知識は網羅でき、初心者は卒業できるでしょう。

TCP/IPを学ぶならこの1冊

ネットワーク初心者にオススメのもう一冊がこちらです。

「マスタリングTCP/IP 入門編」竹下/隆史他3名著

こちらは、インターネット上のネットワーク解説サイトでこの本を参照していないサイトはないと言われるほど有名かつ定評ある本です。改訂も5回ほどされており、ベストセラーになっています。

タイトルの「TCP/IP」というのはプロトコル(ネットワーク上でデータをやり取りするための約束事)の1つです。現在社会で利用されているネットワークで最も主流なプロトコルになります。このプロトコルについてもこの本できちんと学ぶことができます。

知識が身についたら資格取得を目指そう

ある程度知識が身についたら、その知識を活かして資格を取得しましょう。資格を取得することで、知識が形となって自信にもつながり、加えて就職や転職にも有利になります。

まず狙うならCCNA

ネットワークエンジニアとしてまず、取得をオススメするのがCCNAです。CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは、Cisco Systems社が認定するベンダー資格のことです。

Cisco Systems社はネットワーク機器の会社であり、市場でも圧倒的なシェアを持っています。このCiscoが認定するCCNAを取得することは、Ciscoのネットワーク機器に関する技術力やネットワーク技術の基礎力を有することの証明となります。

逆に言えば、このCCNAの取得を目指して勉強すれば、ネットワークに関する基礎力だけではなく、ネットワークワークエンジニアに不可欠な製品への知見も深めることができると言えます。

詳しくはこちら

力がついてきたらネットワークスペシャリストにも挑戦

「ネットワークスペシャリスト」もネットワークエンジニアが持っていて役立つ資格の主流です。ただこちらは国家資格であり、CCNAに比べて難易度が高いことから継続的に勉強を続けていく上での長期的な目標にするとよいと思います。

詳しくはこちら

・エンジニア就職を目指す為のおすすめ資格を知りたい方は、「ITエンジニア・プログラマー就職に有利な資格6選!」の記事を参考にしてください。

「監視・運用」業務で経験と実績を積んでいこう

どれだけ本を読んで勉強し、知識を蓄えようとも資格を複数取得しようとも、やはり実践経験を積まなければ意味がありません。知識や技術は実践で活用して初めて自分のものになります。しかし、経験を積むと言っても未経験者を雇ってくれる案件や求人なんて中々ないと思うのではないでしょか。

実はネットワークエンジニアの仕事で、未経験者を歓迎する求人はたくさんあります!それは「ネットワークの監視・運用」業務です。なぜ「監視・運用」業務は未経験者でも求人があるのか、それは基本的に業務をマニュアルに沿って行うからです。

通常監視時の仕方、トラブル発生時の対処法など全てマニュアルに従って行動します。むしろマニュアルに載っていないことをやってはいけません。したがって基礎的な知識さえあれば、十分「監視・運用」業務を遂行することができます。

一方で「設計」「構築」業務は未経験者を採用することはまずありません。2つの業務は確かなスキルと経験が必要になるからです。

未経験者でも募集がある「監視・運用」業務で少しずつ現場での経験を積み、ゆくゆくは「設計」「構築」業務もできるようになるというのがオススメのキャリアステップです。

・これからフリーランスのエンジニアを目指したい方は、「未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説!」の記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では未経験からネットワークエンジニアを目指す方向けに、ネットワークエンジニアとなるための方法をお伝えしました。

誰もが最初は未経験者です。この記事で紹介した内容を実践することで少しずつネットワークエンジニアとしてのキャリアが開けるはずですので、まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

WebCamp・Webスクについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

 エンジニア志望者への人気・おすすめ記事一覧

エンジニアの実態 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
エンジニアの1日の例を紹介 未経験からフリーランス・エンジニアになるには ITエンジニア就職に有利な資格6選
エンジニアへの適正・向いている人とは 未経験からWebエンジニアになるには 未経験からITエンジニアを目指す、まとめ記事
エンジニアのリアルな年収事例を紹介 未経験から組み込みエンジニアになるには 未経験必見のITエンジニア志望動機
エンジニアの働き方についての紹介 未経験からゲームエンジニアになるには 文系でもWebエンジニアになる方法を解説
おすすめの記事