Web系エンジニアが使うプログラミング言語7選!選び方のポイントについても解説

2022.09.03
Web系エンジニアが使うプログラミング言語7選

近年は、Webエンジニアの人気が高まっています。

Web系エンジニアは、Web上で動作するシステムやアプリケーションを開発するエンジニアです。

もし、Web系エンジニアを目指してプログラミングスキルを身につけるなら、言語選びが重要になります。

この記事を読んでいるあなたは、

「自分はWeb系エンジニアになりたいけど、どの言語を選べばいいの?」
「プログラミングスキル以外に必要なスキルはある?」
「Web系エンジニアのプログラミング言語を習得する方法は?」

という疑問を抱えているのではないでしょうか。

今回は、

  • Web系エンジニアが利用するプログラミング言語
  • プログラミング言語の選び方のポイント
  • プログラミング言語以外でWeb系エンジニアに重要なスキル
  • Web系エンジニア志望がプログラミング言語を学ぶ方法

などについてご紹介します。

「Web系エンジニアのプログラミング言語を知りたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

Web系エンジニアが利用するプログラミング言語7選

Web系エンジニアが利用するプログラミング言語

Web系エンジニアは、Webアプリケーション開発に適したプログラミング言語を選択する必要があります。

プログラミング初心者なら、「具体的にどんなプログラミング言語があるの?」と悩んでしまいますよね。

Webアプリケーション開発に適したプログラミング言語のなかでも、よく使われる言語について見ていきましょう。

今回は、Web系エンジニアが利用するプログラミング言語7選についてご紹介します。

1つずつご説明しましょう。

1.HTML

「HTML(エイチティーエムエル)」は、Webベージの文章を構造化するプログラミング言語です。

文章を構造化するとは、コンピュータが文章を判別できるようにすることを意味します。

もしあなたがパンフレットを見たとき、

  • タイトル
  • 見出し
  • 本文

などの構造がすぐにわかりますよね。

しかし、コンピュータは文章の構造が判別できません。
そのため、タグを用いて文章を構造化する必要があります。

文章の構造化に用いられるHTMLは、Webサイトを作るために必須です。

ホームページやブログサイトなど、Webサイト制作をするなら、必ず習得したい言語と言えるでしょう。

2.CSS

「CSS(シーエスエス)」は、HTMLで構造化した要素を装飾するプログラミング言語です。
HTMLと組み合わせて使用します。

デザインの表現に特化しており、美しいWebページを作るために欠かせない言語です。

CSSを使うことで、

  • 文字に色をつける
  • ボタンを立体的にする

などの視覚的な装飾ができます。

HTMLとCSSは合わせて使用することがほとんどです。
どちらも習得難易度が低く、初心者でも学びやすいですよ。

3.Java

「Java(ジャバ)」は、大規模システム開発によく活用されるプログラミング言語です。

安定した品質を保てること、利用者が多く開発者を確保しやすいことが、大規模システム向けの理由として挙げられます。

また、汎用性が高く、さまざまなOS(オペレーティングシステム)上で開発が可能です。
Windows、Android、Linuxなど環境を問わず開発できることは大きな魅力となります。

次のように、幅広い開発に活用できますよ。

  • Webサイト
  • Web、PC、スマートフォンアプリ
  • ソフトウェア
  • 家電の組込みシステム
  • 金融機関の基幹システム

Javaの利用者や案件は数多く、習得すればさまざまな分野の開発に携われます

ただし、初心者には難易度の高い言語です。

4.JavaScript

「JavaScript(ジャバスクリプト)」は、Webページに動きをつけるプログラミング言語です。

JavaScriptを使うことで、

  • 画像が横にスライドで表示されるスライダー
  • 画面移動せずに現れるポップアップ表示
  • 入力画面でのカーソル表示
  • アニメーションの効果

などの機能を追加できますよ。

Webページに動的な効果をつけることができ、デザイン性や機能性を高められます

HTMLとCSSのみで構築すると動きがないサイトになりますが、JavaScriptも組み合わせることで動きのあるサイトになります。

高品質なWebサイトを制作するには、JavaScriptが必須です。

5.PHP

「PHP(ピーエイチピー)」は、Webサイト制作のために開発されたプログラミング言語です。

Webサイトに必要となる次のような要素を簡単に作れます。

  • お問合せフォーム
  • 予約システム
  • 検索システム
  • ログイン機能

PHPを使えば、ブログサイトやECサイト、SNSを開発することも可能です。

ブログ作成によく利用される「WordPress(ワードプレス)」はPHPで開発されています。
PHPを習得すれば、自分の好みに合わせてブログをカスタマイズできますよ。

また、TwitterやFacebookなどのSNSもPHPで開発されています。
投稿の管理やチャット機能など、SNSに必要な機能も開発可能です。

PHPは、WebサイトやWebサービスを開発するのに活躍するプログラミング言語と言えるでしょう。

6.Python

「Python(パイソン)」は、AI分野で高い注目を集めているプログラミング言語です。

Pythonでは次のような開発ができます。

  • AI(人工知能)開発
  • 自動データ処理や分析
  • Webサービス開発
  • Webアプリケーション開発
  • ブロックチェーン開発

Pythonを習得すれば、Web系エンジニアとしてだけでなく、AIエンジニアやデータサイエンティストとしてのキャリアも築けますよ。

文法がシンプルで記述が少ないため、プログラミング初心者でも学びやすい点も魅力です。

最新の先端技術に携わりたいなら、おすすめのプログラミング言語ですよ。

7.Ruby

「Ruby(ルビー)」は、日本で開発されたプログラミング言語です。

コーディングを楽しむという考えから、「書きやすく、読みやすい」というコンセプトで開発されました。

Rubyで作られた「Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)」というフレームワークが人気があり有名です。

Ruby on Railsを使えば、Webアプリケーションを素早く、効率的に開発できます。
Rubyを学習するなら、Ruby on Railsも合わせて学びましょう。

日本語の情報が豊富で、文法もシンプルなため、初心者でも学びやすいですよ。


「プログラミング」を学んでみたいけど、何から始めていいのかわからない…
と悩んでいる方に向けて!
DMM WEBCAMP】では、ライフコーチが1人1人に合わせた効率的な学習をサポートします!
✔︎おうち時間でスキルアップ
✔︎独学で進めていくのが不安
✔︎確実にプログラミングスキルを身につけたい
といった方におすすめです!

プログラミング言語の選び方のポイント5つ

プログラミング言語の選び方のポイント

Web系エンジニアが利用するプログラミング言語についてお伝えしました。

プログラミングを学び始めるときには、「自分はどのプログラミング言語を選べばいいんだろう?」と悩みがちです。

それぞれポイントに注目しながら、どのプログラミング言語を選ぶべきか見ていきましょう。

ここでは、プログラミング言語の選び方のポイント5つについてご紹介します。

  1. フロントエンドかバックエンドか
  2. 何が制作できるのか
  3. 市場で求められている言語はなにか
  4. 希望している企業はどこか
  5. 初心者にも学びやすいか

さっそく詳しく見ていきましょう。

1.フロントエンドかバックエンドか

Web系エンジニアがプログラミング言語を選ぶポイントとして、フロントエンドかバックエンドかの違いがあります。

「フロントエンド、バックエンドの言語ってどういうこと?」と疑問に思う方もいるでしょう。

フロントエンドとは、ユーザーと直接関わる側のことで、Web制作ではWebブラウザ側を意味します。
つまり、スマートフォンやパソコンの画面で見える部分を構築する言語のことです。

一方で、バックエンドはユーザーの目に見えない側のことで、Web制作ではサーバーサイドを意味します。
スマートフォンやパソコンの画面からは見えないシステムを構築する言語のことです。

フロントエンドとバックエンドのどちらに携わりたいのかが、プログラミング言語を選ぶポイントになります。

  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript
  • バックエンド:Java、PHP、Python、Ruby

自分が携わりたい側に合わせて、プログラミング言語を選びましょう。

2.何が制作できるのか

プログラミング言語は、それぞれ制作できるものが異なります。
選ときには、何が制作できるのかというポイントもチェックしましょう。

たとえば、同じバックエンドの言語でも、制作できるものは次のように異なります。

  • Java:システム、Webサイト、Web・PC・Androidアプリケーション、ソフトウェア
  • PHP:Webサイト、SNS
  • Python:AI(人工知能)、Webアプリケーション、ブロックチェーン
  • Ruby:Webサイト、Webサービス、SNS

Webエンジニアになって何がしたいのかという目的が明確であれば、目的に合った言語を選べるでしょう。

3.市場で求められている言語はなにか

市場で求められているかどうかを基準にすることも大切です。

市場で求められている言語は、求人数も多くなります。
需要が高い言語を選ぶことで、たくさんの案件や求人から仕事を選べますよ

また、市場での需要に対する人材の供給量によって、言語ごとの平均年収も変化します。

需要が高いのに人材が不足している言語なら、高収入になりやすいです。

企業に求められているプログラミング言語については、こちらの記事でも紹介しています。

プログラミング言語一覧プログラミング言語一覧紹介!難易度や人気ごとにランキングで解説

4.希望している企業はどこか

希望している企業がどんなところかも、プログラミング言語を選ぶポイントです。

スタートアップ企業なのか、大規模サービスを提供する企業なのかなど、企業によって必要なプログラミング言語は異なります。

  • スタートアップ企業:JavaScript、PHP、Ruby
  • 大規模サービスを提供する企業:Java
  • Webサイト制作企業:HTML、CSS、JavaScript

行きたい企業が明確なら、企業が求めるプログラミング言語を選びましょう。

企業の事業内容をチェックすることで、どんな人材を求めているかがわかりますよ。

企業が出している求人内容を確認しておくことも重要です。

5.初心者にも学びやすいか

プログラミング言語によって、習得の難易度には幅があります。
初心者にも学びやすいかをポイントに選びましょう。

初心者向けのプログラミング言語としては、次のものが挙げられます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Python
  • Ruby

いずれも文法がシンプルであることや、記述が少ないことが特徴です。

プログラミング言語は、1つを学習することでほかの言語も理解しやすくなります。

まずは学びやすいプログラミング言語を習得し、必要に応じてほかの言語を学ぶといいでしょう。

プログラミング言語以外でWeb系エンジニアに重要なスキル3つ

プログラミング言語以外でWeb系エンジニアに重要なスキル

プログラミング言語の選び方のポイントについてお伝えしました。
選び方に沿ってあなたに合った言語を選んでくださいね。

もしあなたがWeb系エンジニアを目指しているなら、プログラミング言語以外にも習得すべきスキルがあります。

Web系エンジニアになるために必要なスキルを知り、身につけましょう。

ここでは、プログラミング言語以外でWeb系エンジニアに重要なスキル3つについてご紹介します。

  1. 問題解決力
  2. 情報収集力
  3. コミュニケーション力

それでは、順番に説明しましょう。

1.問題解決力

Web系エンジニアには、問題解決力も重要です。

Web系エンジニアは、クライアントの抱える課題をプログラミングの力によって解決します。
どんな課題を抱えているのかを把握し、1つずつクリアして解決に努めるのです。

また、プログラミングをするなかで発生するエラーに対処する問題解決力も求められます。
原因をつきとめ、論理的な解決策を打つことで、問題を解決しなければなりません。

Web系エンジニアの仕事では、あらゆる場面において問題解決力が必要になります。

問題を分解し、どうすれば解決できるかを考えて実行する力を身につけましょう。

2.情報収集力

Web系エンジニアに重要なスキルとして、情報収集力があります。
情報収集力とは、必要な情報を素早く集める能力のことです。

Web系エンジニアはプログラミングをするときに、すべてのコードの文法や書き方を暗記しているわけではありません。

必要に応じて求める情報にアクセスして活用するのです。

  • どの情報がどこにあるのか
  • 必要な情報がまとまっているのはどのデータか
  • 知りたい情報にアクセスするにはどんなワードで検索すべきか

上記のように、情報を集める方法を知っていれば、覚えておく必要はありません。

情報を暗記するのではなく、効率的に情報を活用する能力が重要です。

3.コミュニケーション力

Web系エンジニアに重要なスキルに、コミュニケーション力があります。

「エンジニアって1人でパソコン作業をしているのではないの?」というイメージを持つ方もいるでしょう。

たしかにプログラミングをするときは、1人で黙々とパソコン作業をします。

しかし、Webアプリケーション開発は複数人のチームで進めることも多いです。
チームのメンバーと協力するために、コミュニケーション力は大切ですよ。

コミュニケーション力については、こちらの記事でも詳しくまとめています。
よければ参考にしてみてくださいね。

コミュニケーション力とは?10個の方法で磨きをかけて自分の武器にしよう!コミュニケーション力とは?10個の方法で磨きをかけて自分の武器にしよう!


最近話題のプログラミング、「今から学び始めるのは遅い…?」と思っている方に向けて!
今からでも全く遅くはありません!
国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】で、はじめの一歩を踏み出してみませんか?
✔受講生の97%が未経験者!
✔一人一人に合わせた学習計画で進められるため、仕事や学校と両立できる!
未経験者のために開発された独自のカリキュラムを用意

Web系エンジニア志望がプログラミング言語を学ぶ方法

Web系エンジニア志望がプログラミング言語を学ぶ方法

プログラミング言語以外でWeb系エンジニアに重要なスキルについてお伝えしました。
スキルを知ることで、習得のための行動を起こせます。

プログラミング言語を選んだら、さっそく習得に向けて学習を始めましょう。

学習する方法はさまざまです。
自分に合った学習方法を選択することで、効率的にスキルを身につけられますよ。

ここでは、Web系エンジニア志望がプログラミング言語を学ぶ方法についてご紹介します。

  1. プログラミングスクール
  2. 書籍
  3. 既存プログラムの写経

それぞれの学習方法の特徴を知り、ときには組み合わせて学習を進めてみてくださいね。

学習方法について詳しく見ていきましょう。

1.プログラミングスクール

より確実にプログラミング言語を学ぶ方法として、プログラミングスクールに通うことが挙げられます。

プログラミングスクールは、未経験からプログラミング言語を学習するのに最適な環境です。

  • 目的に応じたカリキュラム
  • 初心者でもわかりやすい教材
  • 疑問点を質問できる環境
  • 一緒に学べる仲間

また、転職支援のあるプログラミングスクールなら、充実したサポートも受けられます。

プログラミング言語の学習では、モチベーションの維持ができずに挫折する人も多いのが現実です。
プログラミングスクールを活用すれば、モチベーションを保ちながら必要なスキルを習得できますよ。

「プログラミングスクールは費用が高いのが不安」という方もいるでしょう。
DMM WEBCAMPなら、全額返金保証や転職保証、受講料のキャッシュバックもあるので、コストを最小限に抑えられますよ。

「Web系エンジニアになりたい!」という方は、プログラミングスクールを活用して学習環境を整えるのがおすすめです。

2.書籍

必要に応じた知識を学ぶなら、書籍があります。

書籍は、プログラミング言語についての情報が体系的にまとまっています。
「言語についてじっくり学びたい」「知識を深めたい」というときにはぴったりです。

書籍の内容に沿って学習を進めれば、しっかりとした知識が身につきます。

自分のレベルや目的に合わせて書籍を選ぶことで、そのとき必要な情報を得られるでしょう。

プログラミングを学べる書籍について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【初心者から上級者まで】プログラミング学習におすすめの名著27選【初心者から上級者まで】プログラミング学習におすすめの名著27選

3.既存プログラムの写経

プログラミング言語を学ぶために、すでにあるプログラムのコードを写経する方法もあります。

プログラムのコードを写経すると、自分の知識と結びつきながら実践的な力が身につきますよ

「こんなWebサイトを作りたい」「こんなアプリを作りたい」と思えるプログラムを選べば、モチベーションも高まります。

実際のコードを写経することで、あなたのコードの知識が増え、自分で書けるようになるでしょう。

プログラムのコードの写経は、ある程度の知識が身についた人におすすめです。

まとめ:ゴールを決めてWeb系プログラミング言語を学ぼう

今回は、Web系エンジニアになるためのプログラミング言語についてご紹介しました。

Web系エンジニアは、Webアプリケーション開発が可能な言語を選択する必要があります。
あなたがどんなものを作りたいのかに合わせて、Web系のプログラミング言語を選びましょう。

学習するプログラミング言語が決まれば、さっそく習得のための学習を始めます。
プログラミング言語の学習は時間がかかるため、長期的な視野で継続することが大切です。

効率よく学習するコツについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

非公開: プログラミング学習に1000時間は必要?効率よく習得する5つのコツなどを紹介

プログラミング言語を身につければ、Web系エンジニアとして活躍する未来に近づけますよ。

ぜひ学習を継続し、希望の働き方を実現してくださいね。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5