9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


プログラミングは現在大変注目されており、2020年から全国の小学校でプログラミングが必修となることも決定し、大きな話題になっています。

ですが、プログラムをする目的とは一体何なのかそんなに重要なものなのか、と気になっている人も多いでしょう。そこで、プログラミングを学ぶ目的、必要性についてご紹介していきます。

プログラミング教育が必修化されるワケ

パソコンで作業する男冒頭でも説明した通り、プログラミングは2020年以降小学校の必修科目となることでも注目を集めています。

では、なぜ今プログラミング教育が日本中のみならず世界中でそこまで注目を集め、重視されているのでしょうか。その理由を解説していきます。

エンジニアが足りない

IT技術が進歩している今、エンジニアがいることで世の中はどんどん新しく、どんどん便利になっています。その技術の進歩のためには多くのエンジニアが必要です。今の日本でも既に便利なものはたくさんあり、エンジニアも足りていると思われがちです。

ですが、実態を見るとそんなことはなく、エンジニアは枯渇状態といっても過言ではありません。技術が新しくなるスピードに追いつくためには多くのエンジニアが必要なのです。

足りないエンジニアを補うためには、プログラミングにもっと慣れ親しんでもらうことが大切。つまり、小学生の時からプログラミングに触れることで、誰もがプログラミングの世界に入りやすくしようというのが目的でしょう。

論理的思考力

エンジニアとして活動していく中で必要なもの、それは“論理的な思考力”です。この思考力を持っている人はエンジニアに向いているとまでいわれています。

論理的思考の中で、みなさんが想像しやすくほぼ全員が行ったことがあるものといえば、数学の証明です。“○○×△△=□□、ゆえに、○○=◎◎である”というようなものです。

そういった思考は、エンジニアを行う上でプログラミングの次に重要ともいわれています。この思考はプログラミングを行っていくことでだんだん身につくので、早いうちからプログラミングに慣れておけば自然と論理的思考ができるようになる、と期待されています。

問題解決能力

プログラミングをしていると、必ずといってもよいほど問題に直面します。それを解決するために様々な思考をめぐらせるはずです。

その努力は最終的に日常的にも役立ちます。例えば勉強をしている間や仕事をしている間、何らかの問題に直面した際、その問題を解き、そして解決しようとする力が身につくのです。

プログラミングを学習する目的

閃いてる男プログラミングの必要性などについての理解が深まったところで、プログラミングを実際に勉強することの目的をご紹介します。

エンジニアになるため

当然ですが、プログラミングをする最終目的をエンジニアになることに設定する人は多数いるはずです。クリエイティブな現場で活躍したい。様々な開発に携わりたい。といったような理由からエンジニアという職業に憧れている人が急増しています。

エンジニアはとても需要の高い職業でもあるため、それを目指して勉強するということは大きな目的になっていくのではないでしょうか。

エンジニアとコミュニケーションを取るため

エンジニアを目指すのではなくても、エンジニアに何か物事をお願いするときにプログラミングを知っているとかなり役に立ちます。もちろん、エンジニアはクライアントとしてのあなたの意見をしっかりと聞き汲み取ってくれるはずですが、人間なので限界もあります。

あなたがプログラミングの知識やITに関する知識があったとすればどうでしょう。エンジニアたちとのコミュニケーションをもっと円滑にできると思いませんか?

自分のしてほしいことを明確に伝える力がつくという理由でプログラミングを勉強している人もいます。

プログラムに関心がある

上記の目的以外にも、単純にプログラミングに興味があるという人もいるでしょう。テレビなどのメディアで取り上げられることも多くなり、クリエイティブな場を目にする機会も増えてきました。

そこでプログラミングを知り、興味を持ったという人はとても多いです。つまり、プログラミングが面白そう、楽しそうというところからプログラミングを始める人もいます。それも立派な目的の一つです。

プログラミングで作れるもの

世界中のビジネスマンでは、実際にプログラミングすることで生産できるものにはどんなものがあるのかをご紹介します。

Webサイト

最初に紹介するのが、Webサイトです。今この記事を読んでいるあなたもWebサイトを利用しているのです。

自分の欲しい情報を収集するためであったり、自分の考えを発信するであったり、様々な目的から皆さんも毎日利用しているであろうWebサイト。これはプログラミングで作られています。

全くの初心者が独学でWeb制作できるようになるまでの効率の良い勉強の進め方

アプリケーション

スマートフォンの普及に伴い、様々なアプリが開発されてきました。今でも無料で便利なアプリは多く、有料のアプリを購入している人もいるでしょう。

その他にも、Web上は様々なアプリケーションであふれかえっています。これらは全てプログラミングで作ることができるものなのです。

ゲーム

スマホを持っている人でも持っていない人でも一度はプレイしたことがあるのが、ゲームではないでしょうか。

ノベルゲーム、アクションゲーム、シューティングゲームなど種類は様々ですが、その仕組みの大元はプログラミングによって作られているのです。

例えば、スティックを倒した方向にキャラクターが動く、などの命令をプログラミングによって行っていることにより、私たちはゲームで楽しむことができるのです。

人工知能

最後に、人工知能もプログラミングによって作られているものの一つです。現在、私たちが人工知能と触れる機会はかなり増えてきています。AIとも呼ばれていますが、iPhoneに組み込まれている、Siriと呼ばれる音声認識機能はとても有名ですが、そのSiriもAIの一つです。

その他にも、子供のおもちゃにもAIが導入され始めており、話しかけるとそれに対応する返事をしたり、学習していくことで言葉を覚えたりするおもちゃが発売されています。

その他にもたくさんのものにAI技術は活用されており、私たちの暮らしをかなり豊かにしています。

おすすめの言語

前述したような様々なものを作り出すことができるプログラミングですが、全てが1つの言語で行えるわけではないのです。

現在、200種類以上ものプログラミング言語があるといわれており、それらの言語の中から自分の開発したいものによって適切な言語を選んで使い分ける必要があります。

そこで、目的に応じたおすすめの言語をいくつかご紹介しますので、参考にして下さい。

Webサイト向け

まずは、Webサイト向けのプログラミング言語です。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

上記がWebサイトを作成する上で特に重要視されているプログラミング言語です。初心者でも作成することができるので、プログラミング初心者にもおすすめです。しかし、デザインなどを凝ったものにしたいのであれば、当然それ相応の勉強が必要になってきます。

動きを加えたいならJavaScriptを活用したり、CSSを利用することでデザイン性の高いものを作成することができます。

Webアプリ向け

続いて、Webアプリ向けのものを作成するときにおすすめの代表的な言語は以下の通りです。

  • PHP
  • Ruby
  • HTML
  • CSS 

これらの言語はAmazonなどで買い物する時などにも利用されています。Webアプリを作成したいならまずはこのプログラミング言語から触れてみるのがおすすめです。

モバイルアプリ向け

続いて、モバイルアプリ向けのおすすめ言語をご紹介します。私たちが日常で一番よく目にするプログラミングを利用した便利アイテムといえば、モバイルアプリではないでしょうか。そんなモバイルアプリを製作するのに向いている代表的な言語が以下のものです。

  • Java
  • Swift

パソコンとインターネット環境、そしてモバイル端末さえあれば作成することが可能です。

ゲーム向け

続いて、ゲームを作成するときよく利用されているプログラミング言語をご紹介します。

  • C言語
  • JavaScript
  • Java
  • Scratch

上記の様な言語が主に利用されており、自分でプログラミングを覚えればアプリ化することも可能です。キャラクターデザインなども必要になるため、一概にプログラミングだけではありませんが、それでも楽しく作成することができるはずです。

人工知能向け

最後に、人工知能に興味がある人におすすめの言語をご紹介します。

  • Python
  • C++
  • Java

最近急速に人工知能の開発が進むにつれ、これらの言語の注目度や需要も非常に高まっています。

実はパソコンとインターネット環境、そしてテキストとやる気さえあればAIの開発に加わることだってできるのです。

まとめ

今回はプログラミング言語の目的と生産物についてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

今までプログラミングについてあまり知らなかったという人でも、プログラミングに対する知識が深まったはずです。

今、IT業界は深刻な人手不足に陥っています。この記事でプログラミングに興味が出たという人はぜひ、エンジニアを目指して日々勉強してみてくださいね。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

DMM WEBCAMP

9月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

*カウンセリング予約に面倒な電話の必要はございません!


おすすめの記事