【エンジニア×英語は〇〇!?】英語の必要性から勉強方法まで解説! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

【エンジニア×英語は〇〇!?】英語の必要性から勉強方法まで解説!

「英語力は必須のスキルだ!」とよく耳にしますが、それはエンジニアにとっても同じなのでしょうか?
また、実際にプログラミングを学んでいるときに、英語の解説サイトばかりが出てきて困ったことはありませんか?

実は、エンジニア×英語はキャリアアップのチャンスになるんです!

今回はそのことを含めて「なぜエンジニアに英語は必要なのか」「英語を使えると良いことは何なのか」ということについてお話していきます!
忙しいエンジニアの方にオススメの勉強方法も紹介するので、是非実践してみてください。

エンジニアに英語って必要なの?

エンジニアは英語を、”必ずしも使えなければならない訳はない”と言えます。

英語ができなくてもエンジニアとして働くことはできます。
ですが、他の職業と同じように、英語ができることがプラスになることは多くあります。

では、英語を使えるとどんな良いことがあるのかをみていきましょう。

エンジニアが英語を使えるメリット

エンジニアが英語を使えるメリットは2つあります!

メリット
  • 最先端の情報を知ることができる
  • 日本にとらわれない働き方ができるようになる

メリット① 最先端の情報を知ることができる

1つ目のメリットは、最先端の情報を仕入れることができることです。

新しいプログラミングに関する情報は、英語で書かれていることがほとんどです。
そのため、英語で情報を読み取ることができない人は誰かが訳してくれるのを待つしかありません。
待っている間に、どんどん情報は新しくなっていきますよね。

最先端の情報を得ることができれば、いち早く自分の技術として身につけることができます。

そのため、英語ができるエンジニアは最先端の情報を業務に生かすことができると言えるでしょう。

メリット② 日本にとらわれない働き方ができる

2つ目のメリットは、日本にとらわれない働き方ができるようになることです。

プログラミング自体は話す言語に関わらず扱うことができますが、英語力があれば海外の案件にも関われるようになります。

日本国内だけではなく海外の市場まで含めることで、自分の求めている環境で働けるようになるかもしれません。

注意するポイント

「海外で働く方が給料がいいんでしょ?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、物価も考慮して平均年収で考えてみるとあまり差はありません

ただ実力主義であることに違いはないので、自分次第では日本にいる時以上に稼ぐことができるかもしれません。

海外の案件に関わることができるメリットとは?

海外の案件に関わることができるメリットは2つあります。

  • 最先端の技術の近くで働くことができる
  • 世界を相手に仕事ができる

メリット①最先端の技術の近くで働くことができる

特にアメリカで考えてみると、やはりシリコンバレーをはじめとするエンジニアの聖地があるため最先端の技術が近くにあることになります。

最先端の技術の近くで働くことは簡単ではないため努力は必要ですが、その分スキルがつくと考えられます。

メリット②世界を相手に仕事ができる

日本の企業が海外に向けて仕事をすることは多くありませんが、海外で働くことで世界に向かって仕事をすることができます。
そのため、スケールの大きさや、達成感を感じることができるでしょう。

自分の力量を測ることができるという意味でも、世界に挑戦することのできる環境に飛び込んでみることは意味があると考えられます。

英語ができないエンジニアは活躍できない?

英語ができないエンジニアは、活躍できないのでしょうか?

もちろんエンジニアにとって、一番大切なスキルは英語ではありません。
そのため、「英語ができなければエンジニアとして活躍できない」ことはありません。
しかし、付加価値としてはとても大きなものになると考えられます。

英語×エンジニアはキャリアアップのチャンス

英語が使えるエンジニアにはキャリアアップのチャンスが広がります。

近年グローバルに展開していく企業が増えています。
実際に社内の公用語を英語にしている会社も増えていることをご存知でしょうか?
英語を求める企業の増加×IT人材の不足ということで、英語のできるエンジニアの需要は大きいです。

また、先ほど少し触れたように日本国内にとらわれない働き方ができるようになります。
自分の活躍できる市場が大きくなるので、将来性もあると考えられます。

実際にアメリカで働いている方のインタビューを読んでみることをオススメします。

参考 “エンジニアが海外で働くにはどうすればいい?“TECH

求められる最低限の英語レベル

では、今から勉強をしていくとするとどの程度の英語のレベルまで勉強すれば良いのでしょうか?

例えば、基本の英語を抑えることが出来ると、海外のサイトから情報を得ることができます。
英語でメールのやりとりができるようになれば、海外からの案件を受けることが出来るようになります。

最低限のスキルとして持っておくべき英語力は、実際にコードを書いている時に出てくるエラーの原因がわかる程度だと考えられます。

エンジニアにオススメの勉強の仕方

英語を勉強するなら何から始めようか、と思っている方は①基本の英語を学ぶ ②海外の技術系の記事を読む の2ステップで頑張ってみてください。
英語に苦手意識がある方も多いかとは思いますが、コツコツやることが何より身になる方法です。

英語を習得することができれば、エンジニアの業務にとどまらず日常生活にも役立つはずです。

①基本の英語を学ぶ

基本の英語は、具体的には高校生までに学習することです。
そのため、高校生までの単語・文法を抑えておきましょう。

忙しい社会人の方でも短い時間で学ぶことができるようなオススメの勉強アプリやサイトを3つ挙げました。

mikan

  • レベル別に学ぶことができる
  • 短時間×反復学習
  • 20,000単語以上を収録

mikanは、現役の高校生から社会人まで幅広い層に向けて作られた単語アプリです。
通勤の電車の中や、エレベーターに乗っている間、お昼休憩など短い時間で学習することができます。

無料のプランでも満足できる使いやすさですが、さらに学びを深めるために有料プランも用意されています。

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan
開発元:mikan Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

早打ち英文法

  • ゲーム感覚で英文法を学べる
  • ネイティブの発音付き
  • 複数の形式で学習可能

「早打ち英文法」は、短い時間を有効に使って英語を学ぶことのできるアプリです。
基本的な英文法から始まるので、最初は簡単に思えるかもしれませんが、続けていくことで英語が身につきます。
まずは、英語の学習習慣を身につけるためにもこまめにアプリを開いてみるようにしましょう!

早打ち英文法

早打ち英文法
開発元:Gakko Net Inc.
無料
posted withアプリーチ

Try IT

引用:Try IT

  • 動画学習でわかりやすい
  • YouTube感覚で学ぶうことができる
  • プロの講師の解説を無料で聴ける

「Try IT」は、YouTube感覚で英語を学んでいくことができるサービスです。
基本中の基本である中学生英語から、少し理解が難しくなる高校生英語の文法や構文まで、プロの講師の方の説明で理解することができます。
一本の動画は10分から15分程度で終わるので、隙間時間に勉強することが可能です。

②海外の技術系記事を読む

「①基本の英語を学ぶ」が進んできたら、オススメしたい勉強方法は海外の技術系記事を読むことです。
英語を読めるようになるには、英語の文章を読むしかありません。
読む記事をプログラミングに関する記事にすれば、技術の情報を得ることと同時に英語を学ぶことができるようになります。

検索エンジンから記事を探すことはもちろんですが、アプリの「POLYGLOTS」もオススメです。

POLYGLOTS

エンジニア 英語

引用:POLYGLOTS

  • ジャンル別に記事を探すことができる
  • わからない単語をその場で検索可能
  • 文法や英会話のフレーズ学習まで対応

「POLYGLOTS」は一人一人に合わせたコンテンツを用いて、英語学習を進めることのできるアプリです。
好きな分野の最新のニュースを英語で読むこともできるので、学習と情報収集を同時に進めることができます。
基本的な機能は全て無料で使うことができるので、ぜひ一度使ってみてください。

英語学習 POLYGLOTS-英語アプリでTOEICや英語テストの対策!平均でTOEIC200点UP

英語学習 POLYGLOTS-英語アプリでTOEICや英語テストの対策!平均でTOEIC200点UP
開発元:POLYGLOTS, Inc.
無料
posted withアプリーチ

記事を読む中でわからない部分もあるとは思いますが、まずは大意をつかむことを意識してみましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エンジニアに英語は必須ではないものの、最新の情報を仕入れることができたり、海外の案件を受けることが出来たりと英語ができることはキャリアアップにつながります!
英語ができることは、もちろん日常生活でも役に立つはずです。

オススメの勉強方法も挙げているので、ぜひこれを機に英語学習を始めてみてください。

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%