将来性のある仕事15選!選ぶ基準と就職のために必要なことは? | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

将来性のある仕事15選!選ぶ基準と就職のために必要なことは?

さまざまな分野でAIやロボットの導入が進んでいる現在、

「この仕事はいつまで続けられるのだろう…」
「もっと将来性のある仕事に就きたい」
「そもそも将来性のある仕事ってどういうもの?」

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

2015年に野村総合研究所が日本の労働人口の49%が2030年には人工知能やロボットに代替可能というレポートを発表し、世間に衝撃を与えました。(出典:野村総合研究所

今後、代替可能な仕事はどんどん移行され、働き口が減少していくでしょう。
自分の仕事がなくなってしまうかもしれないなんて、不安ですよね。

そこで今回は、将来性のある仕事についてお伝えします。

この記事を読めば、将来性のある仕事がどんな仕事かどうすれば将来性のある仕事に就けるのかがわかりますよ。参考にしてみてください。

将来性のある仕事5つの条件

将来性のある仕事はどんな仕事でしょうか。

まずは5つの条件についてお伝えします。

  • AI・人工知能ではできない仕事
  • 今後伸びていく市場の仕事
  • 需要に対してなり手が少ない仕事
  • 人の生活になくてはならない仕事
  • 流行に左右されない安定した仕事

1.AI・人工知能では出来ない仕事

AIによって仕事を自動化する未来はどんどん近づいています。

しかし逆に、AIにできない仕事であれば、代替されることがなく、将来性のある仕事といえますね。

  • 新しいものを生み出す
  • 物理作業
  • 複雑な判断

などはAIにはできないことです。

今後はAIにできる仕事は任せ、AIができない仕事を人間がおこなっていくことになるでしょう。

2.今後伸びていく市場の仕事

市場自体が伸びていく仕事は将来性があります。

たとえば、次のような仕事は今後も伸びていく市場です。

  • IT業界
  • 観光業界
  • 広告業界
  • クリエイティブ系
  • 人材系

市場が伸びるということは、人材が必要になり雇用も拡大するということ。

転職しやすくなるので、将来性のある仕事に就きたいと考えている人は注目するといいですね。

3.需要に対してなり手が少ない仕事

高い需要があるのに人材不足の仕事は、今後も無くなることはないでしょう。

具体的には

  • 介護系
  • 保育系
  • IT系

などの仕事が当てはまります。

これらは対人のため、AIやロボットではなく人が関わることが求められる仕事です。
しかし、介護・保育のどちらも待遇が十分でなく、人手不足の状態が続いています。

IT業界に関しては、全体的な人材不足はもちろん、高度なスキルを持った人材が特に足りていません。

4.人の生活になくてはならない仕事

人の衣食住や生活に関わる仕事は、今後もなくなることはないでしょう。

  • 住宅・建築係
  • インフラ系
  • IT・通信系

など、人々の生活に欠かせないものを扱う仕事は、安定的に将来性があるといえます。

例えば、スマートフォンが使えないとなると、かなり困るのではないでしょうか。

いまではネット環境などの通信系や、あらゆるWebサービスも生活に根付いています。
そのようなシステム関連も安定して求められる仕事となっていますね。

5.流行に左右されない安定した仕事

流行に左右されない仕事も、今後変わらず続いていくでしょう。

  • 公務員
  • 農家
  • 漁師

こうした仕事は流行によって急に盛り上がることはありませんが、流行遅れになって一気に盛り下がることもないので、長期的に見て安定しています。

逆に、最近できた新しい仕事や急成長した業界などは、10年、20年先はどうなるかわからないともいえますね。

将来性のない仕事とは?

ここまで「将来性のある仕事の条件」を見てきましたが、今度は逆に将来性のない仕事がどういうものか見ていきましょう。

これに当てはまる仕事は今後なくなっていく可能性があるので、注意が必要です。

  • システムで簡略化できる仕事
  • 定型業務の仕事
  • 顧客が減少していく仕事

1.システムで簡略化できる仕事

システムで簡略化できる仕事は、将来的に人の仕事ではなくなっていくでしょう。

たとえば、人が1時間かけておこなっていた業務を、システム導入によって10分で終わるようになれば、生産性は急上昇します。

しかも、そのぶんの労働力をもっと違う業務に使うことができるようになるのです。

そうなれば、その業務を人がおこなう必要はなくなりますね。

2.定型業務の仕事

単純な定型業務の仕事は、職業としてはなくなる可能性が高いでしょう。

というのも、AIやロボットに任せた方が正確で効率も良くなるのです。

  • 文書整理
  • データ入力や管理
  • 機械類操作

これらの単純業務は、すでにAIを導入している企業も増えてきています。

3.顧客が減少していく仕事

顧客が減少していく需要の少ない仕事は、将来的にはなくなっていくでしょう。

日本は少子高齢化により、将来的な労働人口の数も減少しています。

顧客が少なく伸びない市場では新たな雇用も生まれづらいため、どんどん縮小していくと予想されます。

将来性のある仕事の選定基準

ここでは将来性のある仕事を選ぶときのポイントを3つご紹介します。
自分が転職・就職するときの参考にしてみてくださいね。

  • 人との関わりに価値があるか
  • 市場の成長性が見込まれているか
  • 長期的に安定していくか

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.人との関わりに価値があるか

機械やロボットに代替できないような、人との関わりに価値がある仕事という点は、将来性のある仕事を見分ける大きな基準です。

なかでもサービス業

  • 高い信頼と親しみのある営業マン
  • きめ細やかで頼りになる介護士
  • 替えのきかないカウンセラー

などは、まさに人との関わりに価値がある仕事です。

「この人だから信頼できる」「この人なら寄り添ってくれる」と感じられるような人との関わりがある仕事は、今後も求められていくでしょう。

2.市場の成長性が見込まれているか

市場の成長性の見込みがあれば、将来性が望める一つの基準となります。

今後も成長していくなら、すぐに仕事がなくなることは考えられません。

むしろ成長する市場には人もお金も集まるので、雇用が増えて働きやすくなるでしょう。

3.長期的に安定していくか

一時の流行ではなく、長期的に安定していく仕事かどうかも重要です。

パッと見たときに盛り上がりがすごくても、長い目で見ればただの流行だったという場合もあります。

長期的な視野でその仕事の将来性を見極めるようにしましょう。

将来性のある仕事15選

以上のことを踏まえて、ここからは具体的な将来性のある仕事を紹介していきます。

興味のある仕事を探してみてくださいね。

1.データサイエンティスト

データサイエンティストは、ビッグデータや統計データ、企業の持つあらゆるデータを分析し、活用する仕事です。

情報は持っていても、それをうまく活用できずにいる企業は少なくありません。
データサイエンティストの仕事は今後もあらゆる業界から求められるものです。

さらに、AIを扱う側になる職種なので、需要が非常に高い人材といえます。

将来的にも仕事がなくなることは現時点では考えられません。

2.エンジニア

エンジニアは需要が高く、今後ますますの人手不足が予想されている職業です。

仕事内容は主に、社内でのシステムやWebサービスを開発し、運営すること。

初心者からプログラミングスキルを身につけて転職する人も多い職業です。

IT業界は今後も成長が期待できる市場なので、将来性がありますよ。

無料キャリア相談実施中 /

「このままだと将来が不安…」

「手に職をつけた仕事がしたい」

という方は、

「エンジニア適性テスト」を受けてみてはいかがですか?

 

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングでは

プロのカウンセラーにキャリアの悩みを相談できるだけでなく、エンジニア適性テストを無料で受けられます!

 

転職保証・全額返金保証を実現する

DMM WEBCAMPの無料キャリア相談にぜひお越しください。

 

3.介護士

介護士は、食事や着替え、入浴などを自力で行うことが困難な人の手助けをする仕事です。

特別養護施設や老人ホームなどで働き、細かい業務内容は要介護レベルによって異なります。

少子高齢化により、高齢者の介護の需要は高まっていますが、仕事内容の大変さから人手不足という現状です。

介護士には、相手から信頼されるコミュニケーション能力が求められます。
ロボットには補えない部分であり、今後も将来性のある仕事です。

4.看護師

看護師は、少子高齢化社会において、今後も需要が高まる仕事です。

その仕事内容は、医師のサポートを行ったり患者の容体を確認するだけではありません。

患者と直接接して治療や病気の不安を和らげる、代わりのきかない仕事です。

痛みや不安感に寄り添い、安心させるコミュニケーション能力が必要になります。

5.営業

保険や車、家など、個人の人生に大きく関わる買い物や、企業同士の取引では欠かせない営業職。

相手と顔を合わせてニーズを汲み取り、サービスや商品を提案・提供する仕事です。
信頼関係を築いたり、相手のニーズを汲み取るコミュニケーション能力が必要なスキルといえます。

その人自身が価値になりやすく「あなただから買う」と言われることもあるほど、個性や人柄に重きが置かれます。

AIやシステムでは代われない仕事であり、将来性も十分にあるでしょう。

また、多くの会社に営業部があり、転職しやすさも特長の一つです。

6.心理カウンセラー

心理カウンセラーは、人の心のケアをする仕事です。
学校・企業・介護施設・病院などに勤務し、対人で相談を受けたりアドバイスしたりします。

人の心理と接する仕事のため、機械に代わられることは考えにくく、むしろ今後伸びていくことが予想される分野です。

ストレス社会の現代、心のケアを必要としている人は多くいます。
人の心に寄り添う心理カウンセラーは、将来性のある仕事といえるでしょう。

7.観光業

日本に来る外国人観光客の数は年々増加しており、観光業界は今後も成長が期待できます。

観光業の仕事は、ツアーガイド、添乗員、運転手、営業、通訳、ホテルなど。

なかには将来的に自動運転やロボット通訳などが出てくるかもしれません。

しかし、観光地に訪れて出会った「人」の印象が、その国の印象になります。

単に移動だけでなく柔軟で粋なおもてなしができるバス運転手や、言語だけでなく振る舞いや所作で日本の心を表現する通訳士であれば、機械に代わられることは考えにくいでしょう。

観光業にはおもてなしの精神を持つ人が特に求められるようになり、そうした仕事が今後も続いていくでしょう。

8.教師

教師は長期的に見ても将来性のある安定した仕事です。

少子高齢化によって子どもの数が減り、教育の現場でもIT化が進んでいます。
そのため、一見すると教師は将来性がないように思えるかもしれません。

しかし、子どもの教育はなくなることがありません
またIT化により学習環境や教材が進化しても、それはあくまで知識を身につける手段に過ぎません。

教師の役目は、子どもたちの意欲を伸ばし、個性を発揮させ、社会で生きる力をつけるよう働きかけること。

そのためには、教科を教えるだけではなく、日々の生活や社会の情勢から子どもたちの学びに生かしたり、人間性や個性を育んだりする力が必要です。

機械では代替できない、横断的で質の高い教育力を持つ教師は、将来的にますます求められていくでしょう。

9.通訳・翻訳家

通訳・翻訳家は、単に言語を訳すだけではない付加価値があれば、将来性の見込める仕事です。

ある程度の日常会話であれば、機械を使って単純な言葉の意味を知ることは可能でしょう。

しかし、ビジネス会話や海外小説の翻訳などは、高い英語力とともに、それぞれの文化や国民性などの理解が必要です。

また対話においては、話者の言いたいことを汲み取り表現する力や、単なる通訳だけでなくコミュニケーションの潤滑油となる役割も求められるでしょう。

スムーズで誤解のない言語理解のために、通訳・翻訳家は今後も活躍できる仕事です。

10.農家・漁師

農業や漁業は人の食に関わり、生活に欠かすことのできないものです。

そのため、長期的に安定して求められる仕事であり、今後もそれが著しく変わることはないでしょう。

農業・漁業などの第一次産業はきついイメージもあり、あまり人気のある職業ではなく人手が少ない傾向にあります。

しかし最近はテクノロジーの導入によって効率化され、大きく負担が軽減されてきました。

今後も成長するIT生活に欠かせない農業・漁業をかけあわせれば、ますます将来性のある仕事といえます。

11.地方公務員

人々の生活や暮らしを支える地方公務員は、なくなることのない安定した仕事です。

その仕事内容は、市民への公的書類の発行や行政サービスの案内・手続き、地域の環境づくりや公共施設の管理など多岐に渡ります。

システムの導入により、データ入力や書類管理などの業務は効率化されるかもしれません。

しかし、そのぶん市民との関わりや環境改善の新たな施策実施などに注力できるようになり、公的機能の活性化が見込まれます。

少子高齢化は地方が顕著ですので、地方公務員が担う役割は今後増えていく可能性もあるでしょう。

12.士業(弁護士・税理士・社会保険労務など)

士業には弁護士や税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士などがあります。

これらの仕事は高度に専門的な知識と、それを対人で柔軟に活用する能力が必要です。

業務の一部をシステム化したり、AIを導入して効率化をはかることは可能でしょう。

しかし、依頼者に寄り添って法廷に立ったり、依頼者の希望に柔軟に対応するのは「人」でなければできません

13.住宅リフォーム

人々の生活に欠かせない住居に携わる建築業界ですが、少子高齢化の影響のため需要は減少傾向にあります。

しかし、人口の減少から新築物件のニーズは減少しているものの、リフォームは今後も将来性が見込めます

というのも、昨今は新しい家を購入・建築して住み替えるのではなく、もともとある物件をリフォームをして一生住み続けようと考える人が増えているためです。

この背景には、少子高齢化によって家が余り廃屋化する問題や、若者の低所得化があり、リフォームは今後も需要が伸びていくことが予想されます。

住居のリフォームは、人に相談して話し合いながら進めるほうが安心感があるので、機械にも代替されにくいでしょう。

14.広告代理店

広告代理店の仕事は、商品やサービスの良さを効果的に伝え、販売促進につなげること。

媒体はテレビCMや新聞、雑誌などがありますが、最近はインターネット広告が急成長しています。

Webサイトやアプリ、SNS、動画配信サービスなどが人々の生活に広がり、それにともなって広告媒体もインターネットに拡大しているのです。

Webサービスの市場拡大とともに、広告代理店も伸びていくでしょう。

15.クリエイティブ職(カメラマン・デザイナー・プロデューサー・ディレクター)

カメラマンやデザイナー、プロデューサー、ディレクターなどのクリエイティブ職は、新しい作品や企画などを生み出す仕事です。

このように、新たに何かを作るということは、AIやプログラムにはできません。

今後は、単純で定型的、規則的なものをシステム化し、人々はクリエイティブな分野で力を発揮する役割を担うことになるでしょう。

そして新たに作り出す作品や企画などによって、社会や企業・個人の課題に向き合っていくことは、これから先も続いていく将来性のあるものだといえます。

将来性のある仕事に就くために必要なこと

将来性のある仕事に転職・就職をしたいと考えたときに必要な3つのことをご紹介します。

  • 需要の高まるスキルを身につける
  • 市場動向の情報を収集する
  • 伸びる業界のコミュニティに参加する

1.需要の高まるスキルを身につける

将来性のある仕事に就きたいなら、今後も需要が高まるスキルを身につけましょう

たとえばIT業界は、今後も成長が期待でき、IT分野で活躍できるスキルを持つ人材はますます需要が高まっていきます。

具体的なIT系のスキルには、

  • プログラミングスキル
  • Webデザインスキル
  • Webマーケティングスキル

などがあります。

IT技術を扱うスキルや、新たに何かを作り出すスキルは今後も需要があるので、身につけておくといいですよ。

無料キャリア相談実施中 /

「このままだと将来が不安…」

「手に職をつけた仕事がしたい」

という方は、

「エンジニア適性テスト」を受けてみてはいかがですか?

 

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングでは

プロのカウンセラーにキャリアの悩みを相談できるだけでなく、エンジニア適性テストを無料で受けられます!

 

転職保証・全額返金保証を実現する

DMM WEBCAMPの無料キャリア相談にぜひお越しください。

 

2.市場動向の情報を収集する

将来性があるかどうかは、市場動向によって変わります

たとえば、成長を遂げるIT業界の中でも、比較的単純なプログラムを書く業務はAIにとって代わられる可能性があります。
すると、それを仕事としていたエンジニアは他の仕事をする必要に迫られるでしょう。

そのため、常にアンテナを張り、市場の変化や社会のニーズの情報を収集しておくことが大切です。

市場動向を知ることで、今後需要のあるスキルや人材はどういうものかを考えて行動できます。

3.伸びる業界のコミュニティに参加する

伸びていく業界のコミュニティに参加し、人々との関わりを持ちましょう。

今後需要のある業界の人々と関わることで、市場の情報を得やすくなったり、仕事をする上で相乗効果のある人脈を築けたりする可能性があります。

情報や人脈は、将来性のある仕事に就く助けとなってくれるでしょう。

将来性のある仕事は社会に求められるやりがいのある仕事

今回は、将来性のある仕事についてご紹介しました。

将来性のある仕事とは、これからの社会に求められる大変やりがいのある仕事です。

なかでもIT業界は、あらゆる業界にその技術が取り入れられ、今後も需要が高まる仕事の代表格といえます。

スキルを身につけて、将来性のある仕事に就ける自分になりましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点