【仕事図鑑】全15業界・300種類以上の職業を解説!平均年収と向いている人の特徴も紹介 | WEBCAMP NAVI
【8月枠も残りわずか】転職保証コース

【仕事図鑑】全15業界・300種類以上の職業を解説!平均年収と向いている人の特徴も紹介

「どんな仕事に就けば良いが分からない…」
「そもそもどんな仕事が世の中にあるの?」

就職・転職活動をおこなう人の中には、どんな仕事をすべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

より良い就職・転職活動をおこなうためにも、さまざまな種類の仕事を知って、視野を広げることが大切です。

この記事では、業界ごとの仕事を紹介しているので、ぜひ、就活に活かしてください。

仕事にはどんな種類がある?様々な職種の仕事内容を一覧で解説

世の中には沢山の仕事があり、それぞれの職種によっても特徴が違います。

ここからは、全15業界・300種以上の仕事の種類や年収、向いている人の特徴などについてご紹介していきます。

IT・Web系の職種

IT・Web系の職種があるIT業界は、インターネットが利用できて当たり前の情報社会にとって必要不可欠な業界。

IT業界は大きく、

  • インターネット・Web業界
  • 情報処理サービス業界
  • ソフトウェア業界
  • ハードウェア業界

この4つの業界に分けることができます。

今後はAI人工知能やIoT(Internet of Things)、ビッグデータなどの先端IT技術を持った技術者の需要が一層増えると見込まれている業界です。

(出典:経済産業省「IT人材受給の試算結果」)

経済産業省が2019年4月に発表した「IT人材需給に関する調査」によると、

2018年には約22万人だった人材不足が、2020年には30万人、2030年には45万人にまで拡大すると公表されています。

このデータから、IT・Web業界は需要の高い業界なのに対して、人材が不足している業界だということが分かります。

これから、IT業界を目指す方にとっては、未経験からも挑戦しやすいというメリットにもなります。

IT業界について詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

【業界研究】IT業界地図が一目でわかる!5つの種類と職種、年収

エンジニア職

IT・Web業界の職種でも、代表的なエンジニア職。

エンジニアと聞くと、理系のイメージがありますが、職種によってはコミュニケーションスキルや読解力が必要なこともあり文系出身者も最近では増えています。

エンジニア職の平均年収は、216万〜1,000万円以上と幅広く、プログラミング言語の需要や希少性が高いほど高年収になる傾向になります。

(出典:平成29年賃金構造基本統計調査のデータ

システムエンジニア・プログラマー・AIエンジニア・セキュリティエンジニア・フロントエンドエンジニア・インフラエンジニア・データベースエンジニアなど

エンジニアの平均年収についてさらにくわしくはこちらをご覧ください。

エンジニアの給料は高いって本当?平均年収からIT業界を読み取る

エンジニア以外の職種

IT業界には、エンジニア職以外にも

  • 営業・コンサルタント系
  • 開発・研究系
  • マネジメント系

などの職種があります。

Webデザイナー・データサイエンティスト・ITコンサルタント・システムアナリスト・プロジェクトマネージャーなど

IT業界の売上高・人気企業について気になる方はこちらも参考にしてください。

it 業界 売上 ランキング 【2020年版】IT業界の売上高・人気企業ランキング総一覧

出版・報道系の職種

メディアをとおして、多くの人々に情報を届ける出版・報道系の職種。

いわゆるマスコミ業界です。

マスコミ業界は大きく、下記の4つの業界に分けることができます。

  • 放送
  • 新聞
  • 出版
  • 広告

いろいろな仕事がありますが、全てに共通しているのは、不特定多数の人に対して情報を発信する仕事だということ。

マスコミ業界は、インターネットの普及により、テレビ・紙媒体離れによる問題に直面しています。

ネット上でのコンテンツ提供や書籍や新聞の電子化のように新たなスタイルに変化しつつあるのが現状です。

 

マスコミ業界の平均年収は、300万〜1,000万円以上と幅広く、特にテレビ業界は平均年収が1,000万前後と高年収。

しかし、出版、報道業界の企業規模によって年収に大きな差があります。

大手なら30代で1,000万円を超えることがありますが、中小企業なら300万~400万円ということがほとんどです。

(出典:業界動向SEACH.com

編集者・エディトリアルデザイナー・校正者・出版社社員・新聞記者・ジャーナリスト・カメラマン・小説家・ライター・コピーライター・コラムニストなど

医療・福祉系の職種

医療・福祉系の職種は数多くの活躍の場があり、仕事の内容から雇用形態まで多岐にわたります。

私たちが健康的に生きるためになくてはならない仕事です。

 

医療系の仕事には、医師や看護師などの代表的な職業、医療系の機器を扱う専門家や、病院の事務などが多く、ほとんどの仕事で資格や高度な専門性を求められます。

 

医療系の平均年収は、300万〜1,000万円以上

職種によって、かなり差がありますが、特に医師の平均年収は1,200万円を超えています。

 

また、少子高齢化が問題になっている日本では、介護職など福祉系の仕事も欠かせません。

高齢者福祉に限らず、児童福祉や身体障害者福祉も常に必要とされています。

医療・福祉系の仕事は、人のために働く事が好きで、親身になることができる人に向いた仕事と言えるでしょう。

医療系の職種

医療系の職種では、医師や看護師・臨床検査技師など、資格がないとできない仕事がほとんど。

しかし、中には、歯科助手や看護助手など、資格がなくても就職できる職種もあります。

医師・看護師・薬剤師・助産師・歯科助手・看護助手・医療事務・歯科衛生士・臨床工学士・鍼灸師・歯科技工士・調剤事務・製薬会社社員・獣医師・動物看護師・MR・治験コーディネーター・救命救急士など

福祉系の職種

少子高齢化社会で、ますます重要視されている介護や福祉の仕事。

人の話を聞くことができること、忍耐力があり、相手の立場に立って考えられる人に向いている業界です。

生活支援員・整体師・セラピスト・ソーシャルワーカー・ホームヘルパー・ケアマネージャー・作業療法士・理学療法士・社会福祉士・カイロプラクター・手話通訳士・介護事務・ケースワーカー・児童指導員など

教育・保育系の職種

学校教師や塾講師など、馴染みがある教育・保育系の職種。

人に物事を教える立場の仕事ですが、職種は幅広く下記の6つに分けることができます。

  • 教師
  • 教授・学者
  • 保育
  • 講師
  • 教育現場の事務職
  • アドバイザー

教育業界の平均年収は、300万円〜800万円

特に、こどもや若年層を相手にすることが多いため、面倒見がよく、教えることが好きな人、コミュニケーション能力が高く、勉強が好きな人に向いている職種です。

中には、「資格が必要な職種」と「資格が必要ない職種」があるので、それぞれを見ていきましょう。

資格が必要な職種

人に何かを教えたり、成長を見守る立場にある、教育・保育関係の仕事。

学校の教師や幼稚園教諭、学芸員、養護教諭などは、資格がないとできません。

小学校教師・中学校教師・高校教師・養護教諭・学芸員・図書館司書・職業訓練指導員・保育士・幼稚園教諭など

資格が必要ない職種

また、教育・保育関係の仕事の中には、塾講師や大学職員のような資格がなくてもなれる仕事もあります。

しかし、スクールカウンセラーやキャリアカウンセラーなど、資格は必要ありませんが、現場経験が求められる場合があります。

塾講師・家庭教師・大学職員・予備校講師・語学学校の職員・セミナー講師・スクールカウンセラー・キャリアカウンセラー・ベビーシッター・チャイルドマインダーなど

美容・ファッション・販売系の職種

人をキレイにする美容・ファッション・販売系の仕事。

平均年収も、300万円〜700万円前後と、職種によって違いがあり、デザイナーやスタイリストで、業界トップの人材になると、1,000万円を超えることもあります。

美容系の職種

人をキレイにする美容業界。

お客様と直接接し、アドバイスを求められることも多い職種です。

ファッションや流行が好きな人、美への探究心があり、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

美容部員・メイクアップアーティースト・エステティシャン・ネイリスト・化粧品会社社員・美容師・理容師・アイリストなど

ファッション系の職種

カラフルな洋服やバッグに囲まれて、華やかなイメージのあるファッション業界。

最新のトレンドに敏感で、美意識の高い人、細部にこだわることができる人に向いています。

アイテムの企画をするデザイナーや海外で買い付けをするバイヤー、服をコーディネートするスタイストなど、その職種は幅広いです。

スタイリスト・バイヤー・ファッションデザイナー・パタンナー・ファッションコーディネーター・ブライダルスタイリスト・アパレル系会社社員・マーチャンダイザー・テキスタルデザイナー・ジュエリーデザイナー・着付師・ファッション雑誌編集者など

販売関係の職種

現場で直接お客様と接する機会の多い、販売の仕事。

平均年収は、300万円前後です。

しかし、販売の仕事を通して、身につけた経験や実績が認められ、店長やエリアマネージャー・店舗開発・広報担当などへのキャリアアップが見込めます。

ショップ販売員・アパレル店員・百貨店/デパート社員・シューフィッター・レセプショニストなど

旅行・ホテル・航空系の職種

旅やツアーが快適に楽しめるようサポートする旅行・ホテル・航空業界の仕事。

接客や人を喜ばせることが好きで、丁寧な対応ができる人に向いている業界です。

旅行系の職種

旅をお手伝いをする旅行関係の仕事。

直接お客様にアドバイスをするカウンター業務、ツアーの企画を考えるツアープランナーなどがあります。

コミュニケーションスキルがあり、情報収集力や企画力がある人に向いています。

通訳案内士・旅行代理店社員・ツアーガイド・バスガイド・ツアープランナー・ツアーコンダクター・トラベルライター・観光局スタッフなど

ホテル系の職種

丁寧な接客力が必要とされるホテル業界。

宿泊部門やウェディング部門などに分かれており、仕事内容にも違いがあります。

しかし、共通した特徴としては、「おもてなし」が好きだということ

また、臨機応変に対応できる能力や、体力・コミュニケーション能力のある人、清潔感のある人などが求められます。

ホテルスタッフ・ウェディングプランナー・コンシェルジュ・フロントスタッフ・ベルスタッフ・ドアスタッフ・ハウスキーピング・バーテンダー・レストランスタッフ・ソムリエ・ドレスコーディネーターなど

航空系の職種

航空機や空港に出入りする機会の多い、航空関係の仕事。

全体的には、サービス精神がある人・人を喜ばせることが好きな人に向いています。

直接お客様とやり取りする仕事以外にも、デスクワークや航空機の整備をする仕事などもあるため、機械が好きな人、スケジュール管理ができる人などに向いている仕事もあります。

客室乗務員・グランドスタッフ・パイロット・免税店スタッフ・空港インフォメーションスタッフ・マーシャラー・ディスパッチャー(運行管理)・セキュリティーインスペクター(検査官)・ロードマスター・グランドハンドリングなど

飲食系の職種

飲食業の中には、料理を作る調理スタッフ、接客をするホールスタッフ、店長やマネージャーなどの職種があります。

また、バリスタや寿司職人のように、突出した分野を極めて、その道の職人になるという働き方も。

人と接することが好きな人や、細部にこだわりを持てる人、スピーディーに動ける人に向いています。

飲食店スタッフ・板前・シェフ・栄養士・管理栄養士・野菜ソムリエ・フードコーディネーター・バリスタ・ホールスタッフ・バーテンダー・寿司職人・パン職人・和菓子職人・調理師・食品系会社社員など

運輸・輸送系の職種

運転に携わったり、機械に触れる機会の多い、運輸・輸送系の仕事。

タクシーやトラックの運転手、飛行機・鉄道などに携わる仕事などが多いです。

注意力・集中力があり、運転が好きな人や1人で淡々と仕事をすることが好きな人に向いています。

タクシー運転手・トラック運転手・車掌・通関士・鉄道会社社員・航空会社社員・バス運転手・宇宙飛行士・電車運転士・航海士・パイロット・自動車整備士など

保安系の職種

不正を取り締まったり、人々の安全を守る、保安系の仕事。

保安系の職種の平均年収は、職種によって違いはありますが、300万円〜800万円前後です。

正義感や使命感を持っている人、トラブルを解決しようという積極的な気持ちを持っている人に向いています。

警察官・消防士・自衛隊・海上保安官・入国警備官・税関職員・警備員・ボディーガード・刑務官・法務教官・麻薬取締官・入国審査官など

不動産・建築・インテリア系の職種

家の中・外・ビル・土地など、衣食住の中の「住」に関係する仕事をしている、不動産・インテリア・建築関係の仕事。

どの仕事も、住まいや土地に関係する仕事ではありますが、仕事の内容や特徴には大きな違いがあります。

不動産系の仕事

不動産の賃貸・売買だけでなく、土地やビルの管理など、多岐にわたる不動産系の仕事。

フットワークが軽く、コミュニケーション能力が高いこと、新しい知識を身に着ける能力などが必要とされます。

不動産鑑定士・マンション管理人・不動産会社社員・不動産コンサルタント・不動産営業・ビルメンテナンス・土地家屋調査士・不動産営業・ファシリティマネージャー・不動産ディベロッパーなど

インテリア系の仕事

居心地の良い空間について考えたり、実際に家具を作ったりするインテリア系の仕事。

トレンドに敏感でセンスがあり、細かい部分にも気を配る能力などが求められます。

インテリアデザイナー・建築家・空間デザイナー・インテリアコーディネーター・カラーコーディネーター・家具職・CADオペレーター・DIYアドバイザー・証明コンサルタント・インテリア設計士・キッチンコーディネーターなど

建築系の仕事

家やビルなどの建物を実際に作っていく建築・建設系の仕事。

大工や溶接工など、実際に現場で作業する仕事の場合、体力や集中力があり、チームワークの仕事が得意な人が求められます。

また、建設コンサルタントのように、専門の知識や技術を生かし、工事中の作業や品質を管理する仕事もあります。

大工・宮大工・左官・溶接工・配管工・重機オペレーター・電気工事士・とび職人・住宅会社社員・建設会社社員・建築コンサルタント・環境コンサルタント・測量士・電気工事施工管理技士・塗装工など

オフィス系の職種

基本的に、会社内で仕事をするオフィス系の職種。

大きく下記の3つに分類されるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

  • 営業系の職種
  • 事務・バックオフィス系の職種
  • 経営・企画系の職種

営業系の職種

会社のサービスや商品を顧客に伝えたり、契約を取ってくる営業の仕事。

職種や業界によって、法人営業、個人営業、医薬営業、電話営業など、営業の場は異なります。

物怖じせず、積極的で、コミュニケーション能力が高い人、人の話を聞くことができる人に向いてる職種です。

営業・海外営業・不動産営業・スーパーバイザー・企画営業・ルートセールス・カウンターセールス・電話営業・派遣コーディネーター・訪問販売・医薬営業(MR)など

事務・バックオフィス系の職種

書類作成や、電話対応はもちろん、社内での仕事を担当しているバックオフィス・事務関係の仕事。

一般的な事務職や、営業をサポートする営業事務、会社を裏からサポートする総務などがあります。

淡々と作業をこなせる集中力や、スムーズに仕事が進むようコミュニケーションが取れること、パソコンスキルなどが求められる職種です。

一般事務・医療事務・受付・営業事務・営業アシスタント・人事・総務・法務・IR・経理・広報・内部監査・知財・貿易事務など

経営・企画系の職種

会社の方向性を決めたり、新しい企画を決める、経営・企画系の仕事。

社長や取締役はもちろん、チームで商品を企画したり、ブランドなどの未来を決めるマーケティングなどがあります。

情報に敏感で、決断力や提案力、試行錯誤する力などが求められる職種です。

経営者・社長・役員・経営企画・商品企画・マーケティングなど

金融・コンサル系の職種

お金の専門家・金融関係、特徴的な分野のアドバイザーとして活躍するコンサルタントの仕事。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

金融系の職種

お金にまつわる仕事をする金融系の仕事。

金融系と一言で言っても、その職種は幅広く、銀行員・企業の経理担当者・税理士・証券会社社員などがあります。

几帳面で真面目な人、数字が好きな人、経営などに関心がある人に向いている職種です。

税理士・公認会計士・銀行員・ファイナンシャルプランナー・証券会社社員・ファンドマネージャー・トレーダー・エコノミスト・金融企業社員・経理・アナリスト・国税専門官・財務専門官・税務署職員など

コンサルタント系の職種

人に物事を教えたり、アドバイスをする立場にあるコンサルタントの仕事。

各分野の専門家であることが求められ、論理的に考えられる能力や、説明が上手であること、チャレンジが好きな人に向いています。

コンサルタント・経営コンサルタント・中小企業診断士・人材コンサルタント・システムコンサルタント・PRコンサルタント・サービスコンサルタント・イベントコンサルタント・ライフスタイルコンサルタントなど

国家・地方公務員の職種

行政機関で働く、公務員の仕事。

人々がより暮らしやすい社会を作るため、国やそれぞれの地域で、環境を整えたり、ルールを設定したりする職種です。

公務員には、国家公務員と地方公務員があります。

国家公務員の職種

国会公務員は、国に関わる仕事をする公務員のこと。

国家公務員の中でも、外交官や各省庁の行政官などの一般職、大臣や裁判官などの特別職に分かれています。

責任感があり、国に奉仕する気持ちが強い人、公のために働きたい人に向いている職種です。

国家公務員・官僚・国税専門官・衆議院/参議院事務局職員・皇宮護衛官・裁判官・自衛隊・海上保安官・財務専門官・入国審査官・入国警備官・麻薬取締官・刑務官・法務教官・検事・家庭裁判所調査官など

地方公務員の職種

都道府県や市町村など、各自治体で仕事をする地方公務員。

地域の人々の声を聞き、より暮らしやすい環境を整えることが仕事です。

人の気持ちに寄り添いながらも、淡々と仕事をこなす能力がある人、人の役に立ちたいという気持ちのある人に向いています。

地方公務員・市役所職員・食品衛生監視員・警察官・消防士・救急救命士など

法律・政治系の職種

新しい法律を決めて、より暮らしやすい社会を作っていく政治系の仕事と、

法律に基づいて人々の暮らしをサポートする法律系の仕事。

それぞれの仕事内容を見ていきましょう。

法律系の職種

国や海外の法律を学んだ上で、多くの人の助けになる法律家の仕事。

法律の専門家である弁護士や裁判官・検察官や、その仕事をサポートする秘書、法務局などに提出する書類を作成する司法書士などがあります。

説得力やコツコツと努力する根気強さなどが求められます。

また、厳しい資格試験をクリアしなければ就けない職業も多く、真面目で粘り強い資質が必要です。

弁護士・パラリーガル・司法書士・行政書士・法務・弁護士秘書・社会保険労務士・裁判官・裁判所事務官・検事・検察事務官・家庭裁判所調査官・弁理士・海事代理士・米国弁護士・ISO審査員・労働基準監督官・特許管理士など

政治系の職種

政治系の仕事では、市町村の議員から国会議員まで幅広く、また、議員活動を支える秘書などがあります。

スケジュール管理能力や判断力、地域や国、海外情勢などを理解する能力が必要とされます。

特に、政治家の場合は、人前で話をする機会も多いことから、コミュニケーション能力や交渉力が必要不可欠です。

政治家・国会議員・県議会議員・制作担当秘書・議員秘書・市議会議員・ 衆議院/参議院事務局員・政党職員・衆議院・参議院法制局員など

国際系の職種

国際系の仕事には、大きく分けて4種類あります。

  • ビジネスや貿易系の仕事
  • 語学を生かした仕事
  • 海外を支援する仕事
  • 海外での観光に携わる仕事

どの仕事にも共通しているのは、語学力が求められること

通訳やツアーガイド、貿易関係に携わる仕事、国際機関に務める職員など、どの職種でも英語などの語学力が必要とされます。

また、英語だけでなく、派遣先や滞在先の国の言語が使えると重宝される傾向があるため、語学に自信があり、コミュニケーション能力が高い人に向いている職種です。

通訳・翻訳・客室乗務員・ツアーガイド・通訳案内士・外交官・国連職員・青年海外協力隊・国際公務員・JICA職員・JETRO職員・商社マン・貿易事務・海外営業・バイヤー・通関士・海外駐在員など

まとめ

普段馴染みのある職種から、あまり聞いたことのない仕事まで、さまざまな仕事を紹介しました。

これから転職・就職活動をおこなうなら、自分の興味のある分野や得意分野を掘り下げ、広い視野を持つことが大切です。

この記事が少しでも、仕事選びのヒントになれば幸いです。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点