セキュリティエンジニアとは?未経験から採用される方法を解説!

2024.01.29
街

みなさんはセキュリティエンジニアという職業を知っていますか?

今回の記事では、未経験の方向けにセキュリティエンジニアを目指すための方法をご紹介します。

セキュリティエンジニアとは?未経験からでもなれる?

セキュリティエンジニアとは、その名の通りITにおけるセキュティを専門にしたITエンジニアのことです。

例えば、私たちがサービスに預けた大切な個人情報が流失しないようにパスワードを強固に暗号化してしかるべき管理を行ったり、そもそも預かるべきでない情報を誤って預かったりしないように気を配ることをシステムで行います。自社のサービスが第三者から攻撃を受けることを防止したり、万一攻撃を受けたとしても被害を最小限に抑えたりするのが主な業務内容となります。


エンジニア転職で、自由な働き方を実現させませんか?
経産省認定の転職支援型プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔プログラマーへの転職成功率98%最短3か月で正社員へ!
✔受講料最大56万円をキャッシュバック!

理想のキャリアに合わせて選べる3パターン

未経験からセキュリティエンジニアになるために必要な知識

セキュリティエンジニアには、当然高度かつ専門的なセキュリティの知識が必要になります。

昨日までセキュリティ的に高度であるとされていた通信方法に脆弱性が見つかって、今日からはセキュリティに問題のある通信方法になっているかもしれません。これまで信頼していたソフトウェアにセキュティ的欠陥があって、通信している情報が傍受されるようになっているかもしれません。または、とある社員がインストールしてしまった悪意あるソフトウェアによって、社内全体の情報が筒抜けになっているかもしれません。

このように、昨日まで信用していたものがいつ信用できなくなっているかわかりませんから、常に最新の情報を集め、その中から正しい判断を下すために必要な知識がなければなりません。

幸いなことに、セキュリティに関するエンジニアの要請に関しては国も積極的です。国家資格である「情報処理安全確保支援士試験」という資格に取得を目指すと、必要な知識を得られるとともに国家資格の取得につながり、就職をしやすくなるでしょう。

・未経験からエンジニアになる為の全体像を知りたい方は、「未経験からエンジニアになるためにはどうすればいい?【徹底解説】」の記事を参考にしてください。

未経験からセキュリティエンジニアになるために必要なスキル

それでは、セキュリティエンジニアに必要なスキルとはなんなのでしょうか。セキュリティエンジニアは、セキュリティに関する昨日の企画や開発、運用・保守を行ったり、セキュアなシステム基盤を整備する業務に従事するエンジニアです。

したがって、まず使用している情報システムの脅威や脆弱性を分析・評価し、これらを適切に回避・防止を行わなければなりません。このためには、情報システムの脅威や脆弱性を分析・評価する専門のスクリプトやソフトウェアを扱うスキルが必要になります。

次に、情報システムやセキュリティ機能の開発において、脆弱性のあるソフトウェアを作ることになっていないかなどを分析し、プロジェクトのセキュリティを管理する必要があります。自社のサービスにも目を離さず、刻一刻と変わっていく自社サービスソースコードを自動的にセキュリティ診断にかけるスクリプトを組んだり、それで検出できないものについては自力で分析・診断するスキルが必要になります。

さらに、第三者から自社が攻撃を受けた時の対処や、セキュリティパッチを当てるための作業などを行うために、その対処法やパッチの作成スキルを身につけておく必要があります。

・エンジニア就職を目指す為のおすすめ資格を知りたい方は、「ITエンジニア・プログラマー就職に有利な資格6選!」の記事を参考にしてください。

 


将来性の高い”IT業界”に転職するため、必須のITスキルを身につけませんか?

✔︎経済産業省認定のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔︎受講生の97%はプログラミング未経験!独自のカリキュラムで未経験でも挫折なく続けられる
✔︎IT業界への転職成功率は業界最高水準の98%

生活スタイルに合わせた3パターン

未経験からセキュリティエンジニアを目指す方法

それでは、実際に未経験からセキュリティエンジニアを目指すにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、大まかに三つの方法について紹介していきます。

独学してから案件に応募する

一つ目の方法は、まず独学でセキュリティエンジニアになるための知識とスキルを身につけてからセキュリティエンジニア採用案件に応募するというものです。

この方法の場合は、主に書籍とインターネット上の情報から知識をえて、実際にPCなどを使用してスキルを身につけていくことになると思います。幸いなことにセキュリティに関する書籍は充実しており、インターネット上にも常に情報が行き来しておりますが、そのほとんどがかなり専門的ですので、もともとITリテラシーが低い方には厳しいかもしれません。

特にITリテラシーが低い方ではなくとも、専門的な用語が多数出てくる上に、書籍によってはかなり高度な用語まで知っていて当然かのように話を進めていったりもするので、根気よく学習しないと挫折してしまう可能性も高いです。

メリット:費用を抑えることができる

この方法を選択する場合のメリットは何よりも学習にかかる費用的コストを抑えられることにあります。必要なのは実践に必要な環境を整えるために必要なPCなどの購入費と書籍の購入費くらいです。

デメリット:挫折しやすい/学習時間が長い

デメリットとしてはやはり学習の困難さからくる挫折率の高さと学習にかかる時間が挙げられます。
以上のメリットとデメリットを天秤にかけて、この選択肢を選ぶかを慎重に検討しましょう。

スクールに通ってスキルを身につけてから案件に応募する

二つ目の方法としては、独学ではなく専門のスクールに通うことでセキュリティエンジニアになるための知識とスキルを身につけてから案件に応募するという方法です。

メリット:効率よく学習することができる

この方法のメリットとしては、スクールに通って講師から体系だってセキュリティについて学ぶことができるので

・学習でつまずきにくい
・友人ができることで挫折しにくくなる
・効率よく学習することができるので学習にかかる時間が短くなる
・ある程度組織立ったところに身を置くことによって大きな規模のセキュリティ演習が可能になる

といった点が挙げられます。

さらに、スクールによっては就職先を紹介してくれたり、紹介文を書いてくれたりと就職活動の手助けまで行ってくれる場合がありますので、就職活動という面でも有利になると言えます。

デメリット:費用がかかる

反対にデメリットとしてはスクールに通うための費用がかかる点が挙げられます。セキュリティなどの高度な技術を教えているスクールの授業料は大抵高額ですので、どの程度の費用的コストがかけられるのかを十分に考慮する必要があるでしょう。

以上のように、メリットである質のいい学習ができるという点とデメリットである費用面のことを天秤にかけてこの選択肢を選ぶか検討しましょう。

・未経験からエンジニアを目指す為のスクールを探している方は、「【初心者・入門者向け】おすすめのプログラミングスクール22選!」の記事を参考にしてください。

未経験OKの案件に応募する

三つ目の方法としては未経験OKのセキュリティエンジニア採用案件に応募するというものがあります。

メリット:すぐに実務経験を積むことができる

この方法のメリットとしては学習期間無しに就職することができるのでいち早くセキュリティエンジニアという肩書きを得られる点や、学習しながらも給与を得られる点、現役のセキュリティエンジニアに一から仕事を教えてもらえる点などが挙げられます。

しかし、残念ながらセキュリティエンジニアの採用案件に未経験OKのものはほとんどありません。しっかりとしたIT企業であればお客様の大切な情報の管理を未経験に任せようなどとは思わないからです。したがって、万一そのような案件が見つかったとしてもその会社についてよく調べ、後ろめたいところのある会社ではないかをよく調べる必要があります。後ろめたいことがなくとも、その会社で一人目のセキュリティエンジニアとして採用される場合は誰にも教えてもらえない状態にもかかわらずプロのやる仕事をしなければならなくなりますので、こちらもできれば避けた方が懸命です

唯一の例外は新卒採用案件です。新卒であればポテンシャルで未経験でも可能としている企業が稀にありますので、その場合はラッキーと思って応募してみるのが良いでしょう。

・未経験でエンジニアの求人を探している方は、「未経験でもエンジニアの求人が見つけるサイト5選」の記事を参考にしてください。

まとめ:未経験からでもセキュリティエンジニアは目指せる!

いかがでしたでしょうか。

セキュリティエンジニアは責任のある仕事だけにやりがいも感じられますし、高給で雇われるケースも多いです。ぜひ、この記事を参考にセキュリティエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

 エンジニア志望者への人気・おすすめ記事一覧

エンジニアの実態


エンジニアの1日ってどんな風に仕事をしているの?事例を紹介!


プログラマーに向いている性格を5つに分けて解説!プログラマーに向いている性格を5つに分けて解説!適正がある人の特徴も紹介


webデザイン初心者向けセミナー紹介サイトエンジニアの働き方とは?業界ごとの違いとメリットを解説します!

職業別解説記事


webデザイナー 未経験 フリーランス未経験からフリーランスWebデザイナーになれる?スキルや案件獲得方法を紹介


パソコンに向かう女性【未経験者向け】組み込みエンジニアとは何か?転職方法も解説!


【プロが解説】未経験からゲームエンジニアになるための方法を解説

就職・転職活動対策記事


エンジニア 必要なスキルITエンジニアに必要なスキルとは?おすすめの資格と効果的な学習方法について解説


エンジニアになるにはITエンジニアになるには?未経験から活躍・転職するためのステップや必要なスキルや資格を解説


エンジニアを未経験でも志望動機を書けるようになる方法を徹底解説!


笑顔の男性文系でもWebエンジニアとして就職する方法を解説!

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5