シニアエンジニアとはどんな働き方?意外と知らない仕事内容や年収を解説

公開日: 2017.10.20
更新日: 2024.01.11
シニアエンジニア

IT業界で活躍している「エンジニア」には様々な種類の職種がみられますが、現在新しいキャリアとして、「シニアエンジニア」という働き方があります。

シニアエンジニアとは一体どのようなキャリアを指しているのでしょうか?

今回はシニアエンジニアについて、そして普通のエンジニアと何が違うのかをご紹介していきます。

こちらの記事では「エンジニアとは」と考えている方に向けて解説しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

シニアエンジニアとは?

エンジニア

「シニア」という言葉だけを見ると、高齢の方がエンジニアとして働くことを指しているようにも見えますが、実際には違います。

シニアというのは「上役」という意味も持ち合わせており、システムエンジニアの中でも特に専門的知識や技術力に優れた人を指す言葉です。

シニアエンジニアは単に知識や技術を持つ人というだけではなく、エンジニアやプログラマを管理する立ち位置でもあるため、チームでも大黒柱のような存在になります。

今までエンジニアやプログラマーはキャリアアップすることが難しく、できたとしてもエンジニアとしてのキャリアアップではなく、会社でのキャリアアップとなるためマネージャーやディレクターといった管理職につかなければいけませんでした。

しかし、シニアエンジニアというキャリアがあることで、エンジニア系の職種の中でのキャリアアップが可能となり、高い能力を持っていればいるほど昇給につながることができるようになったのです。

管理職の仕事をしながら技術者の仕事をすることは難しいため、シニアエンジニアというキャリアができたことにより、技術者として能力の高い人がきちんと正当な報酬を得られるようになりました。


将来性の高いエンジニアに転職して、人生を変えませんか?
✔︎経済産業省認定のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔︎受講生の97%はプログラミング未経験!独自のカリキュラムで未経験でも挫折なく続けられる
✔︎IT業界への転職成功率は業界最高水準の98%

まずはプロのカウンセラーに、あなたのキャリアについて相談してみませんか。

生活スタイルに合わせた3パターン

シニアエンジニアの年収は?

お金の事を考える女性

上記したように、シニアエンジニアは正当な報酬を受け取れるようになりました。
では、実際にどれくらいの年収をもらっているのでしょうか?

企業ごとに差はありますが、平均的に600~700万円なっています。

他の職種と比べてみると、大体プロジェクトマネージャーやシステムコンサルタントなどと同じくらいの年収と言えるでしょう。

ただし、プロジェクトマネージャーはそのプロジェクトの規模が小さければもう少し年収も落ちますし、システムコンサルタントは優秀な人ほど年収が高く、1000万円以上になる時もあります。

純粋にエンジニアとしての技術を学びながらキャリアアップを目指すなら、まずはシニアエンジニアを目指していくことが無難だと言えるでしょう。

こちらの記事ではエンジニアの年収ランキングについて解説しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

シニアエンジニアとしての働き方

フリーランスに向いている人

シニアエンジニアとして働ける人は、他のエンジニアに負けないスキルを持っていたり、多くの経験を積んだりした人です。

基本的にIT業界では管理職であるプロジェクトマネージャーアーキテクトなどの職種に就くのは35歳程度のところが多いと言われています。

35歳は働き盛りで、まだまだ体力にも自信があり、十分なスキルと経験を持ち合わせているということで管理職に就いている方も少なくありません。

シニアエンジニアはリーダーとしての役割も大きい

たまに、プロジェクトマネージャーでありながらプログラムを書いたことがない人をプロジェクトマネージャーに起用し、下請けに指示を出している案件があります。

「下請け会社が実際にプログラムを書くので、大手の依頼を出す側の人間がプログラミングができなくても良い」という考えで仕事をしているからです。

そういった人が上にいるとチーム全体の士気も下がってしまいます。
そんな時にシニアエンジニアのような、エンジニア・プログラマーチームのチームリーダーがいると、士気は保たれモチベーションも維持することができます。

シニアエンジニアはあくまでも技術者であり、高い技術力を誇る人がなれるものなので、メンバーから頼られる存在になります。

管理職と普通のエンジニアの間に立つような立場であり、チームでの仕事をスムーズに進めることがシニアエンジニアとしての働き方にもつながってくるのです。

シニアエンジニアはフリーランスでやっていけるスキルがある

シニアエンジニアともなれば会社で働かなくてもフリーランスとしてお金を稼ぐことが十分可能となります。

高い技術を持っているシニアエンジニアの人で、コミュニケーション力や管理能力などのスキルを持ち合わせている人は、フリーランスでも年収1000万円稼ぐことができます。

シニアエンジニアなら会社で働くかフリーランスとして働くかで選ぶこともでき、様々な選択肢が生まれるのです。

こちらの記事ではフリーランスの仕事について解説しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください!


エンジニア転職で、自由な働き方を実現させませんか?
経産省認定の転職支援型プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔プログラマーへの転職成功率98%最短3か月で正社員へ!
✔受講料最大56万円をキャッシュバック!

理想のキャリアに合わせて選べる3パターン

どうすればシニアエンジニアになれるのか?

様々な面で普通のエンジニアよりも有利になるシニアエンジニアですが、どうすればなれるのでしょうか?

シニアエンジニアになるための条件をみてみましょう。

ある分野に関する知識・技術力が高い

シニアエンジニアになるためには、幅広い分野の知識・技術力を持つというよりも、一つの分野に精通していた方がなりやすいでしょう。

つまり、「広く浅く」よりも「深く狭く」の方がシニアエンジニアとしてのスキルに合っているのです。

この分野なら自信がある、社内にいる誰よりも詳しく技術も持っているというものがあればシニアエンジニアにもなりやすいでしょう。

スピード力のある仕事ができる

知識や高い技術力を持っていたとしても、仕事のスピードが遅くなってしまってはあまり意味がありません。

会社側から評価されるには、やはり素早い作業対応が必要となってくるのです。

高いクオリティを保ちながらスピード力のある仕事ができると、会社側も評価の対象として見てくれるでしょう。

一つの分野以外の知識も兼ね備えている

実際には一つの分野を極めることに加え、他の分野の知識も少しは必要になってきます。

ある特化した分野でのハイレベルな知識+他の分野の一般知識を持ちましょう。

コミュニケーション力がある

エンジニアはコミュニケーション力を必要とする職種です。

開発は1人ではなく、チームメンバーと行います。
またクライアントとのコミュニケーションもあります。

ただし、ここでいうコミュニケーション力は単純に人と仲良くなるということではなく、仕事において他の人にやりたいこと、やってほしいことを理解してもらうために必要なスキルを指します。

シニアエンジニアとして働くなら、やはり専門的な技術をよりグレードアップさせることはもちろんですが、自身がスキルアップすることに対する向上心を持つことも重要なポイントとなるでしょう。

人を管理する仕事ではなく、現場での仕事を中心にやっていきたいという人にはシニアエンジニアというキャリアが向いています。

こちらの記事ではエンジニアのコミュニケーションについて解説しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

シニアエンジニアとしてキャリアアップするための方法は?

ベンチャー企業の男性

上記でシニアエンジニアになるための条件を説明しましたが、具体的にどのようにキャリアアップを図っていけば良いのでしょう?

キャリアアップするためには下記の4つが必要です。

  1. 情報収集を欠かさずする
  2. 資格を取得する
  3. プロジェクトの管理スキルも身に着けておく
  4. コミュニケーション力を磨いておく

では、一つずつ詳しく説明していきます。

①情報収集を欠かさずすること

様々な業界がある中で、特に日進月歩で技術革新が進んでいくIT業界では、日頃から情報収集を行い、新しい知識や技術について学び続けなくてはなりません。

ニュースを見るだけではなく、IT関連のイベントや交流会などにも参加することをおすすめします。
働き方やキャリアに関する刺激をもらえることができます。

②資格を取得する

「シニアエンジニアにはどのような資格を取得していないとなれない」というようなことはありません。

資格を取得しなくても確かな技術力が身に着いていれば問題ないです。
しかし、資格を持っていることで持っている技術を証明することが容易になり、他の人にも簡単に伝わります。

シニアエンジニアを目指すのであれば、やはり各分野のスペシャリスト資格を取得しておくと良いでしょう。

これは国家資格として認められているため、より技術の証明につながります。

これらスペシャリストの試験は情報処理関連の資格の中でも難しい問題ばかり出題されるため、いくら技術を持っている人も慢心せずにしっかりと勉強をしておかなくてはなりません。

こちらの記事ではエンジニアの資格について紹介しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください!

③プロジェクトの管理スキルも身に着けておく

技術を極めるシニアエンジニアでも、プロジェクトの管理スキルも身に着けておきましょう。
実際の現場では、マネージャーとしての役割が求められることも多いからです。

キャリアがあるのにチーム内で下の仕事しかしないとなると、逆に信頼されなくなってしまう可能性も考えられます。

自分の仕事もこなしつつ、チームの進捗状況を管理したり、クライアントとのコミュニケーションや、予算管理等も行うことができると理想です。

ドキュメント作成スキルも伸ばそう

ドキュメントを作成するスキルも身につけましょう。
開発はひとりで行わず、他の人に指示を与える場面もあるためです。

シニアエンジニアになれば「仕様書」を書く仕事も増えます。

④コミュニケーション力を磨いておく

エンジニアでも、プロジェクトに関する会議もあれば仕様についてチーム内もしくはクライアント側とも議論を重ねることもあります。

チーム内だけでは補えない知識や技術をその分野に精通したエンジニアにお願いすることもあるでしょう。

つまり、エンジニアにはコミュニケーション力が欠かせません。

コミュニケーション力が高ければ、その分仕事も効率化や精巧さがアップしますし、将来的に会社ではなくフリーランスとして働きたい時にも役立つスキルだと言えるでしょう。

シニアエンジニアのキャリアを身に着けるためには

ベンチャー企業への入社を考えている男性

とにかく専門性を高める!

シニアエンジニアは一つの分野に特化したエンジニアです。

ある特定の言語や、特定の分野において圧倒的に詳しくなりましょう。

フリーランスで高年収になる人は、広く浅く詳しい器用貧乏な人ではなく、一つに特化したスペシャリストだと募集案件も多くなりますが、シニアエンジニアも同じです。

他の人では替えが効かないレベルの技術を身につけましょう。

まとめ【シニアエンジニアを目指そう!】

いかがでしたでしょうか?

シニアエンジニアはエンジニアの新しいキャリアとして目指す人も増えてきています。

マネジメントよりも長く現場に携わっていたいという人は、シニアエンジニアを目指すべきです。

深い知識と高い技術力を持つには勉強は必須となってくるでしょう。

独学でも問題ありませんが、効率的に学びたいという方はプログラミングスクールを活用してみてはいかがでしょうか?

技術力を高め、キャリアアップを目指していきましょう。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5