Web系エンジニアってどんな職業?仕事内容から気になる年収まで徹底調査! | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

Web系エンジニアってどんな職業?仕事内容から気になる年収まで徹底調査!

パソコンとスマートフォン

エンジニアと一言にまとめられていますが、実は種類があり、中にはWeb系エンジニアと呼ばれるものもあります。

Web系エンジニアを必死に目指している人もいる中、そもそもWeb系エンジニアとは?と疑問視する人もいるはずです。

そこで今回は、Web系エンジニアってどんな職業なのか、詳しい仕事内容から知っておきたい知識、年収までご紹介します。

Web系エンジニアと聞くととてもクールでかっこいい印象を持っている人も多いはずですが、実際にはどんな職業なのかと疑問に思われがちです。

そこでWeb系エンジニアってどんなものなのかを知ってもらうために今回は詳しく掘り下げていきます。今Web系エンジニアを目指しているという人も参考にしてください。

Web系エンジニアとは?

学習

そもそもWeb系エンジニアとはどういうものなのかご存じですか?

システムエンジニアやプログラマーなどはわかりやすいですが、Web系と言われると途端に想像が付かなくなる人も多いです。

Web系エンジニアとはWeb系サイトやモバイルに対してのWeb系アプリケーションを作成する仕事です。

現在は様々なSNSの発展によりWeb系エンジニアの需要はぐっと高まりつつあります。

常に最新の技術、高いセキュリティなどを求められることからシステムエンジニア達と同様に高い技術的スキルが必要となるのもこの職業の特徴ともいえます。

技術的スキルにプラスして、現代のニーズに応える必要もあるため、思考を巡らせることが好きな人におすすめの職業でしょう。

Web系エンジニアの仕事内容

Web系エンジニアについて簡単に説明しましたが、もう少し詳しくWeb系エンジニアの仕事内容について確認してみましょう。

みなさんはネットショッピングやオンラインゲームで楽しむ事ってありますか?

例えばネットショッピングを利用する際には、自分のIDやパスワードを事前に登録しておくだけで、次回からは個人情報の記入は必要ない場合がほとんどです。

オンラインゲームも同様のことがいえます。

自分のIDなどを登録しておくことで自分の情報を引き出すことができます。

つまり、そういった管理の部分を構築しているのがWeb系エンジニアなのです。

Web系エンジニアがいるからこそ、個人情報をIDやパスワードといった情報で振り分けることができます。

誰に必要な情報なのかを自動振り分けするシステムなどを作ることも仕事です。

つまり、Webサービスを利用する上で利用者がどれだけ便利に有益に感じられるかはWebシステムエンジニアの腕の見せ所なのです。

【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!


需要急上昇中の”プログラミングスキル”を身につけるなら【DMM WEBCAMP】
未経験者向けのカリキュラムでエンジニアを目指せる!
✔オンラインだけでなく教室受講も可能!

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

Web系エンジニアに必要なスキルは?

パソコンを打つ人

では、Web系エンジニアを目指すにあたり必要なスキルとはどのようなものなのか。

それは、大きく分けて2つのスキルが上げられます。

・ 技術的スキル
・ 対人的スキル

上記の2つのスキルを徹底的に磨き上げることができれば、Web系エンジニアとして世の中に名を馳せることもできるでしょう。

その内容についても詳しくご紹介します。

プログラミング

システムエンジニアやプログラマーであればなじみ深いですが、Web系エンジニアにもプログラミングの技術的スキルが必要となります。

それは、Web系アプリケーションに対してプログラミングが必要だからです。

エンジニアの中でもプログラムを最も必要としないのはWeb系デザイナーです。

人によってはデザインだけ担当している人もいるため、センスが必要な場合がほとんどといえます。

Webエンジニアの場合には裏側の構築をする必要があるため、プログラミングの能力は必須です。

例えば、HTMLやCSS、JavaやPHP、Rubyといったメジャーな言語だけでなく必要であれば他の言語も覚える必要があります。

コミュニケーション能力

クライアントとミーティングや会議をするときに必須となってくるスキルがこのコミュニケーションスキルです。

コミュニケーション能力がたけているか否かで、クライアントからの印象が変わります。

そして、印象だけでなくクライアントとの関係性を保つためにはコミュニケーション能力は必須となります。

うまくコミュニケーションが取れると、クライアントからの評価は上がるだけでなく、仕事もうまくすすめることができるでしょう。

自分に合った様々な交渉ができるだけでなく、仕事後にプライベートで仲良くなれればより一層重要度の高いプロジェクトに参加させてもらうこともできるでしょう。

そういった面から考えてもコミュニケーション能力は必要です。

論理的な思考

Web系エンジニアだけでなく、システムエンジニアやプログラマーなどのプログラミングを扱うエンジニア達の全てにいえることは、この論理的な思考です。

なぜ論理的思考が必要なのかというと、どれだけ順序立てて論理的な思考を展開できるかというロジックを考えることができるからです。

つまり、仕事の効率化をはかることもできるのです。

そしてなにより、クライアントの話を聞いている内に相手が抱える問題に対してどんな解決策や改善策があるのかを、より専門的な目で、論理的に考えてあげることができるはずです。

そうして改善策を導いてあげることでクライアントのニーズに応えることができます。

むしろ問題解決の道筋を作ることができないのであれば、クライアントを満足させてあげることができないため、今後の仕事の依頼にも影響するでしょう。

想像力や読解力

エンジニアをする上で重要になるのが想像力と読解力です。

クライアントからの要望をしっかりと受け取り、読解することが大切です。

論理的思考と合わせて持ち合わせれば難しい問題にも立ち向かうことができるでしょう。

どんなツールを作りたいのか、相手がどんなことを伝えたいのか汲み取ってあげるとよりよいプログラムが完成します。

結果的に喜んでくれるクライアントも多いのでエンジニアにとっては必要なスキルといえるでしょう。

むしろ、クライアントの意見を汲み取れない想像できないとなるとよいプログラムを作り上げることは難しいです。

Web系エンジニアがおすすめの人とは?

世界中のビジネスマン

では、Web系エンジニアに向いている人ってどんな人かをご紹介します。

・ プログラミングが好き
・ 自主的にきちんと学ぶことができる人
・ 人とのコミュニケーションが好きな人
・ 論理的に物事が考えられる人

上記に当てはまる人はWeb系エンジニアに向いているかもしれません。

大前提としてプログラミングが好きである必要はありますが、Web系エンジニアに必要なのはそれだけではありません。

むしろ、コミュニケーションスキルなどの対人スキルもかなり重要になるので、コミュニケーションが苦ではないという人にはおすすめです。

その他にも、Webのニーズは常に変革していることから、そのニーズに合わせたプログラミングや設計を行う事ができる、もしくは対応していくことができることも重要なポイントになります。

Web系エンジニアの平均年収は?

Web系エンジニアを目指すとして、実際問題として気になるのは平均年収ではないでしょうか。

結論から申し上げると、Web系エンジニアの平均年収は429.7万円です。

どちらかというと、Web系エンジニアの平均年収は高めではないでしょうか。

ある調査によると、1,000万円を超えるWeb系エンジニアは1%といわれていますが、それも努力次第でしょう。

Web系エンジニアはデザインやサーバー選定、マーケティングやSEO対策など様々なものがありますが、これをすべて1人でになっている人もおり、そうなると平均年収よりもぐっと年収が高くなることは間違いありません。

もちろん、センスも必要な職業となっているので、そういった分野で秀でることができれば、年齢も関係なく高い年収をゲットできるはずです。

Web系エンジニアは文系でもなれる?

今文系でも、Web系エンジニアになりたいと思っている人も多いです。

むしろ、その年収の高さから文系でもWeb系エンジニアを目指したいと思う人が多いのが現状です。

結論から申し上げるとWeb系エンジニアを目指すのに文系や理系はあまり関係ありません。

なぜ関係ないのかというのには理由があり、必要なスキルと関係があります。

ご紹介した通り、Web系エンジニアに必要なのは技術的スキルと、対人的スキルです。

技術的スキルは勉強する必要がありますが、クライアントとの話に必要なのは対人的スキルです。

つまり、コミュニケーション能力や論理的思考、想像力や読解力といった点が優れている人であれば、文系でもWeb系エンジニアを目指すことができるのです。

むしろ、コミュニケーション能力にたけていると感じる場合は、クライアントとの話がうまく進みやすいため、会社からも重宝されるはずです。

重宝させる存在になることができれば、晴れてWeb系エンジニアにもなれますし、年収アップにも繋がります。

文系がエンジニアになる場合のポイントは下記記事で説明しているので、一読ください。

文系出身がエンジニアなるためには?3つのポイントを解説【未経験者必見】


✔未経験からプログラミングスキルを学ぶなら【DMM WEBCAMP】
初心者でもホームページやWebアプリを作成可能!
✔受講料最大56万円をキャッシュバック!

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

まとめ

今回は、Web系エンジニアについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

意外と知られていない仕事内容や、Web系エンジニアになるためのスキルなど様々あったかと思います。

そして、高いと言われる平均年収に関しても、自分の能力次第でどんどん超えていくことができるので、自分のスキルを磨いていくこともWeb系エンジニアにとっては必要なことです。

もちろん、現代のニーズに合わせてプログラミングを変更するなどの技術的スキルも必要となりますので、必要に応じて勉強することができる向上心も必要です。

裏方といわれがちですが、その裏方がいないことにはWebサイトやコンテンツは成立しません。

現在、Web系エンジニアは人材不足に悩まされている業界の一つでもあります。

とはいえ、現在は需要の高い職業でもあります。

それは、Webサービスの急速な発展も理由の一つです。

自分が得意だと思うのであればどんどん参加することで、いつの日か、世界で活躍できるWeb系エンジニアになれるかもしれません。