キャリアプランに合わせて選べる3つのコース

【介護用品営業からエンジニア転職】プログラミングとの出会いが働き方に対する価値観を変えた


「やりたいことが見つかって、転職できた」で終わらず、
「その先に何をしたくて転職するのか」
を考えることが大切だと気付かされました。


以前は特にやりたい仕事もなく、とりあえず生活をするために仕事をしていた石岡さん。
プログラミングとの出会いやエンジニアへの転職活動が、彼の仕事に対する価値観を大きく変えました。
今回は、そんな石岡さんのインタビューをお届けします!

石岡さん

独学で始めたプログラミングに魅力を感じ、エンジニア転職を決意。
2018年DMM WEBCAMPに入学する。
現在、プロジェクトリーダーを勤めながらSEとして活躍中。

プログラミングに出会って、初めてやりたい仕事を見つけました。

前職は介護用品のレンタル会社で働いていた石岡さん。
プログラミングとの運命的出会いが、エンジニア転職を考えたきっかけでした。

とりあえず”食べていくため”に仕事をしていた。

ーDMM WEBCAMP入学前は、どのようなお仕事をされていましたか?そのお仕事に就いた経緯も教えてください。

街で介護用品をレンタルする仕事をしていました。実はこの仕事の前は郵便局でも働いていましたが、会社への不満が募り、心が折れて辞めました。その後、約3ヶ月間ニートをして、そろそろ働かなければという思いがあり、あまり理由なく決めました。
石岡さん

ー介護用品レンタル会社の前は、郵便局で働いていたのですね。そのお仕事に就いた経緯も教えてください。

めちゃくちゃな理由なんですが、「水曜どうでしょう」というテレビ番組の中で、郵便局員が大泉洋と並走しているシーンがあって。「大泉洋とカブ(バイク)で走りたい。」というのが、郵便局員を目指したきっかけでした(笑)
石岡さん

ー面白い経緯ですね。
ーその当時はIT業界への就職は考えていませんでしたか?

IT業界への就職は、全く考えていませんでしたね自分の中で特にやりたいことがなかったので。とりあえず仕事をして、食べられればいいという感じでした。
石岡さん

初めて”やりたい”と思えたプログラミングとの出会い

ーエンジニア転職を考えたきっかけを教えてください。

アニメの影響でエンジニアに憧れがあり、プログラミングを勉強してみたいと思いました。そこで独学でプログラミングを始め、「プログラミングで仕事ができたらいいな」と思ったのがきっかけですね。やりたいことを見つけた感じでした。
石岡さん

ースクールに入学することを考えたきっかけは何でしたか?

エンジニアの転職を考え始めたときに、一番早く転職できる方法はプログラミングスクールに通うことだと考えたからです。当時(2018年)は、転職保証のついたプログラミングスクールは少なく、DMM WEBCAMPともう1社の2つのスクールで検討しました。カウンセリングを受け、縁があったのがDMM WEBCAMPでした。
石岡さん

ーDMM WEBCAMPを魅力的に感じたポイントは何ですか?

転職保証があることの他にも、無料カウンセリングでの話が興味深かった点です。「やりたいことが見つかって、転職できた」で終わらず、「その先に何をしたくて転職するのか」を考えることが大切だと気付かされました。常にこうした目標を持つことが、この先もエンジニアをずっと頑張っていくために必要だと感じました。このような話を通して、「このスクールは受講生のことをしっかりと考えてくれるんだなと」思い 、そこが決め手になりました。
石岡さん

石岡さんの話の中にもあるように、DMM WEBCAMPの「無料カウンセリング」ではサービス内容や転職の説明だけでなく、エンジニアとしてのキャリアまでかなり掘り下げながらお話をします。

そこには、エンジニア転職に対する不安をできるだけなくし、本気でエンジニア転職と向き合ってほしいというDMM WEBCAMPの願いがあります。

こんなお悩みはありませんか?

「本当に転職できるのか不安」
「プログラミングに興味があるけど、自分に向いているかわからない」
「IT業界への転職イメージが湧かない

無料カウンセリングでは

あなた自身のお悩みに寄り添って、

ITエンジニア転職のプロが疑問にお答えします。

※無理な勧誘は一切致しません。

\参加者満足度99%!最短1分で申し込み完了!/

仲間と共に頑張った経験は、間違いなく今の仕事に活きています。

独学で勉強されていたということもあり、順調に学習を進められていました。しかし、そんな石岡さんにも困難はあったようです。
またDMM WEBCAMPでプログラミングを学んだ3ヶ月間は、今のお仕事にも活きているそうです。

プログラミングスクールならではの学習環境

ー先に独学をされていたということでしたが、1ヶ月目の基礎勉強の期間はいかがでしたか?不安はありましたか?

不安は特になかったですね。入学前からプログラミングの独学をしていたのもあって、1ヶ月目のカリキュラムは確か10日間ぐらいで終わりました。その後、メンターさんに勧められてRuby on Rails(プログラミング言語の1つ)のチュートリアルをやってみたんですが、難しくて途中で心折れました(笑)
石岡さん

ー10日間はすごいですね!メンターに質問ができる環境はいかがでしたか?

今まで一人で勉強してきたので、質問のできる環境はよかったですね。分からないところをメンターさんと話すことで、自分の頭も整理することができました。プログラミング学習をする上で、質問のできる環境が心の支えとなり、気持ちの面でも良い影響があったと感じています。
石岡さん

ー2ヶ月目のチーム開発はどうでしたか?

とても大変でした。開発の設計からやるんですが、データベース(コンピューター上で検索や蓄積が容易にできるように整理された情報の集まり)を作るのが難しかったです。チームは3人でしたが、当然みんなやり方が分からないので、試行錯誤しながら朝から晩までやっていました。完成できるまでレビューしてもらえないので、ひたすらに話し合って完成させてやっと提出しても、ダメ出しされて返ってきての繰り返しで。四六時中プログラミングのことをチームで話し合って、まるで学生時代のようでした。しかしこの経験が、今の仕事にも活きていると思っています。
石岡さん

ー現在にどのように役立っていますか?

今はフロントエンド(Webサービスなど、直接ユーザーの目に触れる部分)に関わる仕事が多いんですけど、フロントエンドのことしか勉強していなかったら、バックエンド(データベースのシステムなど、ユーザーの目に見えない部分)のことについて全然分からないと思うんですよね。DMM WEBCAMPでは、チーム開発を通してバックエンドからフロントエンドまで一通り学習するので、エラーが出た時も的確に判断することができています。そう言ったことで、DMM WEBCAMPでの学習が役に立っています。
石岡さん

ーDMM WEBCAMPで学習した知識が、今でも役に立っているのですね。
ー3ヶ月目のポートフォリオでは、何を作りましたか?

音楽投稿系SNSを作りました。趣味でドラムをしていたことをきっかけに、インディーズが投稿できる音楽投稿サイトを考えました。
石岡さん

ーポートフォリオを作ったことは、就職活動で役に立ちましたか?

やはりポートフォリオを作っていることは大前提でした。しかし実際の面接では、ポートフォリオ自体を深堀りされるというよりかは、これまで勉強してきたことや知識を問われる質問が多かったように感じます。
石岡さん

仲間と一緒だからこそ頑張れた3ヶ月の学習期間

ー3ヶ月で一番印象に残っていることを教えてください。

一番はチーム開発ですかね。メンバー間の話し合いが大変で、印象に残っています。対立する話をまとめるなど、ここまで人と話し合うことは今までにない経験でした。一緒に切磋琢磨しあった仲間とは仲良くなって、今でも連絡をとっています。
石岡さん

ー学習中、苦労を乗り越えるためにしていたことはありますか?

「エンジニアになる」という意志で乗り越えました。また、周りのみんなも苦しみながらやっているから、自分も頑張ろうという気持ちになりました。同じ境遇の人と勉強していくのは良かったなと改めて感じます。
石岡さん

実はプログラミングの勉強は、初心者の約9割が挫折を経験すると言われています。

また、勉強と同時に転職活動を進めていくとなると、想像以上に苦労が伴われることでしょう。

初めプログラミングを独学していた石岡さんもおっしゃっていたように、質問・相談のできるメンターやキャリアアドバイザーといったスタッフ、共に頑張る仲間がいることは、未経験でエンジニア転職を志す方にはかなり心強い環境です。

DMM WEBCAMPで、一生もののスキルを手に入れませんか?

受講者の97%が未経験者にも関わらず、転職成功率は98%!

企業からも高評価な独自開発カリキュラム

✔質問し放題&キャリアアドバイザーの存在が挫折を防止

✔プロの転職アドバイザーによる無料サポート

万が一転職できない場合は、全額返金!

さらに、経産省認定コースは最大56万円のキャッシュバックあり!

\キャリアプランに合わせて選べる3つのサービス!/

信頼・安心感・ビジネス感覚を持ち合わせた、理想のエンジニアになるために。

未経験からのエンジニア転職に正直不安もあったそうです。
しかし、キャリアアドバイザーとの面談で、将来のキャリアを鮮明にできたことが自信となり、成功につながったとお話しくださいました。

”将来のエンジニア像”で成功した転職活動

ーキャリアサポートはどのような印象でしたか?

「将来、どのようなエンジニアになりたいのか」を考えられたことがすごく良かったです。10年間ごとに考えていくんですけど、3ヶ月勉強したことを踏まえて考えるとできることも多くて、将来のエンジニア像が明確化できた状態で転職活動に臨めたことが良かったです。転職活動時、面接で「どんなエンジニアになりたいですか?」という質問がよくあったんですが、すらすらと話すことができました。
石岡さん

ー石岡さんの”将来のエンジニア像”を教えてください。

当時AIをやってみたいと考えていました。今でもAIで何か作ることができればいいなと思っています。また、現在の仕事ではフロントエンドだけをやっていますが、ゆくゆくはバックエンドもできるSEになりたいです。
石岡さん

ーキャリアアドバイザーはいかがでしたか?

自信を持って「こうした方がいい」と言ってくれるので信頼を置けました。エンジニア転職するにあたって、不安ももちろんありましたが、信頼のおけるキャリアアドバイザーがいることが心の支えになっていました
石岡さん

ー就職活動する中で、大切にしていたことはありましたか?

新人教育が整っていることと、社内の雰囲気がいい会社にしたいと思っていました。今の会社の面接は雰囲気がとてもよくて、面接をした当日に採用の連絡がきました。実は面接当日が自分の誕生日で、そのことを面接でもお話ししたんですけど、文字通り採用通知が誕生日プレゼントになりました。
石岡さん

ー素敵なお話ですね!

2年目からプロジェクトリーダーを任されて、充実した日々

ー気持ちの面で、前職と変わったことはありますか?

責任感がついたところですかね。2年目からプロジェクトリーダーを任せてもらい、熱を持って仕事に取り組めています。
石岡さん

ー2年目でプロジェクトリーダーを任されるぐらい、かなりご活躍されているかと思うんですが、お仕事で大切にしていることは何ですか?

上司や後輩、お客様など、一緒に働いている人の信頼を裏切らないことです。嘘をつかないようにしています。結構自分の性格上のこともあるかと思うんですが、できないことはできないときちんと言うようにしています。
石岡さん

ー今後どんなエンジニアになりたいと考えていますか?

信頼・安心感があり、利益に繋がりつつ、自分のやりたいことができるエンジニアになりたいと考えています。
石岡さん

ー今の職場に不安を持っていて転職を考えている方、スクール選びを迷っている方に最後に一言お願いします。

迷っているなら、とりあえずやってみるべきだと思います。ダメだったら辞めればいいです。難しく考えずに気楽に挑戦すればいいと思います。
石岡さん

さいごに

石岡さんがエンジニア転職を通して実感された「仕事に対する価値観の変化」がとても印象的だったかと思います。
また、プログラミングの独学を経験されていた石岡さんならではのお話など、参考になることをたくさんお話しいただきました。

転職したくても不安なことが多くなかなか勇気を出せない方に、この記事が人生を変えるきっかけになると幸いです。

年齢がカギを握る転職市場…

早く、確実に、転職成功したいあなたへ。

DMM WEBCAMPなら最短3か月で転職可能。
さらに、転職成功率98%・離職率1%の実績あり

\今なら最大5万円キャッシュバック/