前職:接客業
短期集中コース
  • 転職コース
  • 理系
  • 未経験

【サービス業界からエンジニア転職】挑戦してから知れることがたくさんあった

遊園地勤務、ブライダルのお仕事を経てご転職された長谷川さん。 今回は、そんな長谷川さんの転職エピソードをお届けします!

サービス業界からエンジニア転職した男性

PROFILE

長谷川海さん

長谷川海さん

高校卒業後、遊園地でオペレーター、整備の仕事をする。 接客のスキルを上げるため、ブライダルに転職。 友達から勧められたある本との出会いでノマドワーカーの働き方に憧れる。

「接客がしたい!」という熱い想いからブライダル業界へ1回目の転職

サービス業界からエンジニア転職した男性
Q:

高校卒業後にはどんな会社で何をされていたのですか?

A:

長谷川さん

高校を卒業して新卒で入社した「遊園地と水族館の複合型遊園地」を運営する会社でオペレーターをしていました。
お客様のチケットを確認するところから、安全に楽しんでもらえるように案内をするところまで全てやりました。

Q:

新卒でその仕事をしようと思った理由は何ですか?

A:

長谷川さん

人に喜んでもらうことをする接客が好きだったからです。
遊園地という非日常的な空間で、人が喜ぶ瞬間に立ち会えるのではないかと思って就職しました。

Q:

過去に接客の経験があったんですか?

A:

長谷川さん

高校時代に、ファストフード店でアルバイトをしていました。
接客の楽しさを知ったのはその経験からですね。

Q:

そうだったんですね。 遊園地の仕事でやりがいを感じたことや、反対に辛かったことを教えてください。

A:

長谷川さん

寒い時も風の強い時も雨の日も外で仕事をしていたので、体力的に大変でしたね。
もちろん楽しかった点もたくさんあります。
部署異動で整備の仕事をしたのですが、自分で気付いた“異音”を調査し、修理しました。
楽しい空間でのトラブルを未然に防ぐことができたときは達成感がありました。

Q:

整備の仕事もやられていたんですね! 接客の仕事がやりたくて遊園地での職を選ばれたのに、整備チームに異動になってしまったのですね。

A:

長谷川さん

そうなんです。
整備の仕事も楽しかったのですが、でもやっぱり自分は接客がしたいと思いました!
ブライダルへの転職をしようと考えた理由も、この「接客がしたい」という想いからですね。

Q:

それでブライダルのお仕事に転職されたんですね。

A:

長谷川さん

はい。
ブライダルのお仕事も4年半くらいやりました。
そこではチームマネジメントについて学びました。

DMMWEBCAMPの無料カウンセリングで自分の未来像が見えた気がした

サービス業界からエンジニア転職した男性
Q:

ブライダルのお仕事からさらに転職したいと考えた理由はなんですか?

A:

長谷川さん

海外に旅行に行ったことがきっかけで様々な人に出会いました。
そこでは様々な人の働き方に触れたんです。
また、今28歳なのですが、30歳という節目を目前にして友達からある本を薦められました。
そこで「ノマドワーカー」というものを知ったんです。
ノマドワーカーにすごく興味が出て、調べていくうちにシステムエンジニアという職業が出てきました。

ノマドワーカーとは?

ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを使い、Wi-Fi環境のある喫茶店など、通常のオフィス以外のさまざまな場所で仕事をする人を指す。

場所に縛られない働き方ができる。

(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/

Q:

転職について、不安はなかったんですか?

A:

長谷川さん

新しい業界にチャレンジすることは、何もわからないので不安ばかりでした。
しかし今までサービス業で働いてくる中で身につけた「接客」というスキルがあるので、もしIT業界でうまくいかなくても大丈夫だという確信があったんです。
失敗があまり怖くなかったですね。

Q:

IT業界に転職することを考えた時、スクールに通うという選択肢だけではないと思います。 その中でスクールに通うことを決めた理由はなんですか?

A:

長谷川さん

最初は企業に面接を受けに行っていました。
その中で何社か内定をいただくこともありましたが、何となく自分の中で決めきれない気持ちがあったんです。
ここでやりたい!という気持ちにならなかったんですね。
そんな中、DMMWEBCAMPのカウンセリングに行きました。
システムエンジニアの将来性や、良さを話してくださり、未来像が見えた感じがしましたね。
未経験で働くという選択肢もあったのですが、何も知らない丸裸の状態で挑戦するというよりは、スキルや業界の知識という確かなものを得た上で挑戦したいという想いがありました。
DMM WEBCAMPは転職成功率が98%と高いだけでなく、転職後の離職率も低いと知りました。
それを実現できるだけの転職サポートがあると評判もよかったので、スクールに入ることを決めました。

Q:

カウンセリングとスクールの実績が決め手だったんですね。 何か印象的な話はありますか?

A:

長谷川さん

カウンセリング当時は、フリーランスとして働きたいという気持ちがありました。
カウンセラーがフリーランスエンジニアを経験した人だったので、経験者の立場から様々なことを教えてくださったのが印象的です。
フリーランスになることに対して、タイミングやそれまでにつけておくスキルなどについてお話ししていただきました。
本当にその通りだと思いましたし、それを経験者の方から聞けたので良かったです。

「ノマドワーカーとして働きたい」という想いを胸に、無料カウンセリングに参加された長谷川さん。

長谷川さんに対してカウンセラーがフリーランスのお話をしたように、DMM WEBCAMPでは、一人一人の希望するキャリアに合わせたご提案をさせていただいております。

自分の目指すキャリアにプログラミングスクールが必要かどうか判断に迷った場合は、プロのカウンセラーが無料カウンセリングで忖度なくお答えさせていただきます。

このようなお悩みはありませんか?

「本当に転職できるのか不安」

プログラミングに興味があるけど、自分に向いているかわからない」

IT業界への転職イメージが湧かない」

無料カウンセリングでは

あなた自身のお悩みに寄り添って、

ITエンジニア転職のプロが疑問にお答えします。

\ 参加者満足度99%!

「接客が好き」その本質的な部分に気付けた自己分析

サービス業界からエンジニア転職した男性
Q:

実際に受講してみての感想を教えてください。

A:

長谷川さん

1か月目は1人でカリキュラムをやっていくのですが、最初はできないんじゃないかなって思いました。
しかし、勇気を出してメンターに聞いたら、問題がどのようになっているのか理由付けもして丁寧に答えてくださいました。
わからないことも多くありましたが、だんだんとわかることが増えていくことに楽しさを感じるようになっていきました。
画面で自分の制作物が確認できることもあり、自分の成長が目に見えてわかりました。

Q:

何か受講中に意識されていたことはありますか?

A:

長谷川さん

2か月目で自分が大切だと感じたことは「チーム全体でスキルアップをすること」です。
課題をクリアすることや作業を早く終わらせることが目的ではなく、チーム全体の理解を深めることによってスキルアップを図ることが大切だと気がついたんです。
二ヶ月目は、実際に働き始めてから活きてくるプログラムだからこそ、そこが大切になると思いました。

Q:

先を見据えた学びをされたんですね。 転職活動はどうでしたか?

A:

長谷川さん

転職を考えるにあたって自己分析をしたのが印象的です。
人生の中で、自己分析をする機会ってあまりないと思います。
今回、今まで自分のやってきたことの本質的な部分が見えました。
今後に絶対に活きる自己分析ができましたね。

Q:

そうだったんですね。 自己分析で自分について何か気が付いたことはありますか?

A:

長谷川さん

自分が接客好きな理由は「人を喜ばせるのが好き」だからだったんです。
でもその接客する相手は誰でもいい訳ではなく、自分にとって大切な人や、自分を信頼してくださる人でした。
そういう人に対して何か与えられるような人間になりたいということに気付きました。
それは間違いなくキャリアサポートの自己分析のおかげですね。

長谷川さんが「実際に活きてくるプログラム」と表現されたように、現場で活きる技術が身につく場をDMM WEBCAMPは提供しています。

「チーム開発」「個人ポートフォリオ制作」の両方を経験できる数少ないプログラミングスクールで、実践力に特化したスキルを身につけられるのです。

DMM WEBCAMPで、一生もののスキルを手に入れませんか?

受講者の97%が未経験者にも関わらず、転職成功率は98%!

企業からも高評価な独自開発カリキュラム

✔メンターに質問し放題&ライフコーチの存在が挫折を防止

プロの転職アドバイザーによる無料サポート

万が一転職できない場合は、全額返金!

さらに、経産省認定コースは最大56万円のキャッシュバックあり!

キャリアプランに合わせて選べる3つのコース!

「こんなものがあったら便利なのに!」を実現できるのがシステムエンジニア

サービス業界からエンジニア転職した男性
Q:

今後についてお伺いいします。 どんな会社にご転職されるのでしょうか?

A:

長谷川さん

様々な開発のやり方を学べて、様々な方と出会う職場です。
人とのつながり、出会いを大切にしていきたいと思っていたので、多くの人と関係を築ける会社にしました。

Q:

システムエンジニアになって今後挑戦していきたいことはありますか?

A:

長谷川さん

自分が「良いと思うもの」を作って、実際に社会に出して、多くの人に使ってもらいたいですね!
僕は「こういうサービスがあったらいいな」とか「こういうものがあったら便利だな」と考えることが多くあります。
普通の人はそういうことを思ってもなかなか実現できないと思うんです。
でも、システムエンジニアはそれを実現できる職業だと思います!

Q:

転職をしようか考えていた頃の自分に何か一言声をかけるとしたら何をかけますか?

A:

長谷川さん

「やりたい!」と思える方向に進むべきだということを言いたいですね。
何事も自分の気持ちに正直に、しっかりと自分に問いかけることを忘れないで欲しいです。

Q:

最後に今の職場に不安や不満を感じている人、転職を考えている人に何かメッセージをお願いします。

A:

長谷川さん

挑戦することってすごく不安な部分があると思うんです。
しかし、やってみるからこそ知れることがたくさんあると思います。
今の環境で知らなかったことが挑戦することで自分の身になると思うので。
例えば、調べるとか、働いている人のお話を聞くとか、小さなチャレンジからやってみて欲しいですね!

最後に

サービス業界からエンジニア転職した男性

無事システムエンジニアへの転職を成功させ、「自分が良いと思うものを作りたい」という新たな目標を見つけた長谷川さん。

現状に満足することなく、常に新しい方向へ進み続けるその姿はいきいきして見えます。

今現在転職に悩んでいる方も、これをきっかけに新たな挑戦へ足を踏み出してみませんか?

早く、確実に、転職成功したいあなたへ。

DMM WEBCAMPなら最短3か月で転職可能。

さらに、転職成功率98%・離職率1%の実績あり

簡単1分で申し込み!