キャリアプランに合わせて選べる3つのコース

【配達員からエンジニア転職】未経験からプロジェクトリーダーに上り詰めた秘訣とは


エンジニア転職をする友人の話を聞いたとき、衝撃を受けたんです。


今回は、未経験からWeb制作会社へのエンジニア転職を成功させた阿部さんにお話を伺いました!
台湾を含めグローバルな規模でプロジェクトリーダーを務めているという阿部さんは、常に「自走心」を大切にしているといいます。

阿部嵩さん

高校を卒業し4年間ガソリンスタンドにて勤務。運輸業界に転職後、IT業界に就職した友人の話に興味を持ちエンジニア転職を決意。現在はWeb制作会社においてプロジェクトリーダーを務める。

この先不安だなという気持ちが芽生えて転職を意識し始めました

高校卒業後、ガソリンスタンドと配達の仕事を経験された阿部さん。
充実した日々を過ごしていましたが、将来への不安エンジニア転職した友人の話が転職するきっかけとなりました。

ー配達のお仕事をされていた時のことを教えてください。

委託配達員として、社員さんと一緒に朝から晩まで配達をしていました。
チームの方がいい方ばかりで毎日楽しかったんですけど、この先心配だなという気持ちが徐々に芽生えて転職を意識し始めました。
阿部さん

ー前職を辞めたきっかけは何ですか?

ちょうどその頃、友人がデータサイエンティストとして就職することを耳にして興味が湧きました。そしてエンジニア転職を決意し、前職を辞めました。
阿部さん

ーご友人のお話がきっかけになったんですね。
ーそのお話の中で、エンジニアのどういった部分に興味を持ちました

ミーハーですけど、すごくかっこいいなという部分です。
その時に聞いたのが、Pythonというプログラミング言語を使って何千枚とある画像を判定しているというものでした。「ここには猫が写っている、これには犬が写っているという判定を一瞬でやって、データ分析するインターンシップをやっているんだよ」というのを聞いた瞬間に、自分もやってみたいなという衝動にかられたというか。衝撃を受けたんです。
阿部さん

ーエンジニアを目指すと考えてから、転職するためにまずどのように行動されましたか?

どんなプログラミングスクールがあるのかを調べて、その中から自分に合ったプログラミングスクールを選ぶところから始めました。
阿部さん

ーということは、他スクールさんのカウンセリングも受けられたんでしょうか?

DMM WEBCAMPさんに行ってから、しっくりこなかったら転々としようかなと思ってたんですけど、1回目のカウンセリングでここがいいなと決めました。
阿部さん

ーそうだったんですね!ありがとうございます。
ーDMM WEBCAMPへの決め手は何でしたか?

無料カウンセリングが1時間30分あったんですけど、その時間内でもすごい熱意があるスクールだなっていうのが伝わってきて、そこに魅了されたというか。ここなら大丈夫だなっていう気持ちになったのが理由です。
阿部さん

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングでは、お客様の希望キャリアのヒアリングとそれをもとにしたご提案を行っております。
お客様一人ひとりのご希望にしっかりと向き合いお話させていただくので、受講を無理に迫ることは決してございません。

こんなお悩みはありませんか?

「本当に転職できるのか不安」
「プログラミングに興味があるけど、自分に向いているかわからない」
「IT業界への転職イメージが湧かない

無料カウンセリングでは

あなた自身のお悩みに寄り添って、

ITエンジニア転職のプロが疑問にお答えします。

\参加者満足度99%!最短1分で申し込み完了!/

1か月目が1番苦労しました

プログラミング経験が全くなかった阿部さんは、受講前にHTMLに触れたそうです。
事前に予習をされていましたが、受講中には未経験者としての困難もあったといいます。

ーカリキュラムを受けた感想を教えていただきたいです。

簡単すぎず難しすぎず、ちょうど良いレベルに設定されていました。
メンターさんに頼りきりにならず、自分で頑張るところは頑張って、自走心をちゃんと培えるようなカリキュラムだなという印象でした。
阿部さん

ープログラミング未経験ということで、学習で躓くことはありましたか。

ありました(笑)。
カリキュラムをやっていく中でも、読んだだけじゃ分からない部分が正直ありまして。1か月目でGitというバージョン管理(ファイルの変更履歴を管理するシステム)を学ぶところがあるんですけど、そこの概念を掴むのに非常に苦労しましたね…
阿部さん

ー読むだけじゃ難しいという部分は、どのように乗り越えられたんですか?

何度かしていくうちに慣れてきたっていうのはあります。
あとは、同じ10月生が4,5人いて、ほかの人が僕の知らないことを質問してる瞬間に出会ったときに「自分もちょっと聞いていいですか」という風に一緒に聞くようにしていました。
阿部さん

ー3か月のカリキュラムの中で、特に印象に残っていらっしゃるものはありますか?

2か月目のチーム開発がやっぱり楽しかったというか、身になりました。
1か月目のカリキュラムは全部1人でやっていたので、(2か月目のチーム開発で)周りの方がどれだけのスキルを持ってるかを確認できました。
あとはみんなで作るから失敗はできないというか。いいものを作ろうっていうのはそこで目標になりました。
阿部さん

ーチーム開発ではどういったものを制作されましたか?

CDを販売するECサイトで、管理側の設定画面であったり、ユーザー側の購入できるフローを作っていました。
阿部さん

ーそこで確認できたチームメンバーのレベルはどうでしたか?

4人1組だったんですけど、1人がHTMLを書いたことがある経験者で。
その人がずば抜けてすごかったんですけど、他の未経験で入った3人がほぼ同じレベルでした。
阿部さん

ーそれを見てどのように感じられましたか?

まあ、みんな苦労しているなという(笑)。
でも、3か月目で出てくるポートフォリオの発表会で他の人の発表を見たんですど、1か月目2か月目に比べると、すごいスキルがついてちゃんとした成果物を作れているなという印象でした。
阿部さん

ー阿部さんはポートフォリオではどういったものを制作されましたか?

前職がヤマト運輸の配達だったので、そこで使ってたシステムを作りました。
荷物っていうデータがあって、それをドライバーが登録できて、配達完了や不在をデータにする配達管理アプリを作りました。
阿部さん

ーご自身が経験されていたものを元に作られたんですね!

そうですね、はい。
阿部さん

キャリアサポートで考えたことが就職後の糧になっています

受講前の予習やカリキュラムに関しても、「自走」という部分を大切にされている阿部さん。
その軸を見つけられたのは、キャリアサポートがきっかけだったそうです。

ーカリキュラムの中で、プロジェクトリーダーになるのに役に立った部分はありますか?

プログラミングの技術スキルについてももちろんですけど、あとはスケジューリングについてですね。
実装する機能を並べて、それに対してそれぞれどれだけの工数がかかるのか、全体でどれだけの工数がかかるかっていうスケジューリングの力がカリキュラムで身につきました。実際の現場でも使う考え方なので、それが今でも役に立っています。
阿部さん

ースケジューリングの力はどのカリキュラムで身につきましたか?

2か月目のチーム開発で、機能ごとに分けて工数を出したところです。
あと、ポートフォリオも1か月という限られた期間なので、「これ以上機能を付けたら間に合わないな」とかそういう工数の出し方も身になりました。
阿部さん

ー未経験から飛躍的に成長された秘訣をお伺いしたいです。

分からないことは分からないと恥ずかしがらずに、素直に言うことが重要かなって。
あとは、人に頼りすぎない。やっぱり自分で調べられるところは調べて、無理やったらメンターさんに頼ることが大切かなと思います。
阿部さん

ーキャリアサポートの中で印象に残っていることはありますか?

「なぜ自分はエンジニアとして働きたいのか」の理由を曖昧なものから明確にしたり、「将来の自分はどうなりたいか」を真剣に考えたりしました。
それがエンジニアとして就職した後の糧に繋がるので、受講生が就職した後のこともしっかり考えたスクールだなという印象を受けました。
阿部さん

ーそこで考えた「エンジニアとして働く理由・将来の姿」はどんなものでしたか?

前職では自分のやったことで人が喜んでくれたり、自分に対して信頼をしてくれる状態が理想で、そういう中で仕事をしていました。
ただ、エンジニアの方は自走心を持っていて、自分の中で「これやりたい」とか「将来こうなりたい」と考えて仕事する人が多いイメージでした。自分もそんな環境で働いた方が自分の力をより発揮できるのではないかなと考えて、今も仕事をしています。
阿部さん

ー自走という部分を大切にされている印象が強いのですが、そこを重視されている理由を教えてください。

自走している方たちが集まると、仕事としていい方向に進んでいくと思っています。
前の職場でも、仕事に熱中しているときは周りにもそういう人たちがいっぱいいたので、エンジニアという職業に就職すると、よりそういう人が多いんじゃないかと思いました。
阿部さん

入社後は必死に食らいついていました

「チャレンジでき、自分の力を発揮できる環境」を軸に就職活動をし、念願通りの企業に就職された阿部さん。
現在の活躍の理由には、まさに「自走心」が鍵になっているという印象を受けました。

ー現在のお仕事の内容について教えていただけますか?

今は求人媒体のサイトの運用をしています。そこのプロジェクトリーダーとして案件の管理であったり、チームの統括を仕事にしています。
阿部さん

ーチームにはどれくらいの人数がいるんですか?

会社内で見れば小さいチームになるんですけど、5人います。あとはオフショアで台湾にも(メンバーがいます)。
阿部さん

ーグローバルな規模でやられているんですね!
ープロジェクトリーダーとして心掛けていることはありますか?

チームをまとめる役として、メンバーがのびのび自分の力を最大限発揮できるような環境を作ってあげることとか、スケジューリングとか、そういったことを1番意識してます。
阿部さん

ー未経験からプロジェクトリーダーになるには苦労もあったと思うのですが、それまでにどういった道のりがあったのでしょうか?

1番最初入社したときはがむしゃらにがんばるしかないというか。自分にできることは精いっぱいやろうっていうので、必死に食らいついていました。
実装したソースコードを周りの人でレビューする、ソースレビューというパートがあるんですけど、そこで積極的に「これ見させてください」という形で、ほかの人の技術をなるべく吸収するようにしていました。
阿部さん

ーお仕事をしながら勉強もして力をつけられたんですね。
ーそういった努力のモチベーションはどういった部分にあるのでしょうか?

いつまでも初心者でいるのではなく、自分に力をつけて、新入社員が入ってきたときに自分が教える立場になれるように力をつけていきたいという思いがありました。周りから認められるような人間になりたいという思いがあったので、そこに技術は必須かなと。
阿部さん

ーエンジニアとしての今後の目標を教えてください。

「周りから信頼され、頼りになるエンジニア」になりたいです。
技術力をあげていくのはもちろんのこと、自分が担当している媒体の仕様なども詳しくなって「阿部に任せれば大丈夫」と言ってもらえるようなエンジニアになりたいです。
阿部さん

ーその目標が、まさに努力のモチベーションに繋がっているわけですね!
ー最後に、阿部さんが未経験からプロジェクトリーダーにまで上り詰めた秘訣を教えてください。

チャンスがあったら逃さない、これチャンスだなって思ったらどんどん行くようにしています。
やっぱり積極性を持ってチャレンジしないといつまでも自分の枠が広がっていかないので、なるべく新しい事にはチャレンジしていきたいと思っています。
阿部さん

最後に

ーエンジニア転職を考えている方に一言お願いします

1人でプログラミングを0から学ぼうとすると、どうしても時間がかかったり挫折するものだと思うので、スクールに通ってスキルアップするのはおすすめです。
(DMM WEBCAMPの)カリキュラムは難しすぎず、易しすぎずという内容に設定されているので、そこからは自分のやる気次第だと思います。DMM WEBCAMPさんはメンターさんも含め、頑張ってる人たちには全力でサポートしてくれるような環境が整っているので、そこは安心して受講してスキルアップを目指してほしいです。
阿部さん

おわりに

身近にあるチャンスを自らの力で手繰り寄せ、成長に繋げてきた阿部さん。
この記事を読んだあなたも一歩を踏み出して、人生のチャンスをつかんでみませんか?

早く、確実に、転職成功したいあなたへ。

DMM WEBCAMPなら最短3か月で転職可能。
さらに、転職成功率98%・離職率1%の実績あり

\今なら最大5万円キャッシュバック/