プログラミングの独学は成功できる!【学習すべき言語も紹介】 | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

プログラミングの独学は成功できる!【学習すべき言語も紹介】

最近「プログラミング」という言葉を頻繁に耳にしませんか?
それもそのはず、プログラミングは近頃かなり需要が増えており、プログラミングスクールも急激に増加しています。

ITの発達により、注目されている「プログラミング」を習得したいと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、独学で学習を始めた人の9割が挫折してしまうと言われています。

挫折の原因として、しっかりとした独学方法を知ることなく独学を始めてしまうことが考えられます。

そもそも「プログラミング」は1文字のスペルミスでエラーが起こってしまう程繊細なので、1人でエラーの原因を洗い出し、ひとつひとつ潰していくことはかなり時間がかかると同時に、精神的にも辛くなってしまうものです。

よって独学を成功させるには、効率の良い学習方法とエラーの解決策などの情報はかなり重要になります。

今回はこちらの記事では

・プログラミングって独学で学べるものなのか?
・そもそもどれだけ時間がかかるのだろう?
・何から始めればいいのだろう?
・どんな本やサービスで学習すべきなの?
・独学で本当に転職できるの?

などの疑問をわかりやすく、解説致します。

対象読者

「プログラミングを独学で学びたいけど、どうやって始めるべきか全然わからない・・・」

と考えている”プログラミングの独学を始めようとしている人”

プログラミングの独学は可能です!

実際にプログラミングを独学で学習し挫折してしまう人は、約90%だと言われています。
その90%が挫折する原因として、モチベーションが大きく関わっています。

逆に言えばモチベーションを保つことができれば独学は可能であるということです。

ですが、プログラミングを独学で学習するということは、挫折してしまうことで時間が無駄になってしまうかもしれないというリスクがあるということを頭に入れておいて下さい。

また「プログラミングを超高速で身につけたい」と思う方は、プログラミングスクールをオススメします。

どうやって学ぶにしても、プログラミングは今後とても重要な”スキル”になってきますので、身につけておくことを強くオススメします。

「もう挫折してしまった・・・」

という方はこの記事の、プログラミングの独学で挫折する理由は「モチベーション」と「時間」という見出しを参考にしてください。

プログラミングスクールで学習する方はこちら
プログラミングスクール厳選20校比較と失敗しない選び方解説

 

そもそもパソコンがない!という方はこちら
プログラミングを独学で学べるアプリまとめ【progateで挫折した人にも】

そもそも資格って必要?

プログラミングを学ぶにあたって資格って必要なのか気になりますよね。

結論からお伝えすると、なりたいものによって“あった方がいい”“どちらでも良い”かはかなり変わります。
ですが、必ず資格が必要だという職業はないと言われています。

フリーランスや副業を目的としている方は、必ずしも必要という事はないでしょう。
しかし転職や就職をなど、企業に就職する場合はあった方が評価されるので、希望の会社に就職できる確率は高くなります。

そもそも

どんな資格があるの?
評価の高い資格は?

と考える方はit 資格をご覧ください。

学習するプログラミング言語を選ぶ基準は?

基本的には作りたいもの、目的に合わせて、好きな言語を選べばOKです。

しかし漠然とプログラミング言語を学びたい、あるいはWeb系をやりたいけどPythonとRubyどちらがいいのか、などと悩むかもしれません。

その際は、求人案件の多さや応用可能かを考慮しても良いでしょう。

求人案件の多さ・平均年収で考える

アプリやWebサイトを作りたい、という目的ではなく、プログラミングを学ぶこと自体が目的あるいはプログラマになることが目的の場合、言語ごとの求人案件なども参考にしてみてはいかがでしょうか。

求人案件は現在求められている言語が分かりますし、平均年収を見れば需要に対してその言語を扱う人材が少ないことなどが読み取れます。

応用可能性・汎用性の高さで考える

特に作りたいもの・やりたい分野が決まっていない場合は、汎用性の高さも考慮してみましょう。
プログラミング言語には、それぞれ得意分野があります。

Webに特化した言語、データ分析が得意な言語、androidアプリが開発できる言語などです。

例えばJavaScriptは長年フロントエンドと呼ばれるクライアント側の言語でしたが、近年ではNode.jsの登場でサーバーサイドでも使われるようになりました。

Webデザイナーにも使われる言語のため、幅広く人気があります。
近年人気急上昇しているPythonや長年圧倒的シェアを誇るJavaも、幅広く使える言語として有名です。

転職成功率98%
DMM WEBCAMPの詳細をみる
※最短1分で申し込み可能

言語別の分野・平均年収・難易度

プログラミングを学習するにあたって、まず考えなくてはいけないのは、「何を作りたいのか」です。

全くのプログラミング初心者は、よくオススメの言語や勉強すべき言語を質問しますが、彼らがWebサイトを作りたいのか、ゲームを作りたいのか、スマートフォンアプリを作りたいのかによって学ぶべき言語は全く異なります。

自分が何をしたいのか、どんなプログラマーあるいはシステムエンジニアになりたいのかを考えて、プログラミング言語を決めましょう。

それでは、人気があり、求人件数からみても需要がある言語をいくつか挙げいきます!

Ruby

Ruby

Rubyの評価
需要
(3.0)
年収
(3.0)
難易度
(3.0)
利便性
(2.0)
総合評価
(3.0)

 

RubyはWebアプリケーションのシステムを作るための言語です。
PHPやpythonが似ている言語として挙げられます。

日本人のまつもとひろゆき氏が楽しんでプログラミングできるようにと作成した言語のため、日本語での資料も多く初心者にもとっつきやすくなっています。

またRuby on Railsというフレームワークの普及も合わせて世界的にも人気のある、広く使われている言語となっています。

Rubyで何が作れるか?

Rubyは主にWebアプリケーションの開発に使われます。
ショッピングサイトやブログサイト、SNSなど様々なWebサービスを作るのに適しています。

Rubyで作成されたサービス

国内最大級の料理レシピサイトクックパッド
国内最大級のクラウドソージングサイトクラウドワークス
世界的に利用されているAirbnb

などがあります。

またTwitterもリツイート機能が備わった当初はRubyで作られていたことも有名です。

多くの有名サービスはRubyのフレームワークRuby on Railsが使われており、Rubyの案件はRuby on Railsが必須と言っても過言ではありません。

案件の多さと平均年収

求人検索エンジン「スタンバイ」による「プログラミング言語別年収ランキング2018」によると、Rubyの平均年収(年収中央値)は550万円7位という結果でしたが、求人数は11,676と他の言語を抑えてトップでした。

数年前からRubyの将来性を疑問視する声もありますが、日本国内ではまだまだ需要がある言語であることが分かります。

習得難易度

Rubyは他のプログラミング言語と比べると、難易度は比較的低めです。
スクリプト言語のため文法が理解しやすく簡単であり、少ないコード数で書くことができます。

また日本で開発された言語のため、公式サイトが日本語であること、また日本国内のコミュニティや学習コンテンツが多いことからも、学習者に優しい環境となっています。

Rubyを学ぶならDMM WEBCAMPのビジネス教養コース

DMM WEBCAMPのビジネス教養なら、この人気言語であるRuby・Ruby on Railsを最短1か月で学ぶことができます。
プロに質問し放題なので、わからないことがあればすぐに解決できます。
また、ライフコーチがあなたにピッタリな学習計画を提案し、学習をサポート!

実際、未経験の受講生の95%が高い学習継続率を維持しています。
月額19,800円で新しいスキルを獲得しませんか?

オンラインでプログラミング学習
DMM WEBCAMPの詳細をみる
教室利用も可能

Python

python

Pythonの評価
需要
(3.5)
年収
(3.5)
難易度
(3.0)
利便性
(3.5)
総合評価
(3.5)

近年シェアを増やしているのは、Pythonです。
人工知能のニュースなどでこの名前を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

人工知能開発に主に使われている言語であり、現在人気急上昇中言語となっています。

Pythonで何が作れるか?

PythonはWebアプリケーションの開発や、データ分析、人工知能や機械学習の分野で主に活用されています。

Pythonで作成されたサービス

動画サイトのYouTube
写真や動画の共有ができるInstagram」「Dropbox
ソフトバンクの人工知能ロボットであるPepper

が 挙げられます。

案件の多さと平均年収

「プログラミング言語別年収ランキング2018」(求人検索エンジン「スタンバイ」調べ)を見ると、 Pythonの求人数は9344件と、他と比べて件数が多いです。さらに年収中央値でもGo、Scalaに続いて3位と、平均年収(年収中央値)は575万円でトップ3となっています。

Pythonの求人数は2017年のランキングと比較して1.7倍に増えており、Pythonが主に使われる機械学習や統計分析が重要視されているため、今後さらに需要が高まるのではないかと言われ、将来性という意味でも見逃せない言語です。

習得難易度

PythonはRubyと同様、プログラミング言語の中では習得難易度が低い言語です。
なんといっても文法がシンプルで分かりやすいのが特徴のため、初心者が挫折しにくい言語と言えるでしょう。

pythonを学びたい方はこちら

機械学習に優れた言語「Python」を独学で習得する方法を紹介!

PHP

 

 

php

PHPの評価
需要
(2.5)
年収
(2.5)
難易度
(3.0)
利便性
(3.0)
総合評価
(3.0)

 

PHPは、ユーザーからデータを受け取って表示するなど、Webサービスで必要な機能を作ることができるサーバーサイドのスクリプト言語です。

例えばWebサイト上で、HTMLだけでは決まった文章や画像しか表示できませんが、PHPを使うと状況やユーザーに合わせて表示するものを変えることが可能です。

PHPで何が作れるか?

PHPはWebアプリケーションやWebサービスの開発に特化した言語です。

PHPで出来ること
・ECサイト     ・問い合わせフォーム
・SNS        ・ログイン機能
・ブログサイト    ・検索
・予約機能の作成
PHPで作成されたサービス

SNSの代表格であるFacebook
情報投稿サイトのWikipedia
簡単にブログサイトを作れるサービスであるWordPress

案件の多さと平均年収

PHPは2018年のランキングではトップ10にランクインできませんでしたが、前年2017年の平均年収ランキング(求人検索エンジン「スタンバイ」調べ)では平均年収は522万円10位でした。

HRogの「プログラミング言語別給与ランキング2018年版」においても10位以内には入りませんでしたが、求人件数ランキングでは2位で5000件を超えています。

平均年収では他の人気言語より少し劣るものの、Wordpressが人気のこともあり、PHPは現在も安定して需要のある言語であると言えます。

習得難易度

Javaと比べると学習は比較的簡単で、少ないコード量で多くのことができ、ルールが少ないので比較的覚えやすい言語です。ただしHTMLやJavaScriptと組み合わせて使うことが多いため、ある程度他の知識も必要になります。

JavaScript

 

 

Javasript

JavaScriptの評価
需要
(3.5)
年収
(3.0)
難易度
(3.0)
利便性
(4.0)
総合評価
(3.5)

JavaScriptはWeb開発にあたって必須の言語です。

WebサイトやWebサービス、Web上で動くアプリケーションの開発に主に使われており、現在では非常に多くのWebサイトで使用されています。

またJavaScriptのライブラリであるjQueryが使いやすく、合わせて幅広く使われている言語です。

JavaScriptpで何が作れるか?

基本的にはブラウザ上で動く言語です。

Webページに動きをつけられることから人気にとなった言語であり、現在はフロントエンドの開発に必要不可欠な存在となっています。

動的なWebページの作成から、Webアプリケーションやスマホアプリの開発もできます。
ゲームやアプリが簡単に作れるJavaScriptのテンプレートenchant.jsによってWeb上で動くゲームを作れます。

JavaScriptで作成されたサービス

ゲーム開発ソフトウェアのUnity
Webブラウザで電子書籍が読めるKindleCloudReader

案件の多さと平均年収

「プログラミング言語別年収ランキング2018」(求人検索エンジン「スタンバイ」調べ)では、JavaScriptは年収中央値のトップ10圏外でしたが、前年度は9位536万円でした。

さらにその前の2016年では5位の555万円で、少しずつ平均年収が下がってきたのが分かります。

しかし2018年の同ランキング5位のTypeScriptは、大規模アプリケーションの開発にあたってJavaScriptの欠点を補うために開発言語です。

TypeScriptの求人数は前年と比べて3.2倍に増えており、Googleの標準言語として採用されたことからも、今後JavaScriptに代わって伸びていくことが予想されます。

一方求人案件では、JavaScriptはまだまだ需要のある言語です。
HRogの求人件数ランキングを見ると、2018年12月で5000件越えと、Java、PHPに次いだ3位となっています。

またNode.jsの登場によりバックエンドで動かすことが可能になったことでも注目されています。

習得難易度

HTML/CSSの次に学習する人が多く、入るのは比較的簡単です。

スクリプト言語のため比較的難易度は低めなものの、他の言語と組み合わせて使うことが多いので結果的に学習コストは低くはありません。

Java

 

 

java

Javaの評価
需要
(3.5)
年収
(2.0)
難易度
(4.0)
利便性
(4.0)
総合評価
(3.5)

JavaはTIOBE Indexをはじめ、多くの人気プログラミング言語ランキングで長年1位を獲得している言語です。

Webアプリから大規模なシステム、スマホアプリまで非常に汎用性の高い言語であり世界中で広く使われています。
Javaの特徴は、プラットフォームに依存しないことと処理速度が速いこと、オブジェクト指向型の言語であることです。

Javaで何が作れるか?

JavaはWebサービスの開発からAndroidアプリ、PC用アプリ、ゲームやWebサイト、業務システムの開発まで幅広く活用されています。

環境に依存しないため、WindowsでもMacでも動く上に大体なんでもできる言語です。
安全性が高く、銀行など大企業の開発案件においては圧倒的シェアを誇っています。

Javaで作成されたサービス

Webブラウザで電子書籍が読めるKindleCloudReader
ノートをクラウド上に記録管理できるEVERNOTE
人気のゲームマインクラフト
みずほ銀行や三菱東京UFJ、楽天のシステム

案件の多さと平均年収

平均年収のランキングでは10位以下なものの、求人数は前年と比べて3割減少しても34,000件と非常に多い言語です。

2018年の年収中央値は500万円でした。
求人数を見ると分かるように、減少してきているとはいえ、まだまだ需要がある言語ではあります。

習得難易度

JavaはRubyやPythonなどの文法が分かりやすいスクリプト言語と違い、速度が速い代わりに記述が面倒なコンパイル言語です。

開発環境の構築から難しく、初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。
ただし開発者も多いため、コミュニティが大きく質問をした際に答えてくれる確率も高いという利点があります。

これから独学する人におすすめのプログラミング言語ランキング

プログラミング言語のおすすめランキングや人気ランキングはいくつもあり、特にJavaやJavaScript、PHP、Python、Rubyは大体上位に入っています。

プログラミング言語ランキング
1位         Pyhon
(3.5)
2位         JavaScript
(3.5)
3位         Ruby
(3.5)
4位         Java
(3.0)
5位         PHP
(3.0)

1位 Python

求人案件が年々増加し、今後の需要も見込まれているPythonは特におすすめです。
人工知能、機械学習、データ分析ならPython一択ですが、YouTubeやInstagramという前例もあるため、Webサービスを作りたい方にもおすすめできます。

初心者にとっても理解しやすいシンプルな文法であることも、ポイントの1つです。

合わせて読みたい

2位 JavaScript

平均年収ではここ数年下がってきているものの、案件数はまだまだ多いJavaScriptです。
特にHTML/CSSがある程度できるなら、JavaScriptを覚えることで飛躍的にWebページやアプリがレベルアップしますよ。

またここ1、2年で需要が急増したTypeScriptは、ほぼJavaScriptベースで書けるのにJavaScriptよりも便利な機能が使えるといった印象です。

まだTypeScriptの将来性が不安な人はJavaScriptから入ってみるといいのではないでしょうか。

合わせて読みたい

3位 Ruby

日本ではまだまだ案件数の多いRubyは、公式サイトが日本語であることや学習サイト、参考書やコミュニティが豊富なため学習がしやすいのがポイントです。

Rubyをやるなら必然的にフレームワークのRuby on Railsが必須なため、合わせて覚えましょう。

合わせて読みたい

オンラインでプログラミング学習
最短1ヶ月でRubyを学ぶ
教室利用も可能

4位 Java

開発者も多いため平均収入はランキング上位には入っていませんが、安定した需要があります。

Javaは今回挙げた言語の中では比較的難しく、開発環境の構築から初心者がつまずきやすいポイントがあるのは難点ですが、案件の多さと情報の多さは魅力的です。

また大手企業の業務システムやAndroidアプリ開発が得意で、Google標準言語の1つのため、今後も安定した需要が見込まれるのもおすすめできるポイントです。

合わせて読みたい

5位 PHP

WordPress案件やWebに特化しているPHPは、文法ルールが少なく初心者にも比較的簡単に学習できるのが魅力です。平均収入のランキングではJavaと同じく上位にランクインしていないものの、案件数は安定して上位であり、まだまだ需要があります。

プログラミングを独学で学習するための4ステップ

プログラミングの独学方法をステップ別に紹介します。

Step1.プログラミングを学習する目的を考え、作りたいものを決める

皆さんは、作成したいサービスを考えているでしょうか。
プログラミングの独学を始める前に、まず学習の目的を考えましょう。

作りたいものを決めるとおのずと学習すべきプログラミング言語も決まり、モチベーションの維持にも役立ちます。
目的とは、言い換えるとなぜプログラミングを学習するのかです。

プログラミングで副業をする事が目的なのか、それともしっかり勉強してプログラマーとして就職する事が目的なのか、この2つは大きく違います。

この2つの違いは、どんな種類のプログラミング言語をどれほどのレベルまで、いつまでの期間の内に学習するのかなどが違います。

よって学習の目的と作りたいものを決めましょう

目的がなくとりあえずプログラミングを始めたいという方は、作りたいものを決めることをオススメします。
目的がなくてもモチベーションを維持したまま学習する事が出来るからです。

また、プログラミングで転職したい方は企業から成果物の提出を要求されることが多いので、作りたいものを決めることをオススメします。

Step2.学ぶべき言語を決める

プログラミングでWebサービスやアプリを開発するためには、プログラミング言語を用いてコンピュータを指示通りに動くようにしなければなりません。

なので、必ずプログラミング言語を学ぶ必要があります。

※年収の上げ方は、習得する言語だけではなくエンジニアの種類や習得レベルによっても異なります

これ全て覚えなきゃいけないの!?

様々なプログラミング言語がありますが、これらを全て覚える必要はありません。
それぞれ特徴があり、役割によって使う言語を変える必要があります。

例えば、SwiftはApple製品のアプリ(macやiOS)が簡単に開発できるという特徴があります。
また、Rubyはブラウザゲーム(サーバサイド)、スマホアプリ(Android / iOS)などが開発できます。

まだ学習したい言語が決まってない・・・

先ほどもお伝えした通り、学習を始める前に作りたいサービスなど”目的“を考えましょう。

「そんなこと考えていない、とにかくプログラミングというスキルを身につけたいんだ」という方も勿論いらっしゃると思います。

MEMO

プログラミング言語を参考に、作成したいサービスやプログラミング言語を決めて下さい。

今学ぶべきプログラミング言語がわかる【初心者向け言語の選び方】

Step3.環境構築

プログラミングを始める前に、まずプログラムを書く場所が必要です。
その場所のことを開発環境と言います。
どの言語でも必ず必要になってくるこの開発環境ですが、HTML・CSS・JavaScriptなら比較的簡単に構築できます。

しかし、その他の言語になると難易度が高くなります。
なので、この環境構築はプログラミングの独学で最初の関門になると言われています。

せっかく目標を決めて学習しようとしているにもかかわらず、環境構築で挫折してしまっては勿体無いと思います。
ここでは、プログラミング初心者が挫折してしまわないように丁寧に解説していきます。

言語ごとの環境構築はこちらの記事に記載しております。

Step4.早速コーディングしてみよう

プログラミングの学習をしましょう。
プログラミングの勉強は実際に手を動かし、コードを書いて学習する必要があります。

その際、初心者がプログラミングの学習を始める時に本で学習を始める人が大半です。

しかし「〇〇入門」「よくわかる〇〇」というタイトルの初心者に合った本で学習を始めても、学習するにつれ専門用語が増え、コードの意味が複雑になればなるほど、学習のハードルが上がり、独学で学習する際の挫折ポイントになります。

本とサイトの両方を用いて学習することをオススメします

また、サイトを選ぶ際は例題が解けるサイトであるかを重視しましょう。
学習している際に、本当に力がついているのか把握できないとモチベーションが下がってしまう事があります。

なので、例題を解き自分の力を確認しながら学習を進めましょう。

基礎学習が終わったら実際に開発してみよう

プログラミングの独学は先ほどの4ステップで完結です。
しかし、目的によっては実際の開発が重要視されます。

とりあえず自分の力を確かめるために何か開発してみたいという方はサービスのクローンを作成しましょう。
クローンを作成し自分なりの機能を追加していく事でスキルアップしましょう。

またオリジナル作品を作る場合は、開発の際に作り込み過ぎずにサービスを公開しましょう。

どんなに入念に市場調査を行なっても、思い通りにユーザー数や収益が伸びない結果に終わってしまう事があります。
なので、即座にサービスを公開しユーザーの反応を見てトライアンドエラーを繰り返しましょう。

ゲームを作ってみよう!

まずは簡単なゲームを作成することもオススメです。
作成の難易度が低く楽しみながら学習できるので、とりあえず作ってみるのにオススメです。

Pong、Tetrisなどのクローンを作成しましょう。
下記にソースコードが記載されているので、そちらを参照にして作成してください。

【Pygame】卓球ゲーム(PONG)

Python 入門 (テトリスを作ってみる)

転職成功率98%
DMM WEBCAMPの詳細をみる
※最短1分で申し込み可能

プログラミング独学の効率が良くなる3つのポイント

プログラミング学習を始めるにあたって“時間”はとても大切です。
プログラミングを学習し転職をしたいと考えている人は特に時間を考量して学習する必要があります。

企業がプログラマーやエンジニアとして欲しい人材は20代の今後バリバリ活躍できる人だからです。

したがって、30代になってしまうと求人案件の数がガクッと下がります。

転職支援型プログラミングスクールに応募したとしても、ほとんどの方が転職支援して貰えないのが現状です。
また、先ほどもお伝えした通り社会人になると独学で学習する時間がなく、挫折してしまう人が9割も存在します。

時間がある内にプログラミングを身につけ就職、副業に活かせるようにしましょう。

暗記しない

プログラマーやエンジニアは何も見ずにスラスラコードを書き上げるイメージがありますよね。

実際にそれができるのはごく一部のプロフェッショナルな人達です。
もちろんプログラミングを完璧に自分のものにし、バリバリ活躍したいという方は後に必要になってくるかもしれません。

ですが、この記事を読んでいる皆さんはプログラミングを学習したことの無い、あるいは始めたての人達だと思います。

プログラミング初心者の皆さんが、いきなりプログラミングを完璧に暗記しようとすると学習に時間がかかり、成果を出すのにかなりの時間がかかるので、必ずと言っていいほど挫折します。

プログラミング学習も同じで、コードを確認しながらサクサクと学習を進めましょう。

習慣をつける

プログラミングの独学で1番効率の悪い学習方法は、1日にまとめて勉強することです。

例えば、1週間のうち土曜日に5時間勉強するぞという目標を掲げたとすると、土曜日に学習することの出来る時間は実質4時間です。
なぜなら先週の復習に1時間もかかってしまうからです。

プログラミングの学習は実際にコードを書きながら進めていくので、先週の内容を思い出しコードに写すまでにかなりの時間がかかってしまいます。

実際習慣づけることで数字以上のスピードを体感し、かなり早く学習する事が出来ると思います。

よってプログラミング学習は週末にまとめて学習するのではなく、毎日学習する習慣をつけ効率よく学習しましょう。

スクールに通う

1番効率よく学習する方法はスクールに通う事です。

先ほども言った通り、スクールに通うとエラーが出てしまった場合でもメンターさんに質問する事で、すぐ解決できることやスクールによっては転職支援してくれるなど様々なメリットがあります。

ですが、デメリットとして料金がとても高額という点があります。

しかし長期的に見ると、高額な料金を払ってでもスクールに通いプログラミングを身に着け、プログラマーやエンジニアとして活躍することで、数年後には回収できる場合もあります。

実際DMM WEBCAMPの卒業生さんから「受講料以上の値段で納品ができたのはとても嬉しかったです」という声もあがっています。

転職成功率98%
DMM WEBCAMPの詳細をみる
※最短1分で申し込み可能

プログラミングの独学で挫折する6つの理由

プログラミングの独学では9割以上が挫折してしまうと言われています。
挫折してしまう原因として大きく6つあると言われています。

詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

プログラミング学習を成功させる方法の画像 プログラミングの挫折率9割を成功率9割に変える方法

一度挫折した人が立ち直った方法

挫折してしまう要因とその対処法を挙げてきましたが、他にも1度プログラミング学習で挫折した人が乗り越えた方法を紹介します。

他のプログラミング言語にシフトして勉強し直した

最初の言語にJavaやC言語など、難易度が高い言語に挑戦してしまっていた人に多いパターンです。
1度難しい言語のエラーでつまずき、より簡単なPHPやPythonに乗り換えて成功した、という人は少なくありません。

1つの言語でアプリやWebサイトを作れれば自信がつき、学習のコツもつかめるため次の言語にも活かしやすくなります。

プログラミングスクールに通うことで1から教えてもらった

独学で挫折したので、独学を諦めてプログラミングスクールに通ったパターンです。
このパターンに当てはまる人は多く、体系的に学べて質問もできモチベーション管理もしやすいと挫折ポイントを潰しているため、効果は折り紙つきです。

基礎だけ勉強したあと、とりあえずエンジニアとして就職した

プログラミングの独学は厳しく、挫折した人が実際にとった行動に、「エンジニアとしての就職」がありました。
独学でマスターしてから、なんて言っていたらいつまで経っても始まりません。

全くの知識ゼロでも、新卒がエンジニアやプログラマーとして働くことができる企業も存在しています。
先輩に助けてもらいながら、実務をこなすことでスキルと実務経験の両方が手に入れられて一石二鳥です。

ですが、この方法はかなりリスクがあるので注意して下さい。

DMM WEBCAMPは転職保障付きのプログラミングスクールなので、しっかりと応用まで勉強したうえでご自身の希望に合わせた企業をご紹介することが可能です。
そのため、企業に入った後でプログラミングスキルが足りず使い物にならなかった…というリスクを避けることができます。
無理な勧誘などは一切ありませんので、まずは無料カウンセリングにお越しください。

転職成功率98%
DMM WEBCAMPの詳細をみる
※最短1分で申し込み可能

プログラマー・エンジニアに向いている人、向いていない人

「もしプログラミング学習を始めて途中で挫折してしまったら、時間の無駄になってしまう・・」

このように考える人は少なくないと思います。このように考える人は「そもそも自分はプログラミングに向いているのか」が気になると思います。

そんな方にプログラミングの向き不向きの特徴をお伝えします。

プログラミング学習に向いている人

・好奇心があり情報を集めるのが好き
・地道な作業が好き
・問題を解決するのが好き

プログラミング学習に向いていない人

・情報に対する好奇心がない
・スキルアップがめんどくさい
・地道な作業が嫌い

IT業界は常にアップデートされており、現在あなたが学んでいるプログラミング言語も数年後には使えないものになってしまう可能性もあります。

なのでプログラマーやエンジニアは常に最新の情報を仕入れ、新しいプログラミング言語を覚える事でスキルアップしていく必要があります。

また、プログラミング学習にはエラーがつきものであり、少しのミスで思い通りに動かない事がよく起こります。
そこで、エラーが出ればどこに問題があるのかを諦めずに考え続ける必要があります。

他にプログラミングでコードを書くということは想像以上に地道なので、1人でもくもく作業することが苦手な方にはオススメはしません。

最速で確実にプログラミングを身につけるにはスクールに行くべし

ここまで読んでいただいた方は独学の大まかな流れが理解できたと思います。

ですが同時に、独学でプログラミングを学ぶことは非常に難しいことだということも理解できたと思います。
挫折率が90%と言われている理由は納得ですよね。

そこで、あなたは今後自分がどうやって勉強するべきか具体的な行動まではっきりと見えているでしょうか。
「結局、どうすればいいんだろう…」

そう考えている方に、スクールで学習すべき人と独学で学習すべき人をまとめてお伝えします。

スクールで学習すべき人

スクールで学習すべき人
  • 今後プログラミングを使って、起業・社会で活躍したい
  • 年齢的に独学で学習する十分な時間がない
  • 現状に満足しておらず、どうしても人生を変えたい

上記に当てはまる方は、スクールで学習することをオススメします。

独学で学習にチャレンジしてもいい人

独学で学習にチャレンジしてもいい人
  • 時間に余裕がある
  • そこまで本気ではないがやってみたい
  • 自分なら絶対に独学出来る自信がある

上記に当てはまる方は、独学で始めてみても構いません。
金銭的に余裕のある方はさておき、スクールはかなり高額ですので、興味程度の方がスクールに通い学習するのはリスクが高いかもしれません。

また、”独学で挫折してしまうことによる時間のロス”というリスクを負う余裕がある方は、1度独学で挑戦し失敗してからスクールを考えるのも良いでしょう。

プログラミングを学ぶならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは1からプログラミングを学び、エンジニアへの転職を目指す、転職型プログラミングスクールです。

受講生の95%以上はプログラミング未経験。
未経験からエンジニアを目指す方を全力でサポートしています。

プログラミング未経験でも安心し て学習できるカリキュラムや環境、各種サポートがあり、転職成功率は業界最高水準の98%となっています。(2019年4月時点)
万が一転職できなかった場合は、全額返金いたします。

また、「転職コース専門技術講座」は条件を満たすことで支払った教育訓練経費の最大70%(560,000円)が教育訓練給付金として支給されます。

DMM WEBCAMPは、充実したキャリアサポートを行っているのも特徴です。
専属のキャリアアドバイザーが自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策など転職が成功するまで一気通貫でサポートしていきます。

自分の将来のキャリアプランが描けない…そんな悩みのある方には、DMM WEBCAMPの無料カウンセリングがおすすめです。
プロのキャリアアドバイザーと一緒にご自身のキャリアについて考えてみませんか?
無理な営業やめんどくさい入力作業などは一切ありません!お気軽に無料カウンセリングに参加してみてはいかがでしょうか?

転職成功率98%
DMM WEBCAMPの詳細をみる
※最短1分で申し込み可能

結論【絶対に人生を良くしたいor変えたい方はスクールへ】

もうお分かりだと思いますが、プログラミングスクールに通い人生を良くする覚悟がある方は、プログラミングスクールについて徹底的に調べましょう。

スクールであればどこでも同じという訳ではありません。
転職支援付きと表記されているのにも関わらず、全然支援してくれないというスクールも存在します。

なので、金額だけで判断せず”自分の目的が達成できるか”という軸でスクールを選択しましょう。
そこで、オススメスクールについて紹介至しますので、参考にお読み下さい。

またスクールに通い転職を成功させた人のインタビュー記事も紹介します。

プログラミングスクール おすすめ 【2020年版】おすすめプログラミングスクール厳選9校を徹底比較

本気で自分と向き合った三ヶ月間。未経験からエンジニアを目指した理由とは?

まとめ

プログラミングを1からアプリ開発ができるようになるまで独学で勉強する場合、およそ200時間から300時間の学習時間が必要だと言われています。

短期間で最大の効果を出したいなら、やはりスクールに通うことがオススメですが、独学でも決して無理なわけではありません。挫折しそうになったら、SNSやブログで学習状況を公開したり、他の学習者のSNSを見てモチベーションを上げるのも手です。

まずは明確な目標を決め、それに合わせたプログラミング言語を選んで学習を開始していきましょう。

 

dmm webcamp

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点